ある過去の行方

4

ある過去の行方

「ある過去の行方」
原題:Le Passe
監督:アスガー・ファルハディ
2013年 フランス=イタリア=イラン映画 130分
キャスト:ベレニス・ベジョ
     タハール・ラヒム
     アリ・モサファ

フランスに住むマリーと正式に離婚手続きをするため
テヘランから夫アーマドがやって来る。マリーには
既に再婚相手サミールがいることを知ったアーマドは
彼には妻がおり、自殺未遂が原因で植物状態であること
を聞かされるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 個々の人物描写は丁寧なのですが
相変わらず肝心なことははっきりわからない内容です。


監督は「彼女が消えた浜辺」(2009)、「別離」(2011)
のアスガー・ファハルディです。どちらの映画もイラン
社会における女性の苦悩を、小さな出来事をきっかけに
大きな波紋となっていく様子を映し出しながら描いていま
した。それが主演女優の美貌と重なってミステリアスな
雰囲気を醸し出しています。
オープニングの空港でのガラス越しでの会話シーンは、互い
の声が聞こえないため、無音であり、始まりから見事な演出
に驚かされます。


ある過去の行方

ヒロイン、マリー役は「アーティスト」(2011)でペピー役を
演じたベレニス・ベジョ。全然雰囲気が違っていて気づかず。
映画内では常に不機嫌で、かなりヒステリックであり、煙草を
頻繁にくゆらします。彼女には4年前、テヘランに行ったきり
戻ってこない夫アーマドがいて、今回、彼の帰国を待って正式に
離婚手続きをとるという話になっているのです。アーマドが
なぜテヘランに行ったきりだったのかとか、離婚手続きをなぜ
弁護士に任せなかったのかなどは、ほぼ説明がありません。
なにか理由を話していたけれど、ものすごく曖昧だったな。
そしてそのアーマドのために、なぜかホテルを予約しないマリー
は(本当に来るかどうかわからなかったからだそうです)自宅
に彼を泊めるのですが、そこには次の再婚相手サミールもいる
わけです。


ある過去の行方

そもそも車自体がクリーニングした衣服を積んでいて、男の
免許証が入っているし、家には知らない男児までいるから、
早々に事態が飲み込めるというもの。サミールの息子フアッド
はまた反抗的で、マリーは叱りつけてばかりなのです。さらに
マリーの子供、リュシーとレアという娘のうち上のリュシーは
サミールとの再婚に大反対で、毎日帰宅が遅い。


ある過去の行方

とはいえこの2人の娘はアーマドの子供ではなく、リュシーは
ブリュッセルに住む元夫が父親のようで、じゃあレアの父親は
?という問いの答えは見つかりません。2人とも「アーマド」
と彼を呼びます。
さらにサミールには、妻セリーヌがいて、自殺未遂で植物状態
だとわかるのです。自殺の原因は鬱病というが、これに関して
とてもミステリアスに話が展開します。つまりリュシーがなぜ
サミールを嫌っているかと言うと、母親と浮気をして妻を自殺
に追い込んだからと思っているからなのです。ふーん、ここまで
きてもマリーとアーマド、サミールの心の内が上手くわからない。

ついでにマリーは、再婚を決めたからサミールの子供を妊娠して
いると言うのです。フランス人は恋愛に奔放とは言いますが、
これはあまりにも自由すぎるんじゃないのかとちょっと理解不能。
そしてリュシーは、マリーとサミールのメールをセリーヌが自殺
する前日に彼女に転送したと告白するのです。ヒステリックな
マリーの声とそれをなだめるアーマドが対照的で、なんとなく
彼女と暮らせない原因が理解できたような気がします。ところが
このメールを送る転送先のアドレスをなぜリュシーが知ったのか?
話は、また謎めいてくるのです。
「電話で聞いた。すこし訛りがあるフランス語だった」
リュシーの言葉に、サミールは、自分の店で働く不法就労の女性
を思い浮かべるわけです。しかしそんなことより、マリーとの仲
はどうなるんだろう。マリーとサミールは互いに
「妻の(夫の)穴埋めにした」
と解釈し、サミールは
「お腹の子はなかったことにしてくれ。あれは事故だった」
とまで言うのです。
一方のアーマドも親しいイラン人の男性に
「両方での生活は無理だったんだ」

などと言われる。あれ?もしかして彼はテヘランに家庭があるの?
どれもこれもわからないまま、ラストはセリーヌの病室に座る
サミールが映ります。
嗅覚だけは残るらしい。と言うことで、彼女に好きだった香水を
持ってきたサミール。
「わかったら手を握り返してくれ」
一筋の涙がセリーヌの目から流れ落ち、カメラは彼女の指を大写しに
します。それは無意識の反応だったのか。それもまたわからないまま
エンディング。前の2作品に比べると、分からない度がさらにアップ
したという感じがしています。





  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


私の少女

2
JUGEMテーマ:韓国映画全般

私の少女

「私の少女」
原題:a Girl at My Door
監督:チョン・ジュリ
2014年 韓国映画 119分
キャスト:ペ・ドゥナ
     キム・セロン
     ソン・セビョク

ソウルから田舎の漁師町に左遷されてきたヨンナムは
継父と義理の祖母から虐待を受けているドヒという
少女と出会う。彼女はドヒを救いたいがために、夏休み
だけ自宅に預かることにするのだが...。

<お勧め星>☆☆☆半 内容を盛り込み過ぎたために、
話の本筋がボヤけてしまったのが残念です。


ちょっとネタバレ
ソウルから左遷されてきたエリート警官、イ・ヨンナム
役は「空気人形」(2009)のペ・ドゥナです。もう
36歳になったようですが、いつまでも少女のような
ルックスとスリムなスタイルは魅力的。


私の少女

そして継父や義理の祖母から日常的に虐待を受け続ける
可哀想な少女ソン・ドヒ役は「冬の小鳥」(2009)の
キム・セロンです。あらら、すっかり大人っぽくなって
お目目もばっちり二重になったわねえ。


私の少女

ストーリーは、漁村の派出所に所長として赴任したヨンナムが
家族から日常的に虐待を受け、学校でもいじめに遭っている
ドヒを何とか救おうと奔走する姿を描きますが、学校に関しては
これ以降ほぼ触れられていません。なんでいじめられているのか、
それがなぜあっという間になくなったのかは、チラとドヒの口
から話されるだけです。
一方ヨンナム自身も、最初にたくさん持ち込んだのが、水だと
思ったら、どうやら酒であり、酒を大量に飲まないと眠れない
という何やら訳ありの様子です。その理由は彼女の左遷の原因
でもあるのですが、韓国社会の男尊女卑やマイノリティーへの
差別は日本以上に大きいようですね。とはいえ日本でも田舎で
あれば、同性愛カップルなんて大手を振って歩けるはずもない。
渋谷だから許されたんだよ。などと最近のニュースを見て思って
しまう。

ヨンナムは毎夜のようにドヒの泣き叫ぶ姿を目撃し、継父や義理の
祖母からの強烈な暴行シーンも幾度となく見るのです。


私の少女

彼女はドヒのことを考え、彼女に食事を与え、風呂に入れて
あげます。その時ちょっと躊躇するヨンナムが、彼女自身の
問題へとつながってくるのです。そしてドヒをいじめていた祖母が
事故死し、ヨンナムは、夏休みだけドヒを預かることに決めます。
このドヒの継父ヨンハが、大酒飲みで、飲むと女を殴るクズなん
だけど、労働力の少ない田舎町に不法就労者を斡旋していると
いうことで
「必要悪」として存在しているのです。この問題が絡んでくると
めっちゃややこしい。

さらにソウルからきれいな女性がヨンナムを訪ねてきます。
彼女とのキスシーンをなんとこのヨンハが目撃しちゃった!

それを後で利用するとは思わなかったな。あれはブローカーのボス
の入れ知恵にちがいない。
児童虐待から始まり、外国人不法労働者への搾取、同性愛、そして
極めつけの児童への性的虐待問題へと広がると、話のポイントが
霞んでくるんだよなあ。
ただ、「ドヒは実は怪物かも」とヨンナムに語った若い警官の言葉
を聞くと、なるほどその通りかもしれない、と思うのです。彼女は
最初からヨンナムに救ってもらおうと画策していたのでは?とまで
考えてしまいました。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


あいつの声

3
JUGEMテーマ:韓国映画全般

あいつの声

「あいつの声」
原題:Voice of a Murderer
監督:パク・チョンピョ
2007年 韓国映画 122分
キャスト:ソル・ギョング
     キム・ナンジュ
     カン・ドンウォン
     キム・ヨンチョル

1991年、TVキャスター、ギョンベの息子サンウ
が誘拐され、1億ウォンの身代金を要求される。夫妻
は身代金を用意し、犯人の指示通りに動くが、犯人の
指示はコロコロ変わり...。

<お勧め星>☆☆☆ サスペンスではなく事件解決の
ためのドキュメンタリー映画に見えました。


1991年、実際に起きたイ・ヒョンホ君誘拐殺人事件
を元に作られた映画であり、事件は2006年1月に
時効を迎え、今も未解決のままだそうです。映画の最後
には、実際の犯人の脅迫電話の声が流され、遺族の無念
さを物語っています。
とはいえ、映画として見ると、真犯人捜しの情報提供を
求めるために2時間近く、ほぼドキュメンタリー調の内容
を流し続けられた、という感が否めません。
この映画の売りは、犯人と目される人物をカン・ドンウォン
が演じており、キャップを目深にかぶっているとはいえ、
映画内で幾度となく姿が映り、声も聞くことができます。


あい

カン・ドンウォンって誰?こんなに素敵なモデル兼俳優
だそうです。タイプじゃないけど。
そして事件は、韓国国内で凶悪犯罪が多発していた1991年に
起きるのです。人気テレビキャスター、ハン・ギョンベと
ホ・ジソンの一人息子サンウが、公園から姿を消し、犯人からの
脅迫電話がかかります。


あいつの声

冒頭に映るぽっちゃりしたサンウへ、母が必死でトレーニング
やら治療やらを行う姿は、暗い映画の前ふりに使っただけなの
でしょうね。


あいつの声

このオ・ジソン役の女優さんは、実際のイ・ヒョンホ君事件の
父親の恋人だったらしく、必死の演技はそこから来ているの
かもしれません。ちょっとイライラする。
日頃凶悪事件を報道し、冷静な意見を述べていたギョンベも
自分が被害者となると、結局は同じように、何より息子の命
を考えるわけです。警察に言うな、という犯人の指示に従う
よう妻に命令し、金を借り、犯人の指定場所へ向かう。しかし
妻は既に通報しています。


あいつの声

韓国警察の無能ぶりはここでも描かれ、もはや定番のダメ刑事
だらけなんですよ。身代金受け渡し場所にサイレンを鳴らして
駆けつける?あほちゃう?誘拐事件は初動捜査が大事だという
なら、全然捜査にもなっていません。警官同士言い合いをし、
果ては被害者家族まで責める者も出てきます。イライラすること
間違いなしです。
事件の担当警官が犯人に拘束され、全裸で見つかったり、その
警官と息子との交流なんて、どうでもいい小ネタを入れ込んで
きますが、あまり本筋と関係ないな。
ラストも救いようがなく、2時間が長く感じる映画でした。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


リピーテッド

4


リピーテッド

「リピーテッド」
原題:Before I Go to Sleep
監督:ローワン・ジョフィ
製作総指揮:リドリー・スコット
2014年 イギリス=フランス=スウェーデン映画 
92分
キャスト:ニコール・キッドマン
     コリン・ファース
     マーク・ストロング

クリスティーンは、ある事故の後遺症で、朝目覚めると
前日までの記憶がない。そんな彼女を夫のベンは、優しく
いたわるのだが、ナッシュという医師が彼女に新しい治療
を始めたことで、彼女は少しずつ真実を知るのだった。

<お勧め星>☆☆☆ サスペンスドラマなら楽しめるけれど
よーく考えると、ご都合主義のストーリーになっています。


主役のニコール・キッドマンとコリン・ファースが本当に
絵になるカップルなので、最初からひいき目に見過ぎたかな。


リピーテッド

始まりは、朝目覚めるクリスティーンの瞳が大写しになります。
このシーンは何度となく映画内で見られ、そのたびに記憶が
リセットされるのだなと感じるのです。
クリスは隣に寝ている男に「ハッ」とし、裸のままバスルーム
へ入って行くと、そこには、たくさんの写真が貼ってあるのです。
それは彼女の名前、夫ベンの名前、結婚式のものなどで、彼女が
記憶を失っていることがわかります。それも一晩眠ると昨日まで
の記憶をなくし、20歳前半に戻っているという。鏡に映る自分
の顔を見て愕然とするのはそれが40歳の自分だったからだね。
ここでニコールさんのきれいなお尻が見られるサービスあり。
クリスティーンは夫ベンによると、10年前に事故に遭い、その
後遺症で、一晩眠ると、前日までの記憶が無くなっている状態に
陥っているのです。この設定はちょっと無理があって、普通記憶
喪失になったら、全ての記憶が無くなるんじゃないかなと思う。
またその日1日はしっかり覚えているというのもあり得ない症状。
まあ、そこは映画だからと置いといて、そんな彼女にドクター・

ナッシュという男が連絡してくるのです。


リピーテッド

マーク・ストロングがまたカッコいんだなあ。これが不細工なら
信じなかったのかもしれないけれど、彼女はナッシュに言われる
まま「毎日をカメラに記録する」という治療法を受けることに
なるのです。それも夫ベンには内緒であり、カメラの存在を忘れ
ているクリスのために、毎朝それについて電話をかけるという。


リピーテッド

めちゃめちゃ怪しい申し出もなぜか、彼女はすんなり信じ、それを
毎日見ては、自分の姿を知っていくわけです。その過程で、ベンが
幾つか彼女に嘘をついていたことがわかるんだけど、ベンはちゃんと

説明してくれるから、彼女も納得。それにしてはたくさん秘密が
あり過ぎだよね。そんなこんなで、クリスはフラッシュバックする
記憶の断片から、頬に傷のある男、マイクという名前を思い出す
のです。この入り込ませ方は、陳腐だけれど、ちょっとレトロな
色調にして、「これが記憶」と見せてくれます。ありきたりの
演出かな。
中盤まではこんなシーンが続くので少し眠くなりますが、そこから
急転直下、すごい事実がどんどんわかってくるのです。それも
カメラに記録しているから、クリスは忘れない。ところがナッシュ
の名前が「マイク」であったことがわかり、彼の手から逃れようと
すると鎮静剤を打たれてしまいます。ニコール・キッドマンって
か弱くて、びくびくしている女性役をやらせたら天下一品ね。
そして彼女の友人クレアとも連絡が取れるのですが、クレアが
自宅に来たがらない理由なんてすぐにわかっちゃう。

何が怖いって女性に暴力を振るう男の姿ですね。ネタバレしないで
おきますが、あの人のあんな姿は見たくなかったわ。ラストは
あまりにあっけなく、もうひとひねりあってもよかった気がします。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


プリズナー

3

プリズナー

「プリズナー」
原題:Take
監督:チャールズ・オリヴァー
2007年 アメリカ映画 98分
キャスト:ジェレミー・レナー
     ミニー・ドライヴァー
     ボビー・コールマン
     アダム・ロドリゲス

死刑囚のソールの元へ死刑執行当日、被害者家族
のアナが面会に訪れる。彼はどんな罪を犯し、
またアナは何のために彼と面会するのだろうか。

<お勧め星>☆☆☆ 暗くて地味な映画ですが、
まあまあよくできた内容です。


原題は「Take」。わたしは「奪う」とか「取る」
とかの意味だと考えたけれど、「囚人」という意味
というレビューもあるので、そこは見てから判断して
ください。
1人の女性アナが、アスカス刑務所に向かう車を運転
しています。時折、後部座席を見ては、息子ジェシー
の姿を確認したり、ジェシーがトイレに行く、と言って
車を止めるシーンが映るけれど、その画面は色調が違う
ことから、時間を交錯させていることが伺えます。


プリズナー

一方、ジェレミー・レナー演じるソールは、賭けのツケが
たまり、チャックに返済を迫られ、職場であるレンタル倉庫
の品を勝手に売りさばいて金に換えています。しかしそれを
ボスに知られ、あえなくクビ。


プリズナー

彼は貧しい生まれの上、病気持ちの父を抱えつつ、健気に働く
わけでもなく、ギャンブルに溺れるというどうしようもない男
なのです。
そのソールが冒頭死刑を待つ囚人服姿でいることから、何か
大それたことをやらかしたのは明白なのです。それは何か、
過去と現在の映像をアナとソールの視点から描いていき、
終盤一気に事の顛末を映し出すのです。そこに至るまでに、
ジェシーは実は5分と座っていることができない5歳児程度
の知能しかない少年であり、学校からは支援学級に通うことを
伝えられるシーンが映ります。アナは
「この子はなんでも聞いているし理解している。この子を理解
できる教師がいないのよ。」

と言いますが、ジェシーの姿を見ていると、やはり難しいと
実感してしまいます。日本ならどうなのだろう。個人の個性を
大事にするアメリカですらこうなのだから、日本では最初から
普通学級には入れないだろうな。その上、彼らを指導する教員
のスキルも低いのだろうな。と考えると心が暗くなります。
とりあえずアナは夫と相談し、支援学級通学のための学費を稼ぐ
ために、仕事を掛け持ちすることにするわけです。そして母子
でスーパーへ買い物に行くと、そこに自動車泥棒に失敗した
ソールが父の薬を買いにやって来ます。この偶然の遭遇が彼らの
不幸の始まりなのです。

ジェシーがトイレに行っている時、ソールは強盗をしようとして
誤って店員を撃ってしまう。そこにジェシーが出てきたので、
ソールは彼を人質にして金を奪って逃亡しようと試みます。

大量に出血する店員、ひたすら叫ぶアナ、通報しようとする
客、そして、車のトランクにジェシーを入れて急発進するソール
などが次々に映り、緊迫感のあふれる映像となっています。
「10分待って、と言ったから通報しないで!息子が危険なのよ!」
叫ぶアナと息が浅くなる店員、そして通報する客。一方ソールは
トランク内でパニックを起こしているジェシーに気を取られ、
交通事故を起こしてしまうのです。車は道路を落下し、大衝撃を
受けます。この素早い展開と、トランクを開けようとするソール
の姿、トランク内で苦しそうな声で母を呼ぶジェシーは、点滅する
車のランプが次第に消えて行くことが、彼に何が起きたか容易に
想像できます。

そして冒頭のシーンに戻るのです。何が起きたのかすべて理解した
上で、見ている側はアナがなぜソールに面会を求めたのか考える
ことになります。ジェシーは
「本当にすまなかった。俺はお互いに人生を想像していた」
と言うのです。どちらも裕福ではないし、恵まれた環境に暮らして
いたわけではなかった。そこで出会わなければ、こんなことも
起きなかったということでしょうか。
「許さなければ」
と最後にアナは言い、刑務所敷地に車につけてきたトレーラーを
置いて去るのです。それは彼女が被害者であることからの再生を
意味しているのですね。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


サークル

3

サークル

「サークル」
原題:Circle
監督:アーロン・ハン
   マリオ・ミショネ
2015年 アメリカ映画 86分
キャスト:ジュリー・ベンツ
     マット・コーボイ

50人ほどの見知らぬ人々が、どこかわからない場所で
輪になって立っている。彼らの足下には赤いランプがついて
おり、そこを離れたり、他人に触れると命を落とす。やがて
彼らはランダムに2人ずつ死んでいくことを知るのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 人間の醜さを短い時間に特異な空間
を使って描いています。ラストはいまいち。


冒頭はよく意味がわからないのです。とりあえず見知らぬ
50人ほどの人間が丸く輪になって立っています。その中央
には何かわからない機械が動いている。そして人々は、老若
男女様々で、子供や妊婦も含まれています。さらに人種や国籍
もいろいろらしい。さらに彼らの足の下には丸い赤いランプが
ついていて、そこから離れようとした人や、隣の人に助けを
求めた人は倒れていきます。つまり彼らはその位置から逃れ
られないのです。


サークル

誰がなんのために?と考えるうちに、中央の機械がまるでルーレット
のように動き、ある人物をさすとその人物はやはり倒れます。その
ルールすらわかりません。ただ次第に彼らは、誰かを狙うともっとも
数の集まった人物がターゲットになるとわかってくるのです。その
方法は手をぐっと握って光にかざす...のかな。ここはよくわから
なかった。
ただターゲットを選べることを知ると、彼らの中で醜い争いが始まる
わけですよ。とにかく助かる方法を考える時間を持とう。じゃあ次は
誰にするか。


サークル

まず年長者から行こう。十分生きただろう?
次は不法滞在者。そして犯罪歴のある人間。さらに人種差別をするな
と言っていた本人が、ものすごい差別主義者であることもわかって
しまう。人を蹴落としてでも生き残ろうとする者もいれば、他人を
救うために、自ら台から降りる者もいます。この辺りは人間社会の
縮図を描いているようで見ていてやや気分が悪くなります。
次は、不信心者、同性愛者、豊胸手術を受けた疑いのある人物など
世の中で、表立っては誰も口にしないけれど、心の中で差別扱い
をしがちな人々を露骨に貶めるような発言が飛び交うのです。
こういう空間では必ずリーダーシップを取ろうとする人物が数人
現れるわけで、ここでも仲間を増やす醜い争いが繰り広げられます。

さて誰が生き残るのか。ラスト付近にひとひねりありますが、その後
見せられたシーンの意味がよくわからなかった。
醜い人間模様はスリルがあったけれど。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


海にかかる霧

4
JUGEMテーマ:韓国映画全般

海にかかる霧

「海にかかる霧」
原題:海霧 Haemoo
監督:シム・ソンボ
製作:ポン・ジュノ
   チョ・ヌンヨン
   キム・テウン
2014年 韓国映画 111分 R15+
キャスト:キム・ユンシク
     パク・ユチュン
     ムン・ソングン
     キム・サンホ
     イ・ヒジュン

廃船の危機にあるチョンジン号のカン船長は、
朝鮮族の密航を手助けする仕事を引き受ける。
密航者を船に乗せたものの海洋警察の取り調べ
から彼らを隠すため、漁艙に入れたところ、全員
窒息死してしまったことから、船長は途方に暮れ
驚くべき行動に出るのだった。

<お勧め星>☆☆☆半 見ごたえがあったのですが、
男臭い映画に中途半端な恋愛は不要だったかなと。


2001年、韓国で実際に起きたテチャン号事件が
ベースとなる映画で、その事件では、60人の密航者
のうち25人が死亡。それを船員が海に捨てたことが
生き残った35人が検挙されたことで発覚してしまった
という内容です。セオル号事故でも韓国の海洋警察の
杜撰な救援活動が非難されました。この映画でも韓国
映画特有の賄賂で動く海洋警察の姿がそのものずばり
と描かれています。海でもそうなんだね。


海にかかる霧

登場人物は、かつてアンコウ漁で名声を高めたカン・チョルジュ
船長。「哀しき獣」(2010)などのキム・ユンソクが演じて
います。彼はボロ船で廃船を勧められるチョンジン号をこよなく
愛し、船員を家族のように大事にしているのですが、稼ぎの悪い
夫が陸に戻れば妻は男を連れ込んでいます。俺には船しかない!
そして機関長ワノ。「折れた矢」(2012)のムン・ソングン
は、インテリもブルーカラーの役も何でもできる役者さん。心が
優しくそれゆえに中盤、事態をややこしくするきっかけになるん
ですが。

船長の片腕でもある甲板長ホヨン役は「ソウォン/願い」(2012)
のキム・サンホ。見るたびに頭の輝きが増しています。
女と金に目がない船員ギョングは、モジャモジャ頭でいかにもという
出で立ちです。それと同じくらい女に目がない船員がチャンウク。
そして新入り船員ドンシク役は元東方神起のパク・ユチュン。祖母
思いの貧しいけれど優しい青年です。おいしい役どころだ。

で、不漁にあえぐカン船長は、船員の給料を前借りし、さらに船の
修理費用のために、朝鮮族の密航を請け負うわけです。初めての
仕事だし、実際に現地に着くと、20人程度の人々が乗った船が
荒波にもまれている。船から船に飛び移らせるシーンは、船員が
みな優しく、人間味のある姿を見せています。ホンメというどん臭い
女が海に落下すると、ドンシクったら自ら海に飛び込み助けに行く
というまたまたおいしい役どころ。船長はとりあえずここでイラつく
わけです。さらには他の船に見つからないように漁艙に彼らを隠すと
あまりの臭さに文句を言いだす輩も出ます。船長はそんな男に一発

お見舞いし、海へ放り投げるのです。こちとらは、遊びでやってんじゃ
ないんだよ。この船がかかっているんだよ、といわんばかりの形相です。
もちろんこの男は、他の船員に救われますが、今度は海洋警察の監視船
がやって来ます。さあもう一度漁艙へ...。これが意外と嫌味な役人で、
賄賂を渡すまでに、ねちねち話をするわけですよ。この人もよく見る
俳優です。調べたら「母なる証明」(2009)に出てい
たユン・ジェムンという人だそうで、有名な俳優ばかり出演している
のだと実感。

さあ、あいつも去ったから、出てこーい。あれ?寝ちゃったのかな?
冒頭にあった通りこの船はボロく冷凍庫が壊れており、そのフロンガス
が漁艙に充満したため、全員窒息死してしまったのです。動いている
と思ったのは、下に下ろした梯子で顔が押さえつけられただけのこと。
船長は海を見つめタバコをくゆらし考えを決めるのです。海全体が青く
陸がほとんど見えないシーンの連続で、船長の心の内を見せている
かのように感じます。

そして決断。全員引き揚げて魚のえさにしてしまおう。そのためには
小さく切り刻むんだ。船長の決断は船では絶対的であり、彼らは刃物
を持ち、どんどん切り刻み、海に放り込んでいくのです。それは切る音
と彼らの顔に降り注ぐ血しぶきのみで描かれ、この手の韓国映画特有の
ドロドロ感はありません。
ところが実は例の海に落ちた女をドンシクは機関室に匿っていたのです。


海にかかる霧

純情なドンシクは何が何でも彼女を守ろうとします。一方、残酷な行為
をしたせいで頭がイカれるワノの姿に再び船長の怒りが爆発。
またホンメの存在を知ったギョング、チャンウクが欲望のままに襲い
かかってきます。あんなに仲間意識の強かった船員が今や獣のような
姿に変わっているのです。これは冒頭、網が足に絡まったドンシクを
全員で救おうとした同じ人々の姿とは思えません。でも実はドンシクは
ホンメを隠した後、ちょいちょい見に行っては、遂にはお楽しみも
しちゃったのよね〜。愛のために仲間を捨てる。いや違うか。
海にかかる霧がどこまでも深く、その中で渦巻くそれぞれの生き様が
終盤付近に凝縮されています。
ラストは九龍と耳にした時点で予測がつきましたが、本当にそうなのかな
と思わせるものでした。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

5

オン・ザ・ハイウェイ

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」
原題:Locke
監督:スティーブン・ナイト
2013年 アメリカ=イギリス映画 86分
キャスト:トム・ハーディ
     オリビア・コールマン
     ルース・ウィルソン
     アンドリュー・スコット

高層ビル建設の現場監督アイヴァンは、ビッグプロジェクト
を翌朝に控え、彼の子供を出産する女の元へ向かっている。
彼には妻子がおり、さらにプロジェクトの準備のために部下
に指示を出さなければならないのだった。

<お勧め星>☆☆☆半 全編に渡って車内シーンですが、会話
だけで全てが想像できる秀逸な脚本です。


「インセプション」(2010)などのトム・ハーディのみ
の出演で、あとの人物は電話を通しての声だけです。いわゆる
ワンシチュエーション・サスペンスですが、特にスリルのある
事件が起こるわけでもなく、トム・ハーディ演じるアイヴァン
とほぼ4人の人物との関わりが電話を通じて描かれていくのです。
仕事を終え、BMWに乗り込んだアイヴァンは、実は今日はひいき
のチームのサッカーゲームを家で家族そろって観戦するはずだった
のです。しかし今向かっているのは、留守番電話を入れたベッサン
のいる病院。
.戰奪汽鵝“爐1年前にロンドンで仕事をした時にアシスタント
についた中年女性。身寄りがなく、孤独で、2本のワインのせいで
1度だけ過ちを冒し、そして妊娠。今日急に破水したと言う。


オン・ザ・ハイウェイ

次に電話をかけるのが、彼の上司であるガレスですが、彼は留守
のため、妻に伝言を残します。
▲レス 電話番号登録名が「クソ野郎」となっているけれど
実はアイヴァンを信頼し、彼を現場監督にしている男。


すると息子から「サッカーの試合が始まるよ。ママさえユニフォーム
を着ているんだ」という電話が入ります。そして妻カトリーナの
明るい声に向かって「今日は仕事で帰れない」というアイヴァン。
カトリーナ アイヴァンの妻であり、エディとショーンという
2人の息子の母親。お互いに信頼し愛し合っているけれど、アイヴァン
はどうしても今日のことを告げなければならないのです。この苦悩
をトム・ハーディが熱演します。


そして次に電話するのが彼の部下らしきドナルです。「君ならできる」
アイヴァンは必死で説得し、自分の代わりを務めさせようとするのです。
ぅ疋淵襦,匹Δ笋藜魄みのあまり有能な男ではないらしい。しかし
アイヴァンの指示に彼なりに答えようと奔走するけれど、トラブル
がどんどん起きるのです。


というほぼ4人との電話が混線しながら流れ、アイヴァンの置かれて
いる状況がはっきりつかめてくるのが中盤。時折アイヴァンは実父
の幻影を見るようで、誰もいない後部座席に向かって
「俺は正しいをする。そこから逃げない。」
と言います。ということは、アイヴァン自身も私生児であり、父は
その事実から逃げてしまったらしい。


オン・ザ・ハイウェイ

車窓から見えるテールライトや信号が、赤青黄色に美しく流れ
夜の闇に溶け込んでいくのもどこか幻想的でありつつ、車内は現実
に直面したアイヴァンの苦悩と涙と怒りなどが渦巻いています。
たった2本のワインと孤独な女さえいなかったら、こんな状況は
起きなかった。しかし起きた以上は自分が正しいと思って道を進む
という彼の決意を感じ、息子の電話にかすかな希望を抱かせる
ラストになっています。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ギリシャに消えた嘘

5

ギリシャに消えた嘘

「ギリシャに消えた嘘」
原題:The Two Faces of January
監督:ホセイン・アミニ
2014年 アメリカ=フランス=イギリス映画 96分
キャスト:ヴィゴ・モーテンセン
     キルステン・ダンスト
     オスカー・アイザック

1962年、ギリシャのアテネを旅行中のチェスターと
コレット夫妻は、ツアーガイドのライダルと知り合う。
そしてチェスターは滞在先のホテルで殺人事件を起こした
ことから、ライダルに助けを求めるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 美しいギリシャの景色を背景に
極上のサスペンスが堪能できた...いや少しモヤモヤします。


「太陽がいっぱい」(1960)の原作者パトリシア・ハイスミス
の小説「殺意の迷宮」を映画化したものというふれこみです。
冒頭からパルテノン神殿が映り、古代ギリシャ遺跡の美しさ
を堪能できます。そこに白いジャケットを身につけ、常に
ハットをかぶり、斜めにくわえ煙草をし、トランクを手に
したヴィゴ・モーテンセンが入り込むと、なんと絵になる
ことでしょう。これぞ「ダンディ」というのだな。


ギリシャに消えた嘘

一方彼が演じるチェスターの妻コレット役は、「メランコリア」
(2011)のキルステン・ダンスト。映画内で「親子ほど年が離れて
いるぞ」という割には、結構釣り合いが取れたカップルです。
元々好きなルックスではないので、映画の序盤に登場する観光客
の女性(ライダルに小銭を騙しとられている)の方がずっと素敵
に見えてしまいます。


ギリシャに消えた嘘

このセレブらしい夫妻は、1962年、ギリシャのアテネの遺跡観光中、
ツアーガイドののライダルと出会います。なぜかチェスターを見つめる
ライダル。この意味が最後までよく理解できなかったのが、この映画の
最大の欠点かな。ライダルについてもう少し深く描いていたら、ただの
つまらない詐欺を働くツアーガイドに見えなかったのに。
ライダルはアメリカ人でありつつ、ギリシャ語に堪能で、現地に住み、
ガイドをしているわけです。実際は大学教授の父を持ち、ハーバード、
イェール大学も卒業したインテリなのに、家族間の問題でギリシャに
住んでいるらしい。(ここは会話や手紙でさらりと流しただけ)


ギリシャに消えた嘘

この3人が深く関わってしまうのは、チェスターが滞在先のホテルで
起こした殺人事件。突然部屋を訪れた男に金を要求され、バスルーム
でめっちゃキレのいい格闘をしたあげく、その男を殺してしまうのです。
こういう格闘シーンは、ヴィゴさん、すごく似合います。
妻には内緒で、その男を部屋に戻そうすると、運悪く、コレットが忘れた
ブレスレットを届けに来たライダルとばったり。
「酔いつぶれてだけなんだ」

と言い訳をしつつ、急に荷造りをしホテルを後にして、ライダルの家に
身を寄せるのです。コレットがライダルを気に入っているのは、彼が
若いからなのか、それとも言語が達者だからなのか。なぜにチェスター
襲われたのかは、少しずつ語られる彼の仕事の中身でわかってきます。

そして夫妻は、ライダルとともにクレタ島へと向かいます。ライダル
に嫉妬するチェスターの気持ちは、若い嫁を奪われるんじゃないか
という年上男性の気持ちだろうと推測するけれど、ライダルがここ
まで2人に関わるのは、コレットへの気持ち以上にチェスターの姿が
彼の父に似ているからなのだということに気づきます。一方のチェスター
もライダルをとっとと殺してしまえばいいのに、そこまではしない。
彼もどこかライダルにシンパシーを感じているらしい。この辺りも
上手く描かれていないので、なかなか理解しづらいです。
そしてある事故が起きてしまいます。この事故はライダルが追われる
原因となるのですが、その前にホテルの事件で夫妻は指名手配されて
います。さあ、どうする。
空港のシーンは上手くできていたな。
ラストシーンはまさにギリシャ悲劇を思い出させるもので、古典的な
サスペンスを見せられたような気がしました。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


フリア よみがえり少女

4

フリア

「フリア よみがえり少女」
原題:Dictado
監督:アントニオ・チャバリアス
2012年 スペイン映画 96分
キャスト:ファン・ディエゴ・ボト
     バルバラ・レニー
     マヒカ・ペレス
     マーク・ロドリゲス
     アガタ・ロカ

教師をしているダニエルとラウラ夫妻は、ダニエルの
昔の知り合い、マリオが自殺したことから、彼の娘
フリアを一時的にひきとることになる。しかしフリア
は、ダニエルが封印していた過去の忌まわしい記憶を
思い出させる言動をし始めるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ ふんふんなるほどね。と納得
しつつ、もしかして...と思ってしまう映画です。


ネタバレしています。

監督は「悲しみのミルク」(2009)の製作に携わった
アントニオ・チャバリアス。あの映画では、ストーリーの
軸に呪いや迷信があって、そこからヒロインの再生を描いて
いました。この映画では、同じ雰囲気を漂わせながら、
主人公の破滅へと向かう姿が描かれます。終盤付近まで
見ている側はかなりミスリードされて、邦題にある通り
「よみがえる」と思ってしまうのです。その辺りの映像や
音がホラー映画のそれを思い出させます。


フリア

ダニエルとラウラは小学校の教師をしている夫婦で、どうやら
子供を流産か死産した模様。誰も寝ていないベビーベッドが
暗にほのめかしています。でも2人は相変わらずラブラブだし、
仕事も順調のようです。しかしある日ダニエルの元へ昔の
知り合いマリオが訪ねてきたことから、状況は一変します。
「娘に会ってほしい」
実はダニエルの父は彼が少年の頃、再婚を考えた時期があって
その相手の連れ子がマリオとクララという兄妹だったのです。
フラッシュバックするその時の記憶から、ひと夏を過ごした
2家族は、何かの事情で二度と会わなかったことがかわります。
そして何か事故があったこともわかるのです。
マリオが娘の入浴しているバスタブに入り、手首を切って自殺。
バスタブから鮮やかすぎる真っ赤な血があふれ出していきます。
そして遺された娘フリアを一時的にダニエルとラウラで引き取る
ことになるのです。


フリア

ラウラとはすぐに打ち解けたフリアなのに、なぜかダニエルには
なかなか心を開かず、あろうことか、あのクララを思い出させる
言動を発します。マリオが結婚して娘がいたことも不思議だけれど
なぜにこんなに縁遠い2人がフリアを引き取るのかやや疑問も残り
ます。まあ、唯一の肉親が現れれば、そちらへ行くんだろうなあ。
いや、そんなはずはないのです。
フリアはある時、例のクララが結んでいた赤いリボンで髪を縛って
います。

「怪物から守るためなの」
ダニエルの悪夢は次第にエスカレートし、土だらけのバスタブの中に
赤いリボンが埋もれていたり、何かの手が出てきたりするのです。
じつは ダニエルは、あの時期、父の再婚が嫌だったし、特に
クララが父や再婚相手になるかもしれない女性に溺愛されていたことを
すごく憎らしく思っていたわけです。わずかなシーンながら、ダニエル
の心の内が手に取るようにわかる描き方は秀逸。そして過去の事件が
明らかになってきます。
それは先にラウラに話すべきでしたね。でもその事故は彼にとっては
本当になかったことにしたい出来事だったわけです。一方、あんなに
ダニエルを愛してくれたラウラは、今やフリア第一の生活になって
いるのです。なぜにフリアなのか。養護施設にいる子どもはたくさん
いるわけで、彼女がフリアに固執したのこそ、クララの思いが残憑
していたとしか思えません。ここはホラーっぽい。

そしてラスト付近に登場するのが、クララの母、つまりマリオの母で
あり、ひと夏ダニエル父子と過ごしたルイサです。実は彼女がフリア
をクララと信じ、ずっと彼女を事故死に追い込んだ、マリオ、ダニエル
を憎み、「怪物」と呼び、フリアに幾度となく面会して、彼女を洗脳
していたわけです。だからマリオは、過去の事故への罪悪感から心を
病んでしまったわけで、ダニエルも同じ道を歩んだということですね。
フリアが歌う歌が、かつてクララが歌った歌で、雷を怖がらないための
ものだと言った時、ダニエルが
「そんなのは効果がない」
と冷たく言ったのも納得します。クララの遺体を見つけたルイさは
半狂乱で2人の少年に
「怪物よ!」
と叫ぶシーンで、「怪物」=マリオとダニエルとわかるのです。マリオ
はその後どんな生活を送ったのかそちらも気になるなあ。
夫妻の絆を取り戻すために、なぜ、フリアを含めて3人の旅行になった
のか、少し違和感が残りますが、実は悪人ではないマリオやダニエルを
ここまで追い込んだルイサの執念は、ほぼ怨念に近いのでしょう。まさに
クララが乗り移っていたのかもしれませんね。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2567 最後に更新した日:2017/03/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM