スプライス

1
JUGEMテーマ:SF映画 一般

スプライス

「スプライス」
原題:suplice
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
2008年   カナダ=フランス映画  104分
キャスト:エイドリアン・ブロディ
     サラ・ポーリー
     デルフィーヌ・シャネアック
     ブランドン・マクギボン

製薬会社の研究員、エルサとクライヴは遺伝子疾患を治療する薬を開発するため
新生物を作り出していた。
しかし彼らは、研究の成果を早く得たいがために、その生物と人間のDNAを結合
させることを試みるのだった。 

スプライス

「完ぺきな男児よ。So cute!」
どこからみてもcuteに見えない、めちゃめちゃ気色悪い生物です。
ニューステッド製薬で、異種動物同士の遺伝子を結合させて作り出したジンジャーと
ブレッド。さらに次の段階に進むという会社の方針と、今すぐに実用化させたいエルサ
とクライヴは対立してしまう。そして2人は内緒で人間のDNAと新種生物のそれとを
結合(スプライス)させてしまうのです。

スプライス

エルサ主導の行動によって生み出された生物はまたも無気味なものです。そして成長が
早く、体がどんどん変化していくのです。
天才科学者コンビと言われる2人ですが、ある意味善悪の区別を失ったエゴの塊にしか
見えません。エルサ役は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。笑うと歯茎が出る
ところが気になります。クライヴ役は「エクスペリメント」のエイドリアン・ブロディ。やっぱり
気弱でヘタレ気味です。
2人によって生み出された生物は「ドレン」と名付けられ、足はカエルと鳥の組み合わさった
ような形をし、両目が離れ、短い手を持つスキンヘッドなのです。どこが可愛いのかしら。

スプライス

まず1番目のイラが、エルサの主張に1つもノーと言えないクライヴですねえ。弟ギャビンが
ずばりそこを指摘しています。
そしてドレンに提供された人間のDNAの真相がわかった後、クライヴはあろうことか
グレンとSEXまでしてしまいます。
アンビリーバボー!

スプライス

エルサが子供を欲しがらなかった理由は、彼女の生家にグレンを隠し始めた時に見た
エルサの子供時代の部屋の様子から理解できます。母性、父性、そして利欲にかられた
人間たち。
ラスト付近森の入り込んだグレンを
「放っておけない」
と追いかけるクライヴ。ここはまあ当然責任を感じるべきところです。
しかし、森の中の池に懐中電灯を落とすと、危険を顧みず、
「これは必要なんだ」
と棒切れで池の中を探る。ここは2番目のイラ。
そんなクライヴの大ピンチに武器を持ちながら一瞬躊躇するエルサに至っては、イライラ
最高潮。何がしたいの、いったい。
「失うものはなにもない」
何度となく聞いたこのセリフに飽き飽きしたエンディングでした。まあある意味生物の本能
というものは、進化しても変わることはない、ということがわかりましたが。

スプライス

グレン役はデルフィーヌ・シャネアックというフランスの女優さんが演じています。
クライヴは日本好きなのかカタカナで書かれたキャンディを食べ、部屋には日本のポスター
が貼ってありました。ただ彼が身につけていた日の丸のTシャツはちょっとどうかと思うデザイン
です。あれは出征する兵士が持っていた寄せ書き入りのものですよね。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星    ☆☆
ハラハラ星  ☆
エロエロ星  ☆
ダルダル星 ☆


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

節電したくても朝から暑すぎる。ごめん、エアコン入れてます。

関連する記事
コメント
犬はエアコンの部屋で過ごし、私は寝苦しい夜を頑張って、何とか生き延びてます(;一_一)スプライスは今日の夜に丁度観ようと思ってた所です。DNA変異で生まれた生物は実物の方がキレイな方ですネ〜。ブルーアイの人に憧れちゃいます。だからハスキーも好きなのかな?(なんて)E・ブロディって、私もダメなタイプですね。H・グラントとどこか共通している部分があって(ToT)/~~~あっ、マーブルさんがイマイチと言ってた「インシテミル」見ましたョ。片平なぎささんが、「A・クリスティーのそして誰もいなくなったみたいだわ」ってセリフで、こんな感じの話なんだ〜と勝手に思っちゃいましたが、未だに、本作が観られずじまいで〜す。
しかし、綾瀬はるかの役には、やられました〜!まさか、暗鬼館の施設の職員だなんて!道理で彼女のアイテムだけが明らかにされなかったワケだ。やっぱり、大御所欣也さんは、生き残りましたので、メデタシといたしましょう。
  • あちゃ丸
  • 2011/07/12 2:23 PM
「スプライス」は高評価のレビューもありますので、好みが分かれる映画かなと思います。
このフランスの女優さんの他の映画も見てみたいですよね。
そうそう、今日は昼ごろから雨が降っています。少し暑さが和らいだかな?
「インシテミル」いかかでしたか?欣也さんは貫録ありすぎですよね!原作本を読もうと思いながらまだ読んでいません(-"-)
「そして誰もいなくなった」は古いものはすごく面白かった気がします。でもずいぶん前に見たんですけどね((+_+))
  • ミス・マープル
  • 2011/07/12 3:26 PM
なんだか、嫌な気分にさせられる映画でしたね。

結局は、夫婦のエゴで作られた新生命体。
そこには、科学者のやってよいところを越えてしまってました。

母親かわり(しかも虐待)、性の対象とひどいものです。

テーマは面白いのですが、ちょっと方向性が悪いですねぇ。
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通り嫌な気分にさせられる映画でした。

そもそもでき上がった生物がキモイ!
それを夫婦のエゴで好き勝手にされたはたまったものではありません。
役の上でもイラとさせられるセリフの連続でした。
  • ミス・マープル
  • 2014/09/23 4:48 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
『スプライス』  SPLICE 【製作年度】2008年 【製作国】カナダ/フランス 【監督】ヴィンチェンゾ・ナタリ 【主演】サラ・ポーリー/エイドリアン・ブロディ    【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 科学者の夫婦、クライヴとエルサは人間と動物
  • こわいものみたさ
  • 2014/09/22 11:41 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM