映画「ヒッチャー」

0
    JUGEMテーマ:Horror

    ヒッチャー 

    映画「ヒッチャー」
    監督:ロバート・ハーモン
    1985年  アメリカ映画
    キャスト:ルトガー・ハウアー、C・トーマス・ハウエル
          ジェニファー・ジェイソン・リー

    青年ジムは雨の降る夜、フリーウェイで車の長距離
    陸送をしていた。そこでジョン・ライダーと名乗る1人
    のヒッチハイカーを乗せる。

    ヒッチャー

    彼は飛び出しナイフを取り出し、ジムを脅し始める。
    彼の異常さに驚き、ジムはジョンを車から叩きだして
    しまう。

    ヒッチャー

    その後もジョンはジムに付きまとい、彼を沿道の連続
    殺人犯に仕立て上げていく。
    果たしてジョンは生きて彼に勝つことができるのか?

    ヒッチャー

    <感想>  公開当時見たときは、本当に怖い映画だと
    思いました。ジムの次にジョンを乗せたワゴンが沿道
    に止まっていて、ジムが近付くとおびただしい血が流れ
    ている。それだけでぞーっとしたものです

    ヒッチャー

    しかし今回見直してみると、う〜ん。あまり怖くない。
    というか、ジョンがなぜジムにここまで固執するのか
    理解できません。

    ヒッチャー

    ドライブインで注文したポテトの中に人の指が
    入っていたり、ジムを助けてくれるウエイトレスの
    ナッシュがトレーラーのトラック部分とコンテナ部分
    に縛り付けられてあわや...となってもインパクトが
    弱いです

    ヒッチャー

    但しルトガー・ハウアーの鋭い眼光は際立って
    すばらしいです
    2007年にリメイクされていますが、そちらは見て
    いません。おもしろいのかなあ。

    <マープルの採点  星3つ>
    ルトガー・ハウアーは素敵




    にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

    映画「ローズマリーの赤ちゃん」

    3
    JUGEMテーマ:Horror

    ローズマリーの赤ちゃん

    映画「ローズマリーの赤ちゃん」
    監督:ロマン・ポランスキー
    1968年  アメリカ映画
    キャスト:ミア・ファロー、ジョン・カサヴェテス
          ルース・ゴードン、モーリス・エヴァンス

    売り出し中の若手俳優ガイと妻ローズマリーはマンハッタン
    の古いアパートへ引っ越してきた。

    ローズマリーの赤ちゃん

    隣人はおせっかだけれど人の良さそうなカスタベット夫妻。

    ローズマリーの赤ちゃん

    彼らには養女がいたが、ある夜アパートから飛び降り
    自殺をしてしまう。
    翌日、カスタベット夫妻から夕食の招待を受ける2人。
    ローズマリーは気が進まないまま出かけ、それから
    次第に家族ぐるみの付き合いを始める。

    ローズマリーの赤ちゃん

    やがてローズマリーは妊娠する。しかし、次第に不気味な
    出来事が起こり始め、それが幻想なのか、現実なのか
    判断できなくなっていった...。

    ローズマリーの赤ちゃん

    <感想>  まず、ミア・ファローがとてもキュートです
    ファッションもそしてスレンダーなスタイルも素敵です。
    彼女がいろいろな出来事に不信感を持ち始め、妊婦で
    ありながら病的なほどにげっそりとしていく様子は、
    鬼気迫る演技です。
    彼女にアドバイスしようとする者は、皆不審死を遂げて
    いきます。いやに仕事の増えた夫さえも今や信用できない

    彼女の苦悩は哀れを誘います。

    ローズマリーの赤ちゃん

    ラストにゆりかごをのぞいた時の恐怖に歪む
    ローズマリーの表情。それだけで十分怖いです。
    でもやはり母は強いです。

    ローズマリーの赤ちゃん


    <マープルの採点  星5つ>
    このアパートでジョン・レノンは撃たれたんですね。

     
    にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

    映画「ヒトラーの贋札」

    0

      ヒトラーの贋札

      映画「ヒトラーの贋札」
      監督:ステファン・ルツォヴィッキー 
      2006年  ドイツ=オーストリア
      キャスト:カール・マルコヴィクス
            アウグスト・ディール
            デーヴィット・シュトリーゾフ


      第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱
      を狙って企てた「ベルンハルト作戦」。

      ヒトラー2

      この作戦のために、収容所にいたユダヤ人のうち技術を
      もつ者だけが、ドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所に送られ
      ‘完璧な贋ポンド札’を作ることを要求される。
      贋作師のサリー、印刷技師のブルカー、美校生のコーリャ
      など、それぞれの思いを抱きながら、収容所での作業を
      こなしていくのだった...。

      ヒトラー2

      <感想>  同じ収容所内で壁1つ隔てた向こう側では、足に
      合わない靴を履かされて走る実験を行っている。一方、贋札
      作りに携わる彼らは、柔らかい布団と3度の食事が与えられて
      いる。
      同胞への負い目と「生」への欲望が彼らの心を乱していくのが
      よくわかります。本心はやはり生きて戦後を迎えたいのです。
      それが普通の人間の思いではないでしょうか

      ヒトラー2

      自分の娘のパスポートが偽造パスポートに変造されるのを
      担当したのが、実の父親では悲しみは図り知れません。
      彼の悲しみは戦争が終わっても癒えることはなかったのですね。
      いえ、終わったからこそ絶望したのでしょう。
      96分の短い映画でしたが、深く心に残りました。

      <マープルの採点  星4つ半>
      戦争映画は見ていてつらいです。



      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

      映画「スケルトンキー」

      0
        JUGEMテーマ:Horror

        スケルトンキー

        映画「スケルトンキー」
        監督:イアン・ソフトリー 
        2005年  アメリカ映画
        キャスト:ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ
              ジョン・ハート

        ニューオリンズの田舎屋敷へキャロラインは住み込みの
        看護師としてやってくる。
        そこには、脳卒中で寝たきりで話すこともできない夫ベン
        とその妻ヴァイオレットが住んでいた。その屋敷は巨大で
        どの部屋にも鍵がついていた。

        スケルトンキー

        何かにひどくおびえるベンの姿を見るうちに、キャロライン
        自身も不気味さを感じ始める...。

        スケルトンキー

        <感想>  全く期待しないで見たんですが、すっかりして
        やられました
        ホスピスの仕事の不毛さに嫌気がさし、高給につられて
        田舎町まで住み込みの看護師としてやってきたキャロライン。
        とてもきれいですしかし、典型的な南部女のヴァイオレット
        は彼女にいやに冷たいのです。まるで嫉妬しているかのように。
        中盤以降はスリリングな展開になります。

        スカルトンキー

        彼女は無事にこの家から出られるのでしょうか
        結末はあっというような予想外のものです

        スケルトンキー

        スケルトンキーの意味が「合鍵」であることを初めて知った
        映画でした。

        <マープルの採点  星4つ>
        これは謎が先に解ける人はいるのかなあ


        にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

        映画「変態男」

        0
          JUGEMテーマ:Horror
           
          変態男

          映画「変態男」
          監督:ヴィンセント・ラノー
          2004年  ベルギー、フランス
          キャスト:カルロ・フェランテ、クリスティーノ・グルロア
                ステファン・リベルスキー
                オリヴィエ・グノルメ

          家具店のオーナーであり、ごく普通の夫、父親である
          ジョージ。

          s変態男

          ある晩、フリーウェイを走っている途中、イライラのあまり
          後ろの車のカップルの男を殺してしまう。ジョージは田舎の
          別宅の敷地に男を埋め、女をトランクに監禁する。

          s変態男

          一方ジョージの妻は浮気をしており、夫婦仲は最悪であった。
          ジョージがいろいろなことを隠そうとすればするほど、事態は
          悪い方向へ進んでいく。

          s変態男

          <感想>  まず「Ordinary man」を「変態男」と題した時点で
          大失敗です。
          映画は普通のB級ホラーの感じで、イケてないジョージがトランク
          に隠した女をとても大切に扱うところは、彼の優しさ?の表れ
          かもしれません
          彼女が叫べないように声帯を摘出するところは、ちょっとだけ
          グロいです。
          この女性の家族の捜索願を受けて、彼女の部屋を捜索する刑事
          がホモで抱き合ってしまうのは‘おまけ’ですか
          結局日ごろから少しずつため込んだ怒りは、いつかは激しく爆発
          するということですね。
          ラストはちょっとオシャレでした
          DVD特典でもう1つのエンディングもありましたが、まあ、どちら
          でも大差はないと思います。

          <マープルの採点  星2つ>
          「変態村」とは全くの別物です




          にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

          映画「変態村」

          1
          JUGEMテーマ:Horror

          変態村

          映画「変態村」
          2004年  フランス映画
          キャスト:ローラン・リュカ、ジャッキー・ベロワイエ
                フィリップ・ナオン、ブリジット・ラーエ
                ジャン=リュック・クシャール 

          マルクは老人ホームなどで歌を歌い、生計を立てている
          シンガーである。ある日、ホームでの仕事が終わり、南仏
          の町へ移動中、山の中で車が故障してしまう。
          そこへボリスという頭の弱い男が犬を探しにやってくる。
          彼について森の中を歩いて行くと、小さなペンションに
          たどり着く。
          そこのオーナー、バルデル氏は、陽気で親切だが、マルク
          に異様に執着を持ち、そして彼に
          「決して村へいってはいけない」と言うのだった。

          変態村

          <感想>  一言で言ってとても変な映画です
          究極のラブストーリーであるとか、カメラワークが
          すばらしいとか評しているものもありますが、わたし
          には全く理解不能でした。

          変態村

          但し、原題「Calvaire」は「殉教、殉死、苦難」という
          意味だそうで、それにしては邦題がひどすぎると思い
          ます。
          また、英語タイトル「The Ordeal」は「罪人判別法、
          試練」という意味だそうです。
          どちらにしても題名に飛びつくとわけのわからない映画
          を見ることになります

          <マープルの採点  星0.5>
          なにを描きたかったんでしょうか


          にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

          映画「ブラックサイト」

          0

            ブラックサイト

            映画「ブラックサイト」
            監督:グレゴリー・ホブリット
            2008年  アメリカ映画
            キャスト:ダイアン・レイン、ビリー・バーグ
                  コリン・フランクス

            アメリカ、ポートランドでインターネット上の犯罪を
            取り締まっているFBI特別捜査官ジェニファー。

            ブラックサイト

            ある夜勤の晩、「kill with me.com」という不審な
            サイトが見つかる。そこでは、牛乳を目の前にして
            ネズミ捕りの上でうごけなくなっている子猫が映し
            出されていた。 

            その後、競馬場で誘拐された男の殺されていく映像が
            映し出され、アクセス数とともに死への時間が短縮
            されていく恐ろしいサイトであることがわかってくる。
            ジェニファーは必死で手掛かりを探るのだが...。

            ブラックサイト

            <感想>  まず、ダイアン・レインが老けました。
            シングルマザーでFBI捜査官という設定からかも
            しれませんが、化粧っ気はほとんどなく仕事一筋
            という感じです

            ブラックサイト
            ストーリーは最初から、ショッキングな映像です。
            確か日本でもこういう動画をリアルタイムで投稿し
            捕まった学生がいましたね。最低です。

            ブラックサイト
            こういう事件は必ずエスカレートしていくのですね。
            犯人を捜すために上層部と対立するジェニファー。
            そしてそれを助けるコリン、刑事。
            ラストはうまくいきすぎ感がありますが、スリルは
            かなりのものです
            そして犯人と被害者達の接点を知った時のやるせ
            なさも残ります。

            <マープルの採点  星4つ>
            母は強いね、やっぱり

            にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

            ガリレオ、トラ刈りになる。

            0
              JUGEMテーマ:ネコのつぶやき

              ボクちゃん、昨日から3回もバリカン攻撃受けてるの 
              お母さんが2980円で買ってきた人間用のバリカンで
              一生懸命刈ってくれるんだけど、どうもへたくそ...
              で今こんな感じになっちゃってるの。

              ガリレオ

              ボクちゃんがおとなしいからって、お風呂場に閉じ込めて
              バリカン使うのやめてほしいよ
              でもちょっとさっぱりしたからくつろいじゃうも〜ん

              ガリレオ

              にほんブログ村 猫ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

              映画「ダ・ヴィンチ・コード」

              0

                ダヴィンチコード

                映画「ダ・ヴィンチ・コード」
                監督:ロン・ハワード
                原作:ダン・ブラウン
                2006年  アメリカ映画
                キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトウ
                      イアン・マッケラン、ジャン・レノ
                      アルフレッド・モリサ、ポール・ベタニー


                ある晩、ルーブル美術館で館長が殺害される。

                ダヴィンチコード

                館長と会う約束になっていたラングトン教授は
                容疑者となり、フランス警察から追われる身と
                なってしまう。

                ダヴィンチコード

                ラングトンは自らの無実を証明するため、館長の娘
                ソフィとともに2000年間隠されてきた数々の謎を
                解くべく闘いを始めるのだった。

                <感>  歴史の中で人は誰を守り、何を信じるか
                それが1番重要だと感じさせる映画でした。
                昔「薔薇の名前」を見て、宗教の重み、さらに宗派間の
                醜い争いをどうしても理解できませんでした。

                ダヴィンチコード

                今回は謎解きの面白さが加わっています。
                そしてだれが敵で誰が味方であるのか、
                なかなか理解できません。

                ダヴィンチコード

                そもそも敵、味方というものが存在しないのでしょうか。
                自分たちを守るためには、裏切りの連続を繰り返しても
                それが正義を守っているとかたくなに信じているのでしょうか。


                ダヴィンチコード

                宗教的な内容で細かい部分は、まったくわかりません
                でしたが、テンポのよいストーリーで楽しめました
                前半に出てくる多分スマートと思われる車のの逆走は
                お見事です

                <マープルの採点  星4つ>
                トム・ハンクスはデコッパチだからやっぱり好きじゃないです


                にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

                映画「ファイナルデスティネーション」

                0
                  JUGEMテーマ:Horror
                   
                  ファイナルデスティネーション

                  映画「ファイナルデスティネーション」
                  監督:ジェームズ・ウォン
                  2000年  アメリカ映画
                  キャスト:デボン・サワ、ショーン・ウィリアム・スコット
                        アリ・ラーター、カー・スミス
                        クリスティン・クローク

                  ファイナルデスティネーション

                  フランスへの修学旅行へ向かうアレックス達。飛行機は
                  まさに離陸寸前だった。しかし居眠りをしていたアレックス
                  は、まさに今乗っているこの飛行機が大爆発する夢を
                  見る。恐怖でパニックになったアレックスは6人の仲間
                  とともに飛行機を降りてしまう。

                  ファイナルデスティネーション

                  その直後、彼らの目前で離陸した飛行機は大爆発を
                  起こしてしまうのだった。そして生き残った7人も次から
                  次へと奇怪な死を遂げていく...。

                  ファイナルデスティネーション

                  <感想>  アレックスの見たのは予知夢だったの
                  でしょうか
                  でもこの設定はなかなか興味深いものでこの後、
                  2,3、4と続編が作られるのもうなづけます。
                  運良く生き残った7人がどんどん怪死をとげていき、
                  アレックスはその悪夢に立ち向かおうとします。
                  どうしたら生き残れるのか、そのためには、何を考え
                  ればいいのか...。
                  仲間の死に様は結構グロ度が高いです。やはり運命
                  に逆らうことは、死神と戦うことなのでしょうか

                  怖いというより結構楽しんで見れます

                  <マープルの採点  星3つ> 
                  「スクリーム」と同じくらい好きです



                  にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ


                  カレンダー

                  S M T W T F S
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  252627282930 
                  << June 2017 >>

                  ブログ村

                  今日のわんこ

                  powered by 撮影スタジオ.jp

                  Amazon

                  遊びにきてくれてありがとう!

                  カウンター

                  お天気

                  最新記事

                  categories

                  過去の記事

                  コメントありがとうございます!

                  トラックバックありがとうございます!

                  recommend

                  お友達

                  ミス・マープルについて

                  書いた記事数:2615 最後に更新した日:2017/06/23

                  あの映画を探そう!

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM