リチャードの秘密

5

JUGEMテーマ:洋画

 

リチャードの秘密

 

「リチャードの秘密」

原題:What Richard Did

監督:レニー・アブラハムソン

2012年 アイルランド映画 88分

キャスト:ジャック・レイナー

     ラース・ミケルセン

     ロレイン・ピルキントン

     サム・キーリー

 

ゴールデンボーイと言われるほど、皆の人気者で

ラグビー部のエースのリチャードは、友人コナーの

恋人ララを奪ってしまう。そして数日後のパーティーで

2人は口論となり、リチャードを殴ったコナーを友人が

殴り返してしまう...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 主人公の心の動きが丁寧に

描かれています。

 

ネタバレしたかも

 

 

「ルーム ROOM」(2015)の

レニー・アブラハムソン監督が2012年に製作した映画です。

アイルランドの寒々しい街並みや自然が、モノクロ写真の

ように美しく映し出され、静かなBGMがそれにとても似合って

いてゆっくり楽しむことができます。カメラの焦点を巧みに

変えることで、誰が今ストーリーの真ん中にいるのか印象

付けています。リチャードの父役はマッツ・ミケルセンの

兄ラース・ミケルセン。

 

リチャードの秘密

 

〇見どころ

まるでドキュメンタリーのように感じられる映像は、登場人物

への感情移入が容易にできるようになっています。全てにおいて

恵まれていたリチャードが、自らの罪の重さに慟哭するシーンは、

彼の張り裂けんばかりの心の苦しさを映し、見ていると辛い。

しかし、最後にリチャードが頭を蹴ったことで亡くなったと思われる

コナーの葬儀で、彼の母親が

「あんなにたくさん人がいたのに、なぜ沈黙するの?」と悲痛な

訴えをするシーンも辛い。「正義」を告白することには、莫大な

エネルギーを必要とするし、その代償も限りなく大きいのです。

 

リチャードの秘密

 

リチャードの秘密

 

多分リチャードは大甘坊主なんでしょうが、運動ができ、

友人も多く、恋人もできて最高潮だった日々が、まるで砂の城の

ように崩れ去り、罪の意識も加わって、どん底に落ちてしまう

姿が、とてもうまく描かれていきます。

 

●惜しいところ

ラストを見る限り、結局なんの行動も起こさないということ

ですね。それでよし、とは決して言いたくないのが本音です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


SPY TIME スパイ・タイム

5

JUGEMテーマ:アクション映画全般

 

SPY TIME

 

「SPY TIME/スパイ・タイム」

原題:Anacleto:Agente secreto

監督:ハビエル・ルイス・カルデラ

2015年 スペイン映画 87分

キャスト:イマノル・アリアス

     キム・グティエレス

     ベルト・ロメロ

     アルクサンドラ・ヒメネス

 

ギャング、バスケスを移送中のアナクレトは、彼の

仲間に襲われ、彼を逃した上に、息子アドルフォの

命をも狙われる羽目になる。アナクレトは、自分が

スパイであることを息子に打ち明けるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 軽いアクション・コメディと

いう感じです。

 

同名のコミックを原作としているため、かなりライトな

雰囲気の内容です。本国スペインでは大ヒットしたと

いうから、お国柄が感じられるというもの。ただし、

女性や犬に対しても残酷なのはあまり笑えないなー。

 

〇見どころ

一応敏腕スパイだったアナクレトのアクションや銃の扱いが

華麗と言えば華麗。でも他国のスパイ映画に比べたら、

スローモーション映像並みにのろい。

 

SPY TIME

 

ところが敵も同じくらいのスピードなので、どんなにトンマ

でも大丈夫なんです。

 

SPY TIME

 

息子アドルフォが父の本業を知らず、後ろで格闘しているのに、

それに気づかずゲームに興じる姿は笑ってしまう。

 

SPY TIME

 

さらに極悪非道のバスケスも、やはりトロい一面があり、

収監中に部下に金を運用させたら、二束三文の切手に変わって

いるのも大笑いです。「これが金だ」とアタッシュケースを

開けると、中にはユーロ紙幣がちょこっとの切手なんだもの。

さらに冒頭からアドルフォのピーナッツアレルギーをやけに

強調すると思ったら、まさかの活用だし、そこに恋人で医師の

カティアの存在も不可欠で、この人物設定はうまいです。

 

SPY TIME

 

●惜しいところ

あくまでもノリのいい映画と考え、人がミンチになろうが、

埋められようが、愛犬がガム爆弾を踏もうが、カティアが目を

つぶされようが、全く気にしないで見れば楽しいです。

気にしちゃうけど、絶対に。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ディーン、君がいた瞬間(とき)

5

JUGEMテーマ:洋画

 

ディーン、

 

「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

原題:Life

監督:アントン・コービン

2015年 カナダ=ドイツ=オーストラリア映画 

112分 PG12

キャスト:デイン・デハーン

     ロバート・パディントン

     ジョエル・エドガートン

     ベン・キングズレー

     アレッサンドラ・マスロナルディ

 

写真家デニスは新人俳優ジェームズ・ディーンの

フォト・エッセイを作成し、雑誌社に売り込もうと

考えるが、ディーンは気まぐれで、撮影は一向に

はかどらない。

 

<お勧め星>☆☆☆ かなり淡々としたストーリーですが、

映像を十分堪能できます。

 

監督自身「この映画はメッセージが込められたというもの

ではなく、ニュアンスを楽しむ作品」と語っており、大スター

になる前のジェームズ・ディーンと写真家として認められる

前のデニス・ストックとの私生活を通しての交流が、単調に

描かれています。

 

ディーン、

 

〇見どころ

ジェームズ・ディーンを演じるために、デイン・デハーンが

耳たぶをつけ、11キロの増量の役作りや、数か月前からライカ

での撮影に取り組んでいたロバート・パディントンの努力の成果を

さらりと感じさせるだけなのがいいです。ライカを持つデニスの

姿は、もう自分の持ち物そのものとして扱っている感じ。

また1955年のLAやNY、さらにインディアナ州の風景が当時を

そのまま再現しているのも素晴らしいです。

 

ディーン、

 

映画製作会社ワーナー社の社長役はベン・キングズレーでさすがの貫禄。

 

ディーン、

 

彼の命令通りに仕事をこなせば有名な俳優になれる、と直々に

言われてもそれに反逆するディーンが、当時としては稀有な存在に

見えてしまう。半世紀以上たつと全然変わってしまうのね。

 

ディーン、

 

この反逆のヒーローの姿こそ、時代を先取りする姿だったのでしょう。

 

●惜しいところ

とにかく眠いんです。それとデイン・デハーンは「クロニクル」

(2012)の時からすごく好きな俳優なんだけど、ディーンに

似させようとしたものの、あまり似ていないことが残念です。

 

ディーン

 

だいぶ雰囲気が違うんだよな。壊れそうな繊細さを持って

いるのは同じだと思うけれど、どうしても比べてしまう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ソムニア 悪夢の少年

3

JUGEMテーマ:Horror

 

ソムニア

 

「ソムニア 悪夢の少年」

原題:Before I Wake

監督:マイケル・フラナガン

2016年 アメリカ映画 97分

キャスト:ケイト・ボスワース

     ジェイコブ・トレンブレイ

     トーマス・ジェーン

     アナベス・ギッシュ

 

最愛の息子を事故で失ったホブソン夫妻は、

コーディという少年を養子に迎える。しかし彼を

寝かしつけると、なぜかたくさんの蝶が現れ、

次には亡き息子も姿を現すのだった。

 

ソムニア

 

<お勧め星>☆☆☆☆ 美しい色彩と恐怖の映像が

上手く組み合わさった、とても切なくそして心に響く

映画です。

 

映画内で「キャンカーマン」と少年コーディが語る

「悪い奴」が、「キャンディマン」のように伝説の

殺人鬼かと思ってしまいますが、実はとても悲しい意味が

あるのです。

 

〇見どころ

なんと言ってもコーディを演じるジェイコブ・トレンブレイ

の演技が素晴らしいです。

 

ソムニア

 

「ルーム ROOM」(2015)の時同様に、つぶらな瞳と

声変わり前の少年の美しい声で語る姿には、心惹かれること

間違いなし。

また突然現れる蝶の大群も色彩が豊かであり、ファンタジーの

世界のように感じられるのです。そしてマーク、ジェシー夫妻が

子供を亡くした後、微妙に食い違う心境も丁寧に描かれています。

 

ソムニア

 

●惜しいところ

特にないのですが、コーディにはなぜこのような能力があったのか、

説明不足ぎみだったかも。

 

ソムニア

 

この「キャンカーマン」の作りも不気味でよくできています。

子供1人1人の存在価値を認め、亡くした子供の代わりを求める

ことの愚かな思いを捨てることが、真実の親子愛の姿だと実感

します。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


家族はつらいよ

5

JUGEMテーマ:邦画

 

家族はつらいよ

 

「家族はつらいよ」

監督:山田洋次

2016年 日本映画 108分

キャスト:橋爪 功

     吉行和子

     西村雅彦

     夏川結衣

     妻夫木聡

     蒼井 優

     中嶋朋子

 

結婚50周年を迎える平田夫妻の妻、富子の

誕生日プレゼントに欲しいものは「離婚届」への

夫の捺印だった。そこから一家の大騒動が始まる。

 

<お勧め星>☆☆☆ どこか昭和のにおいがする

内容で、安定すら感じてしまう。

 

家族はつらいよ

 

〇見どころ

すべての配役は一流な方々ばかり。そこに見つけたのは、

鰻屋の店員で、彼こそ演歌界の若手ホープ、徳永ゆうきです。

あのルックスは一度見たら忘れません。2回目のシーンでは

歌まで披露しています。

 

家族はつらいよ

 

次男、庄太の恋人、憲子役の蒼井優ちゃんは、本当にどんな

役でもこなせるし、まず可愛い。

 

家族はつらいよ

 

また駅前の飲み屋のママ役の風吹ジュンの艶っぽさも魅力的です。

 

●惜しいところ

離婚届を唐突に出す妻には、最初から驚かされるけれど、

その後のドタバタ劇はありきたりのコントを見ているようです。

 

家族はつらいよ

 

「妻の話にしっかり言葉で答えるべき」という今や誰でも

知っていて、それが原因で熟年離婚になっている現状を

考えると、特に目新しい内容は感じません。コメディに徹したため、

ストーリーに重みがなくなってしまったのかもしれません。

 

「ちびまる子ちゃん」は好きだけれど、「サザエさん」はいまいち

と思っている私個人としては、見古した映画のように思えました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ソーセージ・パーティ

4

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

ソーセージ・パーティー

 

「ソーセージ・パーティ」

原題:Sausage Party

監督:コンラッド・バーノン

   グレッグ・ティアナン

2016年 アメリカ映画 89分 R15+

声の出演:セス・ローゲン

     クリステン・ウィグ

     ジョナ・ヒル

     エドワード・ノートン

     ジェームズ・フランコ

 

ソーセージのフランクは、恋人でパンのブレンダと

ホットドッグになる日を夢見ている。しかし思わぬ

アクシデントからカートから転げ落ち、店内に残された

2人は、自分や仲間たちの本当の運命を知ってしまう。

 

<お勧め星>☆☆☆半 想像していたより、ストーリーが

しっかりできていて、下品さを差し引いても楽しいです。

 

本編はアニメなんですが、その食材の声優が有名な人ばかり。

主役のフランク役はセス・ローゲン、彼の恋の相手ブレンダ

役は「オデッセイ」(2015)のクリステン・ウィグだし、

出っ歯の店員はジェームズ・フランコ、そして真っ二つに

されてしまうソーセージ、カール役は「ヘイル・シーザー!」

(2015)のジョナ・ヒルなど。

 

ソーセージ・パーティ

 

〇見どころ

楽園と信じるドアの外の世界を夢見、毎日楽しそうに陳列

されている食材たちが、真実を知る過程をお下劣ながら丁寧に

描いています。

 

ソーセージ・パーティ

 

ソーセージ・パーティ

 

この食材間でも体の形や大きさを馬鹿にしたり、宗教、人種間の

争いを象徴、また性的マイノリティや忘れ去られている先住民族

への配慮も見られます。これらを通じて人間の社会を痛烈に皮肉って

いるのうかがえます。ここをあくまでもコメディに徹しているから

重くならないんですよね。彼らが歌う歌や、バックに流れる曲も

楽しいです。

さらに捨てられ、靴に張り付いていたガムは「天才」であり、

ホーキンス博士そのもの。

 

ソーセージ・パーティ

 

彼らの仲間が食されるシーンは、ホラー映画も真っ青なんだけれど、

そこは人間ではないから、普通に見られます。

 

●惜しいところ

ラストのオチはとてもいいのですが、その直前のシーンがあまりに

下品すぎて、そこだけは受け付けなかったな。

 

ソーセージ・パーティ

 

このビデが最強にパワーアップしていくシーンもかなり下品。

それでも最後まで悪役に徹しているのもおかしいです。やはり

悪役がいないとストーリーが盛り上がらないものね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ザ・ウェイブ

5

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ザ・ウェイブ

 

「ザ・ウェイブ」

原題:Bolgen

監督:ローアル・ユートハウグ

2015年 ノルウェー映画 105分

キャスト:クリストッフェル・ヨーネル

     トーマス・ボー・ラーセン

     アーネ・ダール・トルプ

 

ノルウェー、ガイランゲルは観光名所であったが、

かつて岩盤崩落による大津波が起きていた。そして

クリスチャンが津波警戒センターを退職する日、

地下水位の低下を発見するが、職員はそれほど気に

かけないのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ 日本人が見るのはかなり辛い

映像です。リアルなだけに辛い。

 

フィヨルドの岩盤崩落で大津波が起きるとは、この映画を

見て初めて知りました。

 

ネタバレしています。

 

〇見どころ

昔社会で習ったノルウェー、フィヨルドの美しい地形は、

日本からはるか遠くにあることで一層神秘的に感じられます。

 

ザ・ウェイブ

 

そこで岩盤崩落、大津波が起きるまでの嵐の前の静けさ、

というべきのどかな日常が、いったいいつ壊されるのか、

そればかり考えると、緊張感が募ります。

 

ザ・ウェイブ

 

ザ・ウェイブ

 

そして遂に起こった大津波の映像は、目視やバックミラー

越しでリアルに描かれ、次々に津波に飲み込まれていく人々や

車が丁寧に描かれたことで、逆に辛く感じてしまう。ここは

本当に上手に作ってあるのです。

 

●惜しいところ

主人公一家にスポットを当てたのは、話が広がり過ぎなかった

けれど、全員が助かるっていうのは、あまりにご都合主義。

息子ソンドレが夜中にヘッドホンで音楽を聴きながらスケボー

していたせいで、津波警報が聞こえず、避難バスに乗れなかった

ことがかえって幸運だったというのも出来すぎです。

 

ちなみに津波シーンは科学的に実際の状況などを検証して作った

というから、かなりまじめな映画なのです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ヒメアノ〜ル

4

JUGEMテーマ:邦画

 

ヒメアノ〜ル

 

「ヒメアノ〜ル」

監督:吉田恵輔

2016年 日本映画 99分 R15+

キャスト:森田 剛

     濱田 岳

     佐津川愛美

     ムロツヨシビル

 

清掃会社でバイトをしている岡田は、先輩安藤が

思いを寄せる相手ユカの働くカフェに向かう。安藤

に頼まれ、ユカと話しをするうちに、彼女がカフェの

客にストーカー行為を受けているらしいと知り...。

 

<お勧め星>☆☆☆ うーん。全編に漂う暗い雰囲気と

絶望感は後味の悪さを残します。

 

特にV6のファンでもないので、森田剛がどんな役を

しようと気にしませんが、この映画の森田役はしんどい。

 

〇見どころ

森田剛演じる森田正一のよどんだ瞳が、社会の底辺に

存在し、その存在すら忘れ去られているような人間を

物語ります。ピッタリなんだよね。脱力した歩き方や

話し方が。それでいてスイッチが入るとすごい行動を

起こします。

 

ヒメアノ〜ル

 

そして同級生、岡田役の濱田岳と職場の先輩安藤役の

ムロツヨシの掛け合いは、まるでコントを見ているようです。

しかしその甘っちょろい日常はあっという間に恐怖に変わって

いくのがジェットコースターのように素早く映し出されていきます。

 

ヒメアノ〜ル

 

まさかこの可愛い佐津川愛美佐津川愛美演じるユカが、岡田を

好きなんてね〜。この恋愛シーンは少し笑っちゃう。

 

ヒメアノ〜ル

 

●惜しいところ

設定というか根底にあるのが高校時代の陰湿なイジメであり、

それがなぜ今連続殺人を犯すほどのエネルギーとなったのか、

とてもわかりづらいです。原作の漫画を読む気にはならない

からいいけれど。高校を卒業してからの森田の空白の期間の

説明が少しほしかったと思う。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ラ・ラ・ランド

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ラ・ラ・ランド

 

「ラ・ラ・ランド」

原題:LA LA LAND

監督:デイミアン・チャゼル

2016年 アメリカ映画 128分

キャスト:ライアン・ゴズリング

     エマ・ストーン

     J・K・シモンズ

 

オーディションにことごとく落ちている女優志望の

ミアは、ジャズバーでセバスチャンが弾くピアノの

音色に心惹かれる。いつしか親しくなり互いの夢を

語り合う2人だったが...。

 

<お勧め星>☆☆☆☆ さすがアカデミー賞大本命!

素敵な映画です。

 

IMAX初体験。上映初日に鑑賞しましたが、それほど

混んでいませんでした。ポップコーンを持った若い

カップルも、初老の男女も、ボッチ見の青年も、

エンドロールをすべて見終わるまで誰一人立たない。

すごいぞ、この映画!

 

〇見どころ

まずライアン・ゴズリング演じるセバスチャンの色気に

ノックアウト。冒頭に流れるLAのハイウェイでのシーンは

ミュージカル映画かと思いますが、そうでもないのです。

 

ラ・ラ・ランド

 

女優の卵ミアを演じるエマ・ストーンは、好みの分かれる

ルックスかもしれません。しかしこの2人が踊るタップが

素晴らしいです。

 

ラ・ラ・ランド

 

この前にミアがルームメイトと一緒にカラフルなドレスで街を

練り歩き、キレキレダンスを見せるシーンも楽しい。

「セッション」(2014)で鬼教師を演じたJ・K・シモンズは

冒頭にセバスチャンに解雇を告げる、ジャズバーのオーナーで、

今回は星一徹行為はいたしません。

 

ラ・ラ・ランド

 

実は個人的には前半はあまりノレなかったのですが、ミアが

夢をあきらめかけた時、セバスチャンの知らせで受けた

オーディションのシーン。そこから始まるラスト15分の

世界観は、壁ドンや、映画の前の近日上映作品で紹介された、

カーテン巻き巻きキッスでときめくお子ちゃまにはわかる

はずもないのです。酸いも甘いも味わった大人だけが理解

できるのだー。

 

ラ・ラ・ランド

 

あのタイミングの1つ1つが少しズレていたら、2人の人生は

全く異なっていたかもしれないと思うと、胸が熱くなります。

これは個人的に思うに、『中森明菜』の歌の世界に似ている。

つまりあまり抑揚のないところから、一挙にサビに入ると、

今まで蓄えられていた感情が爆発する感じなのです。

 

●惜しいところ

序盤が単調なので少し眠くなりました。

 

ラ・ラ・ランド

 

ミアがオーディションの日にコーヒーをかぶってしまう悲劇に

遭うのも既視感があります。

 

それらも含めて色、音、リズム、そしてストーリー、脚本、

配役がすべて秀逸であり、見てよかったと思う映画です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


クランプス

3

JUGEMテーマ:Horror

 

クランプス

 

「クランプス」

原題:Krampus

監督:マイケル・ドハティ

2015年 アメリカ映画 98分

キャスト:アダム・スコット

     トニ・コレット

     デビッド・ケックナー

     アリソン・トルマン

 

クリスマス休暇に仲の悪い親戚が訪れ、楽しくもない

夕食を済ませたマックスは願い事をせずに眠ってしまう。

翌朝は大雪で、BFの家に向かったベスが戻らず、捜しに

出かけた父と叔父は何者かに襲われるのだった。

 

クランプス

 

<お勧め星>☆☆☆ クリスマスを信じない悪い子たちは

こんな目に遭っちゃうんだぞという映画かなあ。

 

クリスマスを控えた姉の家に妹一家と叔母が来るんだけれど、

どの人もお下品な人ばかり。子供もやけに太っていてジャンクな

物ばかり食べているのが丸わかりなんです。とはいえ、トムと

サラの夫婦仲も良いわけでもなく、ベスとマックスの姉弟仲も

良くない。これはどこの家庭でもありそうだし、親戚だから

仕方なく休暇を一緒に過ごす風習は、日本のお盆、お正月にも

似ています。

 

〇見どころ

民主党員のトム一家は、セレブでお料理も凝ったものばかり。

一方サラの妹リンダとハワード一家は共和党員で、銃を常に携行し、

戦うことを好みつつ、ピザとホットドッグ、コーラが好きと来た。

これぞザ・アメリカ分断の構図です。

 

クランプス

 

クランプス

 

なまはげの様に出没するクランプス一味は、クッキーモンスターや

ピエロやテディベア、人形、鐘、鎖...とありとあらゆるものです。

次々に出現して家族をさらっていきます。子供は安全なんてアメリカ

映画の定番とは全然違うの。

 

●惜しいところ

構成が悪いのか、こんなに多種類の恐怖を並べたのに、アクビが

出ちゃう。クランプスというのがヨーロッパ中部に伝わる伝説の魔物で、

日本で全然なじみがないのも影響しているのかも。それと一人英語を

話さないおばあちゃんオミの存在の意味がいまいちわからず。

 

クランプス

 

ラストは上手くできていたなあという感じでした。今の時期に

見る映画じゃないよね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2588 最後に更新した日:2017/04/28

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM