映画「変態村」

1
JUGEMテーマ:Horror

変態村

映画「変態村」
2004年  フランス映画
キャスト:ローラン・リュカ、ジャッキー・ベロワイエ
      フィリップ・ナオン、ブリジット・ラーエ
      ジャン=リュック・クシャール 

マルクは老人ホームなどで歌を歌い、生計を立てている
シンガーである。ある日、ホームでの仕事が終わり、南仏
の町へ移動中、山の中で車が故障してしまう。
そこへボリスという頭の弱い男が犬を探しにやってくる。
彼について森の中を歩いて行くと、小さなペンションに
たどり着く。
そこのオーナー、バルデル氏は、陽気で親切だが、マルク
に異様に執着を持ち、そして彼に
「決して村へいってはいけない」と言うのだった。

変態村

<感想>  一言で言ってとても変な映画です
究極のラブストーリーであるとか、カメラワークが
すばらしいとか評しているものもありますが、わたし
には全く理解不能でした。

変態村

但し、原題「Calvaire」は「殉教、殉死、苦難」という
意味だそうで、それにしては邦題がひどすぎると思い
ます。
また、英語タイトル「The Ordeal」は「罪人判別法、
試練」という意味だそうです。
どちらにしても題名に飛びつくとわけのわからない映画
を見ることになります

<マープルの採点  星0.5>
なにを描きたかったんでしょうか


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

コメント
こんにちはー。
原題には「殉教、殉死、苦難」という意味があるんですね。
マルクはそんな目に遭うような事はやっていないと思いますが、職業が「虚像」を売るものだからなのかな?
一言で言うなら確かに仰る通り「わけのわからない映画」ですね^^;
momorexさん、コメント&TBありがとうございます。
邦題がひどいですよね。
変態というより、変人という方がまだしっくりくるかも。
同じく「わけのわからない映画」に1表!
  • ミス・マープル
  • 2014/05/18 4:46 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
『変態島』と同じ監督だったんだ。どおりで過酷な自然に翻弄される人間が描かれているわけだ。と言っても、今回、主人公を翻弄するのは大いなる自然だけでは無い。ソレは“変態”的ではあるものの、どこか悲しみを帯びていて「気持ちワルっ」の一言で片付けられない何
  • momoな毎日
  • 2014/05/18 12:19 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM