誰がため

4
JUGEMテーマ:洋画

誰がため

「誰がため」
原題:Flammen & Citronen
監督:オーレ・クリスチャン・マセン
2008年  デンマーク=チェコ=ドイツ映画   136分
キャスト:トゥーレ・リントハート
     マッツ・ミケルセン
     スティーネ・スティーンゲーゼ
     ピーター・ミュウギン

ベントとヨーンは、ナチス占領下のデンマークで、レジスタンスとして
ナチスに協力しているデンマーク人を暗殺している。彼らは「正義」
にための行動だと信じていたが、実は彼らの上司ヴィンターは保身
のために彼らを利用しているのだった。

誰がため

原題「Flammen&Citronen」は「炎とレモン」の意味で、ベントとヨーンの
レジスタンス活動でのコードネームなのです。
1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマークで、レジスタンスのメンバー
ベントとヨーンは、他の仲間と共に、警察法務官ヴィンターから、イギリスからの
指示ということで、ナチスへの協力者を暗殺していたのです。ここは暗殺者
そのもので、計画を立て、バンバンと容赦なく射殺していきます。彼らには
その行為こそが国を愛する証拠であり、正義であると信じていたわけです。
ベント役は「天使と悪魔」(2009)のトゥーレ・リントハート。

誰がため

デンマーク出身だけあって、北欧特有の抜けるような白い肌と、ブルーの瞳、
そして金髪がとても美しい。映画内では23歳という設定ですが、実際は32歳
ぐらいだったとのこと。しかし特に違和感はありません。彼の親友ヨーン役は
「タイタンの戦い」(2010)のマッツ・ミケルセン。「007 カジノロワイヤル」 の
ル・シッフル役といった方がわかりやすいですね。あの映画での悪役ぶりとは
うって変わって、この映画では、繊細かつ真面目に「正義」を追求していく姿を
好演しています。

誰がため

ヴィンターの指示で、次々と標的を暗殺していくうちに、ベントは、バーで知り合った
ケティという女性に心を寄せるのです。(この人かなり年上だよな)しかし、ケティも
ヴィンターの部下であり、さらに彼女が標的になってしまうのです。

誰がため

まだ20そこそこの男性が、心から愛した女性を暗殺しなけらばならない、という
心の葛藤。これは、家族のために戦ってきたヨーンが、そのせいで妻に去られて
しまったのと同じく、2人の心に深い影を落とします。
さらにゲシュタポのボス、ホフマンを追い詰めた時、彼の説得に負けてしまうベント。
全編に渡って銃撃シーンが繰り返され、BGMのほとんど流れない中、響き渡るのは
虚しい銃声です。
「正義」と信じて戦ってきた2人が、実はただの殺し屋だったことに気づいても尚、
国のために戦い続けることを選んだ姿は、これしか選択肢をなくしてしまった周りの
状況に原因があるとしか思えません。
デンマーク国内では、彼らのことは65年もの間タブー視されていたのも納得できます。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日はなんか蒸し暑い。のび太まだ入院中。

気狂いピエロの決闘

5
JUGEMテーマ:洋画
 
気ちがいピエロ の決闘

「気狂いピエロの決闘」
原題:balada triste de trompeta/the last circus
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
2010年   スペイン=フランス映画   107分
キャスト:マルロス・アレセス
     カロリーナ・バング
     アントリオ・デ・ラ・トレ

サーカス団のピエロだった父親を内戦で亡くしたハビエルは、
成長し、「泣き虫ピエロ」としてサーカスで働き始める。しかし
団長セルヒオの恋人ナタリアを巡って、2人は次第に狂気に
満ちた生活を送るようになるのだった。

気ちがいピエロ の決闘

道化師は、実は二種類あり、おどけて笑わせる役のクラウンとその
クラウンにバカにされるボケ役のピエロだそうで、映画内で「泣き虫
ピエロ」と言われるのは後者の方です。大体ホラー映画ではピエロは
不気味なシーンや殺人者のマスクとして使われます。なのでイメージ
は決してよろしくない。それなのに笑わせ役としていまだに存在するの
ですよね。
さて、1937年、スペイン、マドリッド。サーカスでピエロ2人がおどけて
子供たちを笑わせています。ところが突然の空襲と政府軍の乱入で
団員はその扮装のまま前線へと向かうのです。時代はスペイン内戦期
であり、ハビエルの父は、ピエロのまま反乱軍を斬って斬って斬りまくります。
そのあげくに投獄。

気ちがいピエロ の決闘

父の収容されている刑務所にハビエルが面会に行くと、父は
「お前は泣き虫ピエロになれ。」
「幸せになりたいなら、運命の裏をかけ。」
「復讐だ!」
多くの言葉を投げかけます。ハビエルの悲しい幼少期と父のこの言葉が、
彼を狂気へと向かわせたのでしょうか。

気ちがいピエロ の決闘

そして1973年、成長したハビエルは、セルヒオを団長とするサーカス団に
入るのです。
「なぜピエロに?」
「人殺しにならないためだ。」
サーカス内で強権的であり、恋人ナタリアへ毎日暴力をふるうセルヒオと
ぽっちゃり体型で内気かつ優しいハビエルのどこに共通点があるかと思ったら
すべて美しいナタリアへの強い愛情とピエロに対する情熱だったのですね。
ナタリアと内緒のデート中に、2人の前に表れたセルヒオは、ハビエルに対し
もうむちゃくちゃな暴力を働くのです。この暴力こそ、ハビエルの心の中に
秘めていた暴力を呼び覚ますのです。

気ちがいピエロ の決闘

ハビエルは、トランペットがへし折れるほど、セルヒオの顔をぐちゃぐちゃに
殴りつけます。その手当をするのが、象や虎の治療をする獣医ですから、
出来上がった顔は、もう直視に耐えない有様です。
一方ハビエルは、病院を抜け出し、森へ逃げ込むものの、そこでのサヴァイヴァル
生活で、さらに人間性を失っていくのです。かつて父のために襲い掛かった大佐
に捕まり、ハビエルはその家で自らの顔に苛性ソーダをかけ、アイロンをあて、
ノーメークのピエロ顔を作り上げます。冒頭からしばしば入り込む凄まじい
映像の中でもこれは群を抜いています。
「終わっているのはこの国だ」
ナタリアを取り合うはずが、多くのものを失い、多くのものを破壊し、自らも
傷つけ合い、ラストを迎えるのです。
岩場の教会から赤い布を巻き付けて、くるくると舞い降りるナタリアの姿が
印象的でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆
グロ星    ☆☆
ハラハラ星  ☆
エロエロ星
ダルダル星



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

日が長くなりました。

家族の庭

4
JUGEMテーマ:洋画

家族の庭

「家族の庭」
原題:another year
監督:マイク・リー
2010年   イギリス映画   130分
キャスト:ジム・ブロードベント
     レスリー・ウンヴィル
     ルース・シーン
     ピーター・ワイト
     イメルダ・スタウトン

ロンドンに住むトムとジェリー夫妻は、一人息子が独立し、休日は
市民菜園で農作物作りを楽しんでいる。その幸せな家庭には、
メアリー、ケンなど夫妻の友人でそれぞれ孤独を抱えた人々が
集うのだった。

家族の庭

「ヴェラ・ドレイク」(2004)では、イメルダ・スタウトンを主役にして、
本当に親切な人間が罪を犯してしまい、それによって壊れかける家庭
の再生を描いていました。今回は逆に、完璧なほど幸せな家庭を持つ
ヘンペル夫妻の家を訪れる様々な友人達の老いと孤独を描いています。
見終わって、マイク・リー監督の人間の深層心理への探究心に、実は
かなり腹が立ちました。つまり、そこは触れてほしくないというポイントを
見事なほど的確に露呈させたからです。

家族の庭

ロンドンに住むトムとジェリー夫妻は、夫は地質学者、妻は心理カウンセラー
とそれぞれ仕事を持ち、休日は仲良く市民菜園で季節の野菜を作って楽しむ
理想的な夫婦なのです。おまけに一人息子は弁護士として、既に家を出て
真面目に働いています。料理の苦手なジェリーに代わってトムはおいしい
夕食さえ作ってくれます。どんな家庭にも問題点があると思うのですが、彼ら
の家にはそれがないのです。ジェリーのカウンセリング風景が映画の冒頭に
映ります。
「来なければよかった。」
カウンセリングを受ける患者役のイメルダ・スタウトンがつぶやきます。そうなんです。
こんな幸せな人につらい思いがわかるはずもないのです。トムとジェリーの心の
広さを見ていると、そこに横たわる不幸な人々への施しの気持ちのようなものを
感じてしまいます。それは穿った考えかな。

家族の庭

ジェリーの職場の友人メアリーは、離婚、不倫を経験し、その失敗を引きずりながら、
しばしば彼女の家を訪れ、愚痴を聞いてもらうのです。このメアリーが結構な年齢
だと思うのに、精神的な幼さから、自分を好いてくれるケンを含めて、年令の高い
男性には冷たく接し、トムたちの息子ジョーには媚を売るのです。ジョーは当然
その姿を理解していても、やはり広い心で受け留めます。こんな立派な家庭に
育つと人をなじるようなことはしないのです。

家族の庭

ところがジョーが恋人ケイティを連れてくると、メアリーは彼女に対し、あからさまに
嫌悪感を示します。それに対し、ケイティも類友で、全く動じないんですよ。結局そう
いう人間に対して、どこか憐れみを感じているのでしょうね。これはわたしのひねくれ
た心をくすぐりました。なんか嫌!
このメアリーの態度は遂にジェリーの怒りを買い、メアリーは、冷たくなってしまう
のです。ここは怖いです。今まで許されてきた自分を、突然受け入れてもらえなくなった
メアリーの孤独はいかばかりか、と思います。親友と信じてきた人の手の平返し。
トムの兄ロニーの妻が亡くなり、彼らの家にしばらく居候することになります。そこへ
連絡なしにやって来たメアリーに対し、
「来る前に電話してね。」
とジェリーの冷たい言葉は、胸に突き刺さりました。
ラストの食事のシーンでは、この家族の中に居場所のない自分の居心地の悪さを
メアリーのなんとも言えない表情が物語っています。
四季折々様々な風景があるけれど、それはひとつの家族のものであり、その中に
他人は入り込むことはできない。またそういう家族を持てなかった人々の悲しみを
四季の風景を織り交ぜてうまく描いていました。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

昨日はひのきの花粉が飛びまくり。くしゃみ連発!

善き人

4
JUGEMテーマ:洋画

善き人

「善き人」
原題:good
監督:ヴィンセンテ・アモリン
2008年   ドイツ=フランス映画   96分
キャスト:ヴィゴ・モーテンセン
     ジェイソン・アイザックス
     ジョディ・ウィッテカー

ヒトラー率いるナチス党が全盛の1930年代のドイツ。大学教授の
ジョンが書いた小説がヒトラーの目に留まる。それまで普通の善良な
市民にすぎなかった彼が、ナチス党に重用され始めると、彼の生活は
一変するのだった。

善き人

主役の大学教授ジョン・ハルダー役は「イースタン・プロミス」(2007)の
ヴィゴ・モーテンセンです。映画内では物静かでまじめな学者を演じて
いますが、1カットだけ彼の裸の上半身が見られ、鍛え抜かれた腹筋を
バッチリ見ることができます。あんな教授はいないよな。
1937年4月、ジョンは突然ナチス党総督府へ呼び出されるのです。それは
自らが執筆した小説にヒトラーが関心を抱き、「安楽死」についての論文を
書くように依頼されることでした。
それまでの彼は、大学で文学を教える傍ら、認知症の母の世話と神経症を
病み、家事を放棄してひたすらピアノを弾く妻、そして2人の子供の育児と
全てを引き受けるきわめてお人好しの男だったのです。そして彼の親友で
ユダヤ人のモーリスは、第一次世界大戦で共に戦った仲であり、ジョンの
心の悩みを唯一受け止めてくれる人間でした。ジョンは学問にまで制限を
かけるナチス党に反発を抱き、入党を勧める大学の話を固辞してきたのです。
この時代、入党しなければ、出世どころかその職さえ失う状況でした。
ところが彼の書いた小説が、たまたまヒトラーに目に留まるのです。そして
彼には「安楽死」についての論文を書くよう様々な方面から働きかけがあり、
純粋に「文学」「大学教授」の立場から論文を書き、それはナチス党から絶賛
されます。ジョンは本当に「善い人」だったのですね。「安楽死」という論文が
学問的裏付けとなって「強制収容所」につながることなど一切念頭になかった
のです。
彼が時折マーラーの曲の幻聴に悩まされた時も、親友モーリスが的確な
アドバイスをしてくれました。モーリスは精神分析医だったのです。さらに
ジョンが教え子アンと不倫関係となり、家を出た時も、モーリスは笑って
受け留めてくれました、しかし、彼はユダヤ人で、ジョンが入党したことを
知ると彼から離れて行くのです。

善き人

モーリスの家のドアに落書きされた言葉や、黄色い星のマークは、次第に
抑圧されていくユダヤ人の悲しい現実を見せつけます。
それでも「善き人」であったジョンは、モーリスを助けたかったのです。彼から
頼まれたパリ行きの切符を買おうとするも、ナチスの軍人に呼び止められると、
行き先を変更してしまう。

善き人

優しい心と自分を主張できない優柔不断さは紙一重でしょうか。但しこの時代に
自分の主張を押し通すことは、身の破滅をも意味していましたよね。
一方、自分の欲しい物は隠すことなく主張して手に入れるアンの姿が対照的に
映ります。

善き人

自らの論文に基づいて作られた精神病院の姿を見、救えたはずのモーリスの
変わり果てた姿を見、視察に訪れたユダヤ人収容所の様子を見て、茫然と
立ち尽くすジョンの姿が印象的でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日は花粉も飛んでいるのかしら。

4分間のピアニスト

4
JUGEMテーマ:洋画
 
4分間のピアニスト

「4分間のピアニスト」
原題:vier minuten/4minites
監督:クリス・クラウス
2006年   ドイツ映画   115分
キャスト:ハンナ・ヘルツシュプリング
     ヴァデム・グロウナ
     モニカ・ブライブトロイ
     スウェン・ピッピッヒ

刑務所内で受刑者にピアノを教えるクリュガーは、反抗的かつ暴力的な
ジェニーを知る。彼女の才能は天才的で、クリュガーは熱心にレッスンを
進めようとするが、それによってジェニー自身の反発や他受刑者の嫉妬
などをかうようになるのだった。

4分間のピアニスト

主演のハンナ・ヘルツシュプルングは、1200人のオーディションから選ばれた
そうですが、それまでピアノを触ったことがなかったとは思えないほどの腕前を
披露しています。6か月の特訓というのはどのようなものだったのでしょうか。
冒頭、同房者が首吊り自殺をしているのを知りながら、そのポケットからタバコを
くすね、一服。それからおもむろに女囚ジェニーは非常ベルを鳴らします。彼女は
殺人罪で服役中で、人を信じず、暴力的で、常に何かに反発し続けています。
そこには彼女の悲惨な過去があり、一方この刑務所内でピアノを教えるクリュガー
という老婦人も大戦中に起きたある事件を今なお引きずっているのです。

4分間のピアニスト

ピアノの心地よい音色が、ジェニーの暴力で幾度となく断ち切られ、中盤以降
才能を開花させ、コンクールを勝ち抜いていくジェニーの素晴らしい演奏も、
看守や他受刑者の妨害によって、これまた幾度となく断ち切られるのです。

4分間のピアニスト

この繰り返しで、見ている側は本当にもどかしく、少々イラついてきます。そして
クリューガーの大戦中に体験した悲しい出来事、いや悲しいでは片付けられない
胸をえぐるようなつらい事件の全貌がわかってくるのです。この事実があったから
といって、クリューガーのジェニーに対する気持ちが強まったわけでもなく、ジェニー
の生い立ちからのファイルを見たからといって、別に動揺するわけでもなく、彼女
はただジェニーの才能を世間に知らせたかった。そしてジェニー自身にもそれを
わからせたかったのです。
「低俗な音楽は禁止よ。」
と言い、クラッシックの名曲ばかり弾かせたがったクリューガーとラストのドイツ、
オペラ座でほとばしる熱情をこれでもかと見せつけるジェニーの奔放な演奏は
一瞬の沈黙の後、割れんばかりの喝采で称えられるのです。

4分間のピアニスト

ラスト4分の演奏と彼女のお辞儀は心に滲みました。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

最近朝がとてもつらい。日の出が遅いんだもん。

夏の終止符

4
JUGEMテーマ:洋画
 
夏の終止符

「夏の終止符」
原題:kak ya provyol etim/how i ended this summer
監督:アレクセイ・ポポグレブスキー
2010年   ロシア映画   124分
キャスト:グレゴリー・ドブリキン
     セルゲイ・プスケパリス

北極圏の放射線測定基地で働くセルゲイは、新米のパーシャに留守を
任せ、マス獲りに出かける。しかしその間にセルゲイの妻子が事故に
遭ったという連絡が入る。しかも寝坊により記録を忘れ、そのことをセルゲイ
に強く責められたパーシャは、伝えるべきことを彼に言い出せなくなってしまう。

夏の終止符

124分というやや長めの映画であり、登場人物はセルゲイとパーシャの2人、
さらに過酷な自然、海、草がわずかに生えた荒野が果てしなく広がり、単調な
日々の連続で少々眠くなりました。
後でググると、この舞台となったシベリアの果ての小さな孤島は、数年前に
原子核実験が行われ、島が放射線で汚染されたことから、住民は全員、避難
移住をさせられたという設定だそうです。この話題は現在の日本においてかなり
デリケートであり、映画の冒頭から放射線測定器が激しく反応する場所でパーシャ
が測定をするシーンは、とてもつらい気分にさせられました。
とりあえずセルゲイという気象ネット会社に働く男の元へ、チャラいパーシャという
イケメン君が働きに来るのです。

夏の終止符

暇さえあれば、ヘッドホンで音楽を聴き、オンラインゲームに興じる今の若者
です。セルゲイは、本土に避難した妻子を思いつつ、毎日ひたすら測定を
行ない、本部に報告しています。それに対してパーシャは、コンピューターの
画面の数字を見ながら、時々外の測定器を見に行くばかりです。これは飽きる
だろうなあ。セルゲイがこの地域の話をしたり、熊が出たことやアザラシ狩りの
話をしても、極めて適当に受け流してしまう。ガンコおやじVS今時の若者です。

夏の終止符

しかしマスが大好きな妻のために
「おら、ちょっくらマス獲りに行ってくるっぺ。」
とパーシャに留守を任せてセルゲイが船で出ていくと、急に彼はくつろぐんです。
小うるさいジジイが貸してくれた目覚ましなんか止めちゃうもん!
ところがそんな時に限って、セルゲイの妻子が事故に遭い、重大な状況にある、
という無線が入ります。ついでに目覚ましがなかったことで、寝過ごしてしまい、
彼は測定を適当に書きこんでしまうのです。
マスをいっぱい獲って帰ってきたセルゲイに、この大事な要件を話す前に、記録の
改ざんバレ、叱られてしまう。伝えなけらばならないのに、このガンコ親父は話し
をするタイミングを台無しにすることばかりするんです。そこは甘ちゃんのパーシャ
ですから、どんどんいじけて、いずれ迎えの船が来るからいいや、てな具合に
あれこれ知恵を絞って、本部とセルゲイが直接話をしないように仕組みます。
しかしそんな浅知恵はいずれバレるもの。2人でサウナ→極寒の海で泳ぐなんて
ことをして、心が通いかけたのもつかの間、真実を知ったセルゲイはパーシャを
銃で脅すのです。そんなセルゲイにハパーシャは
「あんたのマスのせいだ!」

夏の終止符

終盤はパーシャのサバイバル生活と飢えと寒さで、思いもかけない恐ろしい
出来事に遭遇するシーンが映ります。そしてセルゲイのマスを汚染されたマス
と入れ替え、それを彼に食べさせるシーンはもう鬼気迫るものがありますね。
ラストの暗闇に浮かぶセルゲイの基地の灯が何とも美しく、そして悲しく感じ
られました。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

選挙は終わったね。これからどんな国になるのかなあ。

4か月、3週と2日

4
JUGEMテーマ:洋画
 
4か月、3週と2日

「4か月、3週と2日」
原題:4lumi,3saptamani si 2zile
      4months,3weeks and 2days
      4mois,3semanes,2jours
監督:クリスティアン・ムンジウ
2007年   ルーマニア映画   113分
キャスト:アナマリア・マリンカ
     ローラ・ヴシリウ
     ヴラド・イヴァノフ

1987年のルーマニア。法律で中絶が禁止されたいた時代、妊娠した
ルームメイトを助けるため、オティリアは闇医者との接触や手術を行う
ホテルの予約に奔走する。

4か月、3週と2日

ルーマニア映画で初めてカンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞した
作品です。
1987年というのは、当時独裁政権の座にあったチャウシェスク大統領の
政権末期の時代で、共産主義実現のために、国民に耐乏生活を強いて
いたのです。彼がこの数年後失脚し、銃殺刑になった姿は、動画などで
幾度となく映されました。この映画でも生活必需品の不足、闇市の蔓延、
街燈の消えた暗い町並みなどが映り、彼らの極限状態がうかがい知れます。
チャウシェスクは労働力確保のために、最終的には、避妊や中絶までも
禁止していたのです。その頃日本はバブル景気に沸いていたのにね。
そんな中、女子大生オティリアのルームメイト、カビツァが妊娠してしまいます。
相手が誰なのか、なぜ彼女が中絶を選択したのかは一切わかりません。

4か月、3週と2日

ただオティリアは、カビツァに言われるがまま、予約したホテルへ向かう
のです。しかしそこで予約がとれていないのがわかります。このホテルの
フロントがすごく横柄なんですよ。次に向かった安ホテルも同じです。この
時代はこんなものだったのでしょうか。
その間にオティリアは、BFアディに
「今日は母の誕生日パーティーだから、グラジオラスを48本買って、家に
来てくれ。」
と頼まれてしまう。この忙しい日になんで...。

4か月、3週と2日

さらに本来ならガビツァ本人が接触するはずの闇医者ベベにも、体調が悪い
彼女のために、オティリアは代わりに会うことになります。この一連出来事が
彼女の不機嫌さをどんどん増長していくのですが、そこには教養のない家庭
で育った自らの境遇への不満と、逆に恵まれた環境にいるアディへの妬みも
混じっているかのように思われます。おそらくそれは、時の政権への不満に
起因しているのでしょう。
ブローブなる器具で中絶を行うベベへの報酬が足りず、自分の体で支払う
オティリア。

4か月、3週と2日

そこまでしてこの一人では何もできないルームメイト、ガビツァを助ける
理由がよくわかりません。オティリアだけが貧乏くじをひいているように思えます。
淡々としたストーリーと唐突なエンディング。
「これからどうする?」
と尋ねるカビツァに
「2度とこの話はしないことよ。」
と無表情に答えるオティリア。見る人にいろいろなことを考えさせる映画でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

ルミナリエは見たいけれど、寒すぎる...。

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

4
JUGEMテーマ:洋画
 
愛の勝利を 

「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」
原題:vincere
監督:マルコ・ベロッキオ
2009年   イタリア=フランス映画  125分   R15+
キャスト:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ
     フィリッポ・ティーミ
     ミケーラ・チェスコン

1907年、トレントで若き活動家であったムッソリーニと恋に落ちた
イーダは、彼と結婚し、全財産を彼に捧げ、息子も授かる。しかし
ムッソリーニには妻子がおり、次第にイーダ達から遠ざかっていく
のだった。

愛の勝利を 

ドイツのヒトラーと並ぶ独裁者ムッソリーニは、1945年バルチザン
によって逮捕され、略式裁判を経て銃殺、さらにミラノのロレート広場
に遺体をさらされ、市民の暴行を受けています。しかしながらヒトラー
とは違い、彼を支持し続ける人々が存在しているのは、ファシズムと
いう独裁政権を築きながらも、人種主義を大きく敬遠していたことに
起因することもあるかもしれません。でも日本人はやっぱり「アジアの
サル」と考えていたらしいです。

愛の勝利を 

映画は当時の記録フィルムとムッソリーニとイーダの恋愛模様、そして
イーダを遠ざけていく彼の姿を、彼がファシスト党首として政権のトップに
ついていく姿を重ねながら描いていきます。
1907年、トレントで警官に追われるムッソリーニを助けるイーダ・ダルセル。
この女優さんが大へん美しく、そして惜しげもなくその肉体を見せる体当たり
演技をしています。2人は恋に落ち、教会で式も挙げて、一人息子ベニート
をもうけるのですが、実は彼には妻子がいたのです。

愛の勝利を 

「妻はわたしよ。」
あくまでもムッソリーニの妻を主張するイーダを彼は、彼女の妹夫婦が暮らす
田舎へベニートとともに住まわせ、監視下におくのです。
既にムッソリーニの心はイーダから離れているのに、彼女はそれを認めず、
「彼がわたしを試している。」
と言い、幾度となくムッソリーニへの接近を試みるうちに、遂には精神病院へ入れ
られてしまうのです。もちろん彼女の主張は正しかったのでしょうが、精神的には
崩壊していたように見受けられます。

愛の勝利を 

そして息子ベニートの後見人は、妹の夫からベルナルディというムッソリーニの
側近へと変わり、息子とも一切会えなくなってしまうのです。精神病院という
外部とは全く接点のない状況ですら、彼女は様々な人に手紙を書き続け、自分が
ムッソリーニの妻であることを訴え続けます。ハラハラ雪が舞う中、病院の柵に
よじ登って手紙を外へ投げ続けるイーダ。そこにあるのは愛というより、イーダ
自身のプライドのような気がしてなりません。
ムッソリーニの邸で鶏の卵を回収する妻ラケーレの姿と精神病院の庭で鶏に
餌を与えるイーダの姿が交互に映しだされ、2人の女性の人生に大きな違いを
感じざるを得ませんでした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

また雷が鳴り始めた。犬の散歩に行くというのに...。

神々と男たち

3
JUGEMテーマ:洋画

神々と男たち

「神々と男たち」
原題:des hommes et des dieux
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
2010年   フランス映画   120分   PG12
キャスト:ランベール・ウィルソン
     マイケル・ロンズデール
     オリヴィエ・ラブルダン
     フィリップ・ロダンバッッシュ

1990年代、アルジェリアの山奥の修道院には、8人の修道士が生活
していた。彼らは、村の人々と助け合い、イスラム教とも共存し、平和に
暮らしていたのだが、アルジェリア国内で内戦が起こり、彼らの村にも
危険が迫ってくるのだった。

神々と男たち

2010年カンヌ映画祭グランプリに輝いた作品です。いかにもヨーロッパの
人が好みそうな内容になっています。
1996年、アルジェリアで起きたイスラム過激派によるフランス人修道士の
誘拐、殺害事件を題材に描かれています。
アルジェリアの山奥にある小さな村の修道院で、イスラム教徒の村人と共に
つましく生活する8人の修道士たち。彼らはその修道院と共に育った村人の元、
居心地のいい村で、ある者は医師として診療をし、またある者は農作業をし、
静かに祈りを続ける日々を送っていたのです。
まずキリスト教と縁もゆかりもない私にとっては、この映像が淡々と流れると
ついつい眠くなってきました。そしてとてつもなく美しい声で歌う賛美歌は子守唄
のように聞こえてくるのです。
そんな静かな修道院の生活にもアルジェリア国内で起きた内戦による影響が
暗い影を落とし始めます。今日は町で少女がスカーフで髪の毛を覆っていなかった
がゆえに、バス内で刺殺され、まるでゴミのように放り出された。そして違う日には
クロアチア人たちが過激派集団に襲われ、のどを掻き切られた...。信仰に身をゆだね
俗世間の出来事には動じないはずの修道士たちにも、ここに残るべきか否かで
心が揺れ動く者が出始めるのです。
クリスマスの夜には、過激派が突然修道院に侵入します。

神々と男たち

それに対して、クリスチャン修道士は
「わたしたちはイスラム教徒の隣人です。」
などと穏やかに話をし、けがをした過激派の1人の治療をして帰すのです。う〜ん、
これが理解できるほど気高い信仰心を持った人物ばかりなのだろうか。
さらにフランス政府からも帰国命令が出され、アルジェリア軍もものものしい装備で
修道院へやって来ます。そもそも植民地支配していたのはフランスであり、彼らが
今、内戦に陥っているのは、そこに起因していると考えるのが軍人たちです。そうだ、
そうだ。修道院の人々は寛大すぎるのです。

神々と男たち

しかし、修道士たちは、強い信仰心に基づいてそこに残ることを決意します。
「愛と忠誠によって人々は殉教する。愛は全てを許し、全てに耐える」
彼らがそこに残ることを選択したことは、過激派の標的となり、彼らの交渉に利用
される恐れが大きいことも全て知った上でのことなのですね。いわゆる自己責任と
いうことでしょうか。危険を承知で紛争地域に入り、過激派に拘束された日本人を多くの
人々は責めたてましたが、彼らの中にもこのような思いの人間がいたのかもしれません。
修道士たちは神の使いとしてこの世に存在する身の上。全てを捨てて、神に使える
決意を持って存在しているのです。この決意を揺るがすものは、たとえどんなに大きな
暴力であっても太刀打ちできないということでしょうか。
終盤「白鳥の湖」をかけながら、ワインを酌み交わす9人(1人は食料等を運んでここに
来たのです。)の修道士は、全員が涙を流し続けます。この涙の意味は何だろう。

神々と男たち

ラストのBGMもなく、吹雪の山を隊列を組んで進んでいく、過激派と7人の修道士の
姿を見続けると、怒り、嘆き、悟りなど様々な感情が頭の中で堂々巡りします。
彼らは真の殉教者だったのか、それとも自己満足だったのか。この事件の背景を
考えると答えはたやすく出そうにありません。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日は快晴。布団干しや掃除をしたらもう疲れた。

ソフィアの夜明け

4
JUGEMテーマ:洋画
 
ソフィアの夜明け

「ソフィアの夜明け」
原題:eastern plays
監督:カメン・カレフ
2009年   ブルガリア映画   89分
キャスト:フリスト・フリストフ
     オバネス・ドゥロシャン
     サーデット・ウシュル・アクソイ

ブルガリアに住むイツォは、ドラッグ中毒の治療を受けながら、先の
見えない不安な日々を送っている。そして恋人と喧嘩別れした晩、
ネオナチ集団に襲われるトルコ人一家と遭遇する。彼も同様に
暴行を受けるが、その中に実の弟ゲオルギを見つける。イツォは
そのトルコ人の娘ウシュルと親しくなるのだが...。

ソフィアの夜明け

ブルガリアといえば、ヨーグルトと琴欧州しか思い浮かばない乏しい知識の
頭で鑑賞しました。
ストーリーは、ブルガリアの首都ソフィアに住むイツォの姿から始まります。
彼は木工技師の仕事をしているのですが、実は芸術家であり、さらにドラッグ
中毒の治療を受けているのです。ドラッグは止められたものの今度は、起き抜け
から寝るまでビールをあおる日々を送っています。ビール、タバコを手にするシーン
の連続で、彼はしっかり食事をしているのかなあ、などといらない心配をしてしまい
ました。

ソフィアの夜明け

イツォ役のフリスト・フリストフは、この映画のクランクアップ間際にドラッグによって
他界したそうです。この映画の終わり方が唐突なのはそのせいなのかしら。
そしてイツォの恋人ニキ役はフリストの本当の恋人ニコリナ、イツォのアパート
(大柄な白人とルームシェアしている)もフリストの実際の住まい、イツォの行きつけ
の店もフリストの行きつけの店、イツォが治療に向かうクリニックもフリストが治療を
受けていたクリニックだそうです。つまり彼のための映画なのです。それは監督が
フリストを見出し、初めての主演作品にしたことからわかります。
イツォには弟ゲオルギがいるのですが、父と義理の母(恋人かな)に反発してネオナチ
集団の足を踏み入れます。


ソフィアの夜明け

スキンヘッドにし、タトゥーを入れ、他民族を暴行する。それは何の大義があるの
でしょうか?大義などはなく、経済が停滞し、疲弊した社会にうごめく行き場のない
若者の受け入れ先になっているのかもしれません。さらに彼らを利用して勢力を
伸ばしていく右派政治家。モヤモヤと鬱屈した心が透けて見えるようです。
イツォが恋人ニキと喧嘩別れをした帰り道、ネオナチ集団に襲われているトルコ人
一家を見つけます。するとその中に何とゲオルギがいるのです。イツォはただの
アル中かと思いきや実は、かなり賢い人物で、弟を叱るでもなく
「ネオナチはその頭(スキンヘッド)だけにしておけ。」
とくぎを刺すのです。
一方ケガを追いながらも救急車を呼び、トルコ人を助けたイツォはその娘ウシュル
とメアドを交換するのです。彼女も聡明で
「みんな病んでいる。」
「知っていながら間違った方向に向かっている。」
「みんな自由になる努力をしていない。」
自分の考えを滔々と語ります。その言葉にかすかな光を見つけたイツォは、彼女と
再び会おうと約束しますが、娘の両親の考えで、早々に帰国してしまうのです。
そしていつものように飲んだくれて朝帰りするイツォ。そこで出会った老人の手助け
をし、彼の部屋で一眠りした後、何かがふっきれるのです。何とも言えない居心地
の良さを体感したのです。

ソフィアの夜明け

帰国するトルコ人一家の車がゲオルギを撥ねそうになるシーンがあったので
まだストーリーはつながると思っていたら、唐突にエンディング。
フリストが生きていたらストーリーは変わっていたのかしら。
東欧特有の薄暗い雰囲気の中、何かが再生していく感じを受ける映画でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今朝は久しぶりの爽やかな朝。お風呂掃除なんかしちゃった。


カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2796 最後に更新した日:2018/05/23

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM