映画「Alice,Sweet,Alice」

0


    Alice,Sweet,Alice

    映画「Alice,Sweet,Alice」
    監督:アルフレッド・ソウル
    1976年  アメリカ映画
    キャスト:ポーラ・シェパード、リリアン・ロス
         トム・シニョッリ、ブルック・シールズ

    聖餐式の日、少女カレンが絞殺され、火をつけられた
    姿で発見された。
    警察はカレンの姉アリスに疑いの目を向ける。
    その後、彼女のおばアニーが 包丁で襲われ、
    「犯人はアリスよ」
    と言ったことから、アリスは施設に収容されるのだった。


    Alice,Sweet,Alice

    <マープルの感想>
    この映画は、ブルック・シールズのデビュー作
    ということですが、とっても可愛い彼女はすぐに
    殺されてしまいます。


    Alice,Sweet,Alice

    そして、姉アリスが、できのいい妹と比べられて
    卑屈で意地悪な少女なのです。
    おまけにペットはゴキブリ
    ポーラ・シェパードという女優さんが演じていますが、
    この時既に19歳で(それにしては幼い)撮影の
    合間にタバコをスパスパ吸っていたそうです。


    Alice,Sweet,Alice

    黄色いレインコート、白いタイツ、白い靴、ビニールの
    マスク、毛のない人形など不気味な小道具とともに、
    音楽も薄気味悪いものになっています。

    大きな包丁は「サイコ」を思わせる凶器ですね。

    なにぶん、字幕がなかったので、はっきりわからない
    箇所があちこちにあります。一生懸命見たのですが。

    リメイクの噂もありますが、その前に字幕付きのDVD
    発売を願います。

    アリスの家の大家のアルフォンゾはインパクト大の
    体型です


    Alice,Sweet,Alice

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星    ☆☆
    ゾクゾク星  ☆☆




    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

     よかったらポチっとお願いします。


    映画「ブラック・ダリア」

    0

      ブラック・ダリア

      映画「ブラック・ダリア」
      監督:ブライアン・デ・パルマ
      原作:ジェイムズ・エルロイ
      2006年  アメリカ映画
      キャスト:ジョシュ・ハートネット 
           スカーレット・ヨハンソン
           アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク

      1946年のロスアンゼルス市警。
      元ヘビー級ボクサー、リー・ブランチャードは、
      元ライトヘビー級ボクサー、ドワイト・バッキー・ブライカート
      とイベントでボクシング試合を行う。

      ブラック・ダリア

      彼らはそれをきっかけに相棒となって、特捜課で働き始める。
      ある日、ダウンタウンの空き地で、口を耳まで裂かれ、
      内臓を取り出された上、真っ二つにされた女性の死体が
      見つかる。その事件から、二人の運命が狂い始める...。

      ブラック・ダリア

      <マープルの感想>
      登場人物をしっかり覚えておかないと、何がなにやら
      混乱しそうな映画です。
      しかし、さすがにブライアン・デ・パルマ監督が作った
      だけあって、ミステリアスな女性が次々と登場し、
      見る者を翻弄させていきます。

      ブラック・ダリア

      「ブラック・ダリア」ー「青い戦慄」。
      殺されたエリザベスは、どのシーンでも大根役者ぶりを
      発揮していますが、容貌は1度見たら忘れられない魅力
      があります

      ブラック・ダリア

      伝線したストッキングが物悲しいです

      事件にのめり込み、次第に狂気に走るリーの真実が
      明かされると、ドワイトの心は激しく揺れ動いたのでしょうか

      ブラック・ダリア

      ケイ(リーの妻)とマデリン(富豪の娘)の間で行ったり
      来たりしています。はっきりせいや


      ブラック・ダリア

      そこが強調されて、実際の事件への興味が少し薄れて
      しまいました。

      映像はとてもきれいだし、残酷なシーンはほとんど
      映らないので、一度見る価値はあるかも

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆
      グロ星    ☆
      ゾクゾク星  ☆



       
      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

         よかったらポチっとお願いします。

      映画「ヴィレッジ」

      0

        ヴィレッジ

        映画「ヴィレッジ」
        監督:M・ナイト・シャラマン
        2004年  アメリカ映画
        キャスト:シガニー・ウィーバー、ウィリアム・ハート
             ホアキン・フェニックス
             エイドリアン・ブロディ

        ヴィレッジ

        深いコヴィントンの森に囲まれた小さな村の人々は
        家族のように支え合い、寄り添って平和に生活して
        きた。
        しかし、村には、森に入らない、不吉な赤い色を封印
        せよ、警鐘には気をつけよ、という3つの掟があった。
        そんなある日、若者ルシアスが大ケガを負う。

        ヴィレッジ

        彼の命を救うためには、森を抜けて町へ行って、
        薬を手に入れなければならなかった。


        ヴィレッジ

        <マープルの感想>
        「シックス・センス」のシャラマン監督の映画です。
        「サイン」でずっこけたので、一抹の不安を抱きながら
        見始めました。

        この村は古き良き時代を感じさせる、のどかで
        美しい村です。
        村人たちは、悲しみは全員で悲しみ、喜びは全員で
        祝福し、困った時は、全員で話し合って解決して
        います。

        ヴィレッジ

        時折、森の奥から聞こえてくる遠吠えのような声や、
        木々のこすれる音はなんなのだろう、ととてもドキドキ
        しました。

        ヴィレッジ

        金は邪悪なもの、だから村には金がない。
        そして悲しみは人生の一部でその上に希望が成り立つ。
        ウォーカー先生の言葉には重みがあります。

        この村がいつまで続いていけるのか、不安に思いながら
        映画を見終わりました。

        ヴィレッジ

        エンド・ロールの画像も素敵です。
        ルシアスの母親がいやに体格がいいと思ったら、
        シガニー・ウィーバーでした。

        たまにはこういう映画もいいですね。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆
        グロ星
        ゾクゾク星  ☆



         
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 

         人気ブログランキングへ  よかったらポチっとお願いします。

        映画「ブラインドネス」

        0
          ブラインドネス

          映画「ブラインドネス」
          監督:フェルナンド・メイレレス
          2008年  日本・カナダ・ブラジル映画
          キャスト:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ
               木村佳乃、伊勢谷友介

          信号が青になったのに発進しない1台の車。交差点は
          クラクションと怒号の嵐である。その男は急に目の前
          が真っ白になり、視力を失ったのだ、

          ブラインドネス

          男は妻に連れられ眼科を訪れるが、異常は一切見られない。
          ところが彼と接触した者が、次々と視力を失っていくのだった。

          ブラインドネス

          そして彼らは突然、強制的に隔離病棟へ収容されてしまう。

          ブラインドネス

          <マープルの感想>
          ノーベル賞作家のジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」を
          映画化したものです。
          突然目の前が真っ白になり、その時から視力をすべて
          失ったら、人々は今までと全く違った世界に放り込まれた
          ような気がすると思います。
          「28週後」、「REC」のように感染者を隔離するということで
          他の人々は身を守ろうとする。

          隔離施設内の惨状は思わず目を覆いたくなります。

          ブラインドネス

          そして唯一目が見えないふりをしているジュリアン・ムーア
          演じるヒロイン。

          ブラインドネス

          夫は「君の世話になっていると君を母親か看護婦
          のように思えてくる」と言い放ちます。

          ブラインドネス

          人間の心があちこちで壊れ、全く違う人格を現わして
          きます。それはある意味、その人の本当の心の姿
          なのかもしれません。

          そして何でもない日常のことがとても幸せに感じられる
          のです。

          ブラインドネス

          この映画では名前がほとんど呼ばれません。
          それはラストで誰かが言っていたように
          「極限状況では価値観はいろいろ。名前なんていらない。
          内面が大切」
          ということなのでしょうね。
          結局なぜヒロインだけが感染しなかったのか、その謎
          だけが残ったままでした。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆
          グロ星
          ゾクゾク星



          にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

           よかったらポチっとお願いします。

          映画「ディスタービア」

          0

            ディスタービア

            映画「ディスタービア」
            監督:D.J.カルーソー
            2007年  アメリカ映画
            キャスト:シャイア・ラブーフ、サラ・ローヤー
                  キャリー=アン・モス
                  デヴィッド・モース

            父親を自動車事故で亡くしたケールは自暴自棄になっていた。
            そして学校で教師をつい殴ってしまい、裁判所から3カ月の
            自宅軟禁を命じられる。
            ケールの足にはGPS装置が付いていて自宅の敷地外へ出る
            と即パトカーがやってくるのだった。

            ディスタービア

            あまりに暇な彼は、のぞき見を始めるようになる。

            ディスタービア

            隣に越してきたアシュリーはとっても可愛い子だった。

            ディスタービア

            そののぞき見に親友のロニーそして、なぜかアシュリー
            も加わってこの遊びにはまっていく。

            ディスタービア

            ところが隣に越してきた男カーターの家で若い女性が
            殺される現場を偶然目撃してしまう...。

            ディスタービア

            <マープルの感想>
            誰が見てもヒッチコックの「裏窓」を思い出しますね。

            ディスタービア 

            あの盗作裁判はどうなったのでしょうか
            ストーリーは青春サスペンスといった感じですが、
            テンポが良く飽きません。

            ディスタービア

            但し、ケールはめっちゃダサい男子なのに、なんで
            あんなきれいなアシュリーと付き合うようになるのか
            そこは、かなり疑問に思います。

            ディスタービア

            ケールの母親役のキャリー=アン・=モスはやっぱり
            きれいですね

            ディスタービア

            ここからはちょっとネタバレです。
            さらに隣の家の敷地内にあれほどまでに地下室を
            作るのは少し無理があるんじゃないかなとか考えま
            した。だってすごい広さなんだもん。
            まあ深く考えずにベビースターラーメンを片手に見る
            にはもってこいの映画だと思います。

            <マープルの採点  星3つ>
            レンタルで十分楽しめます。


             
            にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
             よかったらポチっとお願いします。

            映画「ディパーテッド」

            0

              sディパーテッド

              映画「ディパーテッド」
              監督:マーティン・スコセッシ
              2006年  アメリカ映画
              キャスト:レオナルド・ディカプリオ、マット・ディモン
                    ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ
                    ヴェラ・ファーミガ

              ビリーは優秀な成績で警察学校を卒業。

              ディパーテッド

              一方、マフィアのボス、コステロに可愛がられて育ったコリン
              もスパイとして警察学校に入学し、優秀な成績で卒業した。

              ディパーテッド

              しかし、ビリーは自らの生い立ちのせいでマフィアへの
              潜入捜査を5年間命じられるのだった。

              sディパーテッド

              <マープルの感想>
              ご存じのとおり香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクです。

              インファナルアフェア

              「インファナル・アフェア」は3部作でしたがとてもおもしろ
              かったです。
              さてハリウッドでリメイクしたら、まあ、マット・ディモンは
              計算高くて腹の内が見えない男としてはぴったりですね。
              でもレオ様は、やっぱりレオ様です。
              どんなに身体を鍛えても、イキがってみてもトニー・レオンの
              イメージとかけ離れています。全く別の作品として見たとしても、
              陰のあるニヒルな男は、あの童顔では演じきれません

              ディパーテッド

              ジャック・ニコルソンはさすが演技力抜群です

              ディパーテッド

              ストーリーはよくできていてアクションも時々あったりして
              飽きずに一気に見れます。

              sディパーテッド

              トム・クルーズやレオナルド・ディカプリオは、
              昔のロバート・レッドフォードにつながる、「よきアメリカ人」
              というイメージが払しょくできないタイプかも。(独断です)

              <マープルの採点  星3つ半>
              オリジナルのマフィアの方が絶対に怖かった



              にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
                よかったらポチっとお願いします。

              映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

              0

                スウィニー・トッドの理髪師

                映画「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
                監督:ティム・バートン
                2007年  アメリカ映画
                キャスト:ジョニー・デップ、アラン・リックマン
                      ヘレナ・ボム=カーター

                19世紀のイギリス。美しい妻と子供を持つ
                ベンジャミン・バーカーは若い理髪師であった。

                スウィニー・トッド

                しかし、その妻に目を付けた判事の陰謀で彼は投獄され、
                妻子は奪われてしまった。
                15年後、彼は復讐に燃えてロンドンのフリート街へ戻って
                くる。

                スウィニー・トッド

                彼はまずいパイ屋を営むミセス・ラベットの家の2階で
                理髪店を再開するが、判事への復讐は忘れてはいな
                かった。

                スウィニー・トッド


                <マープルの感想>
                ジョニーデップの笑顔は回顧シーンで、妻子といる時に
                見られるだけです。あとは、狂気に駆られる男を見事に
                演じきっています。

                スウィニー・トッドの理髪師

                歌声は素晴らしいですね
                ロンドンの古い町並みや衣装は当時を良く再現していて
                「フロム ヘル」を思い出させます。

                スウィニー・トッド

                ミュージカルと知らず見始めたのですが、次第に
                ストーリーに引き込まれていきます。
                血はそりゃあもうたくさん出ます
                でもとてもきれいに切れているのでグロさはないです。


                スウィニー・トッドの理髪師

                ただし、ミンチとなって出てくるところはかなり気持ち
                悪いです

                スウィニー・トッドの理髪師

                人生は思い通りにはならないものだと身にしみる映画
                でした。

                スウィニー・トッドの理髪師

                ミセス・ラベットを演じるヘレナ・ボム=カーターは、
                ティム・バートンの実際の奥さんのようですが、やっぱり
                おかしな髪形をしていました

                <マープルの採点  星3つ半>
                全体的に暗い映画です。

                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
                  よかったらポチっとお願いします。

                映画「ノボケイン 局部麻酔の罠」

                0

                  ノボケイン

                  映画「ノボケイン 局部麻酔の罠」
                  監督:デヴィッド・アトキンス
                  2001年  アメリカ映画
                  キャスト:スティーヴ・マーティン、ローラ・ダーン
                        ヘレナ・ボナム=カーター
                        ケヴィン・ベーコン

                  エリート歯科医フランクは独身で、ジーンという歯科助手
                  のフィアンセもいる。

                  ノボケイン

                  ある日、スーザンという美女が虫歯の治療にやって来る。
                  そして強い鎮痛薬を処方してくれ、というのだ。最初は
                  断るフランクだったが、「5錠だけ」と処方箋を書く。
                  しかしそれから人生の歯車が狂い始めるのだった。

                  <マープルの感想>
                  キャストにケヴィン・ベーコンがあったけれど、どこに出演
                  していたのかなあと思って見直したら、人気俳優で警官役
                  の練習をしている男でした。確かにケヴィンだわ。

                  ノボケイン ケヴィン

                  ストーリーは2転3転してブラックユーモアたっぷりの
                  サスペンス映画です 
                  なかなかおもしろいからぜひ見てくださいね
                  でもスーザン役のヘレナ・ボナム=カーターって別に
                  美人とも思わないけれど、アメリカ人はこういうタイプが
                  好みなのかしらねえ...。

                  ノボケイン ヘレナ

                  <マープルの採点  星3つ半>
                  笑いのツボをしっかりおさえています


                  にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  
                  にほんブログ村 映画ブログへ  よかったらポチっとお願いします。

                  映画「テキサスチェーンソー」

                  0
                    JUGEMテーマ:Horror

                    テキサスチェーンソー

                    映画「テキサスチェーンソー」
                    監督:マーカス・ニスベル
                    2003年  アメリカ映画
                    キャスト:ジェシカ・ビール、マイク・ヴォーゲル
                          エリック・バルフォー、ディヴィッド・ドーフマン
                          ジョナサン・タッカー

                    1973年テキサスの田舎道を車で通りかかった男女5人
                    は、路上を放心状態でたたずむ少女を乗せてあげる。
                    しかし、車が動き出した途端、少女はピストルで頭を撃ち
                    抜いて自殺。5人はとにかく警察に連絡しようと最寄りの
                    ガソリンスタンドに立ち寄る。
                    そこには運良く保安官がいて、彼の指示で遺体を製粉所
                    まで運ぶことになる。そこから恐怖が始まるとも知らずに...。


                    テキサスチェーンソー

                    <マープルの感想>  トビー・フーバー監督の1974年
                    製作「悪魔のいけにえ」のリメイクです。ストーリーは
                    よく似ていますが、オリジナルの陽気な恐怖が一切
                    ありません。
                    頭に穴があいて車の外から車内が見えるのはびっくり
                    カントリーミュージックに乗った陽気な殺人は姿を消して
                    います。しかし突然現れるレザーフェイスにはさすがに
                    驚かされますね。


                    テキサスチェーンソー

                    そしてグロ度はオリジナルをはるかに超えています

                    テキサスチェーンソー

                    でもテキサスソーセージ大会で優勝したところはカット
                    されたんですね。あそこは好きだったんだけどなあ。
                    さて何人生きて出られますことやら...

                    テキサスチェーンソー

                    テキサスチェーンソー

                    オリジナルとは趣の変わった恐怖があります。

                    <マープルの採点  星3つ>
                    わたしはオリジナルのアホ兄ちゃんが好きです



                    にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ よかったらポチっとしてくださいね!

                    映画「レベル サーティーン」

                    0
                      JUGEMテーマ:Horror

                      レベル13

                      映画「レベル サーティーン」
                      監督:マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル
                      2006年  タイ映画
                      キャスト:クリサダ・スコソル・クラップ
                            アチタ・シカマナ、フィリップ・ウィルソン
                            サルンヨー・ウォングックラチャン
                            ナターポン・アルンネトラ

                      楽器メーカーのセールスマン、プチットは成績不振
                      のためクビを言い渡される。
                      ちょうど母親からは送金を求める電話も入る。
                      さらには車はローンの滞納で没収され、他にも借金
                      がある。
                      そんな時、彼の携帯電話が鳴る。13通りのゲームを
                      誰にも知られずにクリアしていけば大金が入るという
                      のだ。プチットはゲームへの参加を決める。

                      レベル13

                      <マープルの感想>  序盤はお人好しで同僚にも
                      コケにされるプチットがゲームをクリアするごとに人間
                      性が破壊されていくのがわかります。

                      レベル13

                      最初は目の前のハエをたたき落とすことだったのが
                      あっという間にエスカレートしていくのです。しかし、
                      これはゲームに対する人間の飽くなき欲望を表して
                      いるのかもしれません  

                      レベル13 これは絶対無理です。

                      でも井戸のシーンは大笑いしちゃいました

                      レベル13

                      ラストはかなりイライラさせられましたが、あれは想定内
                      ですね。
                      但し、警察幹部らしき葉巻を持つ手だけが映った男の
                      正体は不明のままでした。
                      ノーヘル暴走族のあの駆除方法はGoodだな

                      <マープルの採点  星3つ>
                      主人公は結構タイプの顔です


                      にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      ブログ村

                      今日のわんこ

                      powered by 撮影スタジオ.jp

                      Amazon

                      遊びにきてくれてありがとう!

                      カウンター

                      お天気

                      最新記事

                      categories

                      過去の記事

                      コメントありがとうございます!

                      トラックバックありがとうございます!

                      recommend

                      お友達

                      ミス・マープルについて

                      書いた記事数:2567 最後に更新した日:2017/03/20

                      あの映画を探そう!

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM