ヘイル、シーザー!

4

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

ヘイル、シーザー

 

「ヘイル、シーザー!」

原題:Hail Caesar!

監督:ジョエル・コーエン

   イーサン・コーエン

2016年 アメリカ映画 106分

キャスト:ジョシュ・ブローリン

     ジョージ・クルーニー

     オールデン・エアエンライフ

     レイフ・ファインズ

     ジョナ・ヒル

     スカーレット・ヨハンソン

     チャニング・テイタム

 

映画製作会社で何でも請け負うエディは、主演俳優

ベアード誘拐事件の解決を図る。一方女優ディアナは

妊娠をし、アクション俳優の下手な演技に監督が怒る

など悩みは尽きないのだが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 コーエン兄弟らしいウィットに

富んだ映画でした。結構好きです。

 

映画製作会社の何でも屋エディ・マニックス役は

ジョシュ・ブローリン。

 

ヘイル、シーザー

 

家庭もあり子供もいるのに、24時間いろいろな問題の解決

に飛び回っています。そんな彼に「ロッキード社に入らないか」

という甘い誘いもあり、彼の笑顔は一切見られません。うるさい

双子のゴシップ記者が張り付いているし...。そこに主演俳優誘拐と

いう大事件が起きてしまうのです。ところがその展開がちょいちょい

笑えるシーンの連続で、終始ニヤついてしまいます。教会での告解の

シーンはラストには納得します。

 

〇見どころ

何といっても豪華な配役です。製作会社の命運をかけた超大作

「ヘイル、シーザー!」の主役、ベアード役はジョージ・クルーニー。

 

ヘイル、シーザー

 

「水シリーズ」の主演女優ディアナ役はスカーレット・ヨハンソン。

 

ヘイル、シーザー

 

なんせ誰が父かわからない子供を妊娠しているから、この衣装が

きついし、看板女優のスキャンダルをもみ消さないといけない。

 

ヘイル、シーザー

 

そして見事なタップを踊り、ダンスを披露するのは

チャニング・テイタム。今回もまさかの...です。他にも

西部劇俳優で演技が下手だけれど歌は上手いボビー、

(この人は知らない)交渉人ジョー役はジョナ・ヒルなど

どこかで必ず見たことがある顔ぶれです。ハリウッド全盛期の

1950年代に吹き荒れた赤狩りの波にもまれつつ、彼らが

映画に真摯に取り組む姿がとても楽しく見られます。

 

●惜しいところ

当時のアメリカ社会を予習しておかないと、突然出現する

潜水艦には驚くだろうし、意味不明よね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ピュア 純潔

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ピュア

 

「ピュア 純潔」

原題:Pure/Till det som ar vackert

監督:リサ・ラングセット

2009年 スウェーデン映画 97分

キャスト:アリシア・ヴィカンダー

     サムエル・フルーレル

     ジョセフィーヌ・バウアー

     マルティン・ヴァルストロム

 

アル中の母を持つカタリナは、荒んだ生活から抜け出し、

新しい人生を切り開こうとしている。彼女はひょんな

ことからコンサートホールの受付に仮採用され、指揮者の

アダムと親しくなるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 音楽をきっかけに大きく変わっていく

女性の姿が強く逞しく描かれています。

 

「エクス・マキナ」「リリーのすべて」(2015)の

アリシア・ヴィカンダーの初主演作映画です。「リリーのすべて」

では、夫の途方もない夢の手伝いをする強い妻を熱演し、

アカデミー賞助演女優賞を獲得しました。

 

〇見どころ

カタリナの生活環境、アル中の母を持ち、SNSで知り合った

不特定多数の男性に体を売る過去、そして今はマチアスという

恋人と暮らしている姿が一気に映され、なんでこの子は不機嫌

なんだろう、と思ってしまう。

 

ピュア

 

モーツァルトが自分の生活を変えたと言い、音楽をひたすら

聴くものの、この底辺の生活から抜け出せない苛立ちが映像

から伝わってきます。そしてコンサートホールの受付に仮採用

され、アダムという指揮者とも気が合ってしまう。

 

ピュア

 

ピュア

 

見ている側はアダムの「遊び」の過ぎないとわかっていても

カタリナの生き生きした表情を見ると、彼女がこれで再出発

できたような気持ちになります。このあたりのアリシアの演技が

素晴らしいです。しかしアダムに「軽やかな恋」と言われ、

職も追われた時、カタリナはせめて仕事だけは返してほしいと

願うのは当然のことなのです。そしてカタリナはどう行動するか。

「勇気は未来を切り開く」その言葉があっというような展開を

意味するとは、予想できませんでした。

 

●惜しいところ

おいおいこれでいいのかい、と思うようなラストでしたが、

カタリナがこれから自分に自信を持ち、強く逞しく生きて

行くのだろうと実感します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


神のゆらぎ

5

JUGEMテーマ:洋画

 

神のゆらぎ

 

「神のゆらぎ」

原題:Miraculum

監督:ダニエル・グルー

2013年 カナダ映画 109分

キャスト:グザビエ・ドラン

     マリリン・キャストンゲ

     ガブリエル・サブーラン

     ジャン=ニコラ・ベロー

     アンヌ・ドルパル

 

看護師のジュリーは恋人エティエンヌが白血病で

苦しむもののエホバの証人の信者であるがゆえ、

治療ができないでいる。一方カジノで大負けの

マーティンは妻とのキューバ旅行を控え、その話を

聞いたバーテンダーは、クロークの女性とキューバへの

不倫旅行を思い立つのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ 珍しく邦題がストーリーにマッチ

したもので、見終わるといろいろなことを考えます。

 

グザビエ・ドラン主演となっていますが、様々な人々の話が

絡み合い、唯一彼らと接点がないのがドラン演じるエティエンヌ

です。

話はエティエンヌが「新世界訳聖書」を話すところから始まり

ます。どう見ても具合が悪そうなエティエンヌは、「エホバの

証人」の信者であり、母や恋人ジュリーなどと共同生活を送って

いるのです。映画を見た後調べて知ったのですが、この宗教は

行動様式が厳しく決められており、それを破ると「排斥」されて、

彼らのコミュニティーから追放されてしまうとのこと。なので

婚約しているエティエンヌとジュリーも結婚するまでは別々に眠り

深い関係にはなりません。最も重要なのは白血病を患っている

エティエンヌが、輸血を拒否し続けることで、病状がどんどん悪化

していることです。日本でも1985年に、両親の輸血拒否の主張を

受け入れた病院が交通事故の少年に輸血をせず、その子供が亡く

なっています。この映画では信仰について、是非を問うものではなく、

宗教と生と死が巧みに組み合わさって、ストーリーを進めていきます。

つまり信仰を否定するのではなく、見る側が自由に受け止めればいい

のです。

 

神のゆらぎ

 

ジュリーは飛行機事故で唯一生存した身元不明の乗客に強い関心を

寄せます。それとは時間軸をずらして3つのストーリーが進むのです。

 

神のゆらぎ

 

ベネズエラから運び屋としてカナダに入国したシモンは、過去に

姪と何か問題を越したらしいが、なにより、お腹の中の麻薬が

排出できません。

 

神のゆらぎ

 

ギャンブル狂のマーティンはアル中の妻と不仲でありつつ、

キューバ旅行を控えている。

 

神のゆらぎ

 

その話を聞いたバーテンダーのレイモンは、クロークのルイーズと

不倫真っ最中で、キューバへ2人で行こうと思いつく。どちらにも

配偶者がいるのに、すっかり冷めきっていて、この2人の恋の炎は

燃え盛っているんです。彼らがどうつながるかというと、それは

1機の航空機であり、それが墜落したということがわかるのは終盤。

たった一人の生存者は名簿に載っていない...。果たしてそれは誰か。

映画の中でジュリーと同僚が、エブリンの夫のもとへ布教に行くと

「飛行機が落ちるのは全能の神がいないからだ」と言われます。

飛行機が落ちるのを神の思し召しと思うか否か、信仰を貫き、死後の

世界を信じるもののいれば、ひたすら貪欲に生きる人もいる。人は

それぞれ異なる考えを持っているけれど、生きるために苦しんでいる。

その救いを何に求めるか、それも人それぞれなのでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


カットバンク

5

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

カットバンク

 

「カットバンク」

原題:Cutbank

監督:マット・シャックマン

2014年 アメリカ映画 93分

キャスト:リアム・ヘムズワース

     テリーサ・パーマー

     ジョン・マルコビッチ

     ブルース・ダーン

     ビリー・ボブ・ソーントン

 

アメリカ一寒い町カットバンクで郵便配達人が

銃撃され、偶然現場でビデオ撮影をしていた

ドウェインとカサンドラはその事件を目撃、録画

してしまう。保安官はその後消えた死体と郵便配達の

トラックを捜していくが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 個人的には結構好きな映画です。

 

ドラマ版「FARGO/ファーゴ」のマット・シャックマン監督の

映画デビュー作だそうで、国内一寒い町カットバンク、

人口3000人、誰もが顔馴染みというど田舎を舞台に起きる

殺人事件という設定は、どこか同じ雰囲気が漂います。

保安官ボーゲル役はジョン・マルコビッチ、カサンドラの父、

ビッグ・スタン役はブルース・ダーンと結構豪華な顔ぶれ。

 

カットバンク

 

〇見どころ

開始早々に事件の真相がわかるというか、そもそもジャケットに

書いてあるからカップルが目撃したのは偽装殺人。それより

意味不明なのは、オープニングから映り続ける可愛いバックであり、

その到着を待ち続ける、超キモイ男、ダービー・ミルトンです。

 

カットバンク

 

カットバンク

 

郵便配達人ジョージーが雑に持っている水色のバッグが彼の

求めるものだと気づくまで少しかかります。町の皆が死んだと

思っていたダービーが現れたことで、予想外の話になっていく

わけで、こんなことは絶対に気づきません。なぜにこれに固執

したのかを知ると唖然茫然。

 

カットバンク

 

さらにクリス・ヘムズワースの弟でリアム・ヘムズワース

演じるドウェインの恋人カサンドラ役のテリーサ・パーマーが

もう掃き溜めに鶴なのよ。「こんなクソ田舎、2人で出ようぜ」臭が

冒頭からプンプン漂ってくる。でもそれには足かせがあるのよ(泣)。

 

●惜しいところ

元々の計画があまりに杜撰すぎです。でもそれだからこそ

救われたのかもしれませんね。

 

田舎町を出る勇気がなかったボーゲル保安官と誘われなかった

ビッグ・スタン。若い2人にはいくらでも時間と可能性があるの

よね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


アイアムアヒーロー

4

JUGEMテーマ:邦画

 

アイアムアヒーロー

 

「アイアムアヒーロー」

監督:佐籐信介

原作:花沢健吾

2016年 日本映画 127分 R15+

キャスト:大泉 洋

     有村架純

     長澤まさみ

     吉沢 悠

     岡田義徳

 

売れない漫画家、英雄は、恋人が謎の感染症に冒され、

街に逃げ出すとそこも感染者で溢れかえっていることに

気づく。彼は途中で助けを求めた高校生比呂美と共に、

ネットで感染しないと噂される富士山を目指すが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ ジャケットに騙されるとゴアシーンの

連続なので要注意です。

 

原作は花沢健吾さんという方のコミックで、まだ連載中の

話だそうです。もちろん未読。

そもそも大泉洋さんが、あの「まれ」によって、私の中で

嫌われキャラになり下がってしまったので、「アフタースクール」

「ステキな金縛り」「しあわせのパン」などで積み上げてきた

「好感度」というブロックが粉々に崩れ去り、「真田丸」で

いかに熱演しようと、まだ復活できていないお方。なので

この映画はずっと見ないでいたのですが、WOWOW放送で遂に

鑑賞しました。

 

〇見どころ

ヘタレをやらせたら天下一品の大泉洋が今回もダメっぷりを

いかんなく発揮。序盤に、恋人徹子がすごい姿でベッドから落ち、

ドアに突進し、ドアに嚙みついて歯がボロボロ折れるシーンは、

あの美しい片瀬那奈さんからは想像だにできません。

さらにZQNとの攻防を迎えるモールのシーンは、かのロメロ監督の

「ドーン・オブ・ザ・デッド」(1978)を彷彿とさせます。

 

アイアムアヒーロー

 

アイアムアヒーロー

 

血しぶきがぴゅーぴゅー飛ぶし、内臓を食べるし、首がちょん切れ、

手足がぶっ飛ぶの連続で「ミッドナイト・ミート・トレイン」

(2008)状態です。巨大なZQNに押しつぶされそうになる

英雄にはハラハラさせられます。

 

●惜しいところ

モールで生存者と出会いZQNと戦うわけですが、この生存者が

どこから来たのか、とかなぜ井浦がリーダーなのか、とか

長澤まさみ演じる自称「藪」の立ち位置が不明。

 

アイアムアヒーロー

 

アイアムアヒーロー

 

満を持して英雄が発砲するとなんと百発百中の腕前なのも

不思議です。また有村架純演じる女子高生比呂美がなぜに

感染しきれないのかも不明。不明が多すぎる。

 

ただ、筋肉バカは脳味噌まで筋肉なのか、頭が半分欠けても、

何度でも起き上がれるのには笑ってしまいました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


葛城事件

4

JUGEMテーマ:邦画

 

葛城事件

 

「葛城事件」

監督:赤堀雅秋

2016年 日本映画 120分 PG12

キャスト:三浦友和

     南 果歩

     新井浩文

     若葉竜也

     田中麗奈

 

無差別殺傷事件を起こした葛城稔と獄中結婚した順子は、

彼に面会を繰り返し、家族として心を開くように訴える。

同時に彼の父とも接触し、稔について深く知ろうと考えるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 すごく重いテーマを上手に映画化

しています。見終わると心がどよよーんとなります。

 

出演俳優の演技が素晴らしいです。三浦友和演じる横暴で

支配欲の強い父、清、彼に怯え、彼にひたすら従順な母、伸子。

父の期待を一身に集めている長男、保。常に兄と比較され卑屈に

育った次男、稔。それぞれがどこにでもいそうな一家の一員に

見えてしまうからとても怖いのです。

 

葛城事件

 

ストーリーはその稔が無差別殺傷事件を起こし、死刑判決を

受けるシーンから始まります。その前に家の塀に書かれた

落書きを黙々と消す清も映ります。なので判決後傍聴席に

向かってニヤリとする稔は、この清に向かって表情を示した

のだとわかるのです。つまり2人は親子だと。

そして死刑反対の立場から、稔と獄中結婚する星野順子が登場

します。

 

葛城事件

 

「あなたは本当の家族を失った。だから私と家族になりましょう」

「はあ?」

この稔の態度や言動が、本当にムカムカするのです。言葉だけ

羅列して相手を言い負かす若造の典型のようです。常に誰かを

非難することで、自分の置かれた不遇さを自分に納得させる。

つまり「被害者面」を保つことが、唯一のプライドを守る手段に

なっているわけです。

 

〇見どころ

清が中華料理店で、料理の味にひたすら文句を言い続ける姿や、

事件後スナックでワンマンカラオケショーを繰り広げる姿は、

この人間がいかに最低であるか感じます。

 

葛城事件

 

息子の嫁が妊婦であってもお構いなく喫煙し、家を買えと強要する。

デュエット曲の男のパートだけ歌う。息子の罪を責める客には、

「日本の国が裁く」と言い切る。この誰へも強気の姿勢は実は、

彼の心の弱さの裏返しだと気づくのは、多分映画で見ている人

だけだと思う。三浦友和が「アウトレイジ」の時の様に暴力的な

男をものすごく上手く演じています。また、自己主張することを

とうの昔に止めてしまった母、伸子を演じる南果歩は「阪急電車」

の時同様に、繊細で気弱な役を好演。

時系列をバラバラにし、かつてこのマイホームを持った時には

幸せに満ち溢れ、知り合いよりもずっと満たされていたことが

わかると、まさに「一体どうして?」と思う気持ちも理解できます。

中盤、清がいつも座っている金物店の店主の席に、保が座ると、

そこから見える外の景色が本当に狭いことに気づくのです。彼は

それを知ってどう思ったのだろうか。

「生きる苦しみ」が一番の罰であり、それがラストシーンに

つながっていたとしたら、星野はそれを拒否したわけで、結局は

偽善者なのではないかと感じました。

 

●惜しいところ

見終わると心が暗くなります。元気な時に見た方がいいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


アクト・オブ・ウォー

4

JUGEMテーマ:洋画

 

アクト・オブ・ウォー

 

「アクト・オブ・ウォー」

原題:Chosen

監督:ヤスミン・ディスダル

2016年 イギリス映画 105分

キャスト:ルーク・マブリー

     ハーヴェイ・カイテル

     アナ・ウラル

 

マックスは祖父から第二次大戦中のハンガリーの

ある一人の男の話を聞かされる。その男は病死した

妻の遺志をかなえるため、レジスタンスに身を投じた

義妹を守ろうと自らも戦うのだった。

 

<お勧め星>☆☆ もう見古したような題材を今更

新しいストーリー仕立てにしても先が読めます。

 

主人公のおじいちゃま役はハーヴェイ・カイテル。彼は

孫息子マックスの要望で、あるヒーローの話をし始める

のですが、それが誰のことだか、すぐにわかってしまう、

これに気づかないのはよほどのドンだと思ってしまいます。

おじいちゃまの話は、第二次世界大戦中のハンガリーで

ドイツ軍により迫害を受けていたユダヤ人の姿から始まる

のです。

 

アクト・オブ・ウォー

 

その中のソンソンは、フローレンスという美しい妻と幸せに

暮らしていたものの、彼女が乳がん⇒ユダヤ人のせいで治療中止

⇒身重の妻死亡⇒義妹ユディトを守る約束が遺言⇒嫌っていた

レジスタンス活動に参加、という姿が描かれます。義妹ユディト役

の女優さんは、ちょっとゴリラ顔。(すみません)姉さんは

きれいだったのにねー。

 

アクト・オブ・ウォー

 

〇見どころ 

特になし。

 

●惜しいところ

「ハイル、ヒトラー」以外は全て英語を話します。それは

ハンガリー人もドイツ人将校もポーランド人も同じなので、

ナチス将校に扮したソンソンを、憲兵隊もドイツ兵も気づかないと

いうアンビリーバボーな展開。

 

アクト・オブ・ウォー

 

序盤に囚われの身になったレジスタンスの女性への虐待シーンが

あるものの、あとは発砲、爆発などが見られるのみで、とても

単調です。さらにラスト付近に「ソンソンが最後にドイツ兵を

殺したのは1944年5月16日だった」なんておじいちゃまが

話すけれど、おじいちゃま、よーく考えて。彼がポーランドに到着

したのは1944年秋ですよ。もう少しさらに踏み込むなら、

ソ連赤軍の到着を待ったソンソン達は、彼らから勲章をもらい

大喜びしていたけれど、その後のハンガリーやポーランドなど

東欧諸国の混乱は、いくつもの歴史的事実があったはず。こんな

単純な話で終わらせてほしくなかったし、エンドロールに映る

字幕などもっと余分です。作った意味がわからない映画です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


紅蛇と眠る女

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

紅蛇と眠る女

 

「紅蛇と眠る女」

原題:Stranger Land

監督:キム・ファランド

2015年 オーストラリア=アイルランド映画 

111分 R15+

キャスト:ニコール・キッドマン

     ジョセフ・ファインズ

     ヒューゴ・ウィービング

     マディソン・ブラウン

     ニコラス・ハミルトン

 

一家4人で砂漠地帯の小さな町に引っ越してきた

パーカー家の子供、リリーとトムは、ある晩姿を消す。

マシューとキャサリンは警官の手を借りて行方を捜すが、

その一方で一家には隠しておきたい秘密があるのだった。

 

<お勧め星>☆☆半 サスペンスというより大自然に

囲まれたオーストラリアの大地における神話のような感じです。

 

冒頭に「わたしも見つけて、暗闇の中で、わたしに触れて」と

言葉とかげろうの中にぼんやり見える人影が映ります。邦題にある

「紅蛇」は、オーストラリアの先住民アボリジニの世界では、

雨や水を操り、川や水を創造したとされる生命をつかさどる最も

偉大な精霊らしい。狩猟民族であるアボリジニは、物質文化ではなく

精神文化が複雑の発展したらしく、それは深い信仰として今に

至っているようです。と聞いてもわかったようなわからないような。

いや明らかにわかりません

 

〇見どころ

クーナバラという街から砂漠の中の小さな町に引っ越してきた

パーカー家は「ある理由」でここに来たのですが、それは何か?

 

紅蛇と眠る女

 

そして夜近所を徘徊する息子トムや奔放すぎる娘リリーの姿と、

到底信頼し合っているとは思えないマシュー、キャサリン夫妻の

姿がとても謎めいて映ります。

 

紅蛇と眠る女

 

紅蛇と眠る女

 

そして満月の夜消えた子供たちを巡って、様々な疑惑が浮かび

あがるのですが、どれも確証がありません。そこに警官レイと

キャサリンとの怪しげな雰囲気も漂よい、何とも言えない不安な

気持ちにさせられるのです。

 

紅蛇と眠る女

 

また、マシューは「リリーは俺には似ていない。」と言い、暗に

その淫乱な性格はキャサリン似だとほのめかす。確かにキャサリンも

使用人バーティや警官レイを誘惑します。同じ気質なんだろうか。

広大な大自然の中を捜索する人々の姿は上空からは、とても小さく

見えて、人間の存在がいかにはかないものか実感するのです。

 

●惜しいところ

キャサリン役のニコール・キッドマンがフルヌードを披露したと

して話題になりましたが、ストーリーは、かなり難解なものでした。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ぼくとアールと彼女のさよなら

5

JUGEMテーマ:洋画

 

ぼくとアールと彼女のさよなら

 

「ぼくとアールと彼女のさよなら」

原題:Me and Earl and the Dying Girl

監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン

2015年 アメリカ映画 105分

キャスト:トーマス・マン

     オリビア・クック

     R・J・サイラー

     ニック・オファーマン

 

冴えない高校生グレッグは、友人アールと自主製作で

映画を撮影するのが楽しみ。しかし母の友人の娘で

同級生のレイチェルが白血病であるとわかり、母から

彼女を元気づけることを強制される...。

 

<お勧め星>☆☆☆☆ すごくいい映画。これは劇場で

公開してもよかったのに。

 

映画作りを行う高校生といえば、「桐島、部活やめるってよ」

(2012)を思い出します。スクールカーストの底辺にいて、

とりあえず目立たないことが、高校生活を平穏に送る秘訣、

なんていう類似点もあります。この映画では国際情勢に

なぞらえてグレッグが語るからすごくおかしい。そしてこの

何もしないで日々を送る彼に、白血病を宣告されたレイチェルが

入り込むと全く話が変わってくるのです。

 

〇見どころ

グレッグとアールが自主製作する映画は、有名な映画の完ぺきな

パロディで駄作ではあるけれど、題名や登場人物を見ると絶対に

笑えます。

 

ぼくとアールと彼女のさよなら

 

そして意に反してレイチェルと友人になることにしたグレッグの

絶望的な友情の日々が、回を追うごとに少しずつ変化していくことに

気づくと、表面上の友情や同情が、いかに当人にとって残酷で、

無意味であるかを思い知らされるのです。

 

ぼくとアールと彼女のさよなら

 

ぼくとアールと彼女のさよなら

 

映画のほぼ終盤までシリアスなシーンはないので、とても楽しい。

さらにタフな地域に住む黒人のアールとグレッグ、レイチェルの

関係も、友情以上のものに発展しないことも見ていて気持ちがいい

のです。

 

ぼくとアールと彼女のさよなら

 

治療のせいで髪が抜けたレイチェルに慰めの言葉をかける

こともなく、他の同級生のように花やメッセージを送ることも

ありません。さりげなく側にいることが大事かもね。

グレッグは自分の価値をかなり低く考えていて、(あ、これは

「逃げ恥」のヒラマサさんだ)それに満足していたのを、思い切り

背中を押すのがレイチェルで、大学に受験申請するのも

「ステージ4のガン」を使ってほぼ脅迫で行わせます。病気だから

「前向きに生きようね」などという話では全然ないのです。

逆にレイチェルの存在が、グレッグの将来への夢を広げていったと

感じます。

ウザイことを言ったら「受動的抵抗」か「死んだふり」をすると

最初にレイチェルに教えるグレッグは本当に善人なんですよね。

 

●惜しいところ

特にありません。ただナレーターのグレッグがウソをついていたから、

心構えができていなかったよ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


キャロル

5

JUGEMテーマ:洋画

 

キャロル

 

「キャロル」

原題:Carol

監督:トッド・ヘインズ

2015年 アメリカ=フランス=イギリス映画 

118分 PG12

キャスト:ケイト・ブランシェット

     ルーニー・マーラ

     サラ・ポールソン

     ジェイク・レイシー

     カイル・チャンドラー

 

1952年ニューヨーク。デパートのおもちゃ売り場の

売り子テレーズは、娘のクリスマスプレゼントを求めに

来たキャロルという女性に心を惹かれてしまう。

 

<お勧め星>☆☆☆ 素晴らしいという感想が沸くことは

なかったです。「リリーのすべて」(2015)の方が好き。

 

Rotten Tomatoesでは94%、さらにカンヌ映画祭では、

ルーニー・マーラが助演女優賞を獲得しており、世間では概ね

高評価なのに、なぜか私の心には響きませんでした。立春を

過ぎたのに再び真冬に逆戻りした気候のせいか、直前に

ホームセンターの店員の態度にイラついたせいか、いやそんな

ことでは「感動」という感情は消えないと思う。要するに見た人

全てが感動できる映画ではないということでしょう。

 

〇見どころ

ケイト・ブランシェットが妖艶で気高く、その口から発せられる

声は低く、とても謎めいた女性、キャロルを好演。もう安定の演技

です。

 

キャロル

 

特に離婚を決めた夫ハージに対する冷淡な態度と娘リンディに

接する時の愛に満ちた表情の対比が素晴らしいです。

 

キャロル

 

キャロル

 

それはテレーズに対する時も同じなのです。

またテレーズ・ベリベットを演じるルーニー・マーラの少年の

ような可愛いらしさは、中性的であり、キャロルに心を惹かれる

のも当然のように感じられます。

 

キャロル

 

シーンごとの音楽も静かで美しく、衣装や車、小道具も年代を

丁寧に表現しています。

 

●惜しいところ

キャロルは裕福な暮らしをし、夫も娘もいる。そしてテレーズは

恋人がいてヨーロッパ行きの計画も立てている。大きな不幸が

あったわけでもなく、たまたま(キャロルの場合は前もあったらしい)

自分の求める相手が女性だと気づいたという話で、感情移入

しづらかったのです。2人でいる姿も女主人とメイドの雰囲気でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2567 最後に更新した日:2017/03/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM