テルマエ・ロマエ

3
JUGEMテーマ:邦画

テルマエ・ロマエ

「テルマエ・ロマエ」
監督:武内英樹
原作:ヤマザキマリ 「テルマエ・ロマエ」
2012年   日本映画   108分
キャスト:阿部 寛
     上戸 彩
     北村一輝
     竹内 力
     宍戸 開
     市村正親

古代ローマ時代、テルマエ(浴場)設計技師ルシウスは、仕事に
悩み、公衆浴場の湯の中に潜っていると、突然、見知らぬ場所へ
移動してしまう。そこでは「平たい顔族」が斬新なアイデアを使って
素晴らしい浴場で楽しんでいるのだった。

テルマエ・ロマエ

売れない漫画家で、田舎の温泉旅館の娘、山越真実役は上戸彩ちゃん。

テルマエ・ロマエ

原作にない役柄ですが、映画の多くのシーンに出演しています。いや
準主役だよな。彩ちゃんは可愛いし、大好きな女優さんだけど、確かに
彼女の役がない方が、ルシウスを強調できた気がします。まあ、興行的に
華が必要だったのですね。
ストーリーは、紀元128年、ローマ帝国ハドリアヌス皇帝時代に始まります。
暴君と恐れられつつ、テルマエ(浴場)の建設で、民衆の支持を得ていた
ハドリアヌス役は、市村正親。セリフの1つ1つに重みがあります。一方
派手な浴場、俗っぽい浴場が増え、風呂本来の姿を探し求めるテルマエ
技師ルシウス役は阿部寛。ハドリアヌスの養子で後継者と目されるケイオニウス役
は、北村一輝、さらに皇帝の側近アントニヌス役は宍戸開で、いずれも濃い
顔立ちです。ローマ人役の外国人は全て日本語の吹き替えになっており、彼ら
だけが普通にセリフを話します。現場ではおかしかったんだろうなあ。

テルマエ・ロマエ

そしてローマの公衆浴場の湯に潜り、妙な穴に吸い込まれたルシウスが
行きついた先は、なんと壁に富士山が描かれた日本の銭湯の中です。
「平たい顔族」。ルシウスがこう呼び、奴隷の国と思い込みながらも、湯桶
扇風機、のれん、フルーツ牛乳などの存在にぶったまげます。

テルマエ・ロマエ

前半のローマと日本とを行ったり来たりするシーンは、結構おもしろく、銭湯や
日本の家の風呂などでのアイデアをローマでどのようにアレンジしていくのか
わくわくしました。しかし中盤以降、売れない漫画家、真実が実家に戻り、ルシウス
との絡みのシーンが増えるにつれて、なんかストーリーが本筋からズレていく
気がするんだよなあ。

テルマエ・ロマエ

せっかくそろえた「平たい顔族」の俳優さんと濃い顔の古代ローマ帝国の
人役の俳優さんとのつながりも駆け足になっているし、なんといっても
平たい顔のはずの中に、めっちゃ濃い顔の竹内力がいて、彼をどう使う
のかと思ったら、なんにもなかった...。彩ちゃんの入浴シーンでもあったら
まあ、☆も増えたはずだけれど。ため息が出ちゃう。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

晴れてくるはずなのに、まだ曇ってまーす。

ハラがコレなんで

4
JUGEMテーマ:邦画
 
ハラがコレなんで

「ハラがコレなんで」
監督:石井裕也
2011年   日本映画   108分
キャスト:仲里依紗
     中村 蒼
     石橋 凌
     稲川美代子
     並樹史朗

妊娠9か月の原光子は、アメリカ人の恋人に捨てられ、一人で
出産を控えている。所持金も底をつき、彼女は風に流されるまま
15年前住んでいた長屋に戻ってくる。そこには、昔と変わらない
建物が残っており、寝たきりになった大家がいるのだった。

ハラがコレなんで

「川の底からこんにちは」(2009)の石井裕也監督作品です。そういえば、
満島ひかりちゃんと結婚しましたねえ。
ヒロイン、光子を演じるのは、現在放映中のドラマ「つるかめ助産院」でも
妊婦姿がばっちり決まっている、仲里依紗です。いつも不機嫌そうな顔をし、
ぶっきらぼうな口調が何とも言えない魅力になっています。間の取り方も
絶妙です。

ハラがコレなんで

「川の〜」同様に序盤は、うまくストーリーはつかめないまま進み、ゆるいなあ、
とダレかけますが、そこは仲里依紗の
「O.K!大丈夫!」
の勢いで踏ん張っていると、次第にその雰囲気に取り込まれていくのです。
勢いでアメリカ人と付き合い、勢いでカリフォルニアに渡り、勢いで妊娠したあげく
彼と別れてしまった光子は、日本に戻り、金もなくなり、かつて一家で夜逃げした
時に暮らしていた長屋へ戻ってくるのです。途中の公園で、リストラされてしょぼくれる
オヤジに
「とりあえず、昼寝しよ。そして風向きが変わったら、その時ドーンと行こう。」
と途方もなく前向きな発言を飛ばします。そして戻った長屋では、かつて『粋』を大事
にしていた大家の清が寝たきりになっており、ほとんどの家が空き家になっているの
です。しかし、15年前、国語の教科書を忘れて泣きじゃくる隣の女子に、自分の
教科書を渡し、
「俺も忘れた。これ、落ちていたから使え。」
と『粋』な行動をした陽一が伯父の次郎と共にいまだに食堂を経営しています。実は
彼は15年前光子のプロポースしていていました。

ハラがコレなんで

この全く流行っていない食堂も実はレバニラ炒めはうまい!
『粋』という言葉を連発し、かなりくどいようにも感じますが、そこからは、ドーンと
地に足をつけて、風向きが変わるのを待ち行動を起こす、という漠然とした感触が
伝わってくるのです。
このいかめしい顔つきの次郎も、喫茶リリーのママにずっと片思いをしている。
終盤には、ママと次郎と大家、清、陽一に再び夜逃げしてきた光子の両親も加わり
なぜか
「ママ、俺と結婚して。」
と陽一が言い始めるほどこんがらがって来ます。そこでずっと心配していた戦時中
の不発弾がドカーン!

ハラがコレなんで

病で寝込んでいるリリーのママの実家まで全員で押しかけ、そして遂に
草むらで破水してしまった光子を前に、右往左往する面々にも大笑いです。
「わしはいやらしいことをしないうちに、ダンナが戦死した。」大家、清。
「俺はいやらしいことすらしたことがない。」次郎。
「俺もしたことがない。」陽一。
「わたしは全部病院に任せたわ。」光子の母。
ここに至ってもドーンと地に足がつきません。しかし、母は強いのです。光子は
頑張ります。ただ光子の言った
「一人じゃなくてよかった。」
という言葉が、全てを集約し、人と人がつながっていることの大切さを実感させて
くれました。
やっぱりおもしろかったな。好き嫌いがわかれるかもしれないけれど。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今年は秋がしっかり訪れたね。紅葉も始まった。

アフロ田中

4
JUGEMテーマ:邦画
 
アフロ田中

「アフロ田中」
監督:松居大悟
原作:のりつけ雅春
2012年   日本映画   114分
キャスト:松田翔太
     佐々木希
     堤下敦
     田中圭
     遠藤要  
     駒木根隆介

24歳の田中広は、彼女いない歴24年。そんな彼の元へ友人の
結婚式の招待状が届く。お互いの結婚式には、それぞれの彼女を
連れてくる、という約束を思い出した田中は、早速彼女作りに励む
のだった。

アフロ田中

原作はのりつけ雅春の人気コミックだそうですが、マンガを読まないので
全然知りません。関係ないけど唯一読むマンガは「きょうの猫村さん」です。
この映画は予告編が面白そうだったので鑑賞しました。
小学生の頃コンプレックスだった髪型をアフロに変えた途端、田中広は世界
が広がり?のりで高校を中退、母親から生活費を請求されると、自宅の庭に
プレハブを購入する始末。それでも干渉する母親から逃れ、もっと自由な
生活を求めて上京したのです。松田翔太のきれいな顔立ちがアフロとミスマッチ
なのに、母親役の辺見えみりのおばちゃんパーマ姿がバッチリ決まっていて
ここは笑えます。


アフロ田中

実は田中は高校時代、自分も含め5人の仲間とつるんでいたのです。
 田中 松田翔太  上京しトンネル会社で肉体労働をしています。
 大沢 堤下敦  地元でラーメン屋台をしています。彼女は元AV女優。
 岡本 田中圭  地元で郵便配達員をしています。彼女はかなり奔放。
 村田 遠藤要  地元で会社員をしています。彼女はナース。
 井上 駒木根隆介  礼子という女性と今度結婚するのです。

そしてこのデブでケチな井上の結婚式の招待状を見て、田中はふと昔かわした
約束を思い出します。それは、結婚式にはそれぞれの彼女を連れて参列する
というもの。女性とは一切縁がない田中の焦り具合は、半端なものではなく、
それでいてもしも彼女が一度もいたことがなかったら、こんなもんかなと妙に
納得します。

アフロ田中

メアドを交換してもいつメールを送ればいいのか悩みまくり、合コンの後酔い
つぶれた女性を介抱しただけなのに、何かしたと逆切れされ、上から下まで
衣装を決めて出かけても、ブスとお揃いになっていたあげくに、ブスに
「や〜だ〜。」
と言われる始末です。
ところが実は田中の隣の部屋に引っ越してきた加藤という美女が、田中に思い
を寄せているのです。加藤は佐々木希が演じていて、清楚でとても可愛いの
ですが、演技力は果てしなくありません。CMじゃないけど、ドン引きします。

アフロ田中

とりあえず男の友情は熱くて固いということですかね。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

暑い時は冷蔵庫の中に入りたくなる。

恋の罪

3
JUGEMテーマ:邦画

恋の罪

「恋の罪」
監督:園子温
2011年   日本映画  144分
キャスト:水野美紀
     冨樫 真
     神楽坂恵
     津田寛治
     二階堂智
     児島一哉
     大方斐紗子

渋谷区円山町のラブホテル街にある古いアパートの一室で、
マネキンと接合された女性の遺体が見つかり、刑事吉田和子は
捜査を担当する。一方、有名小説家を夫に持ついずみは、パート先の
スーパーで、見知らぬ女性からモデルにスカウトされるのだった。

恋の罪

1990年代、渋谷区円山町のラブホテル街で起きた例の殺人事件に
インスパイアされて製作された映画なのはご存じのとおりです。
冒頭、水野美紀が明らかに浮気をしているシーンで携帯が鳴り、殺人事件
発生を知らされます。この時の彼女のフルヌードをはじめとしてボカシは一切
入っておらず、3人の女性の肉体とドロドロした人間模様が同時に映しだされて
いきます。

恋の罪

事件現場である古いアパートの一室には、首と下半身がマネキン、下半身以外は
マネキンといった姿の女性の遺体が置いてあるのです。ここはかなりグロく、蛆虫
がうごめいています。さらに検死するシーンまでも映り、検死官の説明はリアルな
ものです。

恋の罪

捜査にあたる刑事吉田恵子は、家庭がありながら、元カレらしき男との腐れ縁を
断てずにいます。その元カレ役の児島一哉の変態ぶりは、真に迫るものがあります。
キモイです。
そして有名小説家の貞淑な妻、菊池いずみ役は、神楽坂恵。そのいずみを翻弄する
大学の助教授、尾沢美津子役が冨樫真です。

恋の罪 

決まりきった1日を過ごし、その退屈さから抜け出したい、そしてそこから飛び出して
ぐっすり眠られるような充実した日々を送りたい、といずみは常々考えているのです。
やっとの思いで夫に切り出し、許しを得たのが、スーパーの試食販売の仕事。清楚
かつ世間慣れしていない女性の姿をうまく演じています。


恋の罪

これがどんどん変わっていくのよねえ。但し豊満なバストは服の上からでも十分
見て取れます。そしてそこで見知らぬ女性にスカウトされ、モデルからそのまま
AVの仕事をしてしまう。自分のからだで稼いだ5万円を大事に日記帳に挟みます。
パーンと風船が割れるようにはじけたいずみですが、そこからどう生きていいのか
わからなくなるのです。張りつめていた緊張の糸が解き放たれた時、どこに向かうのか。
彼女はめっちゃ露出の大きい服を着て渋谷を歩き、出会った男と円山町のラブホテル
へ入ります。そしてさらには、街娼をしている女性に心を惹かれてしまうのです。
この辺りはちょっと理解に苦しむのですが、幾度となく出てくるピンクの液体入りの
ボールがはじける時、いずみの心の中の鍵が1つずつ解かれていくのかもしれません。
街娼をしていた女性の昼の顔は、有名大学の助教授で、彼女は夜になると、人が
変わったかのように下品になるのです。
「愛がなければ金をとらなきゃ。」
「本物の言葉は体をもって知る。」
抽象的に感じるセリフも映画の後半では、なんとなく理解できてきます。
美津子と母親との笑いながらの憎しみのこもったののしり合いは、見事なものでした。
さらに美津子の常連客が実は...。
関係を持つことにお金を要求する女を蔑み、何の見返りも要求しない女には好感を
持つ。確かにこれっておかしいよなあ。
「言葉なんか覚えるんじゃなかった...」
この詩の一節がぴったりの映画でした。音楽もかなり凝っています。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆
グロ星    ☆☆
ハラハラ星
エロエロ星  ☆☆☆☆
ダルダル星


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

なんだか蒸し暑い。大嫌いな蚊を何度となく発見。

板尾創路の脱獄王

0
    JUGEMテーマ:邦画

    脱獄王

    「板尾創路の脱獄王」
    監督:板尾創路
    2009年   日本映画  94分
    キャスト:板尾創路
         國村隼
         石坂浩二
         木村祐一
         増本庄一郎
         津田寛治

    昭和初期、無銭飲食で逮捕された鈴木は、幾度となく脱獄を繰り返し、
    遂に無期懲役となる。看守長だった金村は、彼がなぜ脱獄を繰り返し、
    そしてすぐに捕まるのか不思議で仕方ないのだった。

    脱獄王

    この映画は好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的には、見終わって
    それぞれのシーンを思い返すと、何気にホロリと来ます。といって決して
    そういう話ではないのですが。
    昭和初期、鈴木雅之は、無銭飲食で逮捕されます。彼が拘置される
    刑務所の看守長が國村隼演じる金村です。木村祐一や宮迫博之などが
    暴力的な看守を演じる中で、一人人間らしい姿をもっているように描かれて
    います。そう、この映画では肝心な役は、有名俳優が演じており、丁寧に
    作られた作品です。刑務所長は、阿藤快、そして司法省職員に出世した
    金村の上司が石坂浩二です。

    脱獄王

    さて、鈴木は様々な方法で脱獄し、いつも決まって線路上で確保されるのです。
    そんな彼に興味を示した金村は、一旦は出世を断り、彼の様子を見続けます。
    しかし、その間も、散歩で拾った針金を持ち帰ったり、洗面器の金具を飲み込み、
    便として出して、お粥でゆすいで、鍵穴へ...。など奇想天外な方法で脱獄するの
    です。
    そして捕まった彼を待っているのは、異常なまでの暴力です。このシーンはかなり
    リアリティがあるので、暴力NGの方は見ない方がいいかもしれません。

    脱獄王

    そして映画の中で鈴木が歌う、中村正俊の「ふれあい」。板尾本人が歌っている
    この歌の歌詞をよく考えると、鈴木の生い立ち、そしてなぜこういう状況にいるのか
    がわかった気になります。
    そして最後に送り込まれた監獄島で、名前すらなくなり、「泥」と呼ばれながらも
    成し遂げたことは、彼の悲願だったのでしょうか。


    脱獄王

    いや敢えてそうしたのか、それとも逆上がりの最中に見た、男の胸にあった
    富士山の刺青をそのまま彫ってしまった「逆さ富士の鈴木」の脳だから、そう
    なってしまったのか、どっちなんだろう。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆


      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

    のび太がいない。大変だ!

    Flowers フラワーズ

    0
      JUGEMテーマ:邦画
       
      フラワーズ

      「Flowers フラワーズ」
      監督:小泉徳宏
      2010年   日本映画  110分
      キャスト:蒼井優   鈴木京香
           竹内結子  田中麗奈
           仲間由紀恵  広末涼子

      昭和11年、凛は親の決めた結婚に反発し、式の当日の家を飛び出す。
      そして昭和30年代、彼女の3人の娘は、各々成長し、自分の進む道を模索していた。
      現代。慧の長女奏は、久しぶりに里帰りをし、妹佳と会うのだった。

      資生堂のヘアケア商品ブランド「TSUBAKI」に出演していた6人の女優たちが、昭和初期
      から現代までの時代を生きた女性を、それぞれ演じています。
      昭和11年4月。凛は父親の決めた結婚が気にいらず、挙式当日白無垢のまま家を飛び出す。
      凛は蒼井優です。

      フラワーズ

      あまりに童顔なので、角隠しが全く似合っていません。まあ、この時代にはかなり若くして
      結婚していたので、こんな感じでしょうか。
      そして彼女が産んだ3人の娘、薫、翠、慧を竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵が演じています。
      薫役の竹内結子が美しいのにはドキリとさせられます。

      フラワーズ

      最愛の夫を交通事故で亡くし、自分の将来を考えられずにいるのです。
      そして当時珍しかった職業婦人をしている翠。男勝りで、男女平等を訴えながら、恋人の
      求婚に答えようか迷っています。

      フラワーズ

      彼女はこの役がぴったりですね。
      また、1人娘に恵まれ、幸せな結婚生活を送りながら、次の妊娠をする。母胎のために
      医者から出産を断念することを勧められるが、それを押し切って出産を決意する慧。
      彼女の満足そうな笑顔が印象的です。

      フラワーズ

      現代。慧の娘、奏は、ピアニストになる夢に破れ、ついでにフラれた年下男の子供を
      身ごもったまま帰郷する。鈴木京香が現在、年下の俳優と交際していることがかぶります。
      話はそれますが、相手の長谷川博巳ってすてき


      フラワーズ

      彼女の妹、佳役は、広末涼子です。いつまでも可愛いですね。

      フラワーズ

      佳を出産したことで、結局母親慧は亡くなってしまったのです。
      彼女たちがその時代を精一杯生きていく姿が、淡々と描かれています。感動させられる
      シーンもありますが、どうもだるいのです。
      女性が結婚、もしくは子供を産むことによって、家族というものを作り、幸せになっていくのだ、
      という考えを押し付けられているような気がしてなりませんでした。
      「矛盾だらけが人生の面白み」
      と話すエロ小説家(今は亡き長門裕之)の言葉は結構よかったですけどね。
      豪華な女優を揃え、音楽も風景もファッションもそして撮影方法に至るまで、時代を物語る
      ものでした。エンディングに流れる、オリビア・ニュートン=ジョンの
      「HAVE YOU NEVER BEEN MELLOW」(そよ風の誘惑)
      がすごく懐かしかったなあ。そうそう、映画の中のテレビで放映されていた岩崎宏美の
      「熱帯魚」も懐かしかった!

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆



      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

      今週は寒くなってきた。いよいよ冬到来かしら。

      プリンセス・トヨトミ

      2
      JUGEMテーマ:邦画
       
      プリンセス・トヨトミ

      「プリンセス・トヨトミ」
      監督;鈴木雅之
      原作:万城目学
      2011年   日本映画  119分
      キャスト:堤 真一
           綾瀬はるか
           岡田将生
           沢木ルカ
           森永悠希
           中井貴一
           和久井映見
           笹野高史

      会計検査院の調査官、松平は、部下の鳥居と旭を連れて大阪を訪れる。
      いつものように調査を進めていく松平は、財団法人OJOというものに不審な点を
      見つけるのだった。

      プリンセス・トヨトミ

      原作は「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」「偉大なる、しゅららぼん」の万城目学の
      同名小説です。どの小説も一気に読み終えることのできる面白さを持っていました。
      会計検査院の副長松平元役は堤真一です。アイスが大好きで、いつもアイスを
      食べている。しかし笑顔を見せず、冷徹に仕事をこなしていく調査官を演じています。
      「SP」とかぶるなあ。
      部下の鳥居忠子役は綾瀬はるか。そして日仏ハーフの旭ゲーンズブール役はわたしの
      大好きな岡田将生です。原作では男女が逆でしたね。綾瀬はるかのほのぼのとした演技と
      岡田将生のスマートな立ち居振る舞いがぴったりです。映画的にはこれでよかったのかな。

      プリンセス・トヨトミ

      幾度となく出てくる綾瀬はるかの走るシーンでは「おっぱいバレー」を彷彿させる
      バストにくぎ付けでした。
      さて、松平がその存在に疑問を抱く、財団法人OJOは「大阪城跡整備機構」なのですが、
      書類上は何の問題もないのです。しかし、なにかがおかしい...。
      またOJOの位置する空堀商店街の一角でお好み焼き屋を営む真田幸一の一人息子
      大輔は、女の子になりたい、という夢を抱き続けて、ある日突然セーラー服で登校
      し始めるのです。そしてヤクザの息子たちにいじめられてしまう。

      プリンセス・トヨトミ

      さらにその大輔を幼い頃から、男勝りの性格で守り続けている橋場茶子の存在。

      プリンセス・トヨトミ

      これらが絡み合って歴史上の事件と現代とがつながっていくのです。

      プリンセセウ・トヨトミ

      そこにはとてつもなく大きな秘密が隠されていたのです。
      折しも大阪府知事、市長のW選挙戦中なので、タイミングぴったりの映画でした。
      残念なのは、お好み焼屋店主真田役の中井貴一がりっぱすぎることです。そして大阪弁
      が際立ってうまくない。原作のイメージではもっとイケてない浪速のおっちゃんなのに、
      えらくかっこいいんですよ〜。
      それと原作から削除されたストーリーの中に結構重要な内容があったのになぜにそれを
      入れなかったんだろうと思ってしまいました。
      エキストラで大阪国民の皆様とクレジットが流れたのは笑えました。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆



      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

      今日は昼間は寒いらしい。ヒートテック大活躍!

      愛のむきだし

      0
        JUGEMテーマ:邦画
         
        愛のむきだし

        「愛のむきだし」
        監督:園子温
        2008年   日本映画  237分  R-15
        キャスト:西島隆弘
             満島ひかり
             安藤サクラ
             尾上寛之
             渡部篤郎

        神父を父に持つユウは、敬虔なクリスチャンである。しかし、カオリという女性に
        惑わされ、そして捨てられた父は、毎日彼に何かの罪を懺悔するよう強要するように
        なる。ユウは、様々な罪を重ねるが、いつしか盗撮という罪にはまり、そこで理想の
        女性ヨーコと出会うのだった。

        愛のむきだし

        主役のユウを演じる西島隆弘はAAAのメインボーカルなのですね。きれいな顔立ちと
        ダンサーとしても優秀であることがわかる華麗な身のこなしに圧倒されます。この顔で
        ヨーコに会うとズボンの下が反応してしまい、それが幾度となく映ります。キャ!
        そしてユウの理想の女性ヨーコ役は満島ひかり。映画の中で何回パンツを見せたことか。
        しかし演技力は抜群です。

        愛のむきだし

        表情のない顔、怒る顔、さげすむ顔、そして泣く顔に至っては、鼻水までも流します。
        監督の徹底ぶりにも感心します。
        もちろんユウの父で神父のテツ役の渡部篤郎、

        愛のむきだし

        彼を惑わす奔放な女カオリ役の渡辺真紀子も迫力ある演技です。そして中でも
        ものすごい演技をしてくれるのが、0教会幹部コイケアヤ役の安藤サクラです。
        なんであんなに無気味な女性を演じられるのでしょう。

        愛のむきだし

        237分というかなり長い映画なので、実は3回に分けて見ました。前半の父のユウに
        対する懺悔の強要という虐待に近い行為から始まり、罪を作るために盗撮を始めるユウ。
        この辺りはよく意味が理解できなかったのですが、盗撮行為からヨーコという理想の女性に
        に出会う。このヨーコは亡き母が遺してくれたマリア像にうり二つだったのです。
        ヨーコも0教会のコイケもいずれも不幸な生い立ちをしています。そこに共通しているのは
        「究極の愛」なのでしょうか。なんとなくわかるようなわからないような。
        中盤以降はユウとヨーコとコイケが接点を持ち、入り乱れてストーリーが進みます。そこには
        テツとカオリの愛も絡んでくるのです。
        ラストに感動してしまうのが自分でも不思議なくらい、一風変わった映画でした。
        映画の中で変態仲間でなすびが出演しています。懐かしいですね。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆
        エロエロ星  ☆☆

        ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

        「冷たい雨」が降っています。ユーミンの世界。

        ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット版

        0
          JUGEMテーマ:邦画
           
          ヌードの夜

          「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」ディレクターズ・カット版
          監督:石井 隆
          2010年   日本映画  146分
          キャスト:竹中直人、佐藤寛子
               井上晴美、大竹しのぶ
               宍戸 錠、東風万智子

          バーを経営するあゆみには、桃とれんという異父娘がいる。
          ある日れんは、何でも代行屋、紅次郎に
          「亡くなった父の形見のロレックスの時計を探してほしい。」
          と依頼するのだった。

          ヌードの夜
          石井隆監督が1993年に竹中直人主演で製作した「ヌードの夜」を17年
          ぶりに続編として作った映画です。主演は同じく竹中直人。

          ヌードの夜

          場末のバーのネオンサインやしばしば見られる土砂降りのシーン、そして
          懐中電灯やスポットライトが唯一の光になっている夜のシーンなど独特の
          映像が見られます。
          冒頭、エロそうなおやじを井上晴美演じる桃が包丁で刺殺し、その後、3人で
          彼の遺体を風呂場で解体します。何でしょうか。飛び散る血しぶきと、バケツ
          に入っていくドロドロの物体を見ているうちに、映画の中に引き込まれていきます。

          ヌードの夜

          そして
          「ヘリコプターで散骨しているうちに,誤って落としてしまった父の形見の
          ロレックスの時計を探してほしい。」
          と下の娘れんが、紅次郎の元を訪れるのです。
          れん役の佐藤寛子は、清楚な顔立ちで、体はかなりスレンダーなのですが、
          巨乳の持ち主です。その彼女が惜しげもなくヌードを披露してくれます。

          ヌードの夜

          あまりにヌードシーンが多いので、「NAKED」を見ていた時のように、
          「いい加減、なにか羽織ったら?」
          と思ってしまいました。
          劇場公開版より19分長いディレクターズ・カット版は18禁です。劇場版は
          R-15なのでこの辺りが原因でしょうかねえ。
          彼女のポールダンスは見ごたえがあります。
          紅次郎役の竹中直人のヘタレ具合が初老の男性の哀愁を感じさせ、それでいて
          純粋であるのも気づかせてくれます。
          ラスト付近での大竹しのぶの怪演は「黒い家」を思い出させました。

          ヌードの夜

          見終わってスッキリはしませんが、ラストシーンでの猫に癒されました。
          「絹の靴下」は懐かしいですねえ。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆
          グロ星    ☆☆
          ハラハラ星  ☆
          エロエロ星  ☆☆☆☆
          ダルダル星



          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

          雨が上がったら、少し蒸し暑いね。

          木曜組曲

          3
          JUGEMテーマ:邦画

          木曜組曲

          「木曜組曲」
          監督:篠原哲雄
          原作:恩田 陸 『木曜組曲』
          2001年   日本映画  113分
          キャスト:鈴木京香
               原田美枝子
               富田靖子
               西田尚美
               加藤登紀子
               浅丘ルリ子

          女流作家、重松時子は、4年前服毒自殺を遂げる。
          その後、彼女の自宅には、毎年木曜日をはさんで3日間、彼女の
          血縁関係者やが集っていた。
          しかし、今年は、その朝、心当たりのない女性からの謎のメッセージ入りの
          花束が届き、それぞれの心にさざ波が立ち始める...。

          木曜組曲

          原作は恩田陸の同名小説です。
          謎の服毒死を遂げた重松時子をしのび、毎年木曜日をはさんで3日間、
          時子の屋敷を守る同居人えい子の元へ4人の女性が集まります。
          えい子役は加藤登紀子。かなり演技力が劣りますが、それはそれで
          味のある存在になっています。
          他の4人の女性は、鈴木京香、原田美枝子、富田靖子、西田尚美がそれぞれ
          絵里子、静子、尚美、つかさを演じています。
          なんといっても際立つのが、亡くなった作家時子役の浅丘ルリ子ですね。
          彼女がまばたきをせず、自らの小説を破り、その切れ端を一片ずつ口に
          入れていくシーンは、大女優ならではの迫力があります。本当のスターの
          輝きですね。

          木曜組曲

          そして、今年のその日の朝、謎のメッセージ入りの花束が届き、差出人が
          時子の最後の小説「蝶の棲む家」の主人公フジシロチヒロとなっているのです。
          それをきっかけにして、各自が4年前の事件について考え始めるのです。
          映画内で再三映し出される食事のシーンは、おししそうなものばかり並び、みんな
          よく食べ、よく飲みます。

          木曜組曲

          木曜組曲

          そのシーンや調理シーンはP.O.V.映像に切り替わり、臨場感を盛り上げています。

          木曜組曲

          木曜組曲

          「余韻を残したい」
          時子の思いが伝わる映画でした。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆
          グロ星
          ハラハラ星  ☆☆
          エロエロ星
          ダルダル星


           
          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

          犬のトイレにおしっこする猫がいるの...。どうしよう。


          カレンダー

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>

          ブログランキング

          今日のわんこ

          powered by 撮影スタジオ.jp

          アマゾン

          遊びにきてくれてありがとう!

          カウンター

          死語レッスン

          最新記事

          categories

          過去の記事

          コメントありがとうございます!

          トラックバックありがとうございます!

          recommend

          お友達

          ミス・マープルについて

          書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

          あの映画を探そう!

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM