アウトロー

5

 
アウトロー

「アウトロー」
原題:Jack Reacher
監督:クリストファー・マッカリー
原作:リー・チャイルド  「One Shot」
2012年   アメリカ映画   130分
キャスト:トム・クルーズ
     ロザムンド・パイク
     リチャード・ジェンキンス
     ベルナー・ヘルツォーク

5人の民間人が突然射殺され、指紋などの証拠から、ジェームズ・バー
という男が逮捕される。彼は「ジャック・リーチャーを呼べ」というメモを
残した後、囚人に襲われ、昏睡状態に陥ってしまう。そして時をおかずして
ジャック本人が現れるのだった。

アウトロー

「ミッション:インポシブル ゴーストプロトコル」(2011)で、ちょっとだけ
トム・クルーズを見直したわたしは、この映画を劇場で見ようか迷った
あげく、DVD待ちにしました。でもそれで正解でした。
まず邦題の「アウトロー」が映画自体を表していません。原題の「ジャック・リーチャー」
は、原作の主人公の名前ですが、彼のアウトローぶりのバックグラウンドが一切
わからないのです。
オープニング、スナイパーによって狙撃される人々が映ります。空の薬きょうと車に
踏みつぶされたコーンが目に入り、スナイパーが始めに車を停める時に駐車料金
を入れる指が大写しになっていることから、ここに何か仕掛けがあると気づきます。
そしてすぐに犯人がジェームズ・バーと断定され逮捕。彼は取り調べに「ジャック・
リーチャーを呼べ」と紙に書いて黙秘するのです。原作はシリーズの9作目の話
なので、そこまでにジャックがなぜ軍隊を辞めて流れ者になったのか、そして
ジェームズとの関わりも細かく書かれていたと思うのですが、そこは一切描かれず
「奴を葬り去るために来た」
と突然現れるジャック。かなり違和感があります。トム・クルーズ好きなら、キャー
と思うけれど、そうでないと、何で来たの?この人何者?疑問は尽きません。
またジェームズが護送車の中で囚人に襲われ、昏睡状態に陥っており、死刑判決
が確実視されているのです。その男に対し、地方検事の娘ヘレンは弁護を引き受け
ます。ヘレン役は「タイタンの逆襲」(2011)でアンドロメダを演じたロザムンド・パイク。
かなりの巨乳です。


アウトロー

この人の正義感もどうもとってつけたようで、なんでそこまで正義に燃えるのか
理解しづらいです。検事をしている父との確執があるようですが、そこも深くは
わかりません。それとハードボイルド作品なのでラブアフェアは全く存在しない
わけですよ。せめてものサービスが彼女の胸が大きく開いたファッションかしら。
事件の真相は二転三転し、どんどん死人が増えていくのに、ジャックはちょっと
悲しそうな顔をするだけで
「俺はアウトローさ。自分の身は自分で守る」
的にすぐに忘れちゃう。それがジャックの甘い瞳と全く似合わないんです。もちろん
ジャックの素手での格闘、カーアクションはしばしば登場します。
敵のアウディと派手なカーチェイスを繰り広げるのは、真っ赤なシボレー・シェベルSS。


アウトロー

どんなにぶつかっても発砲されても全然パンクしません。エンジン音はいい音
を出しています。
ヘレンの愛車メルセデスC250CDIはとても素敵な車なのに、ジャックのせいで
ぼっこぼこ。もうぼっこぼこなのです。
そして肝心の事件の真相がわかり、敵地に乗り込んで、さあケリをつけるぞ!と
思ったら、なぜにタイマン?今までちゃちゃと射殺してきたのに、相手の頭に銃を
突きつけた途端、自分の銃を捨てるのです。はあ?だからきれいなお顔に傷が
できちゃったでしょう?
トムのカリスマ性に魅了されている人たちには楽しい映画だったと思います。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星
ハラハラ星  ☆
エロエロ星
ダルダル星




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


パレスチナ

5
 
パレスチナ

「パレスチナ」
原題:kurtlar vadisi filistin
監督:ズバイル・シャシュマズ
2011年   トルコ映画   111分
キャスト:ネジャーティ・シャシュマズ
     グルカン・ユーグン
     ケナン・コーハン

ガザ地区への支援物資を積んだ船をイスラエル特殊部隊が襲撃
する事件が起きる。その後トルコ人のポラット達は、その指揮をした
モシェの殺害を企てるのだった。

パレスチナ

ググってみて知ったのですが、この映画は、トルコの元スーパー諜報員
ポラットの異色アクション「イラク 狼の谷」の続編だそうです。イラク編で
駐留米軍をやっつけたことが、本国で非難され、ハリウッドスターは一切
出なくなったとのこと。
映画はパレスチナ人からの視線で進んでいきます。イスラエル軍は極悪非道
女子供も容赦なく撃ち殺し、逮捕し、拷問するのです。
冒頭にユダヤ系アメリカ人ガイド、シモーヌがなぜかポラット達の事件に
巻き込まれます。それは製作側のイスラエルへのわずかばかりの計らい
でしょうか。つまりユダヤ人である彼女がパレスチナの人々とイスラエルとの
緩衝材になっているのかもしれません。でもほとんど意味はないのですが。

パレスチナ

とにかくポラット達がめちゃめちゃ強いのです。それは、たとえヘリコプターから
攻撃されようと、戦車が来ようと、彼らはほぼ無傷ですみ、一方の大量の銃弾や
爆弾を撃ちこむイスラエル兵がバッタバッタと倒れていくことからわかります。
銃弾が飛ぶ乾いた音や、「ああ」とか「うわ」とか響き渡る兵士の声が全編に
渡って聞かれます。

パレスチナ

イスラエルとパレスチナの争いは、紀元前から始まっており、現在もなお、
パレスチナ自治区内で、イスラエルが支配を強めている場所が多々あるのです。
映画内で「7回家を建てても7回破壊された」というアヴドゥーラの母親の言葉が
流されます。自らの土地でありながら、家の建設にはイスラエルの許可が必要
であり、それがほぼ却下される場所も存在するのです。
しかし報復に次ぐ報復の後に残るものは、死体と瓦礫の山だけです。虚しいです。
アヴドゥーラの息子アーメットは、かつてイスラエル軍に撃たれ、足が不自由なの
ですが、ポラットを父が支援したことで、家もろとも戦車でつぶされます。しかし、
ポラット達も数えきれないほどの人々を殺害しており、もちろん彼らには家族も
あったわけです。なのでどちらにも肩入れできるような単純なストーリーではありま
せん。

パレスチナ

映画の多くの部分を占める銃撃、攻撃シーンやイエルサレムの街中での逃走劇
は実にリアルで、見ごたえのあるものになっています。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

滋養ってどこに売っていますか。って映画があったよな。

バイオハザード5 リトリビューション

4
 
バイオハザード5

「バイオハザード5 リトリビューション」
原題:resident evil :retribution
監督:ポール・W・S・アンダーソン
2012年   アメリカ映画   96分
キャスト:ミラ・ジョヴォヴィッチ
     ミシェル・ロドリゲス
     アリアーナ・エンジニア
     ケビン・デュランド
     シエンナ・ギロリー

アルカディア号の甲板で、かつてアリスの救出にかかわったジル率いる
アンブレラ社の戦闘機に襲われたアリスは、海中へと転落する。そして
彼女は再びアンブレラ社の囚われの身となるが、何者かによって、脱出
させられ、アンブレラ社の放つ追手から逃げ始めるのだった。

バイオハザード5

何やかやで5作目のこのシリーズは、前作のラスト直後からスローで巻き戻し
をするシーンから始まります。とりあえずアリスは海中へ落下し、意識を失い
ます。
そしてなぜか金髪のアリスは、夫と耳の不自由な娘ベッキーと幸せに暮らす
家庭の主婦として目覚めるのです。あれ?この夫は1でカルロス役を演じて
いたなあ。

バイオハザード5

そして突然アンデッドの襲撃に遭い、夫は噛まれ、アリスとベッキーは命
からがら逃げ出すのです。そこを通りかかった車の中にいたのは、これまた
1でレインを演じたミシェル・ロドリゲスです。この人、明らかにクローンだな。
彼女の車でアンデッドから必死で逃走するも、ダンプと衝突し、再び意識を
失ったアリスは、次に目覚めると、恒例の布きれ1枚状態です。これがないと
この映画の面白さは半減します!?
そこでアリスに大音量の拷問を加えるのが、あら?胸にクモのバッチをつけた
ジルじゃありませんか。

バイオハザード5

確か、ジルはアリスの味方だったはず。このクモのバッチをつけていたクレア
が4の冒頭でアリスを攻撃したのと同様に、このバッチによって洗脳されるよう
です。そして突然のハッキングによりアリスは、今回もこの建物から脱出します。
この拷問シーンは極めて短く、あれよあれよという間にアリスは、東京、渋谷の
町へと出て行きます。あれ〜、また中島美嘉だわ。そばに来るなよ!うわ、来た!
いつもの妖怪メイクではない、すっぴんに近い中島美嘉が人を襲うのは4の始まり
と同じですね。そうか、今までのおさらい映画なのか。
ところが諸悪の根源だったウェスカーが既にアンブレラ社とは離れており、彼も
含めて人類対レッドクイーンの戦いに発展していることがわかるのです。
今回の初登場は、ウェスカーの部下、エイダです。

バイオハザード5

極寒のロシアでこの衣装でずっと行動します、寒くないのかな。
ストーリーは敵を倒すと、次のステージに移動、というようなゲーム感覚の
展開なので、何も考えずに目の前に出てくる映像をただただ見ていました。
クリーチャーはリッカーや処刑マジニで、3Dで見たら、きっと迫力があったと思います。
派手なカーチェイスやロケット砲の爆破シーン、そしてこれまたお決まりの挌闘
シーンとポイントは押さえてあり、娯楽映画としてはまあまあ面白いんじゃないかな。
でもかなり飽きてきましたね。やはり1,2までがよかったのではないでしょうか。
終末の幕開けということはまだ続くということですね。
アンデッドの動きがどんどん速くなっています。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星
ハラハラ星  ☆
エロエロ星
ダルダル星




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日も明日も医者通い。病院は疲れます。

エージェント・マロリー

5
エージェント・マロリー

「エージェント・マロリー」
原題:haywire
監督:スティーブン・ソダーバーグ
2012年   アメリカ映画   93分
キャスト:ジーナ・カラーノ
     マイケル・ファスベンダー
     ユアン・マクレガー
     ビル・パクストン

ニューヨーク州北部のダイナーで、一人の女性が、突然一緒に
いた男に殴られ始める。仲裁に入った客の車を奪い、彼女は
その客と逃走を始め、車中で彼に自分の身の上話をするのだった。

エージェント・マロリー

とっても変わった映画なのです。セリフのないシーンが多く、BGMも
どっかで聞いたことあるなあ、と思ったら「オーシャンズ11」(2001)で
使われていたものと極似しています。そしてマロリー役のジーナ・カラーノが
それほどきれいではなく、体育会系のマッチョな体格で、色気というものが
感じられません。と思ったら、彼女は全米女子格闘技界のトップクラスの
格闘家だそうです。
冒頭のダイナーにおけるマロリーとアーロンの挌闘の理由は彼女がカージャック
したスコットという若者の車の中での話から、少しずつわかってくるのですが、
これがまたものすごく理解しづらいのですよ。
時と場所、人があちこちするので、これがいつのことなのか頭は混乱します。

エージェント・マロリー

ワシントンD.C.にいる政府高官コブレンツ(マイケル・ダグラス)と民間軍事企業
経営者ケネス(ユアン・マクレガー)、そしてスペイン人ロドリゴ(アントニオ・バンデラス)
の関係もなかなかわかりません。

エージェント・マロリー

それと同時に、バルセロナ、サンディエゴ、ダブリンでのマロリーの交えた
様々なシーンが展開されていきます。とりあえずマロリーは、体がやや重そう
ですが、持久力、体力、格闘において抜群の能力を持っています。そしてどうも
元カレというケネスが彼女をはめたらしいということもわかってきます。
わたしの理解力不足なのか、それとも構成が悪いのか、どれもこれも終盤付近
でようやく話についていけました。
マロリーの華麗なドライブテクニックで、スコットのランサー、レボリューションは
雪の中を爆走します。でも鹿にぶつかったら、あっさり逃走をあきらめるんです。
早!
メキシコの海岸におけるマロリーとケネスのタイマンもまたあっけない終わり方です。

エージェント・マロリー

男性俳優陣の豪華さだけが目立つ映画でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星
ハラハラ星
エロエロ星
ダルダル星  ☆☆




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

ものすごく寒いんですけど。梅は当分ですね。

マイティ・ソー

4
 
マイティ・ソー

「マイティ・ソー」
原題:Thor
監督:ケネス・ブラナー
2011年   アメリカ映画   117分
キャスト:クリス・ヘムズワース
     ナタリー・ポートマン
     トム・ヒドルストン
     アンソニー・ホプキンス
     ステラン・スカルスガルド

神の世界アスガルドの後継者とされるソーは、父の怒りを買い、
全ての力を奪われたあげく地球へ追放される。彼はそこで、天文学者
ジェーンたちと知り合ううちに、次第に王としての資質に目覚めていく。
しかしアスガルドでは、弟ロキが様々な陰謀を企てているのだった。

マイティ・ソー

う〜ん。すごく普通の映画でした。設定やスケールは壮大だし、キャストも
豪華なのに、ストーリー自体はとっても単純明快。追放される前のソーの
粗暴で短気、ついでにオツムが弱いところばかり目につきます。

マイティ・ソー

もちろんソー役の「スノーホワイト」(2012)のクリス・ヘムズワースの見事
な体格には目が釘付けですけど...。ジェーン役のナタリー・ポートマンに
至っては、もうお金の無駄遣いという感じさえします。いや、出る作品を選んでよ
かな。


マイティ・ソー

舞台は神の国アスガルドと巨人の国ヨトゥンヘイム、そして地球の3つです。
それぞれをつなぐ橋での移動シーンは劇場で見たら迫力があったことでしょう。
アスガルドの国王オーディンを父に持つ、ソーとロキ兄弟は、互いの性格は
異なれど仲良く成長していたのです。好戦的なソーに引き換え、ロキは知恵の
働く男。つまり筋肉バカと勉強小僧のようなものです。そしてソーの無謀な行動
により、彼は父からパワーを全て奪われ、地球へ追放されるのです。
一方地球のニューメキシコでは、たまたまジェーン、エリック、ダージーが時空を
つなぐ橋の研究をしています。そこへたまたま追放されたソーが光の竜巻のような
ものとともに落下してくるのです。なぜにここ?まあいいか。
ソーが、収容された病院で大暴れするシーンや店での横柄な態度は、ちょっと
笑えます。しかしすぐに地球に適応しちゃうんですよ。
さらにソーが一度は手に入れた無敵のハンマー、ムジョルニアも空から降って来ます。
さてさてこれはどうやったら、地面から抜けるのかなあ。見世物のようになって、
そこで屋台が出る辺りはアメリカならではの風景です。
ところがSHIELDという組織のコールド(この名前が結構なヒント)達、政府機関が
ここを厳重に警備し始め、脳みそが筋肉かと思ったソーが知恵を絞ってそこへ侵入
します。ジェーンとかわす今生の別れのような言葉は不要。
さらにアスガルドでは、弟ロキが様々な陰謀を張り巡らし、王位を継承しようと
するのです。彼のウソにコロっとだまされるソーの脳みそはやはりウサギ以下です。

マイティ・ソー

実はこの弟ロキは...。こういうパターンってありきたりすぎじゃない?
さらにロキが地球によこした巨人デストロイヤーによって、仲間が攻撃され、町が
破壊されていくと「俺の命をやるから、彼らを助けてくれ。」
あれ?急に人格者になっちゃった。そう言ってんだから、皆とっとと逃げなさーい。
ジェーンの涙もいりません。
一応ハッピーエンドぽく終わりますが、最後の詰めの甘さが、エンドロールの後の
シーンでわかってきます。も〜。続編ありきですか。

マイティ・ソー

この映画でハリウッドデビューした浅野忠信が出演しています。こんな大作に
出演していたら、日本の女優さんと交際する時間はないかもね。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星
ハラハラ星  ☆
エロエロ星
ダルダル星



    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

もはや冬みたい。おこたもいるけど湯たんぽ登場かなあ。

スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング

5
ザ・ハンティング

「スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング」
原題:hunt to kill
監督:キオニ・ワックスマン
2010年   カナダ映画   97分
キャスト:スティーヴ・オースティン   
     ギル・ベローズ
     ゲイリー・ダニエルズ
     エリック・ロバーツ

国境警備隊員のジムは娘と共に、カジノ強盗団に脅迫されるまま
山に逃げ込んだ犯人の一人を追って、国境を超える山の道案内を
することになる。二人はなんとか隙を見て逃げ出そうとするのだが、
強盗団の冷徹な反撃に遭い、遂にジムは銃で撃たれ、崖から川に
落ちてしまうのだった。

ザ・ハンティング

1990年代後半を代表するプロレスラー、ストーン・コールド・スティーヴ・オースティン
が主役です。といっても全然わかりませんが「エクスペンダブルズ」(2010)の
ダン・ペイン役といえば、ピンときますねえ。

ザ・ハンティング

4年前、テキサス州の国境警備隊員だったジムは、勤務中に同僚で親友のリーを
失い、現在はアメリカ北西部のモンタナ州で国境警備の仕事についているのです。
砂漠で懲りたら、雪山ですかね。

ザ・ハンティング

一人娘のキムが万引きをして捕まったという電話を受けたジムは、「やれやれ」と
彼女を引き取りに町の保安官事務所へ向かうのです。
一方、ネバダ州でカジノ強盗を働いた6人組のうち、じいさんローリーが、金を持ち逃げ
した、ということで、残された5人は彼を追って、この町にやってくるのです。そして
キムのいる保安官事務所へ入り込みます。どうやらローリーは、ここからカナダに抜ける
山に逃げ込んだらしい。
一応5人の顔ぶれを説明すると、
かなりイカれているけど、危機察知能力にたけたバンクス。ローリーの元恋人ドミニカ、
ハッキング担当のギアリー、格闘技専門のジェンセン、そしてなんでいるのかわからない
ドジでアホなクラブです。
「へい、保安官!」
なんて入ってきたジムが目にしたのは、銃を突き付けられた保安官と娘キムの姿です。
あっという間に保安官は銃殺され、機転をきかしたジムが『山の道案内役』を申し出た
ことから、総勢7人での山登りが開始されます。 
このジムは、腕っぷしは強いし、動物的な方向感覚を持っているのですが、少々オツム
が弱いようで、無駄な抵抗を試みては、どんどん生傷を増やしていくんです。ついでに
娘であることを黙っていよう、と言い聞かせたキムもさっさと「ダディ!」なんて叫ぶもん
ですから、あっという間に親子だということがバレます。つくづくトロい親子です。

ザ・ハンティング

後半、銃弾を受けたジムが、崖から川に落ち、そして不屈の精神で?また崖を
登って来る頃から、ジムは密林ゲリラのようになっていきます。木の枝を削って
武器を作り、それをやり投げのように上手に投げたり、はたまたこれは外せないわ
的な森林でのプロレス。途中からは凶器攻撃も開始です。
躊躇なく人を殺していくバンクスがキムだけは、銃で殴っておしまいって...。そして
ジムもなぜにとどめを刺さないのか。それはプロレスが終わってしまうからかしら
なんて考えてしまいました。
この映画はあと2本あるようですが、もう見るのはやめよう。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星
ハラハラ星
エロエロ星
ダルダル星 ☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

寒かったなあ。日差しはまだ暖かいけれど確実に秋は深まってる。

Black&White ブラック&ホワイト

6
 
ブラック&ホワイト

「Black&White ブラック&ホワイト」
原題:This means war
監督:マックG
2012年   アメリカ映画   98分
キャスト:リース・ウィザースプーン
     クリス・パイン
     トム・ハーディ
     ティム・シュワイガー

C.I.A職員、タックとF.D.Rはある任務で失敗し、内勤となってしまう。
そんな時、タックは出会い系サイトで、ローレンという女性と知り合い、
一目で恋に落ちる。一方ビデオ店でローレンと出会ったF.D.Rも彼女
を見染め、ハイテクを駆使してお互いを出し抜こうとするのだった。

何やってんの、C.I.A。この緊張感の無さは何?と思える映画です。
冒頭、タック、F.D.Rたちと闇組織ハインリッヒ一味との香港での銃撃戦、
そしてビルの屋上の淵に手をかけてまさに落ちかけているタックの姿、
それを見事な射撃と格闘で救ったF.D.Rなどは見ごたえのあるアクション
の連続です。タック役は「インセプション」(2010)のトム・ハーディ。

ブラック&ホワイト

映画の中で「イギリス訛りの英語ね。」なんて言われます。確かに英国紳士
といった雰囲気です。ある意味体裁を気にするタイプかな。
そして相棒のF.D.R役は「アンストッパブル」(2010)「フェーズ6」(2009)の
クリス・パインです。


ブラック&ホワイト

社交的つまり女性に積極的で、かつ限りなくプラス思考の典型的なアメリカ人
と言った感じですね。
そして友人によって出会い系サイトに無理やり登録させられ、彼氏を探すはめ
になる女性ローレン役は、リース・ウェザースプーン。

ブラック&ホワイト

確かにキュートだけれど、かなりとうが立っていますし、別に2人の男性が
取り合うほどでもないなあ、という雰囲気です。彼女の性格にも感情移入が
できません。
そして予告編にある通り、
「1,2,3で自分の好きな女性を見せよう。はい、1,2,3!」
と2人が見せ合った画像が、どちらもローレンだったことから、彼女を巡って
思い切り職権乱用をしながら、行動していくのです。

ブラック&ホワイト

一方、ローレンにあれこれ入知恵をする友人トリッシュ(これが男のような女性)
がいて、二股交際して、どちらがいいのか選べばいいのよ、なんて言う。そう言い
ながら
「いい男ではなく、いい女にしてくれる男を選びなさい。」
と自分の夫がデブでバカなことを棚に上げてアドバイスします。なんか、微妙な
感じだなあ。自分はそのイケてない夫が素晴らしいと思っていることを最後に
見せつけるのです。でもこの人、全然いい女じゃないと思うけど。
タックとF.D.Rは、ハインリッヒを追う、という本当の任務を隠れ蓑にして、ハイテク
を駆使し、ローレンの個人情報を集めるやら、監視するやら、家宅侵入するやら
やりたい放題。さらには、彼女を巡ってレストランで大暴れをします。どうするのよ、
この甚大な被害は。ローレンとデートしている時、お互いに邪魔しあうシーンも
最初は笑えますが、何回も続くと、いつまでふざけてるの!この任務に大量の
部下を使うって何よ!とだんだん腹が立ってきます。
ラストのカーアクションで、ローレンの持っている知識がすごく役立つのは、うまい
まとめ方でした。ところがラストがまたくだらない。やっぱりくだらなすぎる。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

NO RULES ノー・ルール

0
     
    ノー・ルール

    「NO RULES ノー・ルール」
    原題:ring of death
    監督:ブラッド・フォード・メイ
    2008年   アメリカ  86分
    キャスト:ジョニー・メスナー
         ステイシー・キーチ
         シャーロット・ロス

    元警官バーグの元へかつての相棒スティーブから、潜入捜査の仕事が
    舞い込む。それは囚人が相次いで事故死している刑務所内で、何が
    起こっているのか囚人として潜入し、調べ上げるというものだった。高額の
    報酬と復職につられ、バーグは渋々仕事を引き受ける。

    ノー・ルール

    TV用の映画なんですね。どおりでコンパクトに収まっていると思いました。
    一番気になったのは、しばしば映像がブレることです。何かの効果を狙って
    いるのでしょうが、とにかく鬱陶しい。
    さて、バーグは、勤務中に容疑者に過剰暴行を加え、警官をクビになり、それが
    原因なのかはっきりしませんが、妻子と別居しているのです。
    バーグ役は「キリング・ゲーム」(2011)に出演しているジョニー・メスナー。
    とはいえ、全然印象に残っていないのです。まあ、あの映画自体がしょうもない
    ものだったからなあ。でも彼は素晴らしい肉体となかなかのイケメン!
    そんなバーグの元へ元相棒で、今やFBI捜査官に出世したスティーブが、ある仕事
    を持ち込むのです。それはケインズビル刑務所内で連続して起こっている、囚人の
    事故死について調べるというもの。FBIは刑務所内で非合法な格闘賭博が行われて
    いるという情報をキャッチしているのですが、証拠がない。そこで潜入捜査で証拠を
    つかもうとするわけです。
    刑務所長カール・ゴーランがまた悪い奴なんだなあ。元プロボクサーだったらしく
    パンチドランカーで頭がイカれているんじゃないの?

    ノー・ルール

    そして映画の冒頭で行われていた囚人同士の死闘には、観戦席あり、ある時間を
    過ぎると凶器が投入されたりと、なかなか考えて作ってあります。とにかく総合格闘技
    のような闘いぶりは激しいです。怖くはないけれど、血がいっぱい出るんです。
    そんな刑務所に潜入したバーグを待っていたのは、様々な囚人達。

    ノー・ルール

    そして腕試しに早速闘わされます。バーグは強いのなんのって。こいつ普通の警官
    じゃなかったんだろうなあ、なんて思うほどです。
    囚人内での派閥や隣室の男がしきりにバーグの房を覗く姿、そして一緒に収容された
    へなちょこ囚人ランサーだの、いろいろなシーンが映りますが、映像の主体はほぼ
    格闘技です。もちろん忘れちゃいけないトップレスのお姉さんのサービスカットもあります。
    でもあのバストは明らかに豊胸していますね。
    全編男臭く、バーグの妻子が可愛いのが唯一華を添えています。
    ラストシーンは余分だな。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆
    グロ星    ☆
    ハラハラ星  ☆☆
    エロエロ星  ☆
    ダルダル星


    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

    昨日の雷雨はすごかった。雹が降ってきたらどうしようかと思っちゃった。

    アドレナリン:MAX

    1
    アドレナリンMAX

    「アドレナリン:MAX」 
    原題:shoot the Duke
    監督:スティーヴン・マニュエル
    脚本:トーマス・ヤーン
    2009年   ドイツ映画  80分
    キャスト:スティーヴン・ボールドウィン
         ベティーナ・ツィママン
         トーマス・ハインツ

    マックスはマフィアを告発する裁判の証人を護衛していたが、その男が
    銃撃されてしまう。彼は元妻が勤務する病院へ男を運び込む。一方、マフィアの
    ボスは手下に銃撃した男が確実に死んだのか確認に行かせるのだった。

    アドレナリンMAX

    大好きなジェイソン・ステイサム主演「アドレナリン」シリーズのパクリ邦題です。
    もちろん全く無関係の映画です。
    主人公マックス役は、スティーヴン・ボールドウィン。どこから見てもアクション向きの
    体型ではありませんねえ。私生活でも住宅ローンで2009年に破産しているとか。
    サブプライム・ローンでも組んだのかしら。

    アドレナリンMAX

    マックスはマフィアの元会計士で、仲間を抜け、ボス、ベターソを告発する男マデューカス
    (通称デューク)の護衛をしていた。これが原題のデュークなのです。
    冒頭の
    「本当に死んだのか確認して来い!」
    と怒るボスに
    「でも頭を確かに撃ったよ。」
    と何度も繰り返すアホ2人は、フランクとハリー。2人はしぶしぶマデューカスの死を
    確かめに行くのです。

    アドレナリンMAX

    一方、マックスは元妻が勤めている病院へ重傷のマデューカスを運び込みます。
    その病院は今日移転するということで、医師はほとんどいない。そしてさよならパーティー
    の真っ最中なのです。瀕死の男を前に、果てしなくゆるい雰囲気が漂います。大体治療
    開始までのアホトークは何なのでしょう。笑っちゃったけど。
    You can do it!と言われたって、研修に来て2週間の新米医師ウィルに、弾丸摘出手術
    なんかできますか〜?
    そこに現れたフランクを倒し、ハリーは手足をマヒさせる注射を打って生かしておく。
    マックスの元妻パトリシアは身重なのによく動きます。でも決して美人じゃないんだなあ。
    アゴが長すぎます。

    アドレナリンMAX

    閉鎖された病院内でチミチミと繰り広げられる逃走劇は、緊張感ゼロかつスピードもゼロ。
    おまけに予算も限りなくゼロに近く感じられるほどです。
    途中で現れる殺し屋フォンクラストがちょっとクールかな。
    伝説の殺し屋のわりには、どいつもこいつもピリっとしませんでした。
    短い映画なので、暇つぶしに見てください。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆
    グロ星
    ハラハラ星
    エロエロ星
    ダルダル星



    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

    暑い。汗が出る...。

    「デス・リベンジ」

    3
    デス・リベンジ

    「デス・リベンジ」
    原題:in the name of the king
    2007年   アメリカ映画  127分
    キャスト:ウーヴェ・ボル
         ジェイソン・ステイサム
         リーリー・ソビエンスキー
         レイ・リオッタ

    ストーンブリッジ村で農場を営むファーマーは、
    1人息子ゼフ、妻ソラナと共に平凡ではあるが
    幸せな暮らしを送っていた。
    しかしある日、意志を持たないはずのクラッグが
    村を襲い、大虐殺を始め、息子は殺され、妻は
    さらわれてしまう。ファーマーは怒りに燃え、復讐
    を誓うのだった。

    デス・リベンジ デス・リベンジ

    やっぱりダミ声のジェイソン・ステイサムが強いの
    なんのって!
    エップ国、ストーンブリッジ村で農夫として暮らす
    ファーマーの元へ大量のクラッグが押し寄せてきます。
    クラッグとは何かと思えば、獣のような怪物で
    どうやら黒魔術に操られて凶暴化しているようです。
    この辺りの時代背景やクラッグがなぜ存在するかは
    最後までわかりません。
    ファーマーの息子ゼフを含め、一族を殺され、妻ソラナ
    をさらわれた彼は、復讐に燃えます。アドレナリン全開!
    ところがどっこいファーマーは実は、エップ国の
    コンリード王の息子だったことがわかり、亡き王に代わって
    戦いを指揮し始めます。
    この戦いは、忍者のいでたち、アーチェリー、フェンシング、
    槍、格闘なんでもあり。ファーマーは得意のブーメラン
    まで使っています。これが無駄に長すぎで、少々
    飽きてきますね。

    デス・リベンジ デス・リベンジ

    さらには、森の中に女ターザン達まで存在しています。
    壮大なアクション映画+魔術付といったところでしょうか。
    王の甥で邪悪なファロウ役は、マシュー・リラード。
    そしてファーマーの育ての親ノーリック役は、ロン・パールマン。
    脇役はバッチグーですね。
    ラストは、あれこれで終りですか?といった簡単なものでした。
    ファロウもどうなったかわからなかったし。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆
    グロ星
    ハラハラ星  ☆☆
     

    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

     よかったらポチっとお願いします。
                 悩み事がいっぱい...。


    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ブログランキング

    今日のわんこ

    powered by 撮影スタジオ.jp

    アマゾン

    遊びにきてくれてありがとう!

    カウンター

    死語レッスン

    最新記事

    categories

    過去の記事

    コメントありがとうございます!

    トラックバックありがとうございます!

    recommend

    お友達

    ミス・マープルについて

    書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

    あの映画を探そう!

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM