ジェシカ・アルバのしあわせの方程式

0
    JUGEMテーマ:洋画

    幸せの方程式

    「ジェシカ・アルバのしあわせの方程式」
    原題:an invisible sign
    監督:マリリン・アグレロ
    原作:エイミー・ベンダー 「私自身の見えない微」
    2010年   アメリカ映画  96分
    キャスト:ジェシカ・アルバ
         ベイリー・マディソン
         クリス・メッシーナ

    モナは数学と走ることが大好きな普通の女の子であった。しかし父親が心の病に
    かかってから、彼女は自分の殻に閉じこもり、家で親子3人で過ごす生活を続けている。
    そんな彼女に、母親は「自立しなさい」と家を出るように言うのであった。

    幸せの方程式

    ジェシカ・アルバが数学が大好きで、孤独な時は木をノックする癖のあるとても変わった
    女性を演じています。少女時代のモナ役は「マイ ブラザー」(2009)で長女役を演じた
    ベイリー・マディソンです。おませで、生意気な口をききながら、傷つきやすく、そして心の
    優しい少女の印象を受けます。

    幸せの方程式

    さて、心の病に侵された父親によって、少女時代から、何事にもあきらめることに慣れてしまった
    モナは、ある日母親からこう告げられるのです。
    「パパはわたしが面倒を見るから、自立しなさい。」
    家を追い出されてしまったモナは、大学を中退しているただのプーたろう。ただ数学だけは
    大好きなのです。そんな彼女に、母校の小学校から算数を教える仕事が舞い込みます。
    モナのとても変わった教え方は、ある意味夢があり、子供の興味をひきつけるのですが、
    彼女自身の、数字に囚われた生活は全く変わっていません。
    隣のジョーンズさんが首からぶら下げている数字が偶数ならば、パパが笑う。奇数ならば、
    パパに薬が効く。どちらも自分の都合のいい考え方です。そういう方法で現実から逃げていたの
    かもしれません。もちろん数へのこだわりは、人間だれしも持っていると思います。わたしは
    16が好きですね。理由は内緒です。

    幸せの方程式

    一方、学校ではイケメンの理科の教師ベンと知り合い、また母親が末期ガンのリサという
    少女と出会う。数字が大好きな反面、人間づきあいが苦手なリサとはどこか通じるところが
    あったのでしょう。
    様々なトラブルに見舞われながら、モナがたどり着く場所。
    「数に縛られていなければ何でもできる」
    ジョーンズさんにそう言われて、ハっと気づくモナ。それでいて「3」という数字に囚われながら
    幸せをつかんだのですね。

    幸せの方程式

    ジェシカちゃんの二つ縛りは可愛いすぎます!
    ちょっと変わった映画でした。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

    久しぶりの高速道路。マッキー!天気予報外れたわよ。

    水曜日のエミリア

    0
      JUGEMテーマ:洋画
       
      水曜日のエミリア

      「水曜日のエミリア」
      原題:love and other impossible pursuits
      監督:ドン・ルース
      製作総指揮:ナタリー・ポートマン他
      2009年   アメリカ映画  102分
      キャスト:ナタリー・ポートマン
           スコット・コーエン
           チャーリー・ターハーン
           ローレンス・アンブローズ

      新米弁護士のエミリアは、職場の上司で妻子あるジャックと恋に落ちる。そして彼女の
      妊娠をきっかけに2人は結婚する。しかし、授かった娘を生後3日で亡くし、エミリアは
      失意の中、ジャックの先妻の息子との関係にも悩むのだった。

      水曜日のエミリア

      ニューヨークの公立小学校へ子どもを迎えに行くエミリア。ナタリー・ポートマンです。
      彼女はこの映画の製作にも携わっています。
      エミリアが迎えに行ったのは、結婚したジャックと先妻キャロリンとの息子、ウィリアム
      8歳。理屈っぽく、頑固で大人びた口調の少年です。テレビのインタビューで時々こんな
      子どもを見かけますね。

      水曜日のエミリア

      実はエミリアは、同じ弁護士事務所の上司で、妻子のあるジャックと不倫の末、結婚
      したのです。それもできちゃった略奪婚。
      「西海岸ならいくらでもいるわよ。」
      と映画の中で友人の一人が言っていましたが、アメリカとはいえ東側のニューヨーク
      では、また考え方が違うのですね。小学校でも格好のうわさの種にされるのです。
      そして「水曜日のエミリア」という邦題は、水曜日だけウィリアムを学校に迎えに行き、
      お泊りさせる日というところからきているんです。
      ジャックと結婚し、娘イザベルが誕生した時まで、2人は幸せの絶頂にいたのですが、
      その娘が生後3日で急死してしまう。

      水曜日のエミリア

      彼女はその死を乗り越えようと努力をするのですが、ウィリアムの反抗的な態度や
      キャロリンからのプレッシャー、また彼女の離婚した両親の復縁などが重なり、遂には
      夫ジャックとの仲に深い溝ができてしまうのです。

      水曜日のエミリア

      明日を向かなくてはいけない、前向きに生きようなどときれい事で済まされない世界
      ですね。
      キャロリンから夫を奪ったことで一番つらい思いをしているのは誰か。
      エミリアのヒステリックなシーンがしばしば映し出され、彼女の自己中心的な考えに
      ちょっと疑問も感じます。
      「キミは愛する者にきびしい」
      というジャックの言葉もとても納得できるものです。傷ついたのは彼女だけではない。
      何か普通の生活を壊す時には、多くの犠牲と傷ついた人々が現れるのです。それを
      理解していても抑えきれないエミリアの心の闇はこれからも続くんじゃないかと思って
      しまいました。
      そしてイザベルの死に対するエミリアの罪悪感を吐き出した後、手を差し伸べたのは...。
      ラストにエミリアが
      「I love you.」
      とウィリアムにさりげなく話しかけると、ウィリアムも
      「I know. Me,too.」
      と答えてくれる。
      いろいろな形の家族があるけれど、エミリアはぼくの妹イザベルのママだから家族なんだ。
      一番大人だったのは、ウィリアムだったのかもしれません。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆



      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

      寒くなってきた。だれかが電気カーペットをトイレにしている(-.-)

      シングルマン

      0
        JUGEMテーマ:洋画

        シングルマン

        「シングルマン」
        原題:a single man
        監督:トム・フォード
        2009年   アメリカ映画  99分
        キャスト:コリン・ファース
             ジュリアン・ムーア
             マシュー・グード
             ニコラス・ホルト

        大学教授のジョージは、16年暮らした最愛のパートナー、ジムを事故で亡くす。
        彼は今日を自らの命を絶つ日と決めて、几帳面に準備を進めるのであった。

        シングルマン

        水の中を全裸で漂う男のシーン。
        ジョージ役は「英国王のスピーチ」(2010)のコリン・ファースです。長身で英国紳士
        という言葉がとても似つかわしい。そしてその上品な顔立ちの中の唇から美しい
        クイーンズ・イングリッシュを発しているのでしょう。(おそらく)

        シングルマン

        今日、そして、ジムとの日々がかわるがわる映し出されます。時は、キューバ危機の
        1962年。核に対する恐怖と新しい戦争が起こるのではないかという絶望感が皆の
        頭をよぎった時期でした。
        ジョージはジムを交通事故で亡くしてから8か月。今日まで続いた靄の中から抜け出す
        ために、ピストルを用意します。いつもと変わらない家政婦の間違いも隣家の子供の
        騒々しさも、なぜか穏やかな心で受け入れられるのです。この辺りはスロー映像で観客に
        見せていきます。
        そしてピストルをカバンに入れ、銀行の貸金庫から保険証書、ジムの写真、母の形見の
        指輪などを取り出し、元恋人チャーリーなどに当てた手紙も用意するのです。
        チャーリー役は「ブラインドネス」(2008)のジュリアン・ムーア。

        シングルマン

        役柄と年代のせいでしょうか。かなり老けて見えます。それと両腕のそばかすがすごい。
        ジョージがピストルを口に入れ、いままさに引き金をひこうとすると、チャーリーからの電話
        が鳴るのです。彼女の家に入り、ジンを飲みながらダンスを始める2人は、とても大人の
        香りがします。そして何より会話もお洒落なのです。これは半世紀以上年を重ねた者しか
        出せないと思います。
        そして家にもどったジョージが、ジムと初めて会ったバーに出かけると、教え子ケニーが
        やって来る。ビールを酌み交わし、その後全裸で海に入って泳ぐ2人。

        シングルマン

        ケニー役は「タイタンの戦い」(2010)のニコラス・ホルド。ブルーの瞳がとてもきれいです。
        他者との真の関係を築けたときが本当の幸せだと語るジョージの胸の内を察し、ケニーが
        見せた思いやり、心遣い。
        現在に覚醒した彼の瞬間だったのでしょう。
        静かで美しい音楽と知的なセリフが魅力的な映画でした。
        ただ☆が3つなのは、感情移入できない内容だったからです。純愛を描いていると思えば
        いいのですね。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆



          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

        朝晩の気温の差が激しすぎるわ〜。風邪ひきそう。

        ヒア アフター

        0
          JUGEMテーマ:洋画
           
          ヒアアフター

          「ヒア アフター」
          原題:hereafter
          監督:クリント・イーストウッド
          製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ他
          キャスト:マット・デイモン
               ブライス・ダラス・ハワード
               ジェイ・モーア
               セシル・ドゥ・フランス

          サンフランシスコに住むジョージは、霊能者としての力を封印し、町工場で
          働いている。またフランス人のマリーは、恋人と東南アジアの島を訪れた際、
          大津波に遭い、九死に一生を得る。一方、双子の兄を交通事故で亡くした
          マーカスは、兄と再会したくてたまらない。この3人があるイベントで出会うのだった。

          ヒアアフター

          「ヒア アフター」=hereafter=「来世」
          冒頭の大津波のシーンが日本での震災を連想させるという配慮で、上映が途中で
          打ち切りになっています。確かにあの映画のシーンは、まるであの悪夢のような光景を
          思い出させるものです。本当につらいです。
          恋人であり、上司であるミシェルと東南アジアの島を訪れていたフランス人のマリーは
          大津波に巻き込まれ、心肺停止となる。その時に見た生と死のはざまの映像が頭から
          離れないでいるのです。マリー役は「ハイテンション」(2003)のセシル・ドゥ・フランス。

          ヒアアフター

          あの時の少年のような風貌はすっかり大人の女性に変化を遂げました。
          そしてアメリカ、サンフランシスコに住むジョージ・ロネガンは、幼い頃、病気の治療のため
          受けた手術中に死にかけてから、霊能力を持つようになっていたのです。しかし、それは
          相手のことを知りすぎてしまう、というつらい仕打ちを受けねばならず、彼はその力を封印し、
          砂糖工場で働いているのです。ジョージ役はマット・デイモン。

          ヒアアフター

          今回はアクションシーンはないです。当然か。
          そしてロンドンに住むジェイソンとマーカスの双子の兄弟は、ドラッグ中毒の母親と暮らしながら、
          互いを信頼し、助け合っている。

          ヒアアフター

          しかし、ある日、陽気で頼りになる兄ジェイソンが交通事故死してしまうのです。内気なマーカス
          は、薬物治療をする母親と別れ、里親の下で暮らすことになります。でもどうしても兄に会いたい。
          兄ともう一度話したい。兄のあの変な笑い方が見たい。そのことばかり考えています。
          元々霊の存在を全く信じていないので、ジョージの能力が胡散臭く思えてなりません。もちろん
          そういう能力が存在するのかもしれませんが、それはさておき、人間ドラマとしては、イーストウッド
          監督が作っただけあって、さすがによくできていました。
          死というものに近づいた時、もしくは目の前で死というものと出会った時、人間は本当の意味での
          未来を考えることができるということでしょうか。
          個人的にはあまり好きな映画ではなかったです。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆

          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

          週末はどうやら雨らしい。せっかく東京へ行くのに。

          マイ・ブラザー

          0
            JUGEMテーマ:洋画

            マイ・ブラザー

            「マイ・ブラザー」
            原題:brothers
            監督:ジム・シェリダン
            2009年   アメリカ映画  105分
            キャスト:トビー・マクガイア
                 ジェイク・ギレンホール
                 ナタリー・ポートマン
                 サム・シェパード

            海兵隊のサム大尉は、美しい妻グレースと可愛い2人の娘と幸せに暮らしている。
            ところが彼が再度アフガンに出征する4日前に不肖の弟トミーが出所する。そして数日後
            サムの訃報が届き、嘆き悲しむグレース達を支えてくれたのがそのトミーだった。
            ところが突然死んだはずのサムが帰還。彼の変貌ぶりに周りの誰もが驚くのだった。

            マイ・ブラザー

            デンマーク映画「ある愛の風景」(2007)のリメイク作品です。
            2007年、遺書を友人に託し、アフガンに出征したサム・ゲイル。彼にはハイスクール時代
            のアメフト選手とチアリーダーという立場の交際の末結婚した、美しい妻グレースと2人の娘
            イザベルとマギーがいるのです。グレースは「ブラック・スワン」(2010)のナタリー・ポートマン。
            世の男性なら誰もが支えてあげたくなるようにか弱く見え、しかし実は強い意志を持っているという
            美しい女性を演じています。そして際立つのが長女イザベルですね。彼女の演技は、
            媚びるところがなく、素直な表情で、見ている者にうまく入り込んできます。

            マイ・ブラザー

            一方自慢の兄とは逆に、強盗を働き、刑務所に入っていたトミーは、小さい頃から問題ばかり
            起こしてる。トミー役は「ゾディアック」(2007)のジェイク・ギレンホール。急にマッチョになった
            ので、ステロイド使用を疑われているそうですが、まさにその通りの立派な体格に変わりました。

            マイ・ブラザー

            彼の父親はサムの葬儀の後、
            「お前が死んだら悔やむ人間はいるのか?」
            と冷たく言い放つのです。

            マイ・ブラザー

            その言葉も全て受け入れ、遺された兄の家族のためにトミーは必死で尽くします。
            2人兄弟や姉妹だとどうしても他人から比較されますよね。ましてや兄が優秀すぎると
            それを越えられない弟は劣等感の塊になりがちです。それはサムの娘たちにも
            あてはまるようで、上の娘イザベルはその心のわだかまりをトミーに打明け、お互いに
            信頼関係を持ち始めるのです。
            ところが死んだはずのサムが無事にアフガニスタンから帰還。部下のウィリーは名誉の
            戦死を遂げ、彼も英雄視されるのです。しかし、戻ってきたサムは、留守中のトミーと
            グレースの仲を疑い、さらには優しかった父親の面影は姿を消して、いつも何かの罪に
            さいなまれているような状態に陥っているのです。
            出征前のたくましい姿と帰還後の傷だらけで神経質そうなサムの変貌ぶりがとても上手に
            演じられています。
            実はサム達の父親ハンクもベトナム帰還兵で、戦争体験からの回復に時間を要した
            と語るのです。しかし、サムがアフガニスタンで体験したことは、1人の人間では受け止める
            には重すぎたのでしょう。
            家族の再生、戦争の残酷さを語る、とうたっていますが、そもそもこの戦争はなぜ起きたのか
            そこに触れることはタブーだったのでしょうか。映画的には面白かったですが、そこに不満が
            残りました。何度同じことを繰り返せば戦争がなくなるのですか?

            <マープルの採点>
            お勧め星   ☆☆☆

            ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

            涼しい朝。こんな時は庭でバーベキュー。と言っても庭がない...。

            オール・ザ・キングスメン

            0
              JUGEMテーマ:洋画

              オール・ザ・キングスメン

              「オール・ザ・キングスメン」
              原題:all the king's men
              監督:スティーヴン・ザイリアン
              2006年  アメリカ映画  128分
              キャスト:ジュード・ロウ
                   アンソニー・ホプキンス
                   ケイト・ウィンスレット
                   ショーン・ペン

              ルイジアナ州メーソン市の職員スタークは、市の不正を暴いたため、仕事をクビに
              なりかけていた。そんな時、彼の暴いた汚職によって入札され、建設された小学校で
              欠陥工事による事故が起こる。彼は一躍脚光を浴び、州知事候補となる一方で
              彼を支持する記者バーデンもスタークを支持することで、職を辞していた。

              オール・ザ・キングスメン

              ピューリツァー賞に輝くロバート・ペン・ウォーレン「すべての王の臣」の映画化です。
              1949年に同名作品が作られていますが、その映画とは全く別物として製作された
              ようです。

              オール・ザ・キングスメン

              1949年のルイジアナ州。
              メーソン市の汚職を暴いた市職員ウィリー・スタークは、出納係をクビになろうとしていた。
              そんな時、不正受注によって建設された小学校校舎の欠陥工事により、児童が死傷する
              事故が起こるのです。
              それがきっかけとなり、スタークは州知事候補へ立候補するのですが、実は他候補の
              票割りのための当て馬だとわかります。そこから彼は、事実を自分の言葉で話し、
              ミシシッピ川の沼地で、貧しい農村で、漁村で、工場で、富裕層への富の集中を激しく
              攻撃し始めます。この役をショーン・ペンが力強く演じています。しかし、彼は後半の
              権力を得て同じように汚れていくスタークの役の方が似合っていますね。どうもやんちゃ男の
              イメージが強いです。
              スタークの参謀となる元新聞記者ジャック・バーデン役は、「シャーロック・ホームズ」の
              ジュード・ロウ。そして彼の幼なじみの兄妹アダム・スタントン、アン・スタントンは、マーク・ラファロ、
              ケイト・ウィンスレットが演じています。ケイトはやっぱりぽっちゃり...。

              オール・ザ・キングスメン

              オール・ザ・キングスメン

              「知らなければ傷つくことはない」冒頭のセリフですが、ラストに響き渡る銃声。
              それを引き起こしたのは果たして誰だったのか。謎めいたエンディングでした。

              オール・ザ・キングスメン

              アンソニー・ホプキンスが元判事役で出演しています。貫録たっぷりです。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆




                ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

              今日は琵琶湖へ行ってきました。

              「カポーティ」

              2
              JUGEMテーマ:洋画

              カポーティ

              「カポーティ」
              原題:capote
              監督:ベネット・ミラー
              2005年   アメリカ映画  114分
              キャスト:フィリップ・シーモア・ホフマン
                   クリス・クーパー
                   キャサリン・キーナー

              1959年11月、カンザス州で裕福な農場一家4人が惨殺される。
              小説家トルーマンはこれを次の小説の題材にしようと考え、
              友人ハーパーと共に取材を始める。やがて犯人2人が捕まると
              カポーティは彼らと接触することに成功するが...。

              カポーティ

              カポーティ

              第78回アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。
              ホモでアル中、ヤク中のトルーマン・カポーティ役を「ダウト
              ーあるカトリック教会で」「その土曜日、7時58分」の
              フィリップ・シーモア・ホフマンが見事に演じています。話し方、
              立ち居振る舞い全てが他の作品と全く違うもので、自然な姿に
              見えてきます。とにかくすごいです。

              カポーティ

              一方幼なじみのハーパー・リー役は「アメリカン・クライム」の鬼母
              キャサリン・キーナー。先に「アメリカン・クライム」を見てしまったので、
              あの役柄が彼女のイメージとかけ離れていたことを実感しました。

              カポーティ

              1959年11月15日、カンザス州、ホルカムのクラッター氏一家が
              猟銃で惨殺され、2人組の犯人が捕まる。「ティファニーで朝食を」で
              有名になったカポーティは、次の小説の題材にしようと現地へハーパー・リー
              と向かうのです。そして捕まった犯人と接触するうちに、犯人の1人
              ペリーがカポーティと似た幼少期を過ごしていたことを知るのです。また
              ネイティヴアメリカンの血をひくことで差別を受けていることが、彼の
              ホモセクシュアルがゆえの差別と共通項のように思えてくるのです。
              この辺りは本当に心を通い合わせているのか、お互いの利害が一致して
              いるのか少し混乱します。しかし、終盤カポーティが自分の小説を
              終わらせるためにとった手法は、その後生涯彼自身を責め続けるものと
              なったのですね。

              カポーティ

              ハーパー・リーの「あなたはそう願っていた。」という言葉が胸に
              突き刺さります。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆


                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

              よかったらポチっとお願いします。
              さっき雪が舞った...。

              「サムサッカー 17歳フツーに心配な僕のミライ」

              3
              JUGEMテーマ:洋画

              サムサッカー

              「サムサッカー 17歳フツーに心配なボクのミライ」
              原題:thumb sucker
              監督:マイク・ミルズ
              2005年   アメリカ映画  96分
              キャスト:ループッチ
                   ティルダ・スウィントン
                   ヴィンセント・ドノフリオ
                   キアヌ・リーブス

              ジャスティンは17歳の多感な高校生。
              元アメフト選手の父と医者の母、そして生意気な弟と
              暮らしている。内向的な性格の彼は親指をしゃぶる、
              という癖があった。父はその癖を何とかなおそうとする
              のだったが...。

              サムサッカー サムサッカー

              ジャスティンの母親オードリー役は「バーン・アフター・リーディング」
              のティルダ・スウィントン。そしてジャスティンのかかりつけの歯科医、
              ペリーがキアヌ・リーブスです。

              サムサッカー

              このペリーが何とも胡散臭い医師で、ジャスティンの親指を吸う癖を
              なおすために催眠術をかけるのですが、かえって彼の不安をあおって
              しまいます。
              遂に神経的な病と診断され、薬を処方されるとみるみるうちに活動的に
              なっていくジャスティン。ディベイトは私個人はもっとも苦手なことですが
              それを好んで行うクラブって昔から存在するのよねえ。
              とにかく日本でいうオタクが急に脚光を浴びてしまった感じです。ジャスティン
              役のルー・プッチが、小柄で細身の身体の上に、いつ洗ったのかわからない
              ような長髪をしているので、ますますキモく見えてきます。

              サムサッカー

              17歳という難しい年ごろは、いろいろなことに反抗し、いろいろなことを疑い、
              そして自分にはいろいろな未来がある、と夢見ているのですね。
              大切なんのは「答えなしに生きる力」。ペリーが最後にいいことを言っています。
              それにしてもオードリーが薬物で捕まって厚生施設に収容された俳優マットに
              「守護天使」と呼ばれていた理由がわかった時は大笑いでした。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆


                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

                よかったらポチっとお願いします。
                            今日はいい天気!

              映画「インフォーマント」

              0
                JUGEMテーマ:洋画
                 
                インフォーマント

                映画「インフォーマント」
                監督:スティーヴン・ソダーバーグ
                2009年   アメリカ映画
                キャスト:マット・ディモン
                     スコット・バクラ
                     ジョエル・マクヘイル

                アメリカ、ADM社に勤めるマーク・ウィテカーは
                FBIに会社の不正カルテルを内部告発する。
                FBIは捜査を開始するが、彼の供述は二転三転
                するのだった。

                インフォーマント

                <マープルの感想>
                まず太ったマット・ディモンに驚きます。
                この役のために15kg体重を増やしたそうです。
                そしてラストの髪型にも...。
                あれって特殊メイクかしら。

                インフォーマント

                ストーリーは実話に基づいているが、かなり脚色、
                誇張されていると始めに流れます。

                ほとんどがマークの会話や行動なので少々飽きて
                きます。

                インフォーマント

                このおフザケの意味が何なのか、マークは何をして
                いるのか、ラスト15分ぐらいでやっとわかるようでは
                遅すぎますかねえ。

                でも「過去にこだわらず、未来につき進め」
                これはいいじゃありませんか!

                インフォーマント

                「Trust me!」
                ホラー映画での禁句をマークも使います。
                これってやっぱり危険信号ですね。

                <マープルの採点>
                お勧め星   ☆☆☆
                ハラハラ星 ☆

                にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ 

                よかったらポチっとお願いします。
                暑くてたまりません。


                カレンダー

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << July 2019 >>

                ブログランキング

                今日のわんこ

                powered by 撮影スタジオ.jp

                アマゾン

                遊びにきてくれてありがとう!

                カウンター

                死語レッスン

                最新記事

                categories

                過去の記事

                コメントありがとうございます!

                トラックバックありがとうございます!

                recommend

                お友達

                ミス・マープルについて

                書いた記事数:3019 最後に更新した日:2019/07/23

                あの映画を探そう!

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM