映画「オープン・ウォーター」

0
    オープンウォーター

    映画「オープン・ウォーター」
    監督:クリス・ケンティス
    2004年   アメリカ映画  79分
    キャスト:ブランチャード・ライアン
         ダニエル・トラヴィス
         ソウル・スタイン

    ダニエルとスーザンは久しぶりの休暇を
    カリブ海で過ごすためにやって来た。
    彼らの楽しみは、沖合までボートで向かう
    ダイビング・ツアーである。そして目的地に
    到着し、海中の美しい景色や魚たちを見て
    くつろいでいたのだが、集合時間に浮上
    してみるとボートは既に動き出した後だった。

    オープンウォター オープン・ウォーター

    予算役12万ドル、CGはほとんどなく、実際に
    サメが泳ぐ中で演技したそうです。(ウィキより)
    カリブ海ののどかでそして自然あふれる風景に
    目を奪われます。
    ダニエルとスーザンを乗せたボートは沖合へ
    出発。ガイドの注意事項など誰も聞いていません。
    9時35分、次々と海中へ飛び込んで行きます。
    スタッフが数をチェックしていますが、ただ数を
    チェックしているだけで点呼するわけでもない。
    おそらくそういう気質なのでしょう。
    スタッフのミスというかアホなおっさんがマスク
    を忘れたせいで、数え間違いが起こり、大海原
    に取り残されてしまった2人。

    オープンウォーター オープンウォーター

    360度海面。そして水中は潜らなければ何が
    あるかわからない、という見えない恐怖で、
    彼らは仲たがいしたり、慰めあったりします。
    短い映画でかつほとんどが海のシーンですが
    こういう恐怖もあるな、と実感させられる内容
    でした。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星
    ハラハラ星  ☆☆☆

    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

     よかったらポチっとお願いします。
                 今日は栗ごはん♪

    映画「ボディ・アーマー」

    0
       
      ボディ・アーマー

      映画「ボディ・アーマー」
      監督:ジェリー・リプリー
      2007年  アメリカ:オーストラリア:ドイツ
             スペイン:イギリス映画  90分
      キャスト:ティル・シュヴァイガー
           チャズ・パルミンテリ
           クリスティーナ・ブロンド

      一流のボディ・ガード、ジョン・リドリーは
      護衛をしていたアメリカ大統領候補を暗殺
      される。その際、相棒も失い、失意のまま
      現役を引退していた。
      そんな彼の元へ要人のボディ・ガードの依頼
      が舞い込む。その要人こそ、大統領候補を
      暗殺したマクスウェルだった。

      ボディ・アーマー ボディ・アーマー

      ジョン役のティル・シュヴァイガーは初めて
      見る俳優です。眼光が鋭く、アクションシーン、
      銃撃シーンはバッチリ決まっています。
      一方、マクスウェル役のチャズ・パルミンテリは
      「ユージュアル・サスペクツ」でNY市警の捜査官
      を演じていましたね。威厳があり、ジョンよりずっと
      存在感があります。
      かつて自らのミスで護衛に失敗したジョンが、
      そのきっかけを作ったマクスウェエルの護衛を
      するのです。まあ、2,3発殴ったくらいじゃあ
      足りませんよね。しかし、ストーリーはただ護衛
      だけでなく、いろいろ組み合わさっておもしろく
      できています。

      ボディ・アーマー ボディ・アーマー

      アクション、銃撃、爆破などの派手なシーンは
      それほど多くないのですが、スリルは満点です。
      いけすかないスキンヘッドのオズとジョンが銃を
      捨て、タイマンを始めた時、ヌンチャクやら
      そこら辺の置物の剣を出して力比べをするシーン
      はちょっと笑えました。
      ちなみにボディ・アーマー=防弾チョッキなんだって。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆
      グロ星
      ハラハラ星  ☆☆☆

      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

       よかったらポチっとお願いします。
                   気分が晴れないなあ。

      映画「12ラウンド」

      0
         
        12ラウンド

        映画「12ラウンド」
        監督:レニー・ハーリン
        2009年   アメリカ映画  110分
        キャスト:ジョン・シナ
             アイダン・ギレン
             アシュレイ・スコット

        ニューオリンズ市警のダニーは、偶然、FBIが
        追う凶悪犯マイルズを捕まえる。しかし、その際
        彼の恋人エリカが事故死してしまう。
        1年後、刑事に昇格したダニーの元へ脱獄した
        マイルズから復讐を告げる電話が入った。
        「これから12ラウンドのゲームの始まりだ。」

        12ラウンド 12ラウンド

        ダニー役のジョン・シナがタイガースの城島に
        そっくりです。
        それはさておき、脱獄したマイルズの仕掛けた
        ゲームがかなり手が込んでいて、さらに全てに
        つながりがあります。
        まず、始めにダニーの車、家の爆破。
        この映画では何度爆破シーンがあったことでしょう。
        そして消防車で波止場へ向かうダニーは、他の車も
        アーケードも露店もなぎ倒し、逆走、信号無視して
        走っていきます。爽快といえば爽快ですが、後片付け
        がたいへんだなあ、とか誰が補償をするのかなあ
        なんて考えてしまいました。
        ブレーキと無線が使えなくなった路面電車を止める
        シーンは、短い距離のはずなのにずいぶん長い間
        走り続けます。その分ハラハラし通しですが。
        結局マイルズの性格を知っていたFBIがへなちょこ
        だったのねえ。
        アクション好きなら十分楽しめます。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆
        グロ星
        ハラハラ星 ☆☆☆

        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

          よかったらポチっとお願いします。
                      今日は野球にくぎ付けよ!

        映画「デジャヴ」

        0
          JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

          デジャヴ

          映画「デジャヴ」
          監督:トニー・スコット
          2006年   アメリカ映画  127分
          キャスト:デンゼル・ワシントン
               ポーラ・パットン
               ヴァル・キルマー
               ジム・カヴィーゼル

          2006年6月28日、午前10時50分。海兵隊員と
          家族を乗せたフェリーが大爆発を起こす。現場に
          かけつけたATF捜査官、ダグはこの事件と現場付近
          で発見された女性の遺体に何か関連があるのでは
          ないかと考えた。

          デジャヴ デジャヴ

          「デジャヴ」というと、以前見たことのあるような
          風景や人物を再び見るようなことを想像します。
          ニューオリンズで幸せそうな海兵隊員と家族を
          乗せたフェリーがお祭りムードで出航。その時
          女の子が人形を海に落とします。そこでこの
          フェリーが何かに巻き込まれると予感しますね。
          もちろん予感的中。
          そこからは、スリリングでありながら、どこか現実
          離れしたストーリーに変わっていきます。
          国家偵察局が極秘に開発した機器類。
          不思議なゴーグルをつけてのカーチェイスは、
          片目は現実、片目は4日と6時間前の映像を
          見ているのですから、ダグが
          「ラリっているようだ。」
          というのも無理もないです。

          デジャヴ デジャヴ

          デンゼル・ワシントンは、どんな役を演じても
          完璧にこなすし、その鍛え抜かれた肉体に
          びっくりです!
          奇想天外ともいえる機器類の存在はちょっと
          受け入れがたかったし、ストーリーもその辺で
          中だるみしましたが、ラストは結構好きです。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆
          グロ星    ☆
          ハラハラ星 ☆☆☆



            にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

            よかったらポチっとお願いします。
                        昨日は寝苦しかったー!

          映画「シャッター アイランド」

          0
            シャッターアイランド

            映画「シャッター アイランド」 
            監督:マーティン・スコセッシ
            2009年   アメリカ映画   138分
            キャスト:レオナルド・ディカプリオ
                 マーク・ラファロ
                 ベン・キングズレー

            1954年、犯罪者の精神科病棟がある
            シャッター アイランドへ連邦保安官
            テディ・ダニエルズとチャック・オールが
            やって来る。彼らは脱走した女囚人レイチェル
            を捜索する任務を請け負っていた。
            しかし、この島の異様な雰囲気にテディは
            次第に不審を抱くのだった。

            シャッターアイランド シャッターアイランド

            「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督と
            レオナルド・ディカプリオのコンビの映画です。
            「ディパーテッド」はそれなりによかったけれど、
            いかんせんオリジナルが上を行きすぎていました。
            それで個人的にはいまいち感が残っています。
            トニー・レオンとアンディ・ラウが印象的すぎた
            のでしょうね。
            連邦保安官テディは、相棒のオールと共に
            シャッター アイランドを訪れます。オール役の
            マーク・ラファロは、「ブラインドネス」や「ゾディアック」
            で知的な役柄をこなしていました。
            女囚人が脱走したのでテディらが呼ばれたのですが、
            なぜ彼らだったのか、そしてフラッシュ・バックする
            悪夢のような光景、時折見える幻影は何なのか?
            さらにしょっちゅう起こる偏頭痛。

            シャッターアイランド シャッターアイランド

            ある1つのストーリーを考えつきますが、ところが
            どっこい監督のほうが上手でした。
            セリフは暴力、秩序、トラウマ、規則など理屈っぽい
            言葉の羅列が多いです。
            しかしながら、レオ様の演技の幅が広がったなあと
            実感させる映画でした。
            レオ様、濡れるとカッパみたい...。

            <マープルの採点>
            お勧め星   ☆☆☆
            グロ星    ☆
            ハラハラ星  ☆☆☆


            にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

             よかったらポチっとお願いします。
                         行楽日和だね。

            映画「アメリカン・ギャングスター」

            0
               
              アメリカン・ギャングスター

              映画「アメリカン・ギャングスター」
              監督:リドリー・スコット
              2007年   アメリカ映画   157分
              キャスト:デンゼル・ワシントン
                   ラッセル・クロウ
                   キウェル・イジョフォー
                   キューバ・グッディングJr
                        ジョシュ・ブローリン

              1968年、ハーレムの黒人ギャングのボス、
              バンピーが急死する。彼の跡目を長年、子分
              として仕えたフランク・ルーカスが継ぎ、純度
              の高いヘロインを安価で販売し始める。
              一方、刑事リッチーは、特別麻薬取締局の
              リーダーとなり、麻薬販売ルートの解明を
              進めるのだった。

              アメリカン・ギャングスター アメリカン・ギャングスター

              正義を貫く刑事リッチー役のラッセル・クロウ
              が既にボテボテした体になっています。
              「消されたヘッドライン」(2009年)ではさらに
              おなかが出ていた気がする。役作りかしら?
              幼少期から貧しく、差別を受けて育ったフランク役
              のデンゼル・ワシントンはやっぱりかっこいい!
              フランクが家族のきずなを大切にし、取引が
              成立すると兄弟となるところは、どこの国の闇社会
              も同じかな。
              とはいえ、悪に手を染めていたはずのフランクが
              ラストでコロリとリッチーの協力者に変わってしまう
              のは、かなり違和感があります。

              アメリカン・ギャングスター アメリカン・ギャングスター

              モハメド・アリのビッグ・マウス発言やニクソン大統領
              のベトナム撤退の声明など、時代を感じさせる
              テレビ放送が映っています。
              エンド・ロールの最後に映るシーンまで見ると
              心がすっきりします。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆
              グロ星    ☆
              ハラハラ星  ☆☆

              にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

               よかったらポチっとお願いします。
                           10月まで暑いらしい...。

              映画「ファイヤーウォール」

              0
                 
                ファイヤーウォール

                映画「ファイヤーウォール」
                監督:リチャード・ロンクレイン
                2006年   アメリカ映画
                キャスト:ハリソン・フォード
                     ポール・ベタニー
                     ヴァージニア・マドセン
                     ロバート・パトリック

                ランドロック・パシフィック銀行に勤務するジャックは、
                ある日家族を人質に取られ、銀行の預金口座システム
                に不正アクセスすることを要求される。

                ファイヤーウォール

                彼は犯人の隙を見て家族を助け出そうとするのだが、
                ことごとく失敗してしまう。

                ファイヤーウォール

                <マープルの感想>
                ハリソン・フォードが老けすぎです。
                14歳の娘と8歳の息子があれでは孫ですね。
                走り方もがに股で、精悍とは程遠く、スタミナが
                よくもったものだと思います。
                アクションに関しては、晩年のジャイアント馬場
                並みです。

                銀行で不正アクセス防止コードを追加している
                ジャックが、その不正アクセスをして顧客口座
                から金を引き出すとは、皮肉なものですね。

                ファイヤーウォール

                それがipodの活用で可能にしてしまうとは、ある意味
                ネット社会の落とし穴かもしれません。

                ファイヤーウォール

                ジャネット(ジャックの秘書)の車がかなり古いアメ車で
                まさにポンコツ!ジャックにはよく似合っています。
                運転映像は、今時合成丸わかりです...。

                ストーリー自体はハラハラドキドキなので、もう少し
                若手の役者さんを起用して、アクションシーンに力を
                入れたらもっと面白かったと思います。

                <マープルの採点>
                お勧め星   ☆☆☆
                グロ星
                ハラハラ星 ☆☆


                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

                 よかったらポチっとお願いします。
                             なんでこんなに蒸し暑いんだろう!

                映画「ステップフォードワイフ」2004年版

                0
                  ステップフォードワイフ2004

                  映画「ステップフォードワイフ」2004年版
                  監督:フランク・オズ
                  2004年   アメリカ映画
                  キャスト:ニコール・キッドマン
                       マシューブロデリック
                       ベッド・ミドラー
                       グレン・クローズ

                  ニューヨークに住むTVプロデューサーのジョアンナ
                  は、高視聴率をたたき出す敏腕の持ち主だった。

                  ステップフォードワイフ2004

                  しかし、ある番組がきっかけで、TV局を解雇され、
                  夫ウォルターと2人の子供とともにコネティカット州
                  ステップフォードという町へ移住してくる。
                  この町はとても美しい町だが、なぜか女性は皆
                  家事が得意で、きれいに着飾り、貞淑な妻ばかり
                  だった。

                  ステップフォードワイフ2004

                  <マープルの感想>
                  1975年のキャサリン・ロス主演、同名映画の
                  リメイク作品です。レビューでは評価が低いもの
                  もありますね。

                  ジョアンナの夫役のマシュー・ブロデリックが老けて
                  普通の中年のおじさんになりました。昔は、可愛かった
                  のにね。

                  ステップフォードワイフ2004

                  オリジナルでは、ラスト間際まで真相がわからず、
                  ハラハラしましたが、こちらはすぐにわかってきます。
                  サスペンスというより、どちらかというとコメディ要素が
                  強いです。

                  ステップフォードワイフ2004

                  才女と結婚した男のひがみ、女性より上に立ちたがる
                  男のそねみ。女が男になるなら、男は神になる。
                  そういう考えは結局、女性自身の中に持っているもの
                  かもしれません。 

                  オリジナルと全く異なった意味で楽しめる映画でした。
                  グレン・クローズはやはり怪演しています。

                  <マープルの採点>
                  お勧め星   ☆☆☆
                  ハラハラ星  ☆☆

                  にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

                   よかったらポチっとお願いします。
                               花火が見たいな。

                  映画「24 ESCAPE エスケープ」

                  0
                     
                    24ESCAPE

                    映画「24 ESCAPE エスケープ」
                    監督:ルイス・モロウ
                    2004年   アメリカ映画
                    キャスト:ビリー・ゼイン
                         ショーン・キャリガン
                         ユリーン・ヴァン・リック・ド・クルー

                    元アメフト選手で、今はラスベガスでリムジンの
                    運転手をしているソニー。
                    彼はギャンブル中毒で借金を抱え、遂にマフィア
                    に追われる身となってしまった。

                    24ESCAPE

                    そんな時、目の前で射殺された男からタワー・カジノ
                    の会員カード盗んだソニーは、あるゲームに参加
                    させられる。それは24時間逃げ続けられたら、
                    240万ドルの報酬を受けられる」というものだった。


                    24ESCAPE

                    <マープルの感想>
                    眠らない街ラスベガスはスケールが違いますね。
                    タワー・カジノへの入会資格は島を所有し、収入
                    が8ケタ以上!!あり得ない...。


                    24ESCAPE

                    それにしても日本版ジャケットのダサさは毎度
                    のことです。

                    とにかくほぼ逃げ続けるソニーと彼を狙撃し続ける
                    ジョセフのシーンの連続です。
                    ジョセフはある時は車から、ある時はヘリコプター
                    から、ある時は走りながら撃ち続けます。
                    でも全然当たりません。

                    それなのにあちこちで爆発が起こります。無駄に
                    派手さをアピールしているようでもあります。

                    24ESCAPE

                    ラストは何となく予測できたものでしたが、ジョセフ役
                    のビリー・ゼインが悪役ながら、憎めない男を好演
                    しています。だって時々抜けているんだもん。

                    <マープルの採点>
                    お勧め星   ☆☆☆
                    グロ星
                    ハラハラ星  ☆☆☆


                    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

                     よかったらポチっとお願いします。
                                 久しぶりの雨です。

                    映画「PTU」

                    0
                       

                      PTU

                      映画「PTU」
                      監督:ジョニー・トー
                      2003年   香港映画
                      キャスト:サイモン・ヤム
                           ラム・シュー
                           マギー・シュー

                      香港の繁華街、尖沙咀で仲間と食事中の
                      ポニーテールが何者かに刺される。
                      サァ刑事はポニーテールの仲間を追跡中
                      転倒し、拳銃を紛失してしまう。

                      PTU

                      PTUのホー隊長はサァに協力し始めるが
                      そこにチョン警部が出現し、マフィアの抗争も
                      絡んで事態はどんどんややこしくなっていく。

                      PTU

                      <マープルの感想>
                      PTUは香港特殊機動部隊のことで、夜の繁華街
                      をパトロールしています。

                      PTU

                      一方、組織犯罪課のサァ刑事は、些細なことから
                      紛失してしまった拳銃を何とか取り戻したい。
                      このサァ刑事がヘビースモーカーかつ生活習慣病
                      予備軍体型で、ところどころ間が抜けているのです。

                      どうも香港の警察映画では、こういう役柄の刑事が
                      必ず出てくる気がします。

                      さらに美貌の特捜部チョン警部の出現。

                      PTU

                      焦るサァ刑事。午前4時にはPTUの任務が終了
                      してしまう...。

                      ラストにチョン警部に向けてサァ刑事が一言。
                      「報告に恰好つけるために何発か撃っとけば?」

                      彼なりの優しさなのですね。
                      でもめっちゃいいかげんな報告書になってるじゃん!

                      <マープルの採点>
                      お勧め星   ☆☆☆
                      グロ星    ☆☆
                      ハラハラ星  ☆☆☆

                      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
                       
                       よかったらポチっとお願いします。
                                   かき氷が食べたい!


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      ブログ村

                      今日のわんこ

                      powered by 撮影スタジオ.jp

                      遊びにきてくれてありがとう!

                      カウンター

                      祝日カレンダー

                      Sakura Calendar

                      最新記事

                      categories

                      過去の記事

                      コメントありがとうございます!

                      トラックバックありがとうございます!

                      recommend

                      お友達

                      ミス・マープルについて

                      書いた記事数:2709 最後に更新した日:2017/12/16

                      あの映画を探そう!

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM