桜子のトリミングとヤモリ猫

0
    JUGEMテーマ:ペット

    一昨日桜子はトリミングに行ってきました 
    トリマーさんが
    「こんなきれいな毛色ならほめてもらうでしょう?」
    なんて言ってくれたけど、パッポー散歩(抱っこ)
    しかしないので、誰もほめてくれません

    桜子

    ちなみに家のごんたくれ男が異様な格好で熟睡していた
    ので、ちょっとパチリ
    これじゃあ爬虫類だな

    ヘイススティングス




    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 猫ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

    映画「デイ・オブ・ザ・デッド」

    0
      JUGEMテーマ:Horror
       
      デイ・オブ・ザ・デッド

      映画「デイ・オブ・ザ・デッド」
      監督:スティーヴ・マイナ
      2008年  アメリカ映画
      キャスト:ミーナ・スヴァーリ、ヴィング・レイムス
            ニック・キャノン、マイケル・ウェルチ


      アメリカ、コロラド州、レッドウィルで24時間の
      検疫隔離演習中、この町出身のサラ伍長と
      新兵バドはサラの実家に立ち寄る。
      するとそこには高熱を出している母親がいた。
      サラは母親を連れて病院へ向かうが、病院の
      ロビーは同じ症状の人であふれかえっていた。
      そして彼らは次第にゾンビへと変貌して人間を
      襲い始める。

      デイ・オブ・ザ・デッド

      <マープルの感想>  A・ロメロ監督の『死霊のえじき』
      のリメイクですが、全くの別作品になっていると思います。
      オリジナルのグロさは引き継いでいますが、何といっても
      サラ伍長を演じるニーナ・スヴァーリがとっても可愛いです

      デイ・オブ・ザ・デッド

      そしてそれでいてとても強いです

      デイ・オブ・ザ・デッド

      リメイク版のゾンビは動きが速く、ヤモリのように
      壁や天井に張り付くことができます。

      デイ・オブ・ザ・デッド

      こんなに多くのゾンビから果たして逃げ出せるの
      でしょうか
      ハラハラドキドキしますが、ベジタリアンのゾンビは
      人間の知能が少し残っているという新しい発見も
      ありました。

      デイ・オブ・ザ・デッド

      この映画はリメイク版としてはベスト10に入ると思います

      <マープルの採点  星4つ>
      戦うサラはめっちゃかっこいいです


      にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

      映画「グロテスク」

      0
        JUGEMテーマ:Horror

        グロテスク

        映画「グロテスク」
        2008年 日本映画
        監督:白石晃士
        キャスト:長澤つぐみ、川連廣明、大迫茂生

        アキと和男は同じ会社に勤めている。今日は2人の
        初デートなのだ。喫茶店で話をした後、手をつないで
        歩き始めた途端、何者かに拉致される。
        目が覚めると、そこは見知らぬ地下室で、2人とも
        手足は拘束され、猿ぐつわをされていた。

        グロテスク

        「君たち2人の愛に感動できれば解放する。」と見知らぬ
        男は言い、それからあらゆる虐待を繰り返していく。

        グロテスク

        2人は無事にこの地下室から逃げ出せるのだろうか?

        グロテスク

        <マープルの感想>  中盤まではただ虐待するだけの
        映画かと思い、気分が悪かったのですが、途中、休憩?
        が入った後、次第に見知らぬ男のことがわかってくると
        妙に納得してしまうのです
        日本映画にしてはリアルな演出で、チェーンソーで切った
        指でネックレスを作る、なんてアイデアが出てきたりします。
        でもせめてちゃんとお付き合いをしてから拉致して
        ほしかったよねえ。
        初デートの日がこうじゃあたまらないわよ

        グロテスク

        長澤つぐみさんはAV出身で「東京残酷警察」にも
        出演していますが、なかなかきれいな女優さんです

        <マープルの採点  星3つ>
        ラストは最高でしたね






        にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

        映画「ハロウィン」(2007年版)

        0
          JUGEMテーマ:Horror

          ハロウィン

          映画「ハロウィン」
          監督:ロブ・ゾンビ
          2007年  アメリカ映画
          キャスト:マルコム・マクダウェル、ブラッド・ドゥーリフ
                シェリ・ムーン・ゾンビ、タイラー・メイン


          17年前のハロウィンの夜、白いマスクを被った
          マイケル・マイヤーズは、母の恋人、姉、そして
          ボーイフレンドを惨殺してしまう。

          ハロウィン

          彼は友人もなく、家庭でも孤立していた哀れな少年
          時代を送っていたのだ。
          そして収容された精神病院で、彼の過去を知るルーミス
          医師の治療を受け続けていた。

          ハロウィン

          しかし、彼は何も語らず、ひたすらマスクを作り続けていた。
          その彼が17年後のハロウィンの雨の夜、精神病院を脱走
          してしまう...。

          ハロウィン

          <マープルの感想>  1978年、ジョン・カーペンター監督
          が製作した名作ホラー、「ハロウィン」のリメイクです。監督
          は「マーダー・ライド・ショー」でぶったまげたロブ・ゾンビです
          が、「HALLOWEEN THEME」というカーペンター作曲の
          音楽をここでも要所要所で使って、恐怖を増長させています。
          主人公のマイケル・マイヤーズは、実は悲惨な少年時代を
          送っていたこと、精神病院時代での様子などオリジナルでは
          知り得なかったこともわかってきます。
          マイケルの子役がオリジナルでは可愛すぎたので今回は
          はまり役だと思います
          殺人鬼となったマイケル・マイヤーズが今回はいかに残酷に
          殺人を犯していくのかを追求しているような気がしました


          ハロウィン

          恐怖の連続が必ずしも怖さを高めていくものではない、
          と実感した映画でした。

          <マープルの採点  星2つ半>  
          オリジナルの方が心理的怖さがあるね



            にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

          「愛しのジェニファー」

          0
            JUGEMテーマ:Horror

            愛しのジェニファー 

            「愛しのジェニファー」
            監督:ダリオ・アルジェント
            2006年  アメリカ
            キャスト:スティーヴン・ウェバー、キャリー・アン・フレミング


            刑事フランクは女を肉切り包丁で追いかけまわす男を
            射殺する。男は「ジェニファー」と言ってこと切れる。
            フランクが助けた女性は抜群のスタイルとブロンドの
            持ち主だが、容貌が全く不釣り合いなものだった。
            警察から精神病院へ収容されたジェニファーを不憫に
            思ったフランクは1晩だけ、と家に連れて帰る。
            しかしその晩、ジェニファーは飼い猫を食べてしまい、
            家族は家を出て行くのだった。

            愛しのジェニファー

            そんなジェニファーを捨てきれないフランク。
            しかし事態はさらに悪い方向へ進んでいく。

            <感想>  これはアメリカの『マスターズ・オブ・ホラー』
            のTVオムニパスシリーズの1つです。
            ジェニファーの危険な香りはオープニングから、プンプン
            漂います
            どんなふうに危険なのかを想像すると胸がわくわく
            してきます。
            そしてやっぱりフランクはジェニファーの虜になってしまう
            のです。家族も職も家もなくなっても男ってこうなるもん
            でしょうか

            愛しのジェニファー

            音楽は粘着質のある不気味な子守唄のようなメロディ
            でしたこれはいつまでも頭に残りそうです...。


            <マープルの採点  星3つ>
            1時間のお楽しみ番組って感じです



            にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

            おやじのママチャリ

            0
              JUGEMテーマ:Benz

              これは先週の火山大爆発の話です 
              わたしはとっても小さいA170に乗っているのですが、
              うちの近所はめっちゃ道路が狭いんです。
              夕方、買い忘れた物を買うため、車で走り出すと、前
              からおばちゃんが道の真ん中を2人連れでくっちゃべり
              ながら歩いてきます
              それはなんとかかわしました。
              すると今度はわたしから見て右側をカブのおっちゃんが、
              そしてど真ん中
              をママチャリのじじいがくねくね走って
              くるじゃありませんか
              もう止まって待つしかないと思い、止まっていると、なんと
              そのママチャリじじいが、わたしの左側(つまり右側通行)
              を走りながら
              「何をのろのろ走っとるんやへったくそやなあ、運転が。」
              と捨てゼリフを残して行きました。
              「へたくそはお前だこのあほじじい

              なんという素晴らしい反射神経でしょうか
              つい窓が全開なのも忘れて口走っていましたおかげで
              カブのおっちゃんは青い顔で通り過ぎて行きました。
              でもさー。
              ママチャリじじいは、道路の真ん中をめっちゃゆっくり走り
              ますよね。そしてある時は歩行者、ある時は自動車に
              変身して信号を渡っていきます。
              おかげで車の接近信号がピーピー鳴りっぱなしだったわ

              ブログランキング・にほんブログ村へ

              映画「ヒッチャー」

              0
                JUGEMテーマ:Horror

                ヒッチャー 

                映画「ヒッチャー」
                監督:ロバート・ハーモン
                1985年  アメリカ映画
                キャスト:ルトガー・ハウアー、C・トーマス・ハウエル
                      ジェニファー・ジェイソン・リー

                青年ジムは雨の降る夜、フリーウェイで車の長距離
                陸送をしていた。そこでジョン・ライダーと名乗る1人
                のヒッチハイカーを乗せる。

                ヒッチャー

                彼は飛び出しナイフを取り出し、ジムを脅し始める。
                彼の異常さに驚き、ジムはジョンを車から叩きだして
                しまう。

                ヒッチャー

                その後もジョンはジムに付きまとい、彼を沿道の連続
                殺人犯に仕立て上げていく。
                果たしてジョンは生きて彼に勝つことができるのか?

                ヒッチャー

                <感想>  公開当時見たときは、本当に怖い映画だと
                思いました。ジムの次にジョンを乗せたワゴンが沿道
                に止まっていて、ジムが近付くとおびただしい血が流れ
                ている。それだけでぞーっとしたものです

                ヒッチャー

                しかし今回見直してみると、う〜ん。あまり怖くない。
                というか、ジョンがなぜジムにここまで固執するのか
                理解できません。

                ヒッチャー

                ドライブインで注文したポテトの中に人の指が
                入っていたり、ジムを助けてくれるウエイトレスの
                ナッシュがトレーラーのトラック部分とコンテナ部分
                に縛り付けられてあわや...となってもインパクトが
                弱いです

                ヒッチャー

                但しルトガー・ハウアーの鋭い眼光は際立って
                すばらしいです
                2007年にリメイクされていますが、そちらは見て
                いません。おもしろいのかなあ。

                <マープルの採点  星3つ>
                ルトガー・ハウアーは素敵




                にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

                映画「ローズマリーの赤ちゃん」

                3
                JUGEMテーマ:Horror

                ローズマリーの赤ちゃん

                映画「ローズマリーの赤ちゃん」
                監督:ロマン・ポランスキー
                1968年  アメリカ映画
                キャスト:ミア・ファロー、ジョン・カサヴェテス
                      ルース・ゴードン、モーリス・エヴァンス

                売り出し中の若手俳優ガイと妻ローズマリーはマンハッタン
                の古いアパートへ引っ越してきた。

                ローズマリーの赤ちゃん

                隣人はおせっかだけれど人の良さそうなカスタベット夫妻。

                ローズマリーの赤ちゃん

                彼らには養女がいたが、ある夜アパートから飛び降り
                自殺をしてしまう。
                翌日、カスタベット夫妻から夕食の招待を受ける2人。
                ローズマリーは気が進まないまま出かけ、それから
                次第に家族ぐるみの付き合いを始める。

                ローズマリーの赤ちゃん

                やがてローズマリーは妊娠する。しかし、次第に不気味な
                出来事が起こり始め、それが幻想なのか、現実なのか
                判断できなくなっていった...。

                ローズマリーの赤ちゃん

                <感想>  まず、ミア・ファローがとてもキュートです
                ファッションもそしてスレンダーなスタイルも素敵です。
                彼女がいろいろな出来事に不信感を持ち始め、妊婦で
                ありながら病的なほどにげっそりとしていく様子は、
                鬼気迫る演技です。
                彼女にアドバイスしようとする者は、皆不審死を遂げて
                いきます。いやに仕事の増えた夫さえも今や信用できない

                彼女の苦悩は哀れを誘います。

                ローズマリーの赤ちゃん

                ラストにゆりかごをのぞいた時の恐怖に歪む
                ローズマリーの表情。それだけで十分怖いです。
                でもやはり母は強いです。

                ローズマリーの赤ちゃん


                <マープルの採点  星5つ>
                このアパートでジョン・レノンは撃たれたんですね。

                 
                にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

                映画「ヒトラーの贋札」

                0

                  ヒトラーの贋札

                  映画「ヒトラーの贋札」
                  監督:ステファン・ルツォヴィッキー 
                  2006年  ドイツ=オーストリア
                  キャスト:カール・マルコヴィクス
                        アウグスト・ディール
                        デーヴィット・シュトリーゾフ


                  第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱
                  を狙って企てた「ベルンハルト作戦」。

                  ヒトラー2

                  この作戦のために、収容所にいたユダヤ人のうち技術を
                  もつ者だけが、ドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所に送られ
                  ‘完璧な贋ポンド札’を作ることを要求される。
                  贋作師のサリー、印刷技師のブルカー、美校生のコーリャ
                  など、それぞれの思いを抱きながら、収容所での作業を
                  こなしていくのだった...。

                  ヒトラー2

                  <感想>  同じ収容所内で壁1つ隔てた向こう側では、足に
                  合わない靴を履かされて走る実験を行っている。一方、贋札
                  作りに携わる彼らは、柔らかい布団と3度の食事が与えられて
                  いる。
                  同胞への負い目と「生」への欲望が彼らの心を乱していくのが
                  よくわかります。本心はやはり生きて戦後を迎えたいのです。
                  それが普通の人間の思いではないでしょうか

                  ヒトラー2

                  自分の娘のパスポートが偽造パスポートに変造されるのを
                  担当したのが、実の父親では悲しみは図り知れません。
                  彼の悲しみは戦争が終わっても癒えることはなかったのですね。
                  いえ、終わったからこそ絶望したのでしょう。
                  96分の短い映画でしたが、深く心に残りました。

                  <マープルの採点  星4つ半>
                  戦争映画は見ていてつらいです。



                  にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

                  映画「スケルトンキー」

                  0
                    JUGEMテーマ:Horror

                    スケルトンキー

                    映画「スケルトンキー」
                    監督:イアン・ソフトリー 
                    2005年  アメリカ映画
                    キャスト:ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ
                          ジョン・ハート

                    ニューオリンズの田舎屋敷へキャロラインは住み込みの
                    看護師としてやってくる。
                    そこには、脳卒中で寝たきりで話すこともできない夫ベン
                    とその妻ヴァイオレットが住んでいた。その屋敷は巨大で
                    どの部屋にも鍵がついていた。

                    スケルトンキー

                    何かにひどくおびえるベンの姿を見るうちに、キャロライン
                    自身も不気味さを感じ始める...。

                    スケルトンキー

                    <感想>  全く期待しないで見たんですが、すっかりして
                    やられました
                    ホスピスの仕事の不毛さに嫌気がさし、高給につられて
                    田舎町まで住み込みの看護師としてやってきたキャロライン。
                    とてもきれいですしかし、典型的な南部女のヴァイオレット
                    は彼女にいやに冷たいのです。まるで嫉妬しているかのように。
                    中盤以降はスリリングな展開になります。

                    スカルトンキー

                    彼女は無事にこの家から出られるのでしょうか
                    結末はあっというような予想外のものです

                    スケルトンキー

                    スケルトンキーの意味が「合鍵」であることを初めて知った
                    映画でした。

                    <マープルの採点  星4つ>
                    これは謎が先に解ける人はいるのかなあ


                    にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ


                    カレンダー

                    S M T W T F S
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << August 2017 >>

                    ブログ村

                    今日のわんこ

                    powered by 撮影スタジオ.jp

                    Amazon

                    遊びにきてくれてありがとう!

                    カウンター

                    お天気

                    最新記事

                    categories

                    過去の記事

                    コメントありがとうございます!

                    トラックバックありがとうございます!

                    recommend

                    お友達

                    ミス・マープルについて

                    書いた記事数:2641 最後に更新した日:2017/08/21

                    あの映画を探そう!

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM