ゾンビワールドへようこそ

5

JUGEMテーマ:Horror

 

ゾンビワールドへようこそ

 

「ゾンビワールドへようこそ」

原題:Scouts Guide to the Zombie Apocalypse

監督:クリスチファー・ランドン

2015年 アメリカ映画 93分

キャスト:タイ・シェリダン

     パトリック・シュワルツェネガー

     ローガン・ミラー

     ジョーイ・モーガン

     セーラ・デュモント

 

ボーイスカウトのベン、カーター、オギーのうち

ベンとカーターは、キャンプを抜け出し、パーティー

会場へ向かう。しかし町の様子は異様で、彼らは突然

ゾンビに襲われるのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ かなりグロくて下品だけれど、

楽しいゾンビ映画です。

 

ロジャーズ隊長率いるイケてないスカウト3人組の1人

ベン役は、「MUDーマッド」(2012)のタイ・シェリダン。

 

ゾンビワールドへようこそ

 

そしてベンが思いを寄せるカーターの姉ケンドルの恋人で

いけ好かないジェフ役は、アーノルド・シュワルツェネッガー

の息子パトリック・シュワルツェネッガー。結構イケメン。

 

ゾンビワールドへようこそ

 

〇見どころ 

ゾンビ化した人々の動きや人間を襲う姿は、ゾンビ映画の

鉄則を踏襲しています。そこにある物で作った武器で立ち

向かうベンたちの姿もテンポよく描かれます。終盤、

カーターが隣のばあさんゾンビにお尻を噛まれた!と思ったら、

その前に、ばあさんの入れ歯が飛んでいて、噛まれずにすむ、

という小粋な演出もあり。

 

ゾンビワールドへようこそ

 

ケンドルを救うためにパーティー会場へ向かう3人の姿は

言わずもがな「ゾンビ・バスターズ」。

 

●惜しいところ

スカウト魂を見せるため、スカウトの訓練で培ったスキルを

もっと見せるシーンがあるとよかった。

 

ゾンビワールドへようこそ

 

DIY用品で装備した割には、結局手製爆薬での爆破で解決と

いうのはやや惜しい所です。それとフェイクとはいえ、鹿や

猫が死体となるシーンは苦手です。

 

全体として青春(童貞トリオ)+ゾンビ+コメディが上手く

かみ合った楽しい映画でした。下品なシーンやエロいシーンも

あるのでちょっと注意が必要です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


クリムゾン・ピーク

4

JUGEMテーマ:Horror

 

クリムゾン・ピーク

 

「クリムゾン・ピーク」

原題:Chrimson Peak

監督:ギレルモ・デル・トロ

2015年 アメリカ映画 119分 R15+

キャスト:ミア・ワシコウスカ

     ジェシカ・チャスティン

     トム・ヒドルストン

     チャーリー・ハナム

     ジム・ビーバー

 

小説家志望で富豪の娘イーディスは、父が事故死

した後、イギリス人トーマスと結婚してイギリスに

移住する。しかし彼の屋敷では不気味な物音が響き、

さらに彼女の体調も悪化してくのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆半 美しい音楽と映像の中に入り

込む真っ赤な血が、とても印象深いです。

 

「パンズ・ラビリンス」(2006)同様にゴシック・ホラー

という感じで、特に怖いシーンはないのですが、独特の

形状の幽霊を冒頭から登場させ、映画の奥底に不安材料を

敷いていきます。主役のイーディス役はミア・ワシコウスカ。

そして彼女があっという間に恋に落ちてしまうイギリス人

准男爵トーマス役は、ロキことトム・ヒドルストンです。

 

クリムゾン・ピーク

 

クリムゾン・ピーク

 

どこか母性本能をくすぐる表情が女性を虜にするのでしょう。

そしてトーマスの姉ルシール役は、強い女が似合う

ジェシカ・チャスティン。この映画でもつよーい女を演じて

います。

「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」とイーディスが幼い頃、

コレラで亡くなった母親の幽霊が言うんですが、それが「いつ」

のことなのか教えてくれないから、イーディスはただの幽霊が

見える変わり者小説家志望の女子に育ってしまうのです。

彼女を慕う医師アランをよそに、イギリスから来た胡散臭い

トーマスに強く惹かれるイーディス。危ない香りがプンプン

します。当然父は、彼と娘の仲を認めるはずもないのですが、

何者かによって頭を洗面台にバンバン打ち付けられて亡くなる

のです。このシーンをはじめとして、頭や顔を傷つけるシーンが

結構見られ、そこはリアルすぎて、思わずひえ!となってしまう。

 

クリムゾン・ピーク

 

さらに父亡き後、トーマスと結婚し、イギリスの彼のお屋敷に

住むことになるんですが、これがまた年代物の超ボロ屋敷。

天井は朽ち果てて雪が降っているんです。雪の中にたたずむ古い

屋敷にはヴァンパイアでもいるかのように思います。しかし

ここはやはり幽霊なんだな。到着早々、何かの物音やさっと横切る

影を見るとイーディスは、かなり不安になるのです。おまけに怖い

姉ちゃん付き。イギリス人なのでお茶ばかり勧めるし、それを

飲むとなぜか体調が悪くなります。雪の下から採掘する石炭が

真っ赤で、「クリムゾン・ピーク」の意味をトーマスの口から聞くと、

やっとイーディスは、母の警告を思い出すわけです。一方のアランも

トーマスについて調査し、イギリスへ参上。ストーリーはベタなん

ですが、出演者の演技と衣装、建物の雰囲気、そして物悲しい音楽で

最後まで飽きることなく見られます。特に「大鎌」が登場した時は、

さすがに怖かったな。もっと怖いのは、ルシールVSイーディスの

タイマンですけどね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


モーガン・ブラザーズ

3

JUGEMテーマ:Horror

 

モーガン・ブラザーズ

 

「モーガン・ブラザーズ」

原題:100 Bloody Acres

監督:コリン・ケアンズ

   キャメロン・ケアンズ

2012年 オーストラリア映画 90分 R18+

キャスト:デイモン・ヘリマン

     アンガス・サンプソン

     アンナ・マクガハン

     オリバー・アックランド

 

モーガン兄弟が作る肥料は、CMが流れるほど効果的な

ものだったが、その肥料の材料には秘密があった。一方

野外フェスに向かう3人の若者は、車が故障し、配送中の

トラックに乗せてもらうことにするが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 全然怖くないスプラッター。どこが

ズレた笑いがクセになります。

 

 

ネタバレ

 

 

WOWOWでも放送されたようですが、少しばかり出てくる

切断シーンにボカしが入っていたらしい。わたしは

Amazonプライムビデオでクリアに見たけれど、特に衝撃は

なかったです。

ストーリーはよくある設定で、田舎で肥料を作って販売して

いるモーガン兄弟は、その効果を上げるために、事故死した

遺体を混ぜ込んでカリウム値を上げ、チャーリーとかいう

お得意さんに気に入ってもらっている。オーストラリアの田舎

なので信号なんてないし、しょっちゅう事故を起こす車がいる

らしい。兄弟、特に兄リンゼイが主導権を持っているんだけど、

いつからその方法に気づいたのかは不明。但し事故後遺体が

消える「6人の神隠し」が彼らの家の近くになることから、

それほど昔からではないようです。この超オーガニックな肥料は

遂にCMまで流れることになっていて、能天気な内容はのどかな

オーストラリアの気候にぴったりでございます。

さて、弟レジはかなり気弱でドジなので、いつもリンゼイに殴られ、

叱られてばかり。彼は配達の途中、事故を起こしている車を発見。

手柄にしようと遺体を荷台に入れて走っていると、野外フェスに

向かう車が故障した3人の男女と出会うわけです。

 

モーガン・ブラザーズ

 

この3人が好きになれないメンツばかりで、手前からまじめ

だけれど、粘着気質なジェームス、その恋人で尻軽なソフィ、

奥はジェームスの目を盗んでソフィといちゃつくジャンキーな

ウェス。ソフィのおべんちゃらに舞い上がったレジは、男は荷台、

彼女は助手席に乗せ、70年代ミュージックで盛り上がるものの、

荷台では血まみれの男を発見し、大騒ぎしています。

「ヤバい」と思っても思う遅い。ここはモーガン家の農場です。

さあ、リンゼイにこっぴどく叱られた後、自慢の肥料作り開始。

 

モーガン・ブラザーズ

 

くるくる回転する粉砕機の中に人間を落としていく殺人鬼の

映画はなんだったかなあ。ここでレジがアホなので、血まみれ

の男が生きていることがわかり、彼は生きたまま機械の中へ

飲み込まれていくのです。ところができた液体のカリウム値が

ものすごくいい。ということは生きた人間を入れた方が効果的

というわけだ。

 

モーガン・ブラザーズ

 

拘束された3人は恐怖のおののくけれど、あまり怖くないです。

逆に怒りの制御ができないリンゼイ以外のアホぶりに、ぷっと

吹き出すことがしばしば。結束バンドを切るためのナイフを

持っていると自慢するウェスは、そのナイフを下に落として

しまうし、そのナイフを戻そうとしたジェームスによって、

それがウェスの足に刺さる始末。さらにレジを誘惑して逃走しよう

としたソフィの姿を見て、猛烈に怒る(でもテープ貼っているから

何言ってるかわからない)ジェームスが、ラスト付近にソフィの

尻軽ぶりを責めるシーンは、「こいつ執念深い」の一言に尽きます。

せっかく逃げ出したウェスは、ラリっているので「妖精の国」で

妖精と戯れているうちにリンゼイに捕まるし、モーガン兄弟の

喧嘩の間に、レジを撃ったら、リンゼイの斧で手を切られる。

ここか、ボカしてあったのは。この手で遊ぶのはモーガンの叔母の

愛犬で、レジはウェス、ソフィ、ジェームスを解放し、兄と決着を

つけようとするとなぜか目の前ではリンゼイと叔母がイチャついて

いるんです。アンビリーバボー。叔母さん幾つ!?

ついでに愛犬がくわえていった手を返してもらうためにのこのこ

やってきたウェスは、叔母とともにリンゼイに撃たれます。

さあ、終盤は兄弟げんかの真剣勝負。でもドジなレジはやはり

粉砕機の上に吊り下げられるのよね。ここでリンゼイの背後から

近づくソフィ登場。兄ちゃん、粉砕機の中に消えていっちゃったよ。

レジは本当にアホなのではなく、実は結構したたかで、逆さ吊りの

ジェームズのポケットから落ちた指輪を、ちゃっかりここでソフィ

に渡すんです。指輪のことはジェームスとウェスしか知らないから

ソフィ大感激!

そして散々暴言を吐いて1人で逃げたジェームスは、配送の遅れに

怒りまくるチャーリーのトラックにはねられるのです。全編に

わたってのん気な歌が流れ、スプラッター映画なんだけれど、

ちっとも怖くないし、いや兄ちゃんは怖かったか。血が苦手でなければ

気楽に見られます。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ネスト

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ネスト

 

「ネスト」

原題:Musaranas

監督:フアン・フェルナンド・アンドレス

   エステバン・ロエル

2014年 スペイン=フランス映画 95分

キャスト:マカレナ・ゴメス

     ナディア・デ・サンティアゴ

     ルイス・トサル

     ウーゴ・シルバ

 

自宅から一歩も出られないモンセは、仕立て屋の

仕事をしながら、外で働く妹と暮らしている。ある時

上の階の住民カルロスが階段から落ち、モンセに助け

を求めたことで、彼女は彼を自宅に引き入れ、世話を

始めるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 すごく怖い映画ですが、オチが

早々に読めてしまうのが残念です。

 

妹の名前は何て言うんだろうね。美しい名前らしいけれど、

最後まで分からなかったな。

神経質そうな姉モンセは、外で働く妹と2人暮らし。モンセ

は何かの発作を持っているらしく、いつも薬を飲んでいるし、

家から一歩も出られないのです。出られない理由も説明が

なかったけれど、「トガリネズミ」が幾度となく出てくるから

その生態と関係あるのかと思ったものの、そうでもないみたい。

とにかくモンセは信心深く、妹をひどく干渉するのです。

彼女が恋人らしき男性といる姿を窓から見ると、カーテンを

引きちぎってしまう。おお怖い!

おまけに仕立ての仕事を自宅でしているから、小道具は揃って

おり、モンセが折檻と称して妹の手や頬を木の棒で殴ると、

妹はアイロンで応戦します。でも妹はなぜかモンセに逆らえ

ないのです。

 

ネスト

 

光合成が足りていないようなひ弱な中年女性は、妹にしてみたら

一発でぶっ飛ばせると思うけれど、それがどっこい、結構強い。

フランス映画特有の真っ赤な血しぶきは序盤から少しずつ見られ

るので、血が苦手な方は見ない方がいいです。

ある時階上に住むカルロスが、階段から落ち足を骨折し、モンセ

の家に助けを求めるのです。モンセ、一大決心をして、彼をズルズル

家の中へ引き入れます。荷物はほうきで引き寄せる。やはり家から

出られません。それでも家の中に入れたカルロスをモンセはかいがい

しく世話をするわけですよ。

 

ネスト

 

時折映り込む実父の幻影は、何を意味するのか、この手の映画が

好きな人ならすぐにわかっちゃうのが残念。

カルロスは、モンセの世話に最初は感謝するけれど、一向に快方に

向かわない体や彼女が飲ませる「聖水」の意味を、妹から聞くと

態度を豹変させます。おまけにカルロスの婚約者が家まで押し

かけてくるんです。彼女を燭台?で殺害し、大きなのこぎりで解体

するモンセの、荒い息遣いが怖いのなんのって。その隙に逃げよう

としたカルロスは、なんとベッドに足を縫い付けられてしまう。

シーツをめくると「うわー!」という映像が出てくるのでドキドキ

です。婚約者なんて、トルソー代わりにされてしまうし、それを

見つけた、お得意様のプーリさんと姪は、編み棒攻撃を受けた模様。

ただ「エスターを凌ぐ衝撃のラスト」という割には、それほど驚き

もないし、「ミザリー」に「屋敷女」のグロさを入れた感じでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


グリーン・インフェルノ

4
JUGEMテーマ:Horror


グリーン・インフェルノ

「グリーン・インフェルノ」
原題:The Green Inferno
監督:イーライ・ロス
2013年 アメリカ=チリ映画 101分
R18+
キャスト:ロレンツァ・イッツォ
アリエル・レビ
ダリル・サバラ
カービー・ブリス・ブラントン
スカイ・フェレイラ

大学一年のジャスティンは、アレハンドロが率いる
古来の民族を守るため、森林伐採を阻止する活動に
参加する。メンバーは目的地であるペルーへ向かい、
計画通り活動を終えるが、帰還に就いた小型飛行機
はジャングルの中に不時着してしまう...。

<お勧め星>☆☆☆半 結構まじめに作ってあって
メッセージ性の強い映画でした。


大体この手の映画では、完ぺきに嫌な奴とアホ役が
いるのですが、今回はその嫌な奴がしぶとくかつ頭が
いいのです。逆にアホと見えた男が実は結構いい奴
だったりして、人物像の描き方が興味深い。


グリーン・インフェルノ

ジャングルの森林伐採を進める開発業者と、そこに暮らす
先住民族の対立が描かれ、急に大学構内でハンストをする
用務員たちの姿に変わります。食べ物つながりでしょうか。
その中のリーダーらしきアレハンドロの姿を見て、うぶな
ジャスティンは一目惚れ。この役はイーライ・ロス監督の
奥様、ロレンツァ・イッツォが演じているそうで、彼女を
大切の思う気持ちのあふれる映画でもあります。終盤の
シーンなど神々しい存在に描いています。

大学の授業で、宗教儀式としての女子の割礼に対し、残酷
な行為と腹を立てまくるジャスティンは、国連で弁護士を
している父親にその行為を禁止するように訴えますが、
それはある意味、異なる文化を否定する行為につながる
部分もあるわけで、虐待行為と当事者が認識するのはかなり
難しいのです。
で、ジャスティンは、鼻持ちならない男アレハンドロが率いる
古来の民族を守るための活動に参加するわけで、ジョナという
ぽっちゃり系の優しい男性のアドバイスも効いています。

ぽっちゃり系。   ここに深い意味があるのです。
一行は一路ぺルーに向かい、そこから舟を使って目的地へと
出発。ジャングルの中を歩くんだから、せめて長袖長ズボンを
身に着けるべきよね。まあ、行動の時には黄色いつなぎを
着ているけど。彼らは開発業者のブルドーザーに鎖で体をつなぎ、
銃を持って静止に来た職員の映像をスマホで撮影し、ネット上に
流す、という作戦をとるわけです。あれ?ジャスティンだけ鎖に
鍵がはまらない...。彼女の父が国連に勤務していることを利用
しようとしたのに気づくのは、彼女が拘束されてからです。
全く腹黒いったらありゃあしない。と思ったら、アレハンドロは
もっと腹黒いんですよ。


グリーン・インフェルノ

強制送還されるために乗り込んだ小型飛行機がなぜか故障し、
ジャングルの中に不時着します。このシーンも目が回るほど
くるくる回るし、途中で2名ほど座席ごと空中に飛ばされるし、
操縦士にはお約束の木が突き刺さります。
さらにジャングルから何者かが攻撃を仕掛けてくるのです。
ちなみにアレハンドロの恋人で彼と同じくらい嫌な女、カラは
残念!ここで矢が突き刺さっちゃう。


グリーン・インフェルノ

そして川を下り連れていかれた場所には、全身を赤く塗りた
くったヤハ族がすんでおり、
「神の贈り物」
等と言われ、ジョナは何かを飲まされた後に、メンバーの前で
目玉、舌、腕、足と切られていくのです。部族長らしき女が
本当においしそうに目玉をコリコリ食べています。残りは
燻製にするらしい。ぽっちゃり系を起用したのは、ここで活用
しようと思ったからかな。


グリーン・インフェルノ

拘束されている他のメンバーはアレハンドロから驚愕の事実を
聞かされるのです。やけに余裕かましていると思ったわ。
女子のみ連れ出され、何やらチェックされると、ジャスティン
だけ「ビンゴ!」的に何やら部族の建物に連れていかれます。
ジャスティンは、徹底的に純粋で心優しい設定になっているので
部族の少女とも交流しちゃう。
時折ゴア描写も入り込みますが、しっかり伏線が張ってあるので
違和感は全くないです。この映画のモチーフとなったのは
1981年公開の「食人族」だそうですが、当時、映画の看板を
見ただけでも背筋がぞぞーっとなったのに、この映画を見ても
ふむふむと納得でいてしまうのは、人が正しいと思って行動を
起こしてもそれに結果が伴わなければ、自己満足、自己陶酔に
終わってしまうということを訴えているのが理解できるからです。

この映画でヤハ族を演じたのは、実際の先住民族カラナヤク族
だそうで、彼らは映画というものを知らず、実際に「食人族」を
見せた後、映画を撮ったそうです。リアルな演技はそこに起因
するのでしょうね。
それにしても最も嫌な奴は、最もひどい方法で最期を迎えると
思ったのに!ちぇ!
文明の進化は、ある部分に置いて退化も意味しているのかもしれ
ません。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


恐怖の人体研究所

4
JUGEMテーマ:Horror

恐怖の人体研究所

「恐怖の人体研究所」
原題:The Atticus Institute
監督:クリス・スパークリング
2015年 アメリカ映画 83分
キャスト:ウィリアム・メイポーザー
リア・キルステッド
ロブ・カーコビッケ

1976年、超心理学研究所の所長、ヘンリー博士の
元に、ジュディスという女性が連れられてくる。彼女
の他に類を見ない能力は、やがて国防総省の目に留まる
が、その力はやがて恐ろしいものであるとわかってくる。

<お勧め星>☆☆☆ 期待しないで見たけれど、結構
怖いです。


よくあるモニュメンタリー作品で、1970年代に存在した
アティカス研究所の所長ヘンリー・ウェスト博士に対する
家族やら同僚やらへのインタビューと共に、過去の映像が
流れていきます。
監督は「ATM」(2012)、「リミット」(2010)の
脚本を担当したクリス・スパークリング。シチュエーション
が独特なもので、結構イラっとさせられる会話もあったな。
さてヘンリー博士は超能力を持つとされる被験者に様々な
実験を施すのですが、イカサマがあったりして、本物の能力
を持つ人物になかなか出会うことができないのです。旧ソ連
には、念力能力を持つニーナという女性の映像があるもの
だから、少々焦り気味。


恐怖の人体研究所

そんな時、ジュディスという40代の女性が、姉に連れられて
研究所を訪れます。ジャケットの顔はこの女性の顔なのね。
少年かと思ったわ。
ジュディスは最初から明らかに「力」を持っており、それが
どうも他のものとは違ってかなり強いとわかるのです。数々
の映像が流れ、少しずつ彼女への恐怖が高まっていくと、
この力を軍事的に利用しようと考えた国防総省が登場します。
つまり東西冷戦の真っ只中、こんな神がかり的な力が活用
できたら、東側のミサイルだって撃ち落とせちゃうし、まず
その意図さえ先回りして読めるかも、というわけです。


恐怖の人体研究所

ジュディスは「気密室」に入れられ、実験動物のような扱い
を受け始めますが、すでに研究所は国防総省の指揮下にある
から、ヘンリー博士が、何を主張しても受け入れられません。
しかし、この「力」は、だいたい「アレ」系のものであり、
必ずや他の人か物に移動していくというのは、想像に難く
ありません。そこに行くまでに、関連する人々の家族や犬など
が、いろいろな被害を被っており、かなり「危険」だと判断
できたはずなのに、軍部は彼女の力をあくまでも利用したかった
のですね。
ラスト付近の監視カメラ映像に映るシーンは、リアルであり、
また唐突なのでドキリとします。さらにヘンリー博士について
のクレジットも恐怖を増すものでした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


死の恋人ニーナ

5
JUGEMテーマ:Horror

死の恋人ニーナ

「死の恋人ニーナ」
原題:Nina Forever
監督:ベン・ブライン
   クリス・ブライン
2015年 イギリス映画 99分 R15
キャスト:アビゲイル・ハーディンガム
     フィオナ・オシャーグネッシー
     シアン・ベリー

スーパーに務めるホリーは、恋人を事故で亡くし
傷心の同僚ロブに心惹かれる。そして彼の部屋で
遂に結ばれた2人の前に血まみれのロブの恋人が
出現し、彼に対し激怒するのだった。

<お勧め星>☆☆☆半 ホラーの要素はあまりなく、
ラブコメの印象の方が強いです。


<少しネタバレ>
冒頭、誰かがバイクで事故を起こし、死んだかな〜
と思うと、その体が動き、怪我をしただけなのが
わかります。そしてどこか陰気なホリーが恋人にフラ
れるシーンに変わるのです。


死の恋人ニーナ

ホリーは救命救急士を目指して大学に通い、学資のため
なのかスーパーで働いているのです。彼女の同僚ロブは
恋人ニーナを事故で亡くし、自殺願望が強いらしい。
それがスーパーの駐車場での女子の会話に出てきた、
「ロブの腕の皮はベロベロよ」
ということからわかるように、冒頭の事故の当事者は
ロブなのです。なぜかロブが気になるホリーは、彼に
優しくしてあげるとあっという間にベッドイン!ちなみに
ホリーはとても豊満なのですが、その体を惜しげもなく
見せてくれます。ところがその途中、白いシーツに赤い
シミが広がり、やがて真っ赤に染まったかと思うと、ベッド
の下から血まみれの手が伸びてきて...。おおう、これは

ホラー映画なのか。いえ、そこだけはドキリとしますが、
この手の持ち主は、ロブの死んだ恋人ニーナであり、彼女
がこの後頻繁に出没するので、恐怖はあっという間に消えて
ただただウザイお化けと思えてきます。


死の恋人ニーナ

彼女は自分の死を認めておらず、それでいて
「死んだって譲れない一線がある」
などと理解不能な論理を繰り広げます。
「僕のことはあきらめてくれ」
とホリーにメールをし、血まみれのシーツをはがし、真っ赤に
染まったベッドのマットレスを裏返しにしても、それはすぐに
血で染まります。中盤以降赤いシーツにしたのは正解ね。


死の恋人ニーナ

ロブは毎週末ニーナの墓参りをし、彼女の両親と夕食を楽しむ
生活を送っているわけで、これでは一向に前に進めないのも
当たり前だと思ってしまう。そんな時ホリーが彼の自宅を訪れ、
2人はやはりベッドイン!すると当然ニーナちゃんが登場し、
あろうことか3人でお楽しみを始めるのです。げげげ〜。動く
とはいえ、死体にキスするなんておぞましい。でもね、ホリーは
なぜかあまり怖がらないんですよ。

ニーナはといえば
「別れるにも死んでいるから別れられない」
「死んだから忘れるのも無理」
もうさらに理解不能なことを言い始めます。でもなぜかニーナを
愛しく感じるのも確かです。
そしてロブとホリーは、ニーナの存在を消すために四苦八苦し、
ロブと同じタトゥーをホリーも彫ってみたり、(Nina Forever)
ニーナの両親に会せたり、ロブの部屋に残るニーナの私物を捨て
たり、壁を塗りなおしたり、あれこれ頑張ります。遂にはニーナ
の墓石の家でSEXをし始めるという暴挙に出ると、当然ニーナが
登場します。怖くないですよ。

ところが終盤に来て、ロブと距離を置いたホリーが同級生に目隠し
をさせてSEXをしていると、なんとそこにもニーナが出てくるのです。
あれ?ニーナはロブから離れられないんじゃなかったっけ?
すべてに区切りをつけ、ホリーに愛の再告白に来たロブに、なぜ
ホリーは首を振ったのか。
それは彼女の部屋のベッドを見れば一目瞭然でした。もしかしたら
最初からそうだったのかしらね。と思ってしまう。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


インシディアス 序章

4
JUGEMテーマ:Horror


インシディアス

「インシディアス 序章」
原題:Insidious :Chapter 3
監督:リー・ワネル
2015年 アメリカ映画 97分
キャスト:ダーモット・マローニー
     ステファニー・スコット
     アンガス・サンプソン
     リー・ワネル
     リン・シェイ

病死した母親の存在を感じる女子高生クインが
霊能者ルイーズの元を訪ねる。しかしルイーズは
クインの身に危険が迫っていることを知り、母親
との会話をやめるように忠告するのだが...。

<お勧め星>☆☆☆半 わかっていても怖い。

序章と邦題にあるだけに、「インシディアス」3作目
でありながら、過去2作の数年前の話になっています。
今回はとても可愛い子が主役。


インシディアス

この可愛い子が終盤、骨折してギブスをはめた両足のギブス
をバキバキ割った後、ものすごく奇妙な姿で歩き回るんです。
コキコキ音を立てながら。でも可愛いから許す。
この子はクインと言って高校卒業を控え、演劇学校入学を
夢見る少女です。彼女は最愛の母親をがんで亡くしたものの
なぜか母の存在を感じ、彼女と話がしたいと、霊能者エリーズ
の家を訪ねてきます。ああ、このエリーズは、「インシディアス」
の1作目でランバート一家を救うために、自らの命を落とした
おばあちゃまね。目と口をぽかりと開けたまま息絶えていたっけ。
彼女がなぜ死をも恐れず活動したのかは、この映画の終盤に理解
できるというもの。おばあちゃまはとっても勇敢で、序盤に
怖がっていたものの、終盤には「Come on,bitch!」なんて言って
戦います。


インシディアス

とりあえずクインのお願いを聞いて彼女の母親と交信しようと
すると、エリーズは、クインにものすごく邪悪な者が接近して
いることに気づくわけです。その邪悪な者は音や黒い足跡や
闇の中でうごめく何かで幾度となく登場し、そのたびにドッキリ
します。但し暗闇のシーンが多いので何が何だかよくわからない
ことも確かです。だからこそ怖いのかしら。
クインは道路の端で手を振る何者かに気を取られていると、車に
跳ね飛ばされ、両足複雑骨折の大けがを負うのですが、このシーン
がものすごくリアル。本当に車がぶつかったのかと思っちゃう。
そして両足にギブスをはめ、家のベッドに横たわるクインの枕元
には、父を呼び出す呼び鈴があるのですが、それが自然に鳴ったり、
誰も住んでいないはずの上の階から物音がし、天井にひびが入って
来たり、隣の部屋に住む同級生のヘクターに壁越しにノックすると、
いないはずの彼から返信のノックがある。でもね、彼にメールすると
「僕、今おばちゃんの家にいるよ」と返信が来ます。え、じゃあ誰が
ノックしたの?もう恐怖現象満載なんですよ。

極めつけはクインと親友マギーがスカイプしていると、マギーが
「弟のアレックスが隣にいるから平気ね」
なんて言う。
「え、わたし今一人なんだけど」...。
後半に入ると、エリーズと共にその後心霊捜査班を結成するスペック
とタッカーが登場します。この2人はそうかアレックスがネットで
調べだしたのね。ちなみにスペック役はリー・ワネル。


インシディアス

そしてラスト付近の闇の世界と現実世界の交互の映像は、音や声や
揺れる部屋などで恐怖を増長させます。エリーズおばあちゃま、頑張る!


インシディアス

この辺りでやっと「息のできない男」がはっきり登場します。彼は
いったいなんだったのか。なぜ顔が半分しかない女性がいたのかは、
そこで納得します。ラストのワンカットは想定内だったね。でも
やっぱり怖かったよ。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


ヴィジット

3
JUGEMテーマ:Horror

ヴィジット

「ヴィジット」
原題:The Visit
監督:M・ナイト・シャラマン
2015年 アメリカ映画 94分
キャスト:キャスリン・ハーン
     ディアナ・デュナガン
     ピーター・マクロビー
     エド・オクセンボールド
     オリビア・デヨング

恋人とクルーズ旅行に出かける母の留守中、
ベッカとタイラー姉弟は、15年疎遠だった
祖父母の家を訪れる。祖父母の歓迎と手料理
を楽しむ2人だったが、夜ドアの外から聞こえる
奇妙な物音に気付くのだった。

<お勧め星>☆☆☆ シャラマン監督だからこそ
してやられ感を覚える映画です。


何かあるんじゃないか、異星人襲撃か、悪魔憑きか、
死後の世界か、あれこれミスリードされつつの94分
です。
いまや使い古され、B級映画でも使われなくなった
P.O.V.映像で映画は始まります。なぜかというと
シングルマザー、ロレッタの娘ベッカが家族について
ドキュメンタリー映画を製作中。なぜ母が家を出たのか、
両親と疎遠なのか、映像を通じて知りたいというらしい。
弟タイラーは下手なバカラップを歌う生意気盛りの小僧
です。


ヴィジット

ロレッタの夫、つまり2人の父はスタバで出会った女性と
暮らすためにLAへ行ってしまったらしい。でもロレッタは
既にミゲルという恋人がいて、今回クルーズ旅行に行くから、
姉弟で、祖父母の家に行くことになるのです。極めてハイ
テンションなロレッタは、離れているときもスカイプを通じて
子どもたちと連絡を取るわけで、この笑顔が消えるのは、
ほぼラスト間際となっています。このハイテンションがうざい
と思ったけれど、これがラスト付近に生きてくるのね。


ヴィジット

メイソンビルでは、歓迎のプラカードを持って祖父母が待って
いるのです。普通のアメリカの田舎の一軒家で、祖母の作る
お菓子を楽しみ、タイラーの下手なラップを祖父がほめてくれ
ます。孫は可愛いものねえ。
しかしこの家で過ごすのになぜか3つのルールを言われるのです。
 ヽ擇靴せ間を過ごす→大丈夫
◆々イなものは遠慮なく食べる→大丈夫
 夜9時30分以降部屋から出てはいけない→無理

今どきの子供が9時30分に寝るとは思えない。当然お腹がすいて
ベッカはお菓子をつまみ食いに行こうと部屋を出ると、階下で
祖母がリバースしながら歩き回っているのです。ゴジラみたい。
翌日は、雪の中でかくれんぼしようと、家の軒下に入り込むと、
あらら、もう一人人影がある...。貞子3Dのようにシャシャシャと
這ってくるんですよ〜。

さらに祖父は庭にある小屋に何かを置きに行くのです。声をかけても
全然無視するのはなぜ?
町に行けば祖父は見知らぬ男に「奴が追ってくる」と飛びかかるし、
晩になると祖母がなんと全裸で壁をかきかきしています。
これ明らかにおかしいですよね。
母との連絡手段だったスカイプも、ベッカのPCのカメラを祖母が
汚してしまったから、母の映像しか映りません。でも母はまだ
陽気に恋人とのバカンスを楽しんでいるんです。まあ、土曜日までの
辛抱だもんね。

この家には結構人が訪れるんですが、なぜかその時は祖父母は留守
なんです。なので姉弟は2人が誰かと話す姿を見ていないのです。
ロッキングチェアーに座って壁に向かって笑う祖母は
「深い暗闇にいた」
などと訳の分からないことを言います。そして遂に金曜日の晩に
なります。
ここからの急展開は、今思えば、ああそうだよな、あの会話もそう
だったよな、と納得できることばかりなのですが、何かひねりを
予想していただけに、まさにドストライクの球に驚いた感じ。
つい悲鳴が出たのは、便まみれのおむつを顔に押し付けられた
超潔癖症のタイラーを見た時です。あれはトラウマになっちゃうわ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


パージ

4
JUGEMテーマ:Horror

パージ

「パージ」
原題:The Purge
監督:ジェームズ・デモナコ
製作:マイケル・ベイ
2013年 アメリカ映画 85分 R15+
キャスト:イーサン・ホーク
     レナ・ヘディ
     アデレイド・ケイン

2022年のアメリカでは、1年に一晩12時間だけ
殺人などのすべての犯罪が許される「パージ」が
施行されている。防犯設備のトップセールスマン
ジェームズもこの晩を無事に過ごせるよう願って
いたが、息子チャーリーが助けを求める1人の男を
家に入れたことから、彼らは危険に晒されていく。

<お勧め星>☆☆☆ きっかけが「なぜ」と思うけれど
最後まで目が離せませんでした。


Rotten Tomatoesの評価は38%。案の定
「陳腐な非現実的な政治に関する演説を長々とやっていて
スリラー要素は使い古された暴力描写」なんて書いてあり
ます。しかし製作費300万ドルなのに、興行収入が8000
万ドルを超えたとなると、やはり期待して見てしまいますね。
設定は、2022年のアメリカで、失業率が1%、暴力はほぼ
存在しない世の中になっているという、信じられないもので
始まります。そこにはからくりがあって、安全を維持するため
政府は、年に一晩12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪を合法に
する、という「パージ法」を施行しているからなのです。これ

によって、人々の憎しみ、怒り、不満は解消され、無用な人々
は浄化(殺害)されていくという極めて不謹慎な法律なのですが、
それで平和で高水準な生活を送れる人々が残るのは当然のこと
なのです。


パージ

この中で主人公ジェームスは、防犯設備のトップセールスマン
であり、ご近所さんもうらやむような増築までできている。
彼の妻メアリーが冒頭にご近所さんにそねみのような言葉を
かけられたことをお忘れなく。
しかし家庭では、ジェームズのお眼鏡にかなわない年上のヘンリー
と付き合う反抗的な娘ゾーイや、何の意味があるのかわからない
変なラジコンロボを走らせるオタク小僧、チャーリーがいて、
心の支えは優しい妻メアリーだけみたい。このメアリーの妙に
優しい心もちょっとイラっとします。
さて、この晩を迎えた一家にはアクシデントが2つ起こります。
1つは、ゾーイの恋人ヘンリーが家に忍び込んでいたこと。


パージ

これに関してはあっという間に終わるからいいとして、2つめ
がとても厄介なことなのです。せっかく防御システムを作動
したのに、助けを求める黒人男性を監視カメラで見つけた
チャーリーが家の中に入れてしまう。この「意味」がわからない
のよね。


パージ

こうでもしないと話が始まらないからいいとして、この男を
追ってきた集団がいたことから、彼らは一気に窮地に陥るわけ
です。
「男を生きたまま渡すか、一家全員殺すか」
集団のリーダーらしき男がこう言うものだから、あれやこれやで
捜しだした男をテープで巻いて集団に引き渡そうとジェームズは
考えます。すると、あらら、子どもだけでなく妻までも、彼の
そばを離れて行くのです。つまり妻や息子は、そもそもこの法律
に反対だったのかね?それとも抵抗する男の傷口をえぐってまで
男を拘束しようとするジェームズに嫌気がさしたのかね?

結局一家は、男を差し出さず、この集団と戦うことにするわけ
です。相手はライフルやら斧やら、自動小銃みたいな武器を山ほど
持っているのに、こちらは、気弱な妻が銃を前に出したまま、ヨタ
ヨタ家を歩き回るは、隠れているはずのチャーリーはチョロチョロ
出てくるは、ゾーイは男たちの格好のターゲットになるはで、まとも
に戦えるのはジェームズだけじゃん。
そのジェームズは、倒した相手にしっかりとどめを刺す。Good Job!
しかしラスト付近でのストーリーの転換は、なかなか面白いです。
優しかったメアリーは、そねみ主婦の鼻をバッチリ折ったかな。
さあ、「パージ・アナーキー」も楽しみだな。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM