映画「重力ピエロ」

0
    JUGEMテーマ:邦画

    重力ピエロ

    映画「重力ピエロ」
    監督:森 淳一
    2009年   日本映画
    キャスト:加瀬 亮、岡田将生
         小日向文世、鈴木京香
         吉高由里子、渡部篤郎

    泉水と春という仲の良い兄弟の住む町で
    連続放火事件が発生する。現場付近には
    グラフィック・アートが残されており、春は
    放火とそれの関連を疑い始める。

    重力ピエロ

    一方、彼ら兄弟には思い出したくない過去が
    あったのだった。

    <マープルの感想>
    「春が二階から落ちてきた」
    桜の花びらが舞っているので、そのことかと
    思いました。原作本は読んでいません。

    遺伝子の組み合わせ、二重らせん、ストップ・コドン
    など初めて耳にする言葉が出てきます。

    また、ストーカー的存在の吉高由里子の存在は
    静かな映画に笑いを添えています。

    重力ピエロ

    笑いを添えながら重要なカギでもあるのです。

    「悪い種子」という映画がありましたが、それは
    全てにあてはまるものではないと悟りました。

    「楽しそうに生きていれば地球の重力なんて
    消してしまえる。」

    重力ピエロ

    胸に響く言葉です。
    「最強の家族」はやっぱり最強です。

    それにしても岡田将生がかっこいいのなんのって!

    重力ピエロ

    またシトロエン、チャールストン
    グロリア、ツーリングワゴン、ウッドパネル付き
    といった懐かしい車に巡りあうことができました。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆☆
    グロ星
    ハラハラ星  ☆


      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

      よかったらポチっとお願いします。
                  頑張ります!

    「Go Ape ゴー・エイプ」

    0
      Go Ape
       
      「Go Ape ゴー・エイプ」
      監督:大野 伸介
      2009年   日本
      キャスト:岸谷 五朗、城田 優
           杉本 哲太、金子 賢
           モロ 師岡、鈴木 蘭々

      尾子はセキュリティ関連用品販売会社の
      うだつのあがらない営業マンである。
      彼は、ある日の帰宅途中、公園で3人の
      高校生のオヤジ狩りに遭ってしまう。
      彼はその中の一人の由紀夫に異常な復讐心
      を燃え上がらせるのであった。

      Go Ape

      <マープルの感想>
      第一回WOWWOWシナリオ大賞を受賞した
      作品です。

      城田優は「死にぞこないの青」でも陰湿な
      教師役を好演していましたが、今回も端正な
      顔立ちの下に潜む狡猾な一面をうまく演じて
      います。

      Go Ape

      それにしてもきれいな顔立ちです。

      岸谷五朗が演じる尾子が復讐を達成する
      ごとに自信をつけ、営業成績を上げて行く
      姿は、現代のサラリーマンの日々蓄積された
      不満のはけ口が見つかったような気がして
      爽快な気分になります。

      ラストの尾子と由紀夫のタイマンは、オヤジと
      ガキの言い分としてどちらも共感できる反面、
      エンドレスかと思うほど長かったです。

      「オレの勝ちだー!」
      結局人間は最後には力で強さを表したくなる
      のでしょうか。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆☆
      グロ星
      ハラハラ星  ☆

      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
       
       よかったらポチっとお願いします。
                   頑張ります!

      映画「少年メリケンサック」

      0
        JUGEMテーマ:邦画
         
        少年メリケンサック

        映画「少年メリケンサック」
        監督:宮藤官九郎
        2009年   日本映画
        キャスト:宮崎あおい、佐藤浩市
             木村祐一、田口トモロヲ
             ユースケ・サンタマリア

        メイプルレコード契約社員の栗田かんなは、
        ネット上でパンクバンド「少年メリケンサック」
        の動画に釘づけになる。

        少年メリケンサック

        早速契約するため、バンドのメンバーを訪ねるが
        そこにいたのは、25年たったおじさんばかりだった。

        少年メリケンサック

        <マープルの感想>
        ギターのアキオが何度も「10万サクセスあった。」
        と言うところが、年代を感じます。
        当然‘アクセス’ですよね。

        少年メリケンサック

        酔っ払い、畜産農家などパンクとは縁遠くなった
        4人が、なぜかコンサートツアーに出ることになる
        のですが、舞台に登場した途端にドン引きする
        観客たち。哀れそのものです。

        少年メリケンサック

        「ウソを上回る奇跡」が本当に起こるのか、中盤
        以降はワクワクしてきます。

        その中で、宮崎あおいが表情豊かに伸び伸びと
        演技していますね。彼女は何を演じても上手です。
        下ネタもサラっと流してくれます。

        ニューヨークマラソン→農薬飲ませろ
        これだとは誰も気づきませんよね!

        5人目のメンバーの出現も大笑いでした。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆☆

        にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ 

        よかったらポチっとお願いします。
        頑張ります!

        映画「アコークロー」

        0
          JUGEMテーマ:Horror

          アコークロー

          映画「アコークロー」
          監督:岸本 司
          2006年  日本映画
          キャスト:田丸麻紀 、忍成修吾、尚亥、菜葉菜
               エリカ、村田雄浩、清水美砂

          東京でつらい体験をした美咲は、それから逃げるように
          沖縄に移住していた恋人の浩市の元へやってくる。
          美咲は、浩市と友人仁成、その子供の仁太、そして仁成
          の漁師仲間の秀人、さらに秀人のおばあに歓迎されて
          島での新しい生活をスタートさせた。

          sアコークロー

          しかし、島での静かな生活は、仁成の前妻で赤い髪をした
          早苗が現れてからかき乱され始める。

          sアコークロー

          そして早苗の思わぬ行動から、彼らは取り返しのつかない
          ことをしてしまうのだった。

          <マープルの感想>
          アコークローというのは、沖縄の方言で、昼と夜の間、薄明かり、
          黄昏といった意味だそうです。その魔の刻に恐ろしい出来事が
          始まるのです。

          アコークロー

          「キジムナ」というと木の精霊のようなイメージを持っていて
          決して怖い存在だとは思っていませんでした。
          しかし「キジムナ」も沖縄の場所によって、呼び方も違えば、
          言い伝えも違っているということを初めて知りました。

          sアコークロー

          時間がゆっくり流れ、皆が友人というのどかな雰囲気の映画
          ではなく、かなり怖い内容です
          それにしても仁成役の尚亥はなかなかイケメンですね
          めっちゃタイプです

          アコークロー

          今まで「ナビィの恋」、「ホテル・ハイビスカス」とゆったりと
          した映画を見ただけだったので、とても衝撃的でした。

          <マープルの採点  星4つ>
          みんなの笑顔が消えていきます...



          にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 
           よかったらポチっとお願いします。

          映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」

          0
            JUGEMテーマ:洋画

            ボラット

            映画「ボラット 栄光ナルカザフスタンのためのアメリカ文化学習」
            監督:ラリー・チャールズ
            2006年  アメリカ映画
            キャスト:サシャ・バロン・コーエン、ルネル
                 ケン・ディヴィシャン

            ボラット

            カザフスタンに住むボラットは、アメリカ文化をレポートした
            番組制作のため、アザマットと一緒にニューヨークへやって
            きた。

            ボラット

            彼はカザフスタン国営テレビのレポーターなのである。

            ボラット

            しかし、文化の違うアメリカでは行く先々で様々な事件を
            起こしていく。
            まずしょっぱなから、ホテルのエレベーターを自分の部屋
            と勘違いし、荷物を広げ始めたり、客室内の便器の水で
            洗顔したり。

            ボラット

            あげくの果てには、トランプタワーの植え込みでウンチョス
            をする始末。

            ボラット

            さて彼はどんなアメリカ文化のレポートができることやら。

            <マープルの感想>
            「この映画は3歳以下の閲覧を禁ずる」
            エンドロールの後に出てきますが、この意味全然わかり
            ませ〜ん。
            ニューヨークのホテルのテレビでたまたま映っていた
            パメラに一目ぼれしたボラットは、一路彼女の住む
            カリフォルニアへ向かいますが、大笑いの連続です 
            また、ボラットは女性差別主義者かつ反ユダヤ主義者
            という設定ですが、それによってアメリカ人の隠されている
            差別意識や偽善的なふるまいを垣間見ることができます。
            多くの場面で撮影を知らされていなかった人々がたくさん
            いることから、さらにはっきり裏付けることができています。


            ボラット

            また国家への忠誠心をからかうと半殺しになるようです

            ボラット

            ‘金、車、アザマットなし’→ 夢だけが心の支え。
            なにもかもなくしたボラットはうちひしがれます。
            おそらく変な宗教団体のバスで移動したのでしょうが、
            彼の傷ついた心を立て直すのには1番だったようです。

            でもやっぱり目の前にある素朴?な花を忘れていなくて
            よかったね
            ところでアザマットのモーテルの部屋の冷蔵庫にクマ
            の頭があったけど、食ったんかいな

            <マープルの採点  星4つ>
            お下劣もこう使うと鋭い風刺になりますね。
            但し、カザフスタンは本当はこんな国ではないです


            にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
             よかったらポチっとお願いします。

            映画「鴨川ホルモー」

            0
              JUGEMテーマ:コメディ映画全般
               
              鴨川ホルモー

              映画「鴨川ホルモー」
              監督:本木克英
              原作万城目学
              2009年  日本
              キャスト:山田孝之、濱田岳、栗山千明
                    芦名星、石田卓也

              「鹿男あをによし」の作家万城目学原作の映画化である。
              阿部は二浪してやっとあこがれの京都大学へ入学。しかし
              ‘ごく普通のサークル’という怪しげな「京大青竜会」になぜ
              か入部することになる。(早良京子という美人が目当てだが)
              このサークルは京都に100年伝わる‘ホルモー’という競技
              をするサークルだったのだ。

              鴨川ホルモー

              <マープルの感想>  鴨川を舞台にした映画だとはわかる
              けれど、大体この怪しげな題名はなんじゃいな、と思って映画
              を見始めると、どんどん惹きこまれていきます


              鴨川ホルモー

              山田孝之扮する阿部はイケてない大学生。しかしそれが
              いつしか強い男へと変貌をとげていきます。

              鴨川ホルモー

              親友の成長ぶりも見落としちゃあいけません。

              鴨川ホルモー

              日頃はクールな美人を演じている栗山千明もこの
              映画では、すっかりおとぼけに徹しています。

              鴨川ホルモー

              でもピカいちは早良京子に扮する芦名星の美しさです

              鴨川ホルモー

              阿部は彼女の鼻に惹かれますが、確かに鼻筋の通った
              正統派の美人ですね。
              映画では性格がねー

              鴨川ホルモー

              この子たちは結構可愛いです

              鴨川ホルモー

              「ゲロンチョリー
              山田孝之はこういう役を演じる時の方が好きです。



              <マープルの採点 星4つ>
              何も考えずに見てね。とってもおもしろいから


              にほんブログ村 映画ブログへ よかったらポチっとお願いします。


              カレンダー

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << July 2020 >>

              ブログランキング

              今日のわんこ

              powered by 撮影スタジオ.jp

              アマゾン

              遊びにきてくれてありがとう!

              カウンター

              死語レッスン

              最新記事

              categories

              過去の記事

              コメントありがとうございます!

              トラックバックありがとうございます!

              recommend

              お友達

              ミス・マープルについて

              書いた記事数:3172 最後に更新した日:2020/07/11

              あの映画を探そう!

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM