映画「エクスクロス 魔境伝説」

0
    JUGEMテーマ:Horror
     
    エクスクロス

    映画「エクスクロス 魔境伝説」
    監督:深作健太
    2007年   日本映画
    キャスト:松下奈緒、鈴木亜美
         池内博之、中川翔子  
         小沢真珠、岩尾 望

    水野しよりと火請アイ子は、阿鹿里村という
    山奥の温泉へやって来る。
    途中、眼帯をはめた女を車でひきそうになるが、
    その女は「チョキ、チョキ、チョキ。本物の地獄
    がどんなものか知ってる?」と言って立ち去る。
    到着した村は怪しげで村人も不気味な人たち
    ばかりであった。

    エクスクロス

    <マープルの感想>
    まず、温泉にバスタオルを巻いて入っては
    いけません。NGです!

    エクスクロス

    新しく始まるNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」に
    主演する松下奈緒がこんなところに出ています。

    村が不気味なことは、異様な案山子、急な停電、
    蛇やイナゴ、カエル入りの夕食なので十分わか
    ります。

    時間を戻して登場人物の各々の状況をたどって
    いくのはちょっとおもしろいです。ストーリーは既に
    破たんしていますが。

    突然出現する萌え系の不審な女子や汚いトイレ
    は和製ホラーとしては結構いけてる...かも。

    エクスクロス

    笑えます。殺人鬼?はやっぱり首をかしげるん
    ですねえ。

    途中からコメディになってますよ。

    その中で頑張っているのが鈴木亜美。チャラい
    女子の役ははまり役です。

    エクスクロス

    大きなハサミVSチェーンソー。
    「牡丹と薔薇」VS「Be Together」。
    どちらが強いかな?

    そして池内博之が台無しになっています(T_T)。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆
    グロ星    ☆
    ゾクゾク星  ☆

    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
     
     よかったらポチっとお願いします。
                 頑張ります!

    映画「アマルフィ 女神の報酬」

    0
       
      アマルフィ

      映画「アマルフィ 女神の報酬」
      監督:西谷 弘
      2009年   日本映画
      キャスト:織田裕二
           天海祐希
           戸田恵梨香 
           佐藤浩市
           大塚寧々
          
      G8国際会議が開催されようとしている厳戒態勢
      のイタリアで、一人の日本人少女が誘拐される。
      赴任したばかりの黒田書記官は、少女の母親
      紗江子を救うため、犯人に「父親だ」と名乗って
      交渉にあたる。
      しかし、事件は単純なものではなかった。

      アマルフィ

      <マープルの感想>
      フリー記者、佐伯役の福山雅治がとてもかっこいい
      です。

      アマルフィ

      豪華キャストにオールイタリアロケ。さすがフジテレビ
      開局50周年作品だけあってお金がかかっています。

      イタリアの観光名所があちこちに散りばめられて
      とても美しいです。

      アマルフィ

      さらに、サラ・ブライトマンの歌声が素敵でした。

      ストーリーは複雑に入り組んでいますが、2時間
      サスペンスドラマのように楽しめます。

      アマルフィ

      けれど今一満足しないのはなぜでしょうか?
      イタリア料理の豪華フルコースをいただいて
      胸やけしている感じですね。

      それに犯人はもっと非情でなくっちゃ。
      日本的すぎます。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆
      グロ星
      ハラハラ星  ☆☆

      にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

       よかったらポチっとお願いします。
                   頑張ります!

      映画「紀子の食卓」

      0
        JUGEMテーマ:邦画
        紀子の食卓

        映画「紀子の食卓」
        監督:園子温
        2005年  日本映画
        キャスト:吹石一恵、光石研、吉高由里子
             並樹史朗、宮田早苗、つぐみ
             手塚とおる、三ツ屋葉子

        父徹三、母多恵子、妹ユカの家族4人、何の変哲も
        ない退屈な毎日にいらだちを感じていた17歳の紀子。

        紀子の食卓

        ある日ネットで「廃墟ドットコム」というサイトを見つける。
        そしてそのサイトの中でいろいろな悩みを打ち明けるうちに
        親しい友人ができ、紀子は停電の夜、家出をする。
        紀子は東京でその中の一人『上野駅54』さんに会おうと
        思っていた。

        s紀子の食卓

        紀子の家出の後、妹ユカも「廃墟ドットコム」というサイトを
        見つけ、その中に姉紀子の存在を感じ、彼女もまた家出
        するのだった。


        紀子の食卓

        <マープルの感想>
        2002年に制作された「自殺サークル」という映画の
        続編ですが、わたしはその映画を見ていません。
        淡々と始まる映画はchapterごとに語る人が変わります。
        映画の中で、日常の方が自殺者が多い、自分は自分の
        役割をしっかり演じているか、などと胸に突き刺さるセリフが
        随所に出てきます。
        何が自分で、自分はどういう存在なのか、虚構の中では
        裏表がなく明確な答えが出てくるでしょう。
        しかし、明確な答えって必要ですか
        曖昧だからこそ、自分を変えることができるんじゃない
        でしょうか。

        紀子の食卓

        「とても大きな気持ちをコップに注ぐと流れ出してしまう、
        それが涙。」
        紀子のセリフですが、ウソの涙はウソでしかあり得ないと
        思います。
        そしてそれはなんの意味も持たないのです。
        妹ユカ役の吉高由里子が舌足らずで初々しい演技をしています
        「蛇にピアス」ではずいぶんやせたし、演技も上手になりましたね。


        紀子の食卓

        前半はとても長く感じられましたが、後半は一気に見ることが
        できました。

        <マープルの感想>
        お勧め星   ☆☆
        グロ星    ☆
        ゾクゾク星


        にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ 
         よかったらポチっとお願いします。

        映画「片腕マシンガール」

        0
           片腕マシンガール

          「片腕マシンガール」

          監督、脚本:井口昇
          2007年  アメリカ=日本
          キャスト:八代みなせ、 亜紗美、 穂花、島津健太郎
               デモ田中、諏訪太朗

          女子高生・アミは、両親が自殺したために、たった一人の
          弟ユウと暮らしている。
          ある日、ヤクザの息子をリーダーとした不良グループ
          によるイジメで弟が殺されてしまう。アミは、ユウの残した
          “殺したいやつ”ノートを元に復讐を誓うが、逆に捉えられ
          拷問に合い、片腕を切り落とされてしまう。
          何とか脱出し、同じく息子を失った母親・ミキと共に、
          再び復讐するための特訓を開始する…!

          片腕マシンガール

          <感想> 何も考えずにリラックスして見ることが
          できます。
          ヒロインは可愛いですが、ほとんど闘っています。
          愛する弟をいじめ殺された復讐をする女子高生。
          いろいろつじつまは合わないけれど、まあその辺は
          目をつぶって 最後まで見ましょう。
          噴水のような血しぶきはフランスのホラー映画以上です。
          だけど指の寿司や腕の天ぷら、やくざ、忍者、
          片足チェーンソーetc.
          よくも考えついたもんだと思います。
          ドリルブラは一見の価値があるかも

          <マープルの採点  星2つ半>  
          レンタルで十分です



          映画「蛇にピアス」

          0
            蛇にピアス 

            監督:蜷川幸雄
            2008年 日本映画
            キャスト:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優
                  ソニン、小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也
                      市川亀治郎

            蛇のように割れた舌を持つ男アマと出会った19歳の
            ルイは、自分とはまったく違う世界に住む彼と付き合い
            つつ、アマの紹介で知り合った彫り師シバとも関係を
            持ち始める。
            ルイはピアスを開け、背中に入れ墨を彫り身体改造の
            痛みと快楽に身を委ねる日々を送るが、どこか満たされぬ
            思いを抱えていた。

            蛇にピアス

            <感想>吉高由里子さんがとてもきれいです。
            この映画では、惜しげもなくヌードになっていますが、
            その場面が多すぎて少し食傷気味になりました
            この原作本は全く興味が起こりませんし、この映画で
            描いている愛の姿?も理解できません。
            スプリットタンなんて痛すぎる..
            脇役に豪華な俳優陣をそろえているので、どこに出演
            しているのか探すのはちょっとおもしろいです。
            見終わって暗い思いだけ残る映画でした

            <マープルの採点  星2つ>  理解不能。


            カレンダー

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            ブログランキング

            今日のわんこ

            powered by 撮影スタジオ.jp

            アマゾン

            遊びにきてくれてありがとう!

            カウンター

            死語レッスン

            最新記事

            categories

            過去の記事

            コメントありがとうございます!

            トラックバックありがとうございます!

            recommend

            お友達

            ミス・マープルについて

            書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

            あの映画を探そう!

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM