青いパパイヤの香り

4

JUGEMテーマ:洋画

 

青いパパイヤの香り

出典:IMDb

 

「青いパパイヤの香り」

原題:L'odeur de la Papaye verte

監督:トラン・アン・ユン

1993年 フランス=ベトナム映画 104分

キャスト:トラン・ヌー・イェン・ケー

     リュ・マン・サン

     グエン・アン・ホア

     クエン・チー・タン・トゥラ

 

1951年、ベトナム、サイゴン。資産家の家に奉公し

始めた10歳のムイは、先輩の使用人に従って、料理、

掃除、洗濯などを覚えていく。ムイに亡くなった娘を

重ねる夫人に可愛がられる一方で、ムイが可愛がるアリに

ロウを垂らす次男や、しばしばいたずらをする三男など

に邪魔されながら一日中働きづめである。そして一家の

主がなくなって10年が経ち、ムイはこの家の長男の

親友で資産家のクェンの家に奉公に出されるのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 目と耳で静かに楽しむ映画です。

そしてそれが象徴するものを想像するのも楽しいです。


青いパパイヤ


1951年のベトナムというとちょうどフランスに対する

独立戦争(第一次インドシナ戦争)の真っ最中ですが、

映画内でそれを感じさせるのは、日没後「外出禁止令」の

サイレンが鳴ることぐらいです。
10歳のムイはベトナムの片田舎からサイゴンの資産家の

家に奉公にやって来ます。冒頭に家を奉公先を探すシーンで、

彼女がもしかしたら文字が読めないのではないか?という

ことを示唆するカットがありました。それはラスト付近に

繋がっているとは全く気づきません。
さて、到着した先の家は緑豊かな広い庭を持ったお屋敷で、

資産家夫妻と息子が3人、主人の母親が暮らしています。

ムイは先輩使用人に、とても親切に仕事を教わるし、夫人

には亡くした娘と同じ年頃ということで大そうかわいがって

もらうのです。

「おしん」とは大違い。

 

青いパパイヤの香り
出典:youtube

 

この映画はフランス国内でセットを作り、ベトナムの家を

再現したそうですが、常に聞こえる鳥の声や青々と茂った

パパイヤの葉、そしてパパイヤをもいだ茎から静かに垂れる

白い樹液などが大アップで映り、ムイのうなじや額に常に

にじむ汗とともに、自然と共存する人々の姿が描かれます。

庭にはヤモリやカエルが山ほどいるんですよ。そしてムイは

そのどれも大事にします。アリが食べ物を運んでいくこと

すらも優しいまなざしで見つめます。ところがこの家の

次男は、そのアリの列にロウを垂らし、アリが死んでいくのを

見つめているのです。また三男は、ムイの気をひきたいのか、

彼女の仕事の邪魔をし、必ず最後にオナラをしていくという

悪ガキそのもの。それでもムイは少しも動じないのです。
さて、一日中何もせず、楽器を演奏しているこの家の主人は、

どうやら家出癖があるらしく、前回の家出の最中に娘トーが

病気になり、戻ってきた翌日亡くなったという悲しい出来事

以来、ずっとこの調子らしい。奥様が代わりに布地を売って

生活費を稼いでいるのです。ところが、この主人が家の金や

貴金属を持って家出をしてしまい、彼らの状況は一気に悪く

なります。いや、それでも映像は暗いものが映るわけでは

ありません。前と変わらず、カエルや鳥の声が聞こえる庭で、

ムイはコオロギを見つけ、虫かごに入れて飼い始めます。

彼女は生きているものすべてを大切にしているのです。
とはいえ、この家の家計が苦しくなったことを物語るのは、

先輩奉公人がムイに

「おかずが少なかったら味を濃くするんだよ」

と言う時です。さらに祖母は、奥様に

「お前が無口だから、夫が外に女を作るんだよ。お前は夫を

不幸にする悪い嫁だよ」

などと言い、それを聞いていた次男は涙を流します。

ああ、意地悪姑はここに存在していたのか。
ムイは青いパパイヤの実を細く切り、食事用に用意しますが、

彼女は、さらにパパイヤを二つ割にし、中にぎっしり詰まった

白い種を見つめます。(この物ぶつぶつ、ちょっと気色悪い)
そんな時、前にチラリと見かけて長男の親友クェンが家にやって

くると聞き、ムイは大喜びします。もちろんその気持ちを外に

出すわけではなく、ちょっとおめかしして、ちょっと

お澄ましして食事を運んでいくのです。クェンは全然気にも

留めていないと思うけれど。
せっせと働くムイは、ある日奥様のお気に入りの骨董の壺を

割ってしまします。

「この壺はあたしたちのお給金では到底買えないものだよ」

なんて先輩奉公人に言われるけれど、奥様は優しく許して

くれます。その優しさにムイはつい涙をこぼすのです。

この壺は実は対になっていて、これが割れたことは、この家の

夫妻の片方がいなくなることを意味していると理解するのは、

この後、再び家に戻ってきた主人が倒れたまま帰らぬ人と

なった時です。この時だって、手に奥様の宝石を握っていた

から、多分ほかの女のところに行くためにちょっと立ち寄った

だけなんだろうな。
さて、10年経ち、ムイは20歳のぴちぴちレディに成長します。

相変わらずアリの行進を見つめているムイに対し、チュンの嫁は

「生活も苦しいから大富豪のクェンの家に奉公に行かせましょう」
と夫に進言します。ムイにとっては奉公先が変わるだけのこと

ですが、この家の奥様は、今や、例の意地悪姑のいた屋根裏の

ような部屋に追いやられており、ムイは彼女のことだけが心残りの

様子です。
奥様も同じで、やや不自由な体を動かしてムイに、トーが着る

はずだった赤いアオザイとネックレスをプレゼントします。奥様は

長男の嫁よりムイの方がずっと可愛いんだよね。
そしてやけに近代的な内装のクェンの家では、作曲家になった

彼が奏でるピアノの音色が響き渡っています。キャピキャピの

フィアンセもいるみたい。ムイは相変わらず、仏様のような笑みを

浮かべえて家事をこなしていくのです。でも脱ぎ捨ててあった

フィアンセの靴を履いてみようとするけれど、それは

思いとどまり、逆に磨き上げたクェンの靴に足を入れるのです。

これはムイがずーっとクェンを思い続けていたことの証でしょうか。

そして身の丈を知って行動しているという証でしょうか。

 

青いパパイヤの香り
出典:youtube

 

ある日、急にムイは奥様にもらったアオザイを着、ネックレスを

つけ、フィアンセがベッドの忘れていった口紅をそーっと

塗ります。唇が大写しになり、真っ赤な紅で染まっていくのが

なんともなまめかしいです。
それがクェンに見つかってしまうのですが、彼は特に何でも

なかったかのようにやり過ごします。しかし彼の奏でるピアノの

音色や彼が描きためている絵が、大きな心の変化を物語って

いるのです。(多分)
最後に再び青いパパイヤの種がうつります。これが本当に

気色悪いんですが、前に映った時と今回とはムイの立場が全く

変わっています。それでも黄色のアオザイ姿の彼女はまるで

仏様のような笑顔を浮かべます。
全編にわたって、青々とした植物や、降り注ぐ雨粒、カエル、

コオロギ、鳥の姿とそれらが放つ、音や声が、とても気持ちの

いいもので、蚊帳や蚊取り線香など懐かしい小道具も上手く

使われていて穏やかな気持ちにさせてくれる映画でした。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3227 最後に更新した日:2020/10/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM