映画「サイレン」

0
    JUGEMテーマ:Horror

    サイレン

    映画「サイレン」
    監督:堤幸彦
    2005年   日本映画  87分
    キャスト:市川由衣
         阿部寛、森本レオ
         田中直樹、西田尚美

    「サイレンが鳴ったら、外へ出てはだめだ。」
    1976年8月、夜美島で大停電があり、救助隊
    が見つけた唯一の島民はそう言った。
    そしてその島へ天本と娘由美は、息子英夫の
    転地療養のためにやってくる。
    しかし、島民全員の様子がおかしい。

    サイレン サイレン

    「トリック」の堤幸彦監督の映画です。原作は
    プレステ2の「SIREN2」だそうです。
    不気味な夜美島へ転地療養に来た天本一家。
    姉の由美は「英夫、 英夫」としつこいぐらいに
    名前を呼び、そして当の英夫は少しも言いつけを
    守りません。
    阿部寛がオープニングに少しだけ出演しています。
    どうも「トリック」とかぶりますね。
    天本一家の住む家がめちゃめちゃホコリまみれで
    いくら家具付きとはいえ、療養には向いていない
    のではと思うのです。
    そして父親が失踪し、戻ってきてからの変貌ぶり。
    消えてしまった愛犬オスメント。(なんか意味ある名前?)


    サイレン サイレン

    隣の家の女も含めて、どこから見ても異常な
    島民、森の奥にある廃屋には不気味な文字まで
    書かれています。
    さらには時折聞こえるサイレン。
    赤い布をまとった女。
    ラストに集団失踪の謎が解けるのですが、それが
    再び恐怖の始まりでした。
    なかなかよくできています。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星
    ゾクゾク星  ☆☆☆

    にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

     よかったらポチっとお願いします。
                 今日も野球から目が離せない...。

    映画「ハサミ男」

    0
      JUGEMテーマ:Horror

      ハサミ男

      映画「ハサミ男」
      監督:池田敏春
      原作:殊能将之
      2004年   日本映画  119分
      キャスト:豊川悦司
           麻生久美子
           阿部寛

      埼玉県のある町で、女子高生が立て続けに
      喉にハサミを突き立てられて殺される。
      マスコミは、犯人を‘ハサミ男’と名付けて
      大騒ぎをしていた。
      そしてある晩、安永と知夏は公園で偶然
      被害者を発見してしまう。

      ハサミ男 ハサミ男

      原作は未読ですが、何とも奇妙な映画です。
      耳障りなサックスの効果音。
      登場人物もおかしな人ばかりです。安永、知夏、
      堀之内警視、そして日高。
      セリフも行動も異常です。
      逆にまともなのが警察のほうなのです。普通
      一般人がまともで、荒廃した警察が描かれること
      が多いのに。
      知夏は自殺願望が強く、ビニール袋をかぶったり、
      クレゾールを飲んだり、タバコを煮出してニコチン
      を飲みますが、どうやっても死にきれません。

      ハサミ男 ハサミ男

      「ハサミ男」という題名のわりには、「ハサミ男」の
      行動より周りの人々の日常生活や心の闇が多く
      描かれていました。
      そして知夏の本当の姿が、後半だんだんわかって
      きます。結構おもしろいよ。
      日高役の斉藤歩は、「アフタースクール」に出演
      していましたね。味がある演技をします。
      グロさはほとんどないので、普通に見られます。

      <マープルの採点>
      お勧め星   ☆☆☆
      グロ星
      ゾクゾク星  ☆☆


        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

        よかったらポチっとお願いします。
                    今朝は涼しかったー。

      映画「ゲーム」

      0
         
        ゲーム

        映画「ゲーム」
        監督:ディヴィッド・フィンチャー
        1997年   アメリカ映画
        キャスト:マイケル・ダグラス
             ショーン・ペン
             デボラ・カーラ・アンガン

        サンフランシスコで会社を経営するニコラスの
        48回目の誕生日に、弟コニーから奇妙な
        プレゼントを渡される。

        ゲーム

        それは「CRSクラブ」に電話をかけろ、という
        事だった。暇つぶしに「CRSクラブ」に出かけた
        のだが、それが恐怖のゲームの始まりだった。

        ゲーム

        <マープルの感想>
        「CRSクラブ」なる得体のしれないクラブでゲーム
        に参加させられたニコラス。
        そこから始まる奇妙な出来事の数々はハラハラ
        ドキドキの連続です。

        口に鍵が差し込まれたピエロが自宅の庭に転がって
        いる。

        ゲーム

        テレビのアナウンサーがニコラスに話しかけてくる。
        レストランのウェイトレスが2度も飲み物をこぼす。

        真実は何なのか?いったい誰を信じればいいのか?

        「I am extreamely dangerous.」

        ゲーム

        マイケル・ダグラスのダミ声で言われたら強盗も
        びびることでしょう。

        ラスト付近はあまりにうまくいきすぎ感がありますが、
        まあ楽しめると思います。

        <マープルの採点>
        お勧め星   ☆☆☆
        グロ星
        ハラハラ星  ☆☆☆


        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

         よかったらポチっとお願いします。
                     暑い!

        映画「クヒオ大佐」

        0
          JUGEMテーマ:邦画
           
          クヒオ大佐

          映画「クヒオ大佐」
          監督:吉田大八
          2009年   日本映画
          キャスト:堺 雅人、松雪泰子
               満島ひかり、児島一哉
               内野聖陽

          1990年初頭の日本で、アメリカ空軍パイロット
          ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗る男
          がいた。彼はハワイ出身で、エリザベス女王と
          親戚関係にあると吹聴していた。

          クヒオ大佐

          彼は、弁当屋を営むしのぶ、自然科学館職員
          春、銀座のクラブNo.1ホステスみち子などを
          様々な方法で誘惑する。

          クヒオ大佐

          彼は本当に大佐なのだろうか?

          <マープルの感想>
          吉田和正原作「結婚詐欺師 クヒオ大佐」を
          映画化したものです。
          うろ覚えですが、本当にこんな事件があって
          新聞に載ったのを見たことがあります。

          クヒオ大佐の部屋がまるで昔の小学生の部屋
          のようです。
          バカでかいラジカセ、地球儀、図鑑などが机の
          上に置かれ、プッシュホン電話が1機。

          ベンツから降りるところを見せるために、ドアの
          開け方がわからないふりをして運転手に開け
          させる。そしてそこから降りる姿を女に見せて
          お金持ちを装う。
          手が込んでいます。

          「君の隣で見る海がとても好きなんだ。」
          とか言って松雪泰子が演じるしのぶを喜ばせ
          ながら、帰り道はまんじゅうに夢中です。

          クヒオ大佐

          クヒオ大佐の話術や立ち居振る舞いは、詐欺師
          そのもので、堺雅人がはまり役です。痛いところ
          をつかれて戸惑う表情がすごくおかしいです。

          クヒオ大佐

          でも名刺のスペルぐらい間違えないようにしない
          とねえ。

          アメリカが現在以上に遠くてあこがれの存在だった
          からこそだまされた時代だったのでしょう。

          <マープルの採点>
          お勧め星   ☆☆☆

          にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ 

          よかったらポチっとお願いします。
          頑張ります!

          映画「舞妓 Haaaan!!!」

          0
            JUGEMテーマ:邦画
             
            舞妓 Haaan!!!

            映画「舞妓 Haaaan!!!」
            監督:水田伸生
            脚本:宮藤官九郎
            2007年   日本映画
            キャスト:阿部サダヲ、堤 真一
                 柴咲コウ、吉行和子

            鬼塚公彦、通称きみちゃんは、「ぼんの舞妓日記」
            というサイトの管理人である。

            舞妓 Haaaan!!!

            彼は中学の修学旅行で京都の舞妓さんに優しく
            されてから、すっかり虜になり、
            「早く一人前になって野球拳がしたい」
            という思い一心で生きてきた。

            舞妓 Haaan!!!

            そんな彼が、念願の京都支社に転勤となる。

            <マープルの感想>
            さすが宝塚スター出身の真矢みきです。歌も
            ダンスも一流ですね。着物姿のラインダンスは
            一見の価値があります。

            映画では、舞妓や芸妓のしきたりやお座敷遊び
            がよくわかります。

            舞妓 Haaan!!!

            イキな遊びというのはこういうものなのですね。

            「始まったら終わっちゃう。」→夢がなくなる。
            時折スパイスの効いたセリフが入ります。まさに
            宮藤官九郎の世界です。

            このややもするとしょうもないストーリー展開が
            陰気な気分をスッキリさせてくれます。
            途中からついていけなくなりつつあるシーンも
            ありましたが。

            舞妓 Haaan!!!

            キムラ緑子のビール売り娘ならぬカップラーメン
            売り娘はかなりキツイですね。

            とにかく阿部サダヲの芸達者ぶりに驚かされました。
            ちなみに駒子姐さん役の女優さんは可愛いです!

            <マープルの採点>
            お勧め星   ☆☆☆
            気分が暗い時にお勧めです





            にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ 

            よかったらポチっとお願いします。
            頑張ります!

            映画「双生児 GEMINI」

            0
              JUGEMテーマ:Horror
               
              双生児

              映画「双生児 GEMINI」
              監督 塚本晋也
              1999年   日本映画
              キャスト:本木雅弘、りょう
                   もたいまさこ、筒井康隆
                   藤村志保、浅野忠信

              明治末期、大徳寺医院の跡取り息子、雪男
              は美しい妻りん、そして両親と共に暮らしていた。

              双生児

              しかし、りんは大火事で記憶をなくしており、父母は
              それをとても気にかけている。
              ある日父親が異様な死に方をし、続いて母親も
              突然死するのであった。

              <マープルの感想>
              江戸川乱歩の短編小説
              「双生児〜ある死刑囚が教誨師にうちあけた話」
              を映画化したものです。

              双生児

              本木雅弘が瓜二つの双生児、雪男と捨吉を
              演じています。

              井戸に落とされた雪男と上から見下ろす捨吉
              のやり取りは、まさに怪演です。

              貧民窟をさげすんでいた雪男が、上から投げ
              捨てられるご飯をむさぼりつく姿は立場が全く
              逆転しています。

              「ボクが君を認めなかったら、君は何者でもない。」
              雪男がまだ正体のわからないりんに放った
              言葉ですが、その奥に潜む差別意識はラストには
              取り払われます。

              不気味な音楽、眉毛のない顔、玉ねぎのような
              りんの髪型。
              ホラーといえるかどうか、とにかく気味の悪さが
              残る映画でした。

              <マープルの採点>
              お勧め星   ☆☆☆
              グロ星
              ゾクゾク星  ☆☆


                 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
                 よかったらポチっとお願いします。
                             頑張ります!

              映画「感染列島」

              0
                JUGEMテーマ:Horror
                 
                感染列島

                映画「感染列島」
                監督:瀬々敬久
                2009年   日本映画
                キャスト:妻夫木聡、壇 れい、国仲涼子
                     池脇千鶴、田中裕二、藤 竜也
                     佐藤浩市、キムラ緑子

                東京都いずみ野市立病院に1月初頭、
                1人のインンフルエンザに似た症状の
                患者が訪れた。担当した医師の松岡は、
                普通に診察をし、患者を帰すが、翌日
                患者は急変しワクチンの投与の効果も
                なく死亡する。

                感染列島

                その後、病院内で医師や患者に感染が
                拡大し、WHOより松岡の元恋人小林栄子
                が派遣されてくる。

                感染列島

                <マープルの感想>
                感染が拡大し、都市機能がマヒした東京銀座、
                大阪道頓堀などの荒廃した光景は、空恐ろしい
                ものです。

                序盤で鳥インフルエンザからの感染が疑われ、
                養鶏業者が責められるシーンは、実際に起こって
                いましたね。あれはひどすぎます。

                厚生省、WHO、医療現場、そして感染者と各々
                の置かれた立場がうまく描かれていましたが、
                後半からの松岡と小林の恋愛部分は不要なの
                では?と思いました。

                感染列島

                特にラストの回想シーンは、全くいらないと感じます。
                でも壇れいは、とってもきれいです。

                感染する人としない人がいるのはなぜなのか、という
                疑問は、現在の新型インフルエンザにもあてはまる
                ことです。
                ここはとてもリアルに感じています。

                国仲涼子と田中裕二の娘役の子供が愛くるしいです。

                「たとえ明日地球が滅びるとも君はリンゴの木を植える」
                .......未来に希望を託すということかしら。

                <マープルの採点>
                お勧め星   ☆☆☆
                グロ星    ☆
                ゾクゾク星  ☆

                にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ 

                 よかったらポチっとお願いします。

                             うれしくて飛び上がります!

                映画「CURE」

                0
                  JUGEMテーマ:Horror
                   
                  CURE

                  映画「CURE」
                  監督:黒沢清 
                  1997年   日本映画
                  キャスト:役所広司、萩原聖人、洞口依子
                       うじきつよし、中川安奈

                  連続猟奇的殺人事件が起こる。

                  CURE

                  捜査を担当する高部刑事は、精神疾患で通院
                  する妻を持ち、疲れ果てていた。事件はさらに
                  続いて起こり、高部は友人で精神科医の佐久間
                  のアドバイスを受けながら、重要参考人、間宮を
                  尋問する。
                  しかし、彼は「あんたは誰だ?」と逆に問いかける
                  のだった。

                  CURE

                  <マープルの感想>
                  「ここはどこ?」
                  「あんたは誰?」
                  答えると再び同じことを尋ねてくる。
                  「じゃああんたは誰だ?」
                  と問い返すと
                  「今、僕が聞いているんだよ。」
                  と答える。この問答の繰り返しに見ている方も
                  イライラしてきます。
                  しかし、そのイライラが恐ろしい出来事へ発展して
                  いくのです。

                  萩原聖人は好きではない俳優さんですが、間宮は
                  彼の雰囲気にぴったりの役柄でした。

                  映像は薄暗いシーンが多く、暗く冷たい印象を
                  受けます。そしてその連続で恐怖を増幅させて
                  いくのです。

                  CURE

                  ラストに高部刑事がファミレスで食事を完食
                  しますが、それからまた...。

                  エンドロールに流れるピアノの旋律が冒頭と
                  同じく軽妙なもので不気味でした。

                  <マープルの採点>
                  お勧め星   ☆☆☆
                  グロ星    ☆☆
                  ゾクゾク星  ☆☆



                   
                  にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

                    よかったらポチっとお願いします。
                                うれしいです!

                  映画「グロテスク」

                  0
                    JUGEMテーマ:Horror

                    グロテスク

                    映画「グロテスク」
                    2008年 日本映画
                    監督:白石晃士
                    キャスト:長澤つぐみ、川連廣明、大迫茂生

                    アキと和男は同じ会社に勤めている。今日は2人の
                    初デートなのだ。喫茶店で話をした後、手をつないで
                    歩き始めた途端、何者かに拉致される。
                    目が覚めると、そこは見知らぬ地下室で、2人とも
                    手足は拘束され、猿ぐつわをされていた。

                    グロテスク

                    「君たち2人の愛に感動できれば解放する。」と見知らぬ
                    男は言い、それからあらゆる虐待を繰り返していく。

                    グロテスク

                    2人は無事にこの地下室から逃げ出せるのだろうか?

                    グロテスク

                    <マープルの感想>  中盤まではただ虐待するだけの
                    映画かと思い、気分が悪かったのですが、途中、休憩?
                    が入った後、次第に見知らぬ男のことがわかってくると
                    妙に納得してしまうのです
                    日本映画にしてはリアルな演出で、チェーンソーで切った
                    指でネックレスを作る、なんてアイデアが出てきたりします。
                    でもせめてちゃんとお付き合いをしてから拉致して
                    ほしかったよねえ。
                    初デートの日がこうじゃあたまらないわよ

                    グロテスク

                    長澤つぐみさんはAV出身で「東京残酷警察」にも
                    出演していますが、なかなかきれいな女優さんです

                    <マープルの採点  星3つ>
                    ラストは最高でしたね






                    にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ にほんブログ村 映画ブログへ

                    映画「死にぞこないの青」

                    0
                      JUGEMテーマ:Horror

                      死にぞこないの青

                      映画「死にぞこないの青」
                      監督:安達正軌   原作:乙一
                      2007年  日本映画
                      キャスト:須賀健太、谷村美月、城田優、博多華丸、坂井真紀

                      マサオは田舎の小学生。その年の新任教師で赴任した
                      羽田先生が担任になるとみんな大喜びをする。 しかし、
                      生き物係を決める時にズルをしたマサオは羽田先生に
                      嫌われてしまう。先生のいじめはいつしかクラス全体に
                      広がっていき、マサオはクラスで友人がいなくなってしまう。
                      そんなある日、拘束着をつけて全身が真っ青な少女
                      アオに出会う。アオはやがてクラス全体を恐怖に陥れていく...。

                      死にぞこないの青

                      <感想>  この映画では、私の大好きな城田優クンが、
                      その美しい顔立ちだからこそできる異常さをうまく
                      演じています
                      ボソボソと耳打ちするその言葉は、鋭い針の
                      ようにマサオの心に突き刺さります。

                      死にぞこないの青

                      マサオへのイジメはクラス全体に広がっていきますが、
                      それが「アオ」とどうつながるかは、見る側の判断で
                      いいのでしょうか。


                      死にぞこないの青

                      それと「アオ」が谷村美月ちゃんでは可愛すぎるかも。
                      全体に青い画面が多く、神秘的でもあり、静かな恐怖を
                      呼んでいます。
                      冒頭のシーンとマサオ、羽田先生の関わりは、なるほどなあ、
                      と最後に気づかされました。

                      死にぞこないの青 

                      <マープルの採点  星3つ>  
                      城田優クンがめっちゃ怖いです



                      にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
                      にほんブログ村


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      ブログランキング

                      今日のわんこ

                      powered by 撮影スタジオ.jp

                      アマゾン

                      遊びにきてくれてありがとう!

                      カウンター

                      死語レッスン

                      最新記事

                      categories

                      過去の記事

                      コメントありがとうございます!

                      トラックバックありがとうございます!

                      recommend

                      お友達

                      ミス・マープルについて

                      書いた記事数:3109 最後に更新した日:2020/02/19

                      あの映画を探そう!

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM