アナベル 死霊人形の誕生

4

JUGEMテーマ:Horror

 

アナベル

 

「アナベル 死霊人形の誕生」

原題:Annabelle:Creation

監督:デビッド・F・サンドバーグ

2017年 アメリカ映画 110分 PG12

キャスト:ステファニー・シグマン

     タリタ・ベイトマン

     ルル・ウィルソン

     フィリッパ・パークルサード

 

自宅を孤児院として提供するというマリンズ家に

6人の孤児とシスターがやって来る。孤児の一人で

足が不自由なジャニスは、到着した晩から、その家

の不気味さに気づくのだったが..。


<お勧め星>☆☆☆☆ ああ、怖かった。

もう絶対に怖いんだから!


ビーはアナベルの愛称


2014年公開映画「アナベル 死霊館の人形」の

前日潭なのですが、その映画は2013年公開の

「死霊館」のエピソードの前日までの話であり、

2016年には「死霊館 エンフィールド事件」が

公開されています。「死霊館」シリーズが霊能力者

ウォーレン夫妻が手掛けた事件を描いているのに対し、

「アナベル」シリーズはその人形にまつわるエピソード

を辿っていくというもの。個人的には

「アナベル 死霊館の人形」は一番評価が低く、自分の

メモを見返すと、単体では怖いけれど、前年公開の

「死霊館」があまりにインパクトが強く、やや肩透かしを

感じたと書いてある通り、怖いと言えば怖いものの

ストーリーにほころびがあった気がします。
ところが今作はとにかく不気味なんです。オープニングが

明るいものほど終盤の恐怖大というパターンの典型ですね。

 

アナベル
 

人形作りをしているサミュエルとエスター夫妻(エスターと

いう名前も怖い)は一人娘ビーを事故で無くして12年。

孤児たち6人とシスターを家に招きいれることにしたのです。

 

アナベル

 

またこの家が大きくて豪華なのに、様々な仕掛けがあるんです。

孤児の1人ジャニスは足が不自由であるがゆえ、そこに

たまたま設置してあった階段の昇降機を使う。これがまた

まどろこしいスイッチの入り方だし、動きもぎこちなくて

いつ止まるかわからない感じです。さらに開けてはいけない

部屋がある。その上、いるはずの妻エスターは一向に姿を

現さないし、夫を呼ぶのにチリリンと鈴を鳴らします。

鈴ってこの間見た「ジェーン・ドゥの解剖」を思い出す

じゃないの!そして序盤から登場するのが例の人形です。

 

アナベル
 

いろいろな謎を見せながらそれを一つ一つ説明する映像が

流れつつ、静寂のあとの大きな音、光が点滅し消えた後に

突然起こる出来事は心臓がバクバクしっぱなしでした。
「アナベル」人形...そもそも「アナベル」の名前の由来を

知るとこれから起こる恐怖の出来事(知っているけれど)が

頭をよぎります。とにかくものすごく怖いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


オケ老人

4

JUGEMテーマ:邦画

 

オケ老人

 

「オケ老人」

監督:細川 徹

2016年 日本映画 119分

キャスト:杏

     黒島結菜

     坂口健太郎

     笹野高史

     左とん平

     藤田弓子

     小松政夫

 

高校教師千鶴は、ヴァイオリンを演奏する夢を

いかすべく梅が岡交響楽団に入団する。しかし

そこは老人ばかりのアマチュア集団で、彼女は

なぜか指揮者をすることになってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ これは面白かった。


なんでも楽しみましょう


2009年フランス映画「オーケストラ!」を少し

思い出す内容でしたが、あちらはかつて名指揮者

だった男性が政治的な理由でその座を奪われ、その後

あれこれいかさまをしながら、かつての仲間と

「ボリショイ管弦楽団」として舞台に立つというもの

でした。その中には最初からソリストに決めていた

アンヌと楽団との関係も絡められ、チャイコフスキーの

「ヴァイオリン協奏曲」を演奏するクライマックスには

涙が溢れてたまりませんでした。前半の限りなく滑稽な

シーンの連続から後半では、過去を回想しつつ、そこまで

こだわった謎が解き明かされていくのです。アンヌ役の

メラニー・ロランがとても美しいので機会があれば

ぜひご覧になってください。

 

オーケストラ
 

この映画ではそれに比べるとスケールはかなり小さく

なりますが、様々な困難を経て、夢を実現していく老人

たちの姿が生き生きと描かれています。
ストーリーは、老人だらけの梅が岡交響楽団がいかにして

コンサートを開催できるほどの練習を積んでいったか、

どんなラッキーな出来事があったかが柱です。

 

オケ老人

 

そしてそこに、梅が岡フィルハーモニーを主宰する大沢と

交響楽団を主宰する野々村との個人的な因縁、大沢の息子と

野々村の孫娘和音との恋、さらには千鶴の恋?を織り込んで

いるのです。

 

オケ老人
 

オケ老人

 

なんせ「何が起こるかわからない」お年頃のご老人たちで、

かつて実父がグランドゴルフのチームに参加していて、毎月

発行する新聞を手書きで制作していたのですが、その月の

参加者が毎月減っていったことを思い出します。

最後は4人だったかなあ。
それでもこの映画では年齢というもののハードルをほとんど

感じません。逆に若い千鶴の方がいろいろなことをあきらめて

いるように見受けられるのです。
「できるのにやらないのはだめ」当たり前のことだけれど、

あきらめてしまう人が多い。人生にはチャンスが何度でも

訪れるし、それを楽しみながら生かしたいと強く思うラスト

でした。千鶴の恋...プププ。あれもいいですよね。

やっぱりパティシエになるには本場フランスで学ぶべきだわ〜。

(少し前の朝ドラを思い出しつつ闘魂込めて最後に書いた)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ウェディング・テーブル

4

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

ウェディング・テーブル

 

「ウェディング・テーブル」

原題:Table 19

監督:ジェフリー・ブリッツ

2017年 アメリカ映画 87分

キャスト:アナ・ケンドリック

     クレイグ・ロビンソン

     ジューン・スキップ

     リサ・クドロー

 

エロイーズは妊娠を告げたことをきっかけに

フラれたテディの妹の結婚式に出席する。案内

された19番テーブルは訳ありの客が集まって

おり...。


<お勧め星>☆☆半 とても軽いコメディで、

既視感のあるシーンが随所に見られます。


金の鳥の行方


アイデア絶品、ハートウォーミング、あなたも

恋愛したくなるなど褒めてあるサイトが多いので、

ここはいっちょ気分を揚げてみようと鑑賞しましたが、

「普通」のコメディです。小説で言うとウルトラ

ライトノベルという感じで、内容に深みはありません。

逆に嫌味もないのですが。
つまらないパーティーに仕方なく参加し、周囲が

楽しんでいるのを見ると、ますますつまらなさを

感じる。そんな居心地の悪さは誰もが体験したことが

あるはずで、序盤はただただ不快な気持ちが蔓延して

います。そんな中、自称ハックという男性登場。

妊娠をきっかけにテディにフラれたエロイーズは親

密ぶりをアピールしちゃう。しかしどう見ても

エロイーズはテディに未練があるし、テディも

エロイーズが気になって仕方がないらしい。

 

ウェディング・テーブル
 

ニッキーというエロイーズと付き合う前に交際していた

女性で今カノというややこしいけれど、一応アッツアツの

相手がいるのにですよ。このハックの存在も解せなければ、

テディがなぜにエロイーズをふったのかもいまいち解せない

のです。つまりヒロインの設定が破綻しているので、脇の

人々の行動がただただおかしく、笑いを誘います。母親から

彼女作りに励むように半ば教養されているレンゾ。

 

ウェディング・テーブル

 

服役経験のあるウォルター。夫婦仲がどうも怪しいジュリーと

ビーナ。数合わせに招待された元ナニー、ジョー。それぞれの

持つエピソードには笑いが8割、涙が2割くらいのちょうど

いい塩梅なのです。

 

ウェディング・テーブル
 

「あなた以外を失望させたくない。あなた以外に失望したく

ない」とエロイーズが力説しても心に響かないのは、周りの

エピソードに比べてあまりにレベルが低いことで別れた二人

だからかな。テディが見るからにアホなのもいただけません。

(あくまでも個人の感想です)
ジョーという名前を絶対に使うだろうと思ってしまった予想は

見事に的中。アナ・ケンドリックはこういう役が多いなあ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


暗黒街(2015)

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

暗黒街

 

「暗黒街」

原題:Suburra

監督:ステファノ・ソッリマ

2015年 フランス=イタリア映画 135分 R15+

キャスト:ピエルフランチェスコ・ファビアーノ

     エリホ・ジェルマーノ

     ジャン=コーグ・アングラード

     グレタ・スカーアーノ

 

2011年、イタリア与党の議員マルグラーディは、

ある再開発法案の成立を目指していた。その法案には、

利権にありつこうとする政治家やマフィア、教会も

絡んでいたが、彼がある事件を起こしたことで、抗争

へと発展していく。


<お勧め星>☆☆☆半 まさに血で血を洗う抗争の中に

人間の際限のない欲望を感じます。


「取引は今度にしな」


監督は「ボーダーライン」(2015)の続編を担当する

ステファノ・ソッリマ。「ボーダーライン」は「灼熱の魂」

(2010)「メッセージ」(2016)

「ブレードランナー2049」(2017)の

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が製作しており、まさに

「善悪の境界線」の曖昧さを緊張感あふれるストーリーで

描いていました。ベニチオ・デル・トロの凄みのある演技に

酔いしれましたねえ。続編ではさらに非情でかつ無慈悲に

なっているらしいです。
さて、この映画の舞台は、2011年のイタリア、ローマ。

「アポカリプスまで7日」と字幕で出る通り、アポカリプス

(黙示→滅亡、終末)までのたった7日の出来事を描いて

いるのに、中身が本当に濃く、事件が次々と目まぐるしく

起こり続けるのです。
序盤は、人物構成が全く分からず、ただ映像を見ている

しかないのですが、始まってすぐに、未成年のコールガールが

ドラッグ中毒死。その場にいた大物政治家マルグラーディと

もう一人のコールガール、ニンニの行動が、彼が成立を目指す

ウォーターフロント計画の1つの法案とどう関係してくるのか。
このマルグラーディが終盤に検察関係者に向かって放つ言葉が
「司法なんて、くそくらえ。」
権力を持つと人間は万能だと勘違いしていくものなのですね。

 

暗黒街

 

その権力がいかにもろい土台であることすら忘れてしまう

らしい。とりあえず登場する人物は悪い奴ばかりです。

時折映り込む夜のローマの限りなく美しく、そこで

繰り広げられる数々の暴力が全く対照的に映し出されて

いきます。

 

暗黒街

 

暗黒街

 

暗黒街

 

昔気質の一匹狼「サムライ」、マフィアの父を持った

アウレリアーノ、ジプシー集団という見ての通りの悪い奴と、

政治家、教会という表向きは人々のために動くはずのメンツ、
その間を右往左往するチンピラなどが、アポカリプスに近づく

につれて、窮地に追い込まれ、死人が出ていきます。
映像がモノクロっぽく、ノワール・アクションの雰囲気を

醸し出し、音楽もシーンにぴったりのものが流されます。

全てが金のために動いていることが人間の醜さをあぶりだし、

見ていてとても気分が悪くなるのですが、多かれ少なかれ

世界はこんな感じなのだろうと思ってしまう。少し気に

なったのは、皆危険な身の上なのに護衛がいなかったり、

いたとしても弱かったり、自宅が無防備すぎること。まあ

それを抜かすと、大変見ごたえのある映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


150ミリグラム ある女医の告発

4

JUGEMテーマ:洋画

 

150ミリグラム ある女医の告発

 

「150ミリグラム ある女医の告発」

原題:La file de Brest

監督:エマニュエル・ベルコ

2016年 フランス映画 128分

キャスト:シエ・バベット・クヌッセン

     ブノワ・マジメル

     シャルロット・レンメル

 

フランスの大手製薬会社セルヴィエ社が販売する

メディアトールを処方された患者の多くが心臓弁膜症

を発症することに疑問を抱いた医師イレーヌ。彼女は

データを示し、医薬品安全庁にその危険性を主張するが

受け入れてもらえず...。


<お勧め星>☆☆☆半 完全な実話ベースなので地味では

ありますが、丁寧に作られています。


全ては患者のために


製薬会社というのは身内に社員でもいないと、薬の箱の

裏に名前が書いてあるとか、テレビCMで見かけるとか、

医師の処方された薬のパッケージに名前がある程度しか

イメージがわきません。MRと呼ばれる製薬会社の担当者が

かかりつけ医に営業をかけているシーンは幾度となく

見かけたし、かつて務めていたクリニックの院長室には、

何やら素晴らしいい贈り物が並んでいました。お中元、

お歳暮でいただいた食べ物を「みんなでわけてください」

と言うので「先生、そのエルメスのグラスをくれませんか?」

と軽く尋ねたらこれまた軽くいや完ぺきに無視されました。
多分製薬会社や医療機器会社からの贈り物だったんだろうなあ。

MRの給与水準は高くて、30歳代で年収1000万を超える人

も多いと聞きます。もちろん成果主義だから、休日接待、

医師や病院との良い関係つくりも必要なんでしょうね。
ただこれだけの高水準の給与をもたらす製薬会社は莫大な

利益を得ていることは確かで、人間は誰でも病気になるし、

病気になれば薬に頼る、だから薬というものは絶対に必要だし、

市場に出ているものは、十分な治験を経て安全であると確認

されているという考えが根底にあるのです。(いや普段は

そこまで深く考えないか)その製薬会社が30年以上も心臓病

の引き起こす危険性のある薬を販売していたとしたら?

その危険を示すデータが隠されていたとしたら?

取り締まるべき官庁と癒着していたら?

この映画はそんな薬の危険性を訴えた一人の女性医師の闘いを

描いた実話なのです。

 

150ミリグラム ある女医の告発
 

フランスの田舎で呼吸器科医をしているイレーヌは、

「メディアトール」という糖尿病患者のために処方された薬を

服用した患者が心臓弁膜症を発症し、亡くなる人も出ている

ことに注目するのです。糖尿病患者は欧米ではほぼ肥満体で

あり、この薬を飲むと「痩せる」ということで大変人気がある。

つまり「やせ薬」として使用されていたんですね。なので

患者もイレーヌが「危険」と言って処方を中止すると、太って

しまうから不満に思うわけです。さらにイレーヌが勤務する

病院での少ないサンプルで証拠を示してもフランス医薬品安全庁

では全く相手にされないのです。「手順」が大事なんです。

お役所仕事ってやーね、全く。
イレーヌは調査部のアントワーヌのチームとデータを極秘で

積み上げていくのですが、このアントワーヌがまことに心が弱い。

アントワーヌ役は「太陽のめざめ」(2016)の

ブノワ・マジメル。この人急にお腹が出てしまったような感じ。

ちょっと同一人物に見えませんでした。

 

150ミリグラム ある女医の告発
 

さて邦題の副題に「ある女医の告発」とあるのがとても気に

なったのですが、映画を見ていると「女性」ということで逆に

しがらみがなく、全てをかけて患者を守ろうという立場に

なれたのかもしれません。映画内でも権威に真正面から立ち

向かうのは、イレーヌ、彼女を最初から支える異端の

学者カトリーヌ、フロールという博士課程の学生、終盤登場

するフィガロ紙の記者と女性ばかりなんです。逆に助成金

打ち切りに怯えるアントワーヌ、「サンタ」と称する

内部告発者などは男性という構図。いやこれは実話だから

こうだったんだよね。「女医」などという名前の雰囲気とは

程遠い勝ち気で弁のたつイレーヌも幾度となく行く手を阻まれ、
医師免許はく奪の危機に瀕すると、初めて「恐怖」というものを

実感するのです。弱音を吐いたのはこのシーンだけだったかな。

それを支えたのは夫をはじめとする家族の存在で、最も信用

できて最も頼りになる存在があったことは彼女にとって最大の

武器だったと思います。そして今なお薬による被害者を救済

するために活動しているのをエンドロールの字幕で知ると、

彼女は真の意味で「強い女性」だと実感します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


善悪の刃

4

JUGEMテーマ:韓国映画全般

 

善悪の刃

 

「善悪の刃」

原題:New Trial

監督:キム・テユン

2017年 韓国映画 119分

キャスト:チョンウ

     カン・ハヌル

     キム・ヘスク

 

釜山でタクシー運転手が刺殺され、第一発見者の

少年ヒョヌがたまたま持っていた刃物のせいで犯人

として逮捕され懲役刑となる。彼は10年後出所

するが、被害者への賠償金の返済を迫れら、再び

逮捕の危機に陥る...。


<お勧め星>☆☆☆ 実話ベースだけあって見ごたえが

あり、歯がゆさの中に人間味を感じる映画です。


世間の常識と法の常識は異なる


韓国警察の腐敗ぶりは、映画内で必ず描かれており、

司法に関しても「正義」が「民意」に翻弄されているのは

実際のところそうなのではないでしょうか。そして警察に

関しては取り調べ段階での暴力はもれなくついてきます。
この映画のモチーフとなった事件は2000年に韓国の

薬村で実際に起きた「タクシー運転手殺害事件」であり、

犯人が誰か?ではなく、冤罪で服役した少年の再審開始及び

無実が証明されるのかがメインテーマです。
なのでサスペンス要素はあるけれど、極めて人間ドラマ色の

濃い内容になっており、主人公の弁護士ジュニョンと服役

した少年(当時)ヒョニュ、そしてその母の心情の移り変わりを

丁寧に描いているのです。いや所々駆け足もあるけれど。

 

善悪の刃
 

ジュニョンは大儲けしようと考える貧乏弁護士であり、

そのためにヒョニュの再審を利用しようとする。一方の

ジョニュは警察の暴行による自白の強要から10年の服役を

経て、すべてに投げやりになっているのです。この自白の

強要から服役中の状況まで見ていると本当に気分が悪く

なります。これが2000年の出来事なんですよ。ほんの

18年ほど前のことなんですよ。
ジュニュがいつ「金」ではなく「正義」を追求することを

求め始めたのかは、おそらくは彼が貧しい家庭の出身であり、

根は誠実な人柄だったのだろうと推察するのです。役の上で

もふんぞりかえっている検察のトップや悪徳警官はとにかく

「悪そうな」顔つきをしていて、これがまたわかりやすい。

 

善悪の刃

 

ヒョニュはよく見るととても端正な顔つきをしているのです。

 

善悪の刃

 

彼の母親役は「お嬢さん」(2016)「渇き」(2009)

などで存在感あふれる演技を見せたキム・ヘスク。貫禄抜群

なんですが、この映画ではヒョニュの出所後は盲目の役を

演じています。まさに「ママ」という感じです。
貧しい者はとことん貧しく、無実を証明する手立てすらなく、

あったとしても警察、検察の筋書き通りに上書きされていく。

そんな不条理な様子を見続けるととても悲しくなるのですが、

実際にこういう状況なのでしょうね。財閥の誰かが何か罪を

犯したとしてもすぐに保釈されるし、ほとぼりが冷めれば公の

場に堂々と姿を現す。それでもこの映画のラストを見ると

「正義」を証明しようと考える人々は確かに存在し、それが

成功することもあるのだと実感します。
話の構成の部分で緩急をつけすぎたのか、ジュニョンの家族や

友人弁護士との関係など多くを盛り込みすぎたのか、やや説明

不足の個所がみられましたが、見終わってモヤモヤしないので

お勧めかもしれません。
だけど終盤のミョンソン・ホテルのシーンは、あれだけ警官を

痛めつけてどう説明したのか謎が残るなあ。まあいいか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


ジェーン・ドゥの解剖

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ジェーン・ドゥの解剖

 

「ジェーン・ドゥの解剖」

原題:The Autopsy of Jane Doe

監督:アンドレ・ウーブレダル

2016年 アメリカ映画 86分 R15+

キャスト:エミール・ハーシュ

     ブライアン・コックス

     オフィリア・ラビボンド

 

バージニア州の田舎町で遺体安置所を営むトミー

の元に嵐の晩、若い女性の遺体が運び込まれる。

彼は息子オースティンと共に通常通り解剖を

始めるが、その体内の異常さに驚くのだった。

そして...。


<お勧め星>☆☆☆☆ もう超絶怖い。最近観た

映画の中では群を抜いています。


17世紀 ニューイングランド


ジェーン・ドゥというのは人の名前ではなく、

身元不明の遺体につけられる名称だと初めて知り

ました。オープニングから凄惨な事件現場が映り、

そこで現場検証を行う幾人もの警察官があちこち

出入りし、そして地下で土に埋められた若い女性の

遺体が発見されるのです。警察官が動く部屋、廊下、

床、壁にはもうべったりと血のりがついていて、

何が起きたのかわからないけれど、とりあえず数名が

亡くなったことがわかります。うん、このくらいは平気。

一方ティルデン遺体安置火葬場では、トミーと息子

オースティンが、これまた焼けただれた遺体の検死解剖を

行っているのです。ポップな音楽を流し、ノリノリに動く

オースティンを見ると、慣れって怖いなあと思ってしまう。
かつてテレビドラマで「きらきらひかる」というのが

ありましたが、あの映像なんてちゃんちゃらおかしいくらい

優しいものに感じられます。でもあの漫画原作のドラマは

面白かったです。深津絵里ちゃんが若かったなあ。

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

そしてこんな場所にわざわざ入り込むのがオースティンの

恋人エマで、あろうことか「遺体を見てみたい」なんて言う。

そこで彼女は遺体の脚につけてある鈴についての説明を

受けるわけです。「死んでいることの証明」というその鈴は、

昔の風習のままだという。つまり鈴が鳴ったら生きている

わけですね。(ここ強調)

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

この鈴の音が一瞬でも可愛いと思ったら後半必ず後悔するし、

絶対にこの鈴が使われると確信してしまう。
さらに安置所が自宅の地下にあるのですが、その部屋に行く

までの通路の角にあるミラーが、これまた不気味なんですねえ。

わざわざトミーやオースティンをミラー越しに映したりして、

少しずつ恐怖の世界に引き込んでいきます。

 

ジェーン・ドゥの解剖
 

さあ、エマとデートに行こう!と思ったら、例の遺体が運び

込まれてきます。暴風雨だし、晩だし、それなのに

「明朝までに検死報告を」と求められ、トミーは「あいよ!」

と引き受けます。
「明日にすれば良かった」いえ「明日にしても同じだった」の

です。ここからそのぱっと見は美しい遺体を手順を踏んで

検死解剖を行うのですが、1つ1つのことがあり得ないこと

だらけなのです。ここはかなりリアルなので、グロ映像が

苦手な方はお勧めできません。ああ、そもそも最初から

すごいのでその時点で脱落した方がいいと思います。
終盤、ラジオが混線し、不気味な歌詞の陽気な歌が流れ、

安置所のドア、ジェーン・ドゥの遺体とオースティン、トムの

表情が次々に映り、電灯が点滅すると、恐怖はマックス。
さらに鈴も聞こえてきます。鈴の意味を思い出すと、ゾクゾク

しまくること間違いなし。最後までその恐怖は連続し、最初は

こんな映画とは思わなかったと感じてしまいました。

怖いのが好きな方にはお勧めです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ブラック・バタフライ

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ブラック・バタフライ

 

「ブラック・バタフライ」

原題:Black Butterfly

監督:ブライアン・グッドマン

2017年 アメリカ=スペイン映画 93分

キャスト:アントニオ・バンデラス

     ジョナサン・リース=マイヤーズ

     パイパー・ペラーボ

 

スランプ中の作家ポールは、ダイナーで客と諍いに

なりかけた時、ジャックという男に救われる。彼は

ジャックを家に泊めることにするが、そのジャックは、

次第にポールに執筆を強要するようになり...。


<お勧め星>☆☆ 特に盛り上がることもなくラストも

予想通りです。


お酒はほどほどにしましょう


人気作家がとても怖い目に遭うのはスティーヴン・キング

原作の映画「ミザリー」(1990)をすぐに思い出し

ます。自称ナンバーワンファン、アニーが人気作家ポールを

助けたものの、小説の先を知りたがりそれが思ったような

ものでなかったことの怒り、彼をベッドに縛り付け、すごい

拷問を..。おおう怖い!自称って怖いよね。

ほぼほぼストーカーよね。

 

ミザリー

 

この映画でアニーを演じたキャシー・ベイツの怪演に度肝を

抜かれました。アカデミー賞主演女優賞を獲得したのも納得

です。もう痛いシーンの連続で、原作はもっと残酷だったから

あの程度で終わってよかったと思ったくらいです。

 

ブラック・バタフライ
 

この「ブラック・バタフライ」の主人公も同じ名前のポール。

あら、意識したのかしら。しかしアントニオ・バンデラスが

ラテン系の陽気で女好きなイメージが強すぎて、シリアスな役

に似合わないと最初から思ってしまう。実際に映画が始まっても

少しも面白くならないのです。30代前に書いた小説が

ベストセラーになり、それを映画化する話でアメリカに来た

ものの脚本は別の人が担当し、その後鳴かず飛ばずかつ妻は

彼のもとを去り、今は田舎で酒浸りの生活を送っている。まあ

転落人生を絵に描いたような姿です。「しくじり先生」に出して

あげたい。
そして彼のこのボロ家を売るために接触する不動産業社職員の

ローラ役はパイパー・ペラーボ。

 

ブラック・バタフライ

 

確か「プレステージ」(2006)「フェーズ6」(2009)

では、目立って美しいと思ったのに、今見ると普通の感じに

なってしまいました。
とても残念なことに映画を見ていると大体序盤でオチがわかる

んですよ。さらにオチに行く過程があまりにつまらない。
「書けない」ことと「酒浸り」「連続殺人」「ポールが家に

招きいれたジャック」がうまくつながらないのです。

 

ブラック・バタフライ

 

いや書けないことと酒浸りはわかります。
それ以外は無理やりにこじつけたとしか思えない展開です。

まあ、この程度のものしか書けないのであれば、この道は

あきらめてスペインに戻り、地道にコツコツ働きましょうと

アドバイスしたいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


オリエント急行殺人事件

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

オリエント急行殺人事件

 

「オリエント急行殺人事件」

原題:Murder on the Orient Express

監督:ケネス・ブラナー

2017年 アメリカ映画 117分

キャスト:ケネス・ブラナー

     ジョニー・デップ

     ミシェル・ファイファー

     ジュディ・デンチ

     ペネロペ・クルス

 

雪の中を走るオリエント急行車内で1人の男が刺殺

される。偶然乗り合わせた名探偵ポアロは得意な推理を

進めて行くが、乗客の証言によって幾度となく先を

阻まれてしまう。


<お勧め星>☆☆☆☆ 原作を知っていても十分楽しめる

ミステリーです。


善と悪の中間はないのか?


映画館で流される予告編で幾度となく観たのですが、

どうしても灰色の脳細胞を持つエルキュール・ポアロが

1974年映画のアルバート・フィニーのイメージが強く、
TVドラマ版のポアロ役デヴィッド・スーシェに至っては、

小説から読者が想像するポアロ像そのものであるため、今回の

ケネス・ブラナーがかなり印象を変えてしまったと少々

心配しつつ鑑賞しました。

 

オリエント急行殺人事件

 

オリエント急行殺人事件
 

しかし考えてみると名探偵シャーロック・ホームズも

ロバート・ダウニー・Jr.によってダイナミックな変貌を

遂げたもののそれはそれで楽しさが増したことは確かです。

まさかのアクションが加わるなんて!
ストーリーは全て知っているし、犯人も動機もわかっている

のでさてどのように映画化されたのかと余裕で観られると

思っていたら、そうでもないのです。

 

オリエント急行殺人事件

 

映像が大変凝ったもので、乗客がオリエント急行に乗るシーン

から、車内を見せていく時、まことに滑らかに映し出され、

また車窓から見える景色も当然のことがら合成でなく、

かといってCGでもない雰囲気のあるものです。調べて

みたらスクリーン・プロセスという、合成を行わずに

映像を車外のスクリーンに投影するという、昔ながらの

方法とのこと。

 

オリエント急行殺人事件
 

また早々に起きるラチェットの殺人現場は最初はドア越しで、

見た人のみの表情でそれを知らせるものから、真上の映像に

変わり、ようやく無残な刺殺体の彼が映し出されます。

ラチェット役はジョニー・デップ。インチキ臭い嫌な男を

わずかな時間に感じ取れる好演技。遺体の彼が真っ逆さまの

位置に映るので、この列車の中で彼だけが唯一異なるタイプの

人間であると印象づけるのです。その後原作にはない雪崩が

起き列車が脱線するという事故が起きますが、これは原作では

雪だまりに突っ込んで立ち往生するというものでした。この時

に荷物がバラバラになったことで乗客の素性がポアロには

わかっていくきっかけになるのです。でも映画ではとっても

素早く描かれているので、まさかあの短い時間にあれこれ

見られたとは思えないけれど、そこはそれほど気にならず。
豪華なキャストに目を見張りながら、117分という時間内に

すべてを盛り込んで見ごたえのある映画にしたのは素晴らしい

です。ポアロが少しだけ列車外に出て追跡するシーンがあって、

あれをアクションと呼んでいいのかわからないけれど、動きの

少ないストーリーの中で「は!」と目が冴えてくる瞬間になる

かもしれません。
なんてベタ誉めしていますが、実は客人の素性が一気に分かり

すぎたというのは少し気になります。でもポアロのイメージを

一新したことは、既に公開が決まっている「ナイルに死す」に

期待が高まることは間違いありません。

ああ「ナイル殺人事件」(1978)のエンディングに流れた

「ミステリー・ナイル」が耳に蘇ります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ザ・ウォール

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ザ・ウォール

 

「ザ・ウォール」

原題:The Wall

監督:ダグ・リーマン

2017年 アメリカ映画 90分

キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン

     ジョン・シナ

 

2007年、イラク戦争終結後、復興支援に

向かったアメリカ軍の中で、アイズとマシューズは

何者かによって狙撃されたある村の偵察にあたる。

アメリカ兵の遺体が横たわる村を監視して20時間が

たち、マシューズが安全チェックに向かうとどこからか

飛んできた銃弾を受けてしまう..。


<お勧め星>☆☆☆ とても地味な映画なのですが、

その中に織り込まれたメッセージが強く伝わります。


その壁はかつて学校だった


「ザ・ウォール」という題名を聞くと、どうしたって

思いだすのが「グレートウォール」(2016)です。

マット・デイモン主演で大々的に宣伝したものの見事に

大コケを果たしましたが、監督はチャン・イーモウなん

ですよね。「初恋のきた道」(1999)

「あの子を探して」(1999)はどちらも大好きな映画で、

特に「初恋のきた道」なんて、チャン・ツィイーの

愛くるしさに涙が溢れてしまいました。

 

初恋
 

その監督が怪獣スペクタクルアクション映画を製作するとは

まさか、まさかです。これ以上は言いません。
こちらの壁は文字通り「壁」なんです。とはいえそこは砂漠の

真ん中にあり、数名のアメリカ兵が狙撃されて遺体として

周りに横たわっています。それを20時間も遠くから偵察

しているのが、アーロン・テイラー=ジョンソン演じる

アイズとジョン・シナ演じるマシューズで、砂にまみれ

どっちがどっちかわからない。

登場人物で動いているのはラスト付近をのぞくとこの2人

のみです。極めて地味なんです。マシューズは業を煮やして

安全チェックに向かうと、どこからか狙撃されてしまう。

 

ザ・ウォール

 

そして助けに向かったアイズも脚を撃たれるのです。なぜか

2発撃たれるのには訳があって、水筒と無線機のアンテナを

破壊したかったらしい。そこまでできるのか!いや伝説の

スナイパーをモデルにしているから百発百中でないといけません。

 

ザ・ウォール
 

アイズは命からがら壁の向こうに隠れるわけですよ。すると

無線機から英語が聞こえてきて、それがどうも訛りがあるの

です。そう、狙撃手と同一人物なんですね。それは早々に

わかり、アイズと狙撃手との地味な攻防が始まるわけです。

 

ザ・ウォール

 

会話の端々にイラク戦争への批判が盛り込まれていて、

イラク側からすると、終わった戦争ならなぜ何度もアメリカ軍

が来て民間人をも攻撃するのかと言う。全員がテロリスト

なのかと問う。逆にアイズはなぜテロを起こしたのかと

言いつつ、自分自身が幾度もイラクに来るのは、故郷に

戻りたくないからだと語るわけです。つまり自分のせいで

亡くなった同胞がいて、そのために町には居場所がないと言う。
この壁がかつて学校であり、そこには子供たちが楽しく学び

遊んでいたのに、それを壊したのはアメリカ軍であり、そこに

インフラ整備を行うためにアメリカ軍がやって来るというのは、

やはり不毛な行為としか思えないのです。破壊しておいて

再建する。それで全てが元通りになるはずもない。
ラスト付近にわかる真相を知ると、ここでの出来事は、

今イラクで起きている様々な戦闘行為を例えているのだと

実感するばかりでした。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2799 最後に更新した日:2018/05/27

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM