映画「あるスキャンダルの覚え書き」

0
    あるスキャンダルの覚え書き

    映画「あるスキャンダルの覚え書き」
    監督:リチャード・エアー
    2006年   イギリス映画
    キャスト:ジュディ・デンチ
         ケイト・ブランシェット
         ビル・ナイ
         アンドリュー・シンプソン

    ロンドン郊外のセント・ジョージ校にシーバ・ハート
    という美術教師が赴任してきた。

    あるスキャンダルの覚え書き

    歴史を教えるバーバラは 彼女のことが気になって
    仕方がない。

    あるスキャンダルの覚え書き

    そんなある日、バーバラはシーバの家の夕食に
    招かれ、2人は親しくなるが、シーバと15歳の
    少年スティーヴンの密会現場を目撃してから、
    バーバラは彼女を支配しようと考え始める。

    あるスキャンダルの覚え書き

    <マープルの感想>
    ネコ、ポーシャと日記だけが友人のバーバラ。
    初老の婦人の孤独を鉄のように固いプライドが
    支えているといった感じです。

    バーバラを演じるジュディ・デンチが異常さも
    兼ねそろえた厳格な教師の役を見事に演じて
    います。

    一方、奔放である本心を隠し、良き妻、母親を
    続けてきたシーバをケイト・ブランシェットがやはり
    好演しています。「エリザベス」とは全く異なる
    意志の弱い女性なのです。

    あるスキャンダルの覚え書き

    シーバがある一線を越えた時点で壊れ始め、
    嵐を呼び起こした後にやって来る静けさは
    シーバとバーバラの新たなスタートでもある
    のですね。

    ラストはホラー映画のエンディングのようでした。

    不快感が残る、といったレビューもありますが、
    孤独な初老の女性の姿に胸が痛くなる映画です。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星
    ハラハラ星  ☆


    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

     よかったらポチっとお願いします。
                 頑張ります!

    映画「サブウェイ 123 激突」

    1
     
    サブウェイ123

    映画「サブウェイ 123 激突」
    監督:トニー・スコット
    2009年   アメリカ映画
    キャスト:デンゼル・ワシントン
         ジョン・トラボルタ
         ジョン・タートゥーロ

    ある日のニューヨーク地下鉄指令室。
    左遷されてきたガーバーは、ペラム駅
    午後1時23分発の列車が緊急停止した
    ことに気づく。

    サブウェイ123

    列車は1両目を残して切り離された。彼が
    無線連絡すると、列車ジャックされており、
    犯人は59分以内に1000万ドル用意する
    事を要求し、1分遅れるごとに人質を1人
    殺すと言うのだった。

    サブウェイ123

    <マープルの感想>
    1974年製作の「サブウェイ・パニック」を
    リメイクした映画です。オリジナルの方が
    評価が高いです。

    左遷され、停職を待つガーバー役を
    デンゼル・ワシントンが好演しています。
    それ以上にジョン・トラボルタの悪役は
    はまり役になってきましたね。イライラ
    して、10,9,8...と数え始め銃を撃つ。
    この間の取り方がすごいです。

    サブウェイ123

    一方、不倫問題を抱えるニューヨーク市長
    の能天気さが、現場の緊迫感と相対する
    ものでスリルを際立たせています。

    現金輸送中のパトカー、援護の白バイの事故、
    運転士のいない列車の爆走、ニューヨーク
    市内のカーチェイス、銃撃戦。
    見どころ満載です。

    冷酷でち密に計画した事件のわりには、ラストは
    あっけないかな。

    サブウェイ123

    ニューヨークのブルックリン橋から見える
    夕日はとてもきれいです。

    「ヤンキースファン?」と尋ねられて一瞬戸惑う
    市長がなかなかいいですね。
    皆がヤンキースファンでなくてよかった!

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星    ☆
    ハラハラ星  ☆☆☆


    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
     
     よかったらポチっとお願いします。
                 頑張ります!

    映画「キングダム 見えざる敵」

    0
       
      キングダム

      映画「キングダム 見えざる敵」
      監督:ピーター・バーグ
      2007年   アメリカ映画
      キャスト:ジェイミー・フォックス
           クリス・クーパー
           ジェニファー・ガーナー


      キングダム

      サウジアラビア、リヤドの外国人居留区
      で銃乱射及び大規模な自爆テロが起きる。
      同僚を奪われたFBI捜査官、フルーリーは、
      ジャネット、レビット、サイクスの4名で独自
      のルートでサウジアラビアへ入国、捜査を
      開始するが...。

      キングダム

      <マープルの感想>
      原油利権をめぐって産油国とアメリカの攻防
      が宗教も絡み合って、今となってはほどけない
      ほどもつれた問題になっています。

      「奴らを皆殺しにする。」
      身内を殺された者は同じようにつぶやくのです。

      キングダム

      力を力で抑えても憎しみが生まれるだけ。
      その連鎖を断ち切ることはできないのでしょうか?

      キングダム

      銃撃戦、カーチェイスはすさまじく、手榴弾を
      使って突進するフルーリーは勇敢です。

      しかし、FBI捜査官4名が善人に描かれすぎている
      のは否めません。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆
      グロ星    ☆
      ハラハラ星  ☆☆

      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

       よかったらポチっとお願いします。
                   頑張ります!

      映画「ワイルド・アット・ハート」

      0
        JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

        ワイルド・アット・ハート

        映画「ワイルド・アット・ハート」
        監督:ディヴィッド・リンチ
        1990年   アメリカ映画
        キャスト:ニコラス・ケイジ
             ローラ・ダーン
             ダイアン・レッド
             ウィリアム・デフォー
             イザベラ・ロッセリーニ

        南北カリフォルニア国境に近い町、ケープ・フィアー。
        セイラーは恋人ルーラの母親マリエッタの執拗な
        妨害から逃れるため、2人でカリフォルニアを
        目指して逃避行を始めた。

        ワイルド・アット・ハート

        しかし、マリエッタはあらゆる手段でセイラーの命を
        狙うのだった。

        ワイルド・アット・ハート

        <マープルの感想>
        マッチで、ライターで、煙草に火をつけるシーンが
        頻繁に出てきます。独特の世界を感じます。

        ディヴィッド・リンチ監督の映画ということで、また
        理解不能か(「マルホランド・ドライブ」)と少し
        心配しましたが、何とかついていけました。

        確かに、暴力、死、セックスがあふれている映画
        です。

        ワイルド・アット・ハート

        悪い魔女と善い魔女というのは、つまりそういうこと
        だったのか、とラストでわかりました。

        手が銃で撃たれてちぎれ、それを犬がくわえていく
        とか、頭が吹き飛ぶといったグロさもありますが、
        エンディングは心が安らぎました。

        「Love me tender」・・・ワイルドなハート・・・。
        魅惑的な響きです。

        ワイルド・アット・ハート

        しかし、メチャメチャきもい人たちが出てきましたよ!

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆
        グロ星    ☆☆
        ハラハラ星  ☆☆


          にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

          よかったらポチっとお願いします。
                      頑張ります!

        映画「ブレイブ ワン」

        0
           
          ブレイブ ワン

          映画「ブレイブ ワン」
          監督:ニール・ジョーダン
          2007年   アメリカ映画
          キャスト:ジョディ・フォスター
               テレンス・ハワード
               ナビーン・アンドリュース
               ニッキー・カート

          ニューヨークに住むラジオのDJ、エリカ・ベイン
          は、恋人ディヴィッドと犬の散歩中、3人組の
          男たちに襲われる。

          ブレイブ ワン

          3週間の昏睡から目覚めた彼女に告げられたのは、
          恋人の死だった。
          そしてエリカは一丁の拳銃を手に入れ、遂に弾丸を
          発射してしまう。

          ブレイブ ワン

          <マープルの感想>
          ジョディ・フォスターの鍛えられた肉体に、最初に
          驚かされます。彼女が男性に甘える姿は似合い
          ません。実際の彼女でもあり得ないし。

          ブレイブ ワン

          日本で言う「必殺仕事人」的な役柄ですが、
          射撃の腕前があまりにも急激に上がりすぎです。

          殺人など凶悪犯罪が日常茶飯事に起こって
          いるニューヨークならではの設定ですね。

          「死ぬのは簡単、生きるのが大変。」
          エリカの住むアパートのスーダン人の女性
          が語りかけます。

          勇気、正義、生と死などいろいろな問題を
          投げかけてくれました。

          ブレイブ ワン

          但し、エリカに同調したいけれど、同調したくない
          自分がいるのも確かです。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆
          グロ星
          ハラハラ星  ☆☆


          にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

           よかったらポチっとお願いします。
                       頑張ります!

          映画「パッセンジャーズ」

          0
             
            パッセンジャーズ

            映画「パッセンジャーズ」
            監督:ロドリゴ・ガルシア
            2008年   アメリカ映画
            キャスト:アン・ハサウェイ
                 デヴィッド・モース
                 パトリック・ウィルソン
                 アンドレ・ブラウアー

            飛行機事故が起こり、奇跡的に5人の乗客
            が生還した。

            パッセンジャーズ

            彼らのカウンセリングをセラピストのクレアが
            担当するが、事故の真実を語ろうとする生存者
            が1人また1人と失踪していく。
            これは航空会社の陰謀なのか。

            パッセンジャーズ

            <マープルの感想>
            「プラダを着た悪魔」に出演したアン・ハサウェイ
            がクレア役を演じています。とてもきれいです。

            パッセンジャーズ

            ストーリーは中盤辺りから「あれ?」と感じて
            きますが、ラストに至ってはすっかりだまされて
            いました。

            ただ映画的には、盛り上がりに欠け、単調な
            ものでした。もう少し派手なシーンがあっても
            いいのでは?と思います。

            それからいろいろな映画のシーンを寄せ集めた
            という印象も受けました。

            <マープルの採点>
            お勧め星   ☆☆☆
            グロ星
            ゾクゾク星  ☆


            にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

             よかったらポチっとお願いします。
                         頑張ります!

            映画「その土曜日、7時58分」

            0
               
              その土曜日7時58分

              映画「その土曜日、7時58分」
              監督:シドニー・ルメット
              2007年   アメリカ映画
              キャスト:フィリップ・シーモア・ホフマン
                   イーサン・ホーク
                   マリサ・トメイ
                   アルバート・フィニー

              その土曜日7時58分

              ニューヨーク、ウェンチェスターの宝石店に
              ある朝強盗が押し入る。強盗と女店員は、
              互いの銃弾を浴び、強盗は失敗してしまった。
              その3日前、兄アンディから両親が経営する
              宝石店に強盗に入る計画を持ちかけられた
              のは、他でもない弟ハンクだった。

              その土曜日7時58分

              <マープルの感想>
              時間、場所、中心人物が入れ替わり、そして
              様々なシーンに戻ります。
              しかし、各々が個性的な風貌なので、戸惑い
              は感じませんでした。

              その土曜日7時58分

              前半は、コメディのようにマヌケなハンクですが、
              途中からマヌケではすまされない状況になって
              しまいます。

              その土曜日7時58分

              急加速で坂道を転がり落ちていく兄弟。
              ラストは当然といえば当然ですが、不条理を
              感じました。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆
              グロ星
              ハラハラ星  ☆

              にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

               よかったらポチっとお願いします。
                           頑張ります!

              映画「シャドー」

              0
                 
                シャドー

                映画「シャドー」
                監督:ダリオ・アルジェント
                1982年  イタリア映画
                キャスト:アンソニー・フランシオーサ
                     ジュリアーノ・ジェンマ
                     ジョン・サクソン
                     ジョン・スタイナー
                     ダリア・ニコロディ

                ピーター・ニールはニューヨークの売れっ子作家
                である。彼は取材を受けるために、ローマへ降り
                立ったが、その日から殺人事件が立て続けに
                起こる。
                殺された人たちが、ニールの小説「暗闇」の1部分
                と似ていたことから、警察はニールの小説に事件
                の鍵があるのではないかと考えるのだった。

                シャドー

                <マープルの感想>
                製作を兄のクラウディオ・アルジェントが手掛け、
                総指揮に父親、サルヴァトーレ・アルジェントが
                加わっています。

                ジェルマニ警部が懐かしいジュリアーノ・ジェンマ
                です。若くてかっこいいですよ〜!

                アルジェント監督らしく、殺人者は革の黒手袋を
                はめ、チャラチャラランという独特の音楽で妄想や
                危険を知らせるアラームを表現しています。

                シャドー

                凶器は最初は床屋のカミソリですが途中から斧
                に変わります。その他細縄もありましたね。
                現在のホラー映画のようにグロさはありません。
                ラストの血しぶきはさすがですが。

                シャドー

                赤い血と白いドレス、シャツ、壁などがくっきり対比
                して目に入って来るシーンが多いです。

                ミステリー小説好きなら途中でラストが読めますね。

                <マープルの採点>
                お勧め星   ☆☆☆
                グロ星    ☆☆
                ゾクゾク星  ☆☆


                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 

                人気ブログランキングへ よかったらポチっとお願いします。
                              飛び上がって喜びます!

                映画「サスペクト・ゼロ」

                0

                  サスペクト・ゼロ

                  映画「サスペクト・ゼロ」
                  監督:E・エリアス・マーヒッジ
                  2004年   アメリカ映画
                  キャスト:ベン・キングズレー、アーロン・エッカート
                       キャリー=アン・モス

                  アリゾナ州、ニューメキシコでまぶたを
                  切り取られた男の遺体が発見される。
                  ダラスから左遷されてきたFBI捜査官
                  マッケルウェルは、元同僚で恋人だった
                  フランと捜査の担当になった。
                  そして同じ地区で、車の中から再びまぶたを
                  切り取られた男の遺体が見つかり、車の
                  持ち主、ベンジャミン・オライアンという男
                  に疑惑の目が向けられるのだった。

                  サスペクト・ゼロ

                  <マープルの感想>
                  現場に残された、円に斜めの線の絵。
                  それは円ではなくゼロを意味する。つまり
                  『サスペクト・ゼロ』。
                  わかったようなわからないような...。

                  何の痕跡も残さず殺人を犯していく。
                  ターゲットは連続殺人鬼ばかりなのである。

                  フラン役のキャリー=アン・モスがかなり
                  痩せて老けましたねえ。でも相変わらず
                  きれいです。

                  サスペクト・ゼロ

                  一方、マッケルウェル役のアーロン・エッカート
                  は、いまいち好きな顔ではありませんが、頭痛、
                  不眠症、感知力を持つ男にぴったりです。

                  サスペクト・ゼロ

                  遠隔透視力ということを私は全く信じていません。
                  しかし、赤い映像で透視を表現し、目を見開いて
                  集中するところなど興味深いものでした。

                  オライアンのスキン・ヘッドと大きな耳は不気味
                  そのものです。

                  サスペクト・ゼロ

                  トゥムカムリの鉄条網の中の幾つもの盛り土は、
                  恐怖が集約されていました。
                  それがオチというわけではありませんが。

                  <マープルの採点>
                  お勧め星   ☆☆☆
                  グロ星    ☆☆
                  ゾクゾク星  ☆☆



                   
                  にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

                    よかったらポチっとお願いします。
                                飛び上がって喜びます! 

                  映画「マシニスト」

                  0
                    JUGEMテーマ:Horror
                     
                    マシニスト

                    映画「マシニスト」
                    監督:ブラッド・アンダーソン
                    2004年   スペイン=アメリカ映画
                    キャスト:クリスチャン・ベール
                         ジェニファー・ジェイソン・リー
                         アイタナ・サンチェス・ギヨン

                    工場で働くトレバーは、1年間全く眠れない
                    日々を送っていた。
                    誰もが「Are you O.K.?」
                    と尋ねる。そして
                    「それ以上やせたら死ぬよ」と。
                    ある日、自宅の冷蔵庫に首つりゲームの
                    張り紙を見つける。

                    マシニスト

                    誰が貼ったのか?そして新しい同僚アイバン
                    をなぜ他の人は知らないのか?

                    マシニスト

                    <マープルの感想>
                    「アメリカン・サイコ」で見事な肉体美を見せた
                    クリスチャン・ベールが30kgも体重を落として
                    役作りをしたそうです。最初は着ぐるみを着せる
                    話もあったそうですが、彼の役者魂がそうさせた
                    のですね。

                    sマシニスト

                    背骨、鎖骨の浮き出たからだ。落ちくぼんだ目。
                    げっそりとこけた頬。さらには全く脂肪のない
                    腹など、すごい体型になっています。

                    オープニングの場面がストーリーとどうつながって
                    いくのか、そしてトレバーが出会う数々の奇妙な
                    出来事はなぜ起こるのか

                    sマシニスト

                    ラストに解き明かされる謎は、映画の中に
                    散りばめられたヒントがうまくつながったもの
                    となっています。

                    「アメリカン・サイコ」はちょっと意味不明の
                    ところがあって、ネタバレのブログを読んだ
                    けど、今回はちゃんと理解できました

                    <マープルの採点>
                    お勧め星   ☆☆☆
                    グロ星    ☆
                    ゾクゾク星  ☆

                    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
                     
                     よかったらポチっとお願いします。
                                 うれしいです!


                    カレンダー

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << July 2020 >>

                    ブログランキング

                    今日のわんこ

                    powered by 撮影スタジオ.jp

                    アマゾン

                    遊びにきてくれてありがとう!

                    カウンター

                    死語レッスン

                    最新記事

                    categories

                    過去の記事

                    コメントありがとうございます!

                    トラックバックありがとうございます!

                    recommend

                    お友達

                    ミス・マープルについて

                    書いた記事数:3167 最後に更新した日:2020/07/06

                    あの映画を探そう!

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM