Sacrifice

5

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

sacrifice

 

「Sacrifice」

監督:ピーター・A・ダウリング

2016年 アメリカ=ドイツ=アイルランド映画 90分

キャスト:ラダ・ミッチェル

     ルパート・グレイヴス

     イアン・マケルヒニー

     レイチェル・オリヴァ

 

夫の故郷シェトランド諸島の島に移住したトラは外科医として

勤務する傍ら、島で養子縁組することを望んでいた。

ある日彼女は自宅の庭から心臓をえぐられ、背中にルーン文字

を刻印された女性の遺体を発見してしまう。

 

<お勧め星>☆☆ わかったようなわからいような内容で、

見終わってもモヤモヤします。

 

S・J・ボルトン「三つの緋文字」の映画化で、ほぼ原作通りの

映像になっているそうですが、原作は未読なので何とも言えません。

主役のトラは「サイレントヒル」シリーズのラダ・ミッチェル。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)

「エンド・オブ・キングダム」(2016)のジェラルド・バトラー

の妻役と言った方がわかりやすいかも。

 

sacrifice

 

冒頭のシーンでは産科医と思しきトラは自らが流産し、夫ダントンの

故郷であるスコットランド、シェトランド諸島のアンスト島に移住。

外科医として勤務し始めるのです。幾度となく島民が「小さな島」と

いうだけあって、何か起きると瞬く間に島中の人が知っているという

狭さです。なんでこんな所に来たかというと、どうしても子供が欲しい

トラは、国際トローナルという養子縁組専門の病院のあるこの島で養子

を迎えようと考えたわけです。トローナルという言葉も怪しげです。

スコットランド特有の海岸の景色や強い風、どんより曇った空などは、

閉鎖的な島の人々の姿が加わるとものすごく不気味に感じられます。

それが恐怖に変わっていくのは、彼女の自宅で飼っている馬が亡くなり、

彼女自身で重機を使ってそれを埋めようと穴を掘り始めると(重機が

使えることにも驚く)地中から一体の遺体を見つけたことからです。

その遺体はミイラ化しているから、別に怖くないけれど、それが女性

であり、心臓がくりぬかれ、背中に3つのルーン文字が刻まれていたこと、

さらに死亡直前に出産していたことがわかると、sacrificeの雰囲気が

漂ってきます。しかしこの島では特有の土壌から、保存状態のいい

ミイラが発見されているということで、これは数世紀前のものだなんて

警察は決めつけてしまう。え?これで捜査終わり?

 

sacrifice

 

トラは同じように疑問を持つダナ巡査と違法な捜査を繰り返し行う

のです。不法侵入だろうが、PCへの不正アクセスだろうが、

秘密書類の持ち出しだろうが、なんでもしちゃう。話はどんどん

進んでいくのに、人と名前がなかなか覚えられないし、スティーヴンが

2人いて、ルックスが似通っているので、最後まで区別がつかず、

また肝心のストーリーもわかったようなわからないようなものでした。

雰囲気はいいんだけどねえ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


ビンゴ

5
JUGEMテーマ:邦画

ビンゴ

「ビンゴ」
2012年 日本映画 99分
キャスト:清水一希
松井咲子

20××年の日本。死刑執行はビンゴで行われる
ことになり、正哉を含む25名の死刑囚は、巨大な
マス目の上に置かれた椅子に座らせられるのだった。

<お勧め星>☆☆半 ストーリーは単純だけれど、
まあ楽しめる映画です。


<ネタバレ>
元AKB48の松井咲子が出演していて、東京音大の
ピアノ科に在学中なだけあり、見事なピアノの音色を
聴かせてくれます。少しだけね。
設定はもうむちゃくちゃで、ランダムに25名の死刑囚を
呼び、巨大なビンゴ版のようなマス目の上に置かれた椅子に
座らせる。そしてゆっくりビンゴのボールを回転させ、
出てきたボールの中の数字のマス目が赤く点灯するわけです。
これがゆっくりがらがら回り、死刑囚たちが動揺しまくる姿が
ずっと映り続けるのです。でもビンゴってセンターの人は不利
になりますよね。そこは救済措置があって、斜めはそろった
ことにならないようです。


ビンゴ

そんなルールは、映画内の会話や光景で次第にわかってくると
いうもの。「1回1回ボールがなぜ入れ替わる?」と外国人
死刑囚が疑問に思うのは極めて正論で、実は、死刑囚が直前の
面談で、死ぬ前に会いたいと話した人たちが上に集められており、
その人たちが死刑囚の様子を見ながら数字を書き込んでいくわけ
です。だから被害者家族もいれば、加害者家族もいる。
ふむふむだんだんわかってきたぞ。
死刑囚の動揺は様々で、気を失いそうになる者や、人の罪を
責め立てる者、自分の家族を心配する者などがどんどん映ります。


ビンゴ

その死刑囚の中の1人、熊田正哉は、ある殺人事件を起こして
死刑判決を受け、「妹」真弓を呼んでいるのです。彼女と再会し
一緒に暮らすことを夢見て何とか助かろうと祈るのですが、
松井咲子演じる真弓はどうも様子がおかしい。とりあえず
この人を初めて見た私にとっては、特にきれいでもないし、
映画の回想シーンでピアノを弾いている時にかぶっていた
ウィッグが非常に似合っていないという印象しかありません。


ビンゴ

死刑囚それぞれの罪や家族関係などほとんど伝わることなく、
25→16→9→4と死刑は執行されて人数がどんどん減って
いきます。その場で絞首刑ってすごいよね。上にいる人々も
正論を語る人もいれば、ただ家族との再会を心待ちにする人も
いて様々だし、刑が執行されるとビンゴゲームから離脱し、
帰宅する人もいます。で、どうも腹黒そうなフリーの記者と
正哉だけ残るんだよね。記者が、正哉の罪をべらべら
話すとそれは逆効果というもの。人間の心って不思議なもので
おしゃべりすぎると、その人物を嫌いになってしまうらしい。
そして遂に正哉は残るんですよ。その頃には、回想シーンで、
彼は実は家族から虐待を受け、その家族を刺殺した真弓を
かばっているだけだ、ということがわかってきます。正哉は、
真弓のピアノの音色が好きで、毎日家の外で聴いていたら、
たまたま事件を目撃してしまっただけのこと。え〜。
そして真弓が下した決断は「死刑を執行してください」。
あまりに不条理じゃないかしら。

「これで救済された」なんてほほ笑む真弓には全然感情移入
できません。
でもこの手の映画にしては、普通に楽しめる内容でした。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


リベンジ 極限制裁

4
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

リベンジ

「リベンジ 極限制裁」
原題:Already Dead
監督:ジョー・オッティング
2007年 アメリカ映画 93分
キャスト:ロン・エルダード
ティル・シュヴァイガー
パトリック・キルパトリック
ジェフリー・ピアソン

強盗により息子を失い、妻の心も離れてしまった
トムは、ヘラー博士から、犯人を捜しだし、被害者に
直接復讐させてくれる秘密組織の存在を教えられる...。

<お勧め星>☆☆ もったいぶったわりにはストーリー
は大したことはなく、特にお勧めしません。


映画の始まり方からすると、家族が誘拐されて、その
身代金でも運んでいるのかと思うのですが、それが時折
はさみ込まれる回想映像で、実はトム・アーチャーという
設計士の男の家に強盗が入り、シッターと息子を殺害した上、
妻とトムに暴行を加えた事件が起きていたことを知るのです。


リベンジ

妻は心を病み、自分も仕事に行けないまま3か月が経つのに
警察の捜査は打ち切られると言う。こんな残虐な事件をあっけ
なく迷宮入りにしてしまうなんて、にわかに信じられません。
トムが警察署で大暴れするのもよくわかります。で、担当の
刑事から、ヘラーという分析医のカウンセリングを受けるように
勧められるわけです。でも全然心が快方に向かわないトムに
ヘラーは「犯人を捜し出し、被害者に直接復讐させる」ことが
できる闇の組織を教えてくれるんです。これ胡散臭い。


リベンジ

てなわけで、大金を抱えて、携帯電話の指示通りにあちこち移動
する冒頭のトムの姿になるわけですよ。地下鉄をあれこれ乗り換え、
何かの鍵を持って移動したりして、最後は袋をかぶせられて現地に
到着するという手の込んだ方法でやってきた割には、帰りは簡単に
帰宅できます。
さらに犯人だと差し出された男に対し、拷問をするための様々な
器具がずらーっと並んでいるから期待値が上がりますが、実際に
使用するのは、バットと手の平に釘を打ち付けるために使う金づち
とその釘を抜く釘抜きだけなのよね。明らかに誇大広告だわ。


リベンジ

さらにその男がどうも犯人ではないとわかってきてからが本筋らしく、
トムと偽犯人が、闇の組織から逃れるために戦い始めます。ものすごく
大きな廃墟の中にいるとかで、扉や通路がいっぱいあるし、何やら
爆弾も設置しているみたい。おまけに偽犯人がやけに、銃やナイフの
扱いに慣れているのも気になります。やっぱりこいつが犯人?いや、
かすかに覚えている右腕のタトゥがないから違うってば。しかしこの
重要な証言をなぜ警察で話さなかったのかも不明です。黒幕は要するに
「悪の根源を始末することが世のため」と思っている警官やそのOBで、
じゃあこの男はそんなに危険な男なのかと思うけれど詳しい説明はなし。
この偽犯人は、「撃たれて動けない」とトムに言ったくせに次のシーン
では身軽に走り回ったり、いつの間にやら防弾チョッキを着ていたり、
釘で撃ち抜かれた手の傷も全然痛くないくらい不死身なんです。
銃撃戦や爆発シーンなど派手な割には、緊張が続かず、アクビ連発。
なのでよほどヒマでなければ見るのをお勧めしません。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ステップファーザー 殺人鬼の棲む家

5

ステップファーザー

「ステップファーザー 殺人鬼の棲む家」
原題:The Stepfather
監督:ネルソン・マコーミック
2009年 アメリカ映画 101分
キャスト:ディラン・ウォルシュ
セーラ・ウォード
ベン・バッジリー
アンバー・ハード

両親の離婚後、寄宿学校に入れられていたマイケルは
夏季休暇で帰宅する。そこには母スーザンの婚約者
デビッドがおり、話の分かる善人に見えたのだが、彼の
身元を証明するものは何1つないのだった。

<お勧め星>☆☆ ラスト付近は、ちょっとハラハラする
けれど、すべてのシーンに既視感が漂っています。


1987年の同名映画「W/ダブル/The Stepfather」の
リメイク映画だそうですが、オリジナルがどうかを知る
気持ちは全く起きない内容です。
始まりは、のんびりヒゲを剃り、カラコンを入れ替え、
トーストを食べる男の姿からです。クリスマスソングが
鳴り響く部屋の中は、そのオーナメントが散らかっている
隙間に、あら、女性やら子供の死体も転がっている。そう、
彼はシリアルキラーで、ご丁寧に、離婚し、子供が3人いる
女性に近づいては、一家を惨殺していく男と、警察が説明
してくれます。かなりのんきに話しているけれど、かなりの
凶悪犯なのよね。
そしてオレゴン州のスーパーで、子連れのスーザンに声を
かけるデビッドは、半年後にはちゃっかり婚約者として、
彼女の家の住人になっているのです。


ステップファーザー

スーザンには3人の子供がいて、長男のマイケルは、前夫との
離婚後、寄宿学校に入れられているらしい。マイケルの幼馴染
兼恋人のケリー役は、アンバー・ハード。


ステップファーザー

夏季休暇に彼が戻ってくると、いちゃいちゃ、チューチュー
し放題なんです。そうそう、ジョニー・デップとは離婚協議中
なのよね。彼女のビキニ姿はふんだんに見られます。目の保養。


ステップファーザー

反抗的なマイケルの心もぐっとつかんだデビッドを怪しむ
きっかけというのが、近所に住む猫好きのばあさんの告げ口で、
それも、「シリアルキラーの似顔絵に似ている」というあまり
信憑性のないものなのです。
普通前夫の浮気で離婚し、それほど時間もたっていないのなら、
再婚にはかなり慎重になるはずよね。そもそも身元を証明する
ものは1つもないし、写真もない。支払いは現金のみって、絶対
怪しい。それを怪しまないスーザンは、とことんアホだね。
または離婚で受けた心の傷にするりと入り込む巧みな技を持って
いるのだろうか。

で、このデビッド、ちょいちょいヘマをしでかしては、
「自分はデビッド。自分はできる」
なんて夜中に居間を徘徊するんです。まさに怪しい。NHKの
朝ドラくらい頻繁に、のぞき見、立ち聞きシーンがあるのも
チープなんですよ。
スーザンの前夫ジェイは、子供にはとても愛情を持っているから
デビッドに乱暴な扱いをされたショーンが告げ口すると、怒り
心頭でデビッドに詰め寄るわけです。

その他にもデビッドが勤め始めて成績を上げている不動産会社でも、
スーザンの妹ジャッキーが、彼の社会保障番号やら身元を証明する
書類の提出を求めると、彼は会社を辞めてしまう。ジャッキーは
とても怪しむのに、スーザンは全然気にしません。愛は盲目なのね。
まあ、デビッドの邪魔になる相手は、どんどん殺されていくし、
そもそも「家族は大切」が口癖のデビッドは、どんな家族を求めて
いるのか、最後までわからないんです。
それとスーザンだけでなく彼を全然怪しまないケリーもアホ。
大事な時に携帯の充電はきれているは、マイケルは携帯を落とすはで
2時間ドラマさながらの展開を迎えます。
ラストの1カットもありきたりだし、101分もかけなくても十分
な映画でした。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ラストタイム 欲望が果てるとき

5
JUGEMテーマ:洋画

ラストタイム

「ラストタイム 欲望が果てるとき」
原題:The Last Time
監督:マイケル・カレオ
2006年 アメリカ映画 97分
キャスト:マイケル・キートン
     ブレンダン・フレイザー
     アンバー・ヴァレッタ
     マイケル・ラーナー

ニューヨークの会社でトップセールスマンである
テッドは、新人ジェイミーに仕事を教えることになる。
しかし彼は一向に成果を出せない。そんな時テッドは
ジェイミーの婚約者ベリッサを知り、彼女に強く心を
惹かれるのだった。

<お勧め星>☆☆半 先が読める残念なサスペンス

ドロドロの三角関係に潜むカラクリであっとびっくり
させたかったのでしょうが、それほどドロドロ感はなく
少々エロいシーンと女にかまけて大事な仕事をおろそかに
するあり得ない男の話でした。そもそも「欲望が果てる
とき」って邦題が意味不明。


ラストタイム

主役の敏腕セールスマン、テッド役はマイケル・キートン。
ビシっとスーツを着込み、口は悪く、同僚や上司に悪態をつく
鼻持ちならない男ですが、営業成績は抜群なのです。まあ彼
口にする言葉はf***つくものばかり。そんな彼が指導する
新人ジェイミー役は、すっかり膨れてしまったブレンダン・フレイザー。
映画内では美人の婚約者とニューヨークに出てきて結婚式を控え、
新居も購入したというから幸せ太りという感じかしら。彼が
全く無能でいくらチャンスを与えてもちっとも成果を上げられない
男なのです。いくらオハイオとニューヨークでは営業の手法が
異なるとはいえ、これはあまりにひどすぎる。それでいて私生活
では、ベリッサという美人の婚約者がいるのです。


ラストタイム

この役のアンバー・ヴァレッタは「デッド・サイレンス」
(2007)に出演していたらしいけれど全くに記憶に残って
いません。でもきれいです。
そしてストーリーは、大学で教鞭をとっていた彼の薄給に愛想
を尽かし、彼の元を去った元恋人の件で女に凝りたテッドが、
なぜかベリッサにはいちころで心を奪われてしまうところから
進展します。あろうことか、泥酔したジェイミーの眠るベッドで
関係を結ぶテッドとベリッサ。これこそスリル抜群!

ジェイミーのダメダメぶりはものすごく似合っているんだけれど、
テッドが急に女にたぶらかされて、仕事をすっぽかし始めるのは
かなり無理がある気がします。仕事中に逢引する必要はないし、
顧客とのアポを無視するのも納得がいきません。そもそも彼の
会社が何を売っているのか最後までわからないのです。
ラストはライバル会社に会社を乗っ取られ、その黒幕の駒として
ジェイミーとベリッサが動いていたことがわかりますが、この時の
ジェイミーがものすごく違和感あり。多分悪役を演じるには太り
すぎているし、容貌が優しすぎるのかもしれません。
さらにもっと違和感があるのは、仕事を失ったテッドが再び大学の
仕事に戻れることです。
「お久しぶりです」
って守衛に言われていたけれど、なにかね、テッドは休職していた
だけなのかしらね。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ブラックハット

5

ブラックハット

「ブラックハット」
原題:Blackhat
監督:マイケル・マン
2015年 アメリカ映画 133分
キャスト:クリス・ヘムズワース
     ワン・リーホン
     タン・ウェイ
     ビオラ・デイビス
     ホルト・マッキャラニー

何者かによるハッキングで、香港の原子炉が爆破
され、同様の攻撃を受けつつ被害を免れたアメリカ
へ共同捜査を依頼するためにチェン大尉が渡る。
FBIのバレット捜査官は、天才プログラマーで刑務所に
収監中のハサウェイに協力を求めるのだが...。

<お勧め星>☆☆ 無駄に長い緊張感のない映画です。

マイケル・マン監督は「ハンコック」(2008)では
VFXを駆使し、見ごたえのあるアクション映画を作って
いましたが、制作に回り、娘アミ・カナーン・マンが監督
した「キリング・フィールズ 失踪地帯」(2011)は
何とも不完全燃焼な映画になっていました。
ではこの映画はどうかというと、まず主役の起用が大失敗
だと思うのです。MIT在学中に銀行のネットワークに侵入し、
大金を盗んだ罪で服役中の天才プログラマー役がなぜに
クリス・ヘムズワース?


ブラックハット

大きな手でキーボードを叩くより、ハンマーの方がよく
似合っています。もちろん、喧嘩っ早く、恋人といるところを
他の客に絡まれ暴力事件を起こした、などとアピールしている
ので、まあ後に出てくる格闘シーンも納得できるように説明
しているのかな。
オープニングは、香港の原発事故の映像で、それは日本人が
見るのはかなりつらい。その事故がどうやら何者かによる
ハッキングで引き起こされたことがわかり、チェン大尉が捜査
を任されるわけです。enterを押すと、あちこち電気がつながり
それが遂にはターゲットのコンピューターに侵入する、という
映像をものすごくアナログに描いているので、用語がわからなく
ても大丈夫です。


ブラックハット

チェン大尉の妹は都合のいいことにネットワーク技術者であり、
ついでに美人でスタイル抜群。この先の展開がすでに読めて
いますねえ。
同様の攻撃を受けたものの、被害を免れたアメリカとの共同捜査
を行うって、中国からのサイバー攻撃にピリピリしているアメリカ
がぜーったいに引き受けないと思うけれど、なぜかFBIが連携する
んですよ。そしてこの悪意のあるプログラムを最初に制作した
ハサウェイ受刑者の力を借りるというわけです。チェンとハサウェイ
はMITでルームメイトだったんだって。すごい偶然!
これ以降は眠くてたまらない内容だったので、突っ込みどころだけ
書いておきます。

 仝業事故の現場で周りのみんなは防護服を着ているのに、チェン
やハサウェイは私服ですいすい入っていく。「ダイ・ハード」の
放射能除去スプレーしたのかしら。
◆’ぬ崖始早々に美人のリエンとあっという間にフォーリンラブ。
犯人を捕まえたら釈放されるんだから、もっと真剣に取り組もう。
 黒幕の片腕を見つけ、特殊部隊が出動するときに、なぜか防弾
チョッキ姿のハサウェイも同行。銃の扱いもバッチリです。
ぁFBI捜査官バレットが、ハサウェイの肩を持つとき「9.11」
事件を持ち出していたけれど、それとこれに何の関係があるのか。
ァ.爛ムキの体で格闘にたけているハサウェイは、刑務所で毎日
トレーニングを積んだから?

Α.薀好班婉瓩離泪譟璽轡△旅場では、民間人が幾人も巻き添えに
なっていますけど、それはどうでもいいのか?
А.螢┘鵑呂覆爾点滴もできます。
てな具合にいくらでもあげられます。とりあえず主役の2人の男女
は無事で終わるけれど、その分ほかの登場人物の存在感が薄かった
です。133分もいる?






  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


サバイバー

5

サバイバー

「サバイバー」
原題:Survivor
監督:ジェームズ・マクティーグ
2015年 アメリカ=イギリス映画 97分
キャスト:ミラ・ジョヴォヴィッチ
     ピアーズ・ブロスナン
     ディラン・マクダーモット

ロンドンのアメリカ大使館員ケイトは、ある人物の
ビザ発給に疑問を持つ。しかし彼は入国し、その後
ロンドン市街で爆発事件が起き、ケイトの同僚たちが
巻き込まれる。辛うじて助かった彼女は事件の容疑者
として追われ始めるのだった。

<お勧め星>☆☆ 頭を空っぽにして見れば、まあいい
かな。


アフガニスタン、カンダハルでヘリが墜落し、2人の兵士
が捕虜として捕えられます。そこで1人は焼殺されるの
ですが、このシーンの持つ意味はそれほど大きくなく、
敢えてこんな映像がいるのかと思ってしまう。テロへの
脅威を浅くしか描けないのだから、無駄なシーンを入れて
気持ちを逆なでしないでほしい。
さてイギリス、ロンドンでのアメリカ大使館員ケイト・アボット
役はミラ・ジョヴォヴィッチ。


サバイバー

少しふっくらして女性っぽさが増しました。でもアクションの
キレは健在です。で、極めて頭のいいケイトは、バラン博士と
いう1人の医師の入国に疑問を持つのです。
彼女の上司で何かと彼女を守るサム・パーカー役は「エンド・
オブ・ホワイトハウス」(2013)のディラン・マクダーモット。


サバイバー

アメリカ大使館員ってCIA並みの情報収集能力があるんだ、
なんて深く考えていると先に進みません。
バラン博士のビザ発給を巡って、なんとイギリスの内務省やら
大臣まで口出しするのです。ケイトは疑惑を持ったままなんだけど
とりあえず、彼は入国。
一方、「時計屋」と呼ばれる伝説の殺し屋役は、元ボンドの
ピアーズ・ブロスナン。なんか急にシルバーグレイのおじ様の
雰囲気になっちゃったね。


サバイバー

でも終盤には、狭いビルの上階から、電灯の紐を使って一気に
滑り降りるというアクションも見せてくれます。
だけど、常に「なぜ?」という疑問が消えないのですよね。例えば
指名手配されたケイトはなぜ顔も隠さず、ロンドンを歩き回るのか。
イギリスの警察の能力がなぜにこんなにレベルが低いのか。一介の
大使館員にすぎないケイトが、刃物や銃の扱いがめっちゃ上手い
のはなぜなのか。この辺りも考えずに見ていきましょう。最大の
疑問はバラン博士の「目的」が浅すぎるということだけど、ここ
はもし見る機会があったら考えてみてください。
タイムズスクエアでのカウントダウンの華やかさだけが、印象に
残る映画でした。ラストの「9.11後、アメリカ国内では、テロを
30数件未然に防いだ...」のくだりは最も余分なクレジットだと
思います。だから何?となるでしょう。





  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


エグザム:ファイナルアンサー

4

エグザム

「エグザム:ファイナルアンサー」
原題:The Employer
監督:フランク・マール
2012年 アメリカ映画 90分
キャスト:マルコム・マクダウェル
     ペイジ・ハワード
     ビリー・ゼイン

ある会社の最終面接の残ったはずの5人の男女が
4つの鍵をかけられた密室の監禁される。1人死ぬ
たびに鍵の暗証番号が知らされる、と聞かされ混乱
する5人だったが...。

<お勧め星>☆☆ 特にひねりもなく、ありきたりの
展開です。


当たり前だけど「エグザム」(2009)とは何の関係
もない映画です。そもそも原題はThe Employer(雇い主)
だし。「エグザム」自体も「一休さん」で出されるトンチ
問題を解かされる不条理映画だったあげく、ラストがいま
一つ面白くなかった。なので全然期待して鑑賞しなかったら
案の定、その期待を裏切らない(裏切ってほしかったけれど)
ただ閉じ込められた密室内の殺し合いと、その後の結末だけ
でした。


エグザム

ストーリーは突然目覚めるジェームズの姿から始まります。
周りには見知らぬ男女が横たわっていて、4つの鍵がかかった
分厚いドアと、監視カメラが設置された密室に閉じ込められて
いることを知るのです。


エグザム

この5人はとても個性が異なる人たちなので、すぐに名前
と顔がくっつきます。
ゝぜ紊淵献А璽爛
敬虔なクリスチャンかつヘビースモーカーのキース
6撻肇貘膵イですぐにキレる大男マイク
こ米技の心得のあるビリー
イ笋燭薀献А璽爛困房蕕辰討發蕕うとするサンドラ
彼らの面接シーンと拉致された晩の様子が、現在の状況と共に
映し出されていくのです。でも雇い主の質問に何か意味がある
のかと思って真剣に見ていたけれど、実はあまり意味はない
みたい。

部屋の通風孔にあった1台の携帯電話から、雇い主の声が流れ
●発信は5回(この時点で警察に電話しているから−1)
●警察に連絡してはいけない
●1人死ぬたびに鍵の番号が教えられる
●生き残った者を採用
と伝えられるのです。ありきたりの設定なのに、あっという間に
彼らは殺し合いを始め、マイクはキースにネクタイで絞殺される。
キースはビリーにハイヒールで目を刺される。ビリーはサンドラ
に壊した携帯の破片で首を刺され、お陀仏です。彼らの人物像が
詳しく描かれていないので、特に何の感情も沸きません。マイク
はなぜ母親に電話をしたのかとか、サンドラと妹の関係とかキース
がなぜ偽の電話をしたのかとか、よくわからないことばかり。
実はサンドラは、雇い主の一押しで、他の人の情報を持っていた
ということが後でわかると、だったら最初からこの人を採用すれば
いいじゃないかと思ってしまいます。


エグザム

「捕食者」になるための関門だったとしたら、他の方法を考えて
方が手っ取り早いし、合法的ですよね。ついでにジェームズは
なぜにウェイトレスに電話をしなかったのでしょうねえ。
それと誰かルールを破ったりしたら、もっと面白かったのにと
思ってしまいます。まあ、短い映画なので普通に見ることはでき

ますが、やはり特にお勧めはしません。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


Beyond The Blood/ビヨンドザブラッド

4

ビヨンドザブラッド

「Beyond The Blood/ビヨンドザブラッド」
原題:The Blood
監督:ギョーム・トーブロン
2012年 フランス映画 83分
キャスト:小野孝弘
     吉田真理
     木村圭作
     泉水美和子

仕事人間のシンジは、妻アケミを何者かに
殺害され、犯人に復讐しようと決意する。その
ために銃を入手しようと向かったヤクザの元で
1人の女子高生と知り合うのだった。

<お勧め星>☆☆ ひたすら睡魔と戦う必要が
ある映画です。


監督はフランス人のギョーム・トーブロンという
お方。「YAKUZA JK KAIDAN」といった日本独自
の事象をフランス人の目から描いた、というのです
が、どれも中途半端なので、怖くもないゴーストやら
強くもないヤクザ、ついでに結構銃を使えちゃう
一般人などが映り、まさしくアンビリーバボーな世界
なのです。日本では銃は「銃刀法」で厳しく規制されて
いるんですよ〜!
ストーリーは仕事優先で家庭を顧みないシンジが妻アケミ
を何者かに殺害され、「誰が奥さんを殺したか知っている」
という奇妙なメールを受信するところから始まります。
そして突然現れるアケミのゴースト。このアケミがあまり
きれいでないのが残念です。さらにその現れ方も、「怪談」
とは程遠く、突然はっきり姿が見えるというものです。
そして彼女の復讐をするために、なぜかヤクザがいるクラブ
へ向かい、銃を入手しようとするシンジ。


ビヨンドザブラッド

多分日本人なら銃ではなく、包丁とかの方がしっくりくるのにね。
とりあえず、金に物言わせて(あんなに少なくていいんだ)銃を
手に入れたものの、彼の目の前には、ヤクザに手籠めにされようと
しているトモコという女子高生が出てきます。シンジは、彼女を
救おうと発砲し、一緒に逃げますが、次は警官に女子高生と出歩く
不審者として職質されてしまう。シンジの目的は銃の入手だった
から、トモコは余分なんだけど、トモコも家庭では父親に性的虐待
を受けているらしく、彼についてきちゃう。

さらに目の前にぶっ倒れた女性が現れ、彼女を救うと、彼女は
実は仕事に明け暮れ、婚期を逃し、元カレの子どもを流産したこと
で、会社を訴えたらクビになった、というややこしい素性の持ち主
です。で、彼女は自殺したいらしいのです。ここ必要ですかね。
ちなみに銃を買ったヤクザは、トモコを救うために、シンジに片足
を撃たれており、後半もう片方を今度はトモコに撃たれます。きゃー
高校生なのに銃が上手い!

ゴーストのお導きはとても雑で、シンジの勘の方がずっと役に立ち、
すぐに犯人がわかります。いや、多分最初から怪しんでいたんだろうね。
シンジの弟タケシがアケミと関係があって、一緒になることを迫られ
たあげく、だめならシンジにバラす、と言われてつい...らしい。
なんか日本だと逆のような気がするなあ。シンジに愛人がいて、それが
トモコの妹で、関係があることをバラすと言われたから、妹を殺した
という方がしっくりきますね。その辺りは日本人の感覚かな。


ビヨンドザブラッド

終盤、シンジとトモコがベッドインすると、あらまあ、見ていて
良かった!トモコ役の吉田真理さんのすばらしいバディが見られ
ます。
しかしラストはなんだろうねえ。のんきに田植えをするシンジと
その傍に立ってヘラヘラ笑う腹ぼてトモコの姿です。何やら観念
的なナレーションが流れますけど、バンバン撃った銃はどこへ
置いてきたのかしら?それと日本の警察はそんなに無能じゃない
と思うわ。あー、眠かった。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


誘拐の掟

4

誘拐の掟

「誘拐の掟」
原題:A Walk Among the Tombstones
監督:スコット・フランク
2014年 アメリカ映画 114分
キャスト:リーアム・ニーソン
     ダン・スティーブンス
     デビッド・ハーバー
     ボイド・ホルブリック

ニューヨーク市で私立探偵をしているマットは断酒会
で知り合ったピーターから弟ケニーを助けてほしいと
頼まれる。ケニーの妻は誘拐されており、身代金を
支払ったにも関わらず惨殺されていたのだった。

<お勧め星>☆☆半 どうもテンポが悪く、盛り上がり
に欠けます。


<少しネタバレ>
原作はローレンス・ブロック「獣たちの墓」で、こちらは
ものすごく面白いそうです。原作で登場するマットの恋人
エレインは映画では割愛され、ひたすら男臭いマットが
描かれていくのです。映画はやさぐれ感抜群の8年前の
マット・スカダーから始まります。警官なのに勤務中に
ただ酒を飲み、そこへ侵入して店主を射殺した犯人へ容赦
なく銃弾を浴びせていく。リーアム・ニーソンにもってこい
の役です。それが1991年。そして8年後の1999年に
変わります。世の中は2000年問題に揺れた懐かしい時期。
水を買い込んだおばさま方や、コンピューターのシステムが
ダウンすると大騒ぎをしましたねえ。

映像からわかるようにマットは断酒会に通い、どうやら警官
を辞めているらしい。この断酒会でピーター・クリストという
ドラッグ中毒の男と知りあい、彼に
「弟を助けてほしい」
と依頼されるわけです。そうか、マットは、無許可で探偵の
仕事をし、必要とあらば、昔の警官バッジを活用して、事件
の解決をしているんだね。それも高額の報酬のものばかり。

マットが向かったケニーの家はものすごく大きくて、彼の仕事
が麻薬取引絡みだとすぐにわかるのは、警官出身ならではの
勘なのでしょう。ケニー役は「ザ・ゲスト」(2014)の
ダン・スティーブンス。


誘拐の掟

本当にイケメンだし、品があるわあ。彼は妻キャリーを誘拐されて
おり、身代金40万ドルを払ったにもかかわらず、妻は無残な
バラバラ遺体で見つかっているのです。この無残な姿は映像には
ならず、序盤に映る口をテープで貼られた他の女性同様に、犯人
のセリフや当事者の言葉で表現されるのです。かなり怖い。
ケニーは警察には届けず、犯人を殺してほしいと依頼します。
聞き込みは得意でも情報収集をするために必要な相棒は、図書館
で出会ったホームレス少年TJ。これは明智小五郎シリーズでの
小林少年かな。(かなり古い)

調べて行くと、他にもドラッグ仲介人の恋人や婚約者がバラバラ
遺体で見つかっていることがわかるのです。バラバラにする理由は
特にないみたい。ただ「異常者」なのです。多分原作にはもっと
丁寧に描いてあるのでしょうね。
さて極秘捜査開始かと思うと、TJがマットを尾行している。ここ
はマットが尾行している相手の重要さを描く大事なシーンなのに
もう気が緩んじゃうじゃない!別の女性の遺体がバラバラにされ
袋に入れて捨てられていた墓の管理人ジョナスは、鳩をこよなく
愛している。それは何かの象徴なんだろうね。でも深く語られる
ことはありません。


誘拐の掟

「96時間」シリーズのイメージで、激しいアクションやスピード
を求めると、全く違う展開に驚きます。
特に終盤に関しては、かなり宗教的教訓が入っていて、日本人には
あまり理解できないと思う。それと字幕の翻訳が悪いのか、セリフ
が微妙に噛み合っていないのも話がダレる一因となっていると思い
ます。
そしてやはりアメリカ映画では少女は殺されないのよね。その鉄則
はしっかり守られています。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

マガジン9条

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2674 最後に更新した日:2017/10/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM