ドライヴ

4
ドライヴ

「ドライヴ」
原題:drive
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
2011年   アメリカ映画   100分
キャスト:ライアン・ゴズリング
     キャリー・マリガン
     ブライアン・クランストン
     クリスティーナ・ヘンドリクス
     ロン・パールマン

キッドは自動車修理工場で働くかたわら、カースタントの仕事もしている。
しかし、彼はそのドライヴテクニックで、強盗の逃走車運転係も請け負って
いた。そんな彼は隣人のアイリーンに心を惹かれるが、彼女には出所を
控える夫がいるのだった。

ドライヴ

「幸せの行方...」(2010)で、大富豪の御曹司でありながら、心がかなり
いびつな男性を演じていたライアン・ゴスリングが主人公キッドを演じて
います。そしてそのキッドが恋心を抱く女性アイリーン役はキャリー・マリガン。
この映画では口元のゆがみは気になりませんでした。
お洒落な音楽とともに映しだされる暗闇の中のカーライトの流れは、どこか
懐かしい雰囲気を醸し出しています。
キッドは車の修理工をしながら、映画のカースタントをこなし、夜はそのドライヴ
テクニックで、強盗の逃がし屋をしているのです。楊枝をくわえ、警察無線を
傍受しながら、きっちり5分待つ。そして戻った強盗を乗せて巧みなテクニックで
警察のヘリやパトカーを振り切るのです。このカーチェイスは見ごたえがあり、
全くと言っていいほど口を開かないキッドは、ものすごくかっこいいです!クール
だわ〜。
そんなキッドは、アパートの隣の部屋に住むアイリーンに心を惹かれるのです。
ベニシオという息子を持つアイリーンといい雰囲気になったところで、
「夫は刑務所にいるの。」
そしてもっといい雰囲気になったところで
「一週間後に出所なの。」
彼の純愛はあえなく撃沈するのです。
しかし、出所してきたアイリーンの夫スタンダードが、ベニシオの目の前でボコ
られているのをキッドは偶然発見します。その経緯を知った彼は、アイリーン
一家いえ、おそらくは彼女の幸せのために、一肌脱ごうと考えるのです。でも
その親切心がやがて大きなお節介と変わり、全てが悪い方向へと転がっていきます。

ドライヴ

ライアン・ゴスリングの美しい青い瞳は、最初からどこか虚ろでしたが、狂気を
帯びて見えるのはこの辺りからです。スタンダードはなぜか現場で射殺され、
警察発表では単独犯だという。じゃあ最初に金を強奪してきたこの共犯の女は
何なんだ。ハメられたことを知ったキッドのキレ具合はすさまじく、映画では一切
語られなかった彼の過去は、どんなものだったんだろう、と考えてしまいます。


ドライヴ

エレベーターの中で、アイリーンとキスをした直後に、同じ箱内の男と壮絶な
格闘のあげく、頭を徹底的に踏みつぶしてしまうのです。音がその残酷さを
物語ります。そこには、周りの人々の裏切り、そして親切心が招いた災いが
絡み合って、キッドの狂気へとつながっていく様が全て映しだされ、スリリングに
ストーリーは進むのです。

ドライヴ

スタント用のマスクをかぶってニーノを狙うシーンは、この薄ら笑いの表情が
不気味極まりないです。これは彼が悲しみや怒りを隠したかったのかもしれません。
ラストはドンパチではなく、刃物での格闘で、地面に映る人影でその様子が映り、
そしてやはり夜のドライヴ。

ドライヴ

悪党ニール役のロン・パールマンの悪人面は相変わらず凄みがあるわあ。
必要最小限の恋愛シーンで、キッドの胸の内をうまく描いています。かなり
好きな映画です。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆
グロ星    ☆☆☆
ハラハラ星  ☆
エロエロ星
ダルダル星



       ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

かなり涼しい朝です。秋だなあと実感。

ペントハウス

2
ペントハウス

「ペントハウス」
原題:tower heist
監督:ブレット・ラトナー
2011年   アメリカ映画   104分
キャスト:ベン・スティラー
     エディ・マーフィ
     ケイシー・アフレック
     アラン・アルダ
     マシュー・ブロデリック

マンハッタンにそびえたつ超高級マンション「ザ・タワー」。そこのマネージャー
であるジョシュは、最上階に住むアーサーがあこがれの的である。しかしある日
彼が証券詐欺罪でFBIに逮捕される。実はジョシュは従業員の年金を彼に預けて
いた。しかし彼の逮捕でそのお金は一切消えてしまったのだった。

ペントハウス

冒頭100ドル紙幣の絵が描かれたプールで悠々と泳ぐ老人の姿が映ります。

ペントハウス

四方はニューヨークの夜景がきらめき、まことに美しい景色です。この老人、
アーサー・ショウは65階建ての高級マンション「ザ・タワー」の最上階ペントハウス
で暮らす実業家なのです。最低価格でも560万ドルするこのマンションは日本円
にすると幾らかな、なんてセコイことを考えてしまうのが庶民の常です。そんな
考えをよそに、建物内の完ぺきな警備と快適なサービスが与えられている光景が
映しだされます。サービスマネージャーのジュシュ役は「ミート・ザ・ペアレンツ」の
ベン・スティラー。彼の部下で、妹の夫でもあるチャーリー役は「キラー・インサイド・ミー」
のケイシー・アフレック。彼の仕事に対する意欲の無さが何とも言えません。
そしてウォール街で一時は大儲けしたものの、今ではこの建物を追い出されようと
している負け組の男、フィッツヒュー役は、マシュー・ブロデリックです。

ペントハウス

それに加えて、ネイティブアメリカンのエレベーターボーイ、デブロー、結婚しないと
就労ビザが切れると焦っている巨大なメイド、オデッサなど様々な個性を持つ人々
が映しだされていきます。

ペントハウス

そして勤勉なジョシュが、すわ、誘拐だと確信し、車に入れられたアーサーを走って
追うと、実は、彼は逃亡を試みていたことがわかるのです。熱いぜ、ジョシュ!

ペントハウス

証券詐欺罪でFBIに逮捕されたアーサーは、ジョシュが従業員の年金を預けて
いた相手でもあり、そんなはした金は戻ってこない、と言われてしまいます。もう
お先真っ暗...。そうよね、自由の国アメリカでは、こんな光景はいくらでもあるのよね。
いや、日本でもあるよ。ある有名政治家兄弟はお母さんから45億円ずつ財産を生前
分与されているし。そういや、お小遣いを月に2000万円もらっても気づいてなかったし。
しかし、それだけではなく、引退を考えていたドアボーイ、レスターの全財産まで
アーサーはパクっていたのです。人の欲は際限がないのね。
熱い男ジョシュは、保釈されたアーサーの部屋に行き、彼のコレクションである
マックイーンの愛車だったという真っ赤なフェラーリをゴルフクラブでぶち壊し、クビに
なってしまいます。さあ、どうする。
するとFBIのデナム捜査官から、実はアーサーには、2000万ドルの隠し金があること
を知らされるのです。そこからこの熱い男は頭をフル回転。幼なじみらしきスライドに
盗みの極意を教わり、ち密な計画を立てていきます。エディ・マーフィはかなり老け
ましたが、早口で矢継ぎ早に話す演技は変わっていません。彼とジョシュとの掛け合い
は漫才のようです。
スリルと裏切りが混在し、様々な職種、人種が絡み合って、ラストはスッキリさっぱり
でした。いやもうしてやったりだわ〜。日本もこうならないかしら。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆

  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

さっきはすごい雨だった。関東では地震もあったらしい。


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM